続「東京大空襲の記憶」 戦略爆撃とは

東京大空襲の記録を読む

「昭和20年3月10日00:08、B29が東京上空に飛来して第一弾を投下した。00:15空襲警報発令、それから約二時間半にわたって波状絨毯爆撃が行われた。
各機平均6トン以上の焼夷弾を搭載した344機B29の大群が、房総半島沖合から単機または数機に分散して低高度で東京の下町に浸入した。
B29の先発部隊が江東区・墨田区・台東区にまたがる40k㎡の周囲にナパーム製高性能焼夷弾を投下して火の壁を作り、住民を猛火の中に閉じ込めて退路を断った。
その後から約100万発(2,000トン)もの油脂焼弾、黄燐焼夷弾やエレクトロン(高温・発火式)焼夷弾が投下され、逃げ惑う市民には超低空のB−29から機銃掃射が浴びせられた。
折から風速30mの強風が吹き荒れて火勢を一層激しいものにし、火の玉のような火の粉が舞い踊り、強風に捲かれた炎が川面を舐めるように駆け抜け、直接戦争とは関係の無い一般市民は次第に狭まってくる火の壁の中を逃げまどいながら、性別も判らないような一塊の炭と化すまで焼き尽くされた」

この戦略爆撃の結果 c0013092_1213031.jpg
「縁者が引き取った遺体  約20,000人
無縁仏・行方不明者    約88,000人」

米軍指揮官の論理

本土空襲の指揮を取っていたカーチス・E・ルメイ将軍は、
「私は日本の民間人を殺したのではない。日本の軍需工場を破壊していたのだ。日本の都市の民家は全て軍需工場だった。ある家がボルトを作り、隣の家がナットを作り、向かいの家がワッシャを作っていた。木と紙でできた民家の一軒一軒が、全て我々を攻撃する武器の工場になっていたのだ。これをやっつけて何が悪いのか…。」と回想録で語っている。
カーチス・E・ルメイ将軍は、グアム島在米爆撃隊司令として、広島・長崎に投下された原子爆弾にも深く係っていた。
昭和39年、日本政府は「日本の航空自衛隊の育成に協力した」との理由から、カーチス・E・ルメイ将軍に対して勲一等旭日大綬章を贈った。

米軍は作戦の成功で名古屋、大阪などの主要都市を爆撃、約30万人を焼き殺した。
米国アイオア大学のデービットタッカー氏から2003年8月、戦災資料センターに提供されたアメリカ国立公文書館の資料によって、この東京大空襲が綿密に計画された戦争犯罪であったことが明らかになった。

続く
[PR]
by daisukepro | 2005-03-11 07:41 | テレビ


<< 続々「東京大空襲の記憶」 ドキュメンタリー映画「にがい涙... >>