グアンタナモ収容所は閉鎖せよ

グアンタナモ収容所は閉鎖せよ!

アメリカ軍は「グアンタナモ収容所は捕虜収容所ではない。彼らはテロ容疑者である。だからジュネーブ協定は適用されない」という。それならば司法手続きや裁判が必要だが、それが行われたという報道はない。親戚の結婚式に出席するためにアフガンにでかけ、拘束され、英語が話せると云うだけでガンタナモ基地送りになった青年の話は映画になった。米軍は今でもグアンタナモ収容所に拘束しているテロ容疑者に対して「水責め」で自白を迫っているという。これはまさに人道に反する無法な拷問だ。米国の最高裁もジュネーブ協定、国内法に違反していると裁定している。12月15日、チェイニー副大統領はABCテレビのインタビューに答えて『「水責め」は情報を得るための適切な手段だ。また。グアンタナモ収容所についても閉鎖すべきではない』と自己を正当性した。副大統領が拷問を容認していたことになる。12月18日、オバマ次期大統領が収容所の閉鎖を公約しているため、米国防省モレル報道官は記者会見でゲーツ国防長官が閉鎖計画案の策定を指示したと語った。閉鎖の日程は大事なことだが、今直ぐやるべきことは「水責め」など取り調べ手段としての拷問の即時禁止だと思う。さて、我が国の来年度予算案が発表になった。この厳しい経済状況で国民が苦しんでいるというのに、米軍再編費は838億円と前年度の約3、5倍も計上している。ガム島米軍基地建設関連予算は346億円、海兵隊が沖縄から出て行くのはいいが、丸投げなので米軍が日本の税金で妙な収容所をつくらないという保障はない。


[PR]
by daisukepro | 2008-12-22 18:48 | イラク戦争


<< 迎春  イスラエルは即時停戦せよ ユージンオニール作「日陰者に照... >>