ランキングがお好き 議員特約「海外視察旅行保険」のおすすめ

ランキングがお好き 議員特約「海外視察旅行保険」のおすすめ

ゴールデンウイークをどうするか。海外旅行に行きたくても金がない。そうだ、まだ通知が来ていないが麻生がくれた贈り物、給付金1万2000円がある。納税者には還付金なのだが、なぜか給付金といわれると施しを受けたような気になる。「しょうがない、量販店にでかけて1TBのハードデスクでも奮発するか」最近、池袋三越が山田電機に居抜きで買われたとかで閉店セールをやっているそうだが、高級品志向の三越には縁がない。ビッグカメラはゴールデンウイークスペシャルセールとかをやっている。
「やっぱり、ビッグカメラの餌食になるか」
店内エスカレーターに乗りながら考えた。
「電気製品量販店の名前にはなぜカメラと付くのか」
「館内音楽のボリュームがやたら騒々しいのはなぜか」
「いつの頃からかな、主な商品には売れ筋ベストテンを掲示するようになったのは」
「欲しい家電製品が3位だと、1位を見たくなる。これって消費者心理というものなのか」
「売れ筋といっても週間か、月間か、それとも年間か、適当に操作もできる数字なので信用できない。けれども、どの製品もスッペクに大差がないときに、君は思わず1位を選んでしまわないか」
結局、何も購入せず、ラーメンを食ってデパートの美しいトイレで糞(失礼)して帰った。量販店のトイレは狭くてお粗末だ。

さて、本題に入る。これから紹介するベストテンはあまりありがたくない事柄である。税金の無駄使いランキング、商品は都議会議員の「海外視察旅行」である。c0013092_22312210.jpg

まず、銅メダル。第3位は2006年の「民主党議員団ブラジル旅行」。サンパウロ、イグアス、クリチバ、現地滞在7日間、ブラジルの環境、エネルギー政策を視察してきたという。立派なレポートを渡航前に作成しておいたので、イグアスの滝など世界的に署名な観光コースをゆっくりと観光することができた。使われた税金の総額756万円、民主党4議員で一人当たり191万円、副賞はゴージャスな旅行を楽しんだで賞 

第2位、銀メダルは2007年に実施された「自民党議員団のエジプト・フランス・スペイン旅行」。
自民党5議員で1人当たり約228万円。わざわざ、車をチャーターしてあの有名な修道院モンサンミッシェル観光を追加した。副賞さぞ見たかったで賞。

金メダルの栄誉は2007年10月「民主党議員団の北欧5カ国訪問」。議員4名で一人当たり270万円を使った。金額がずば抜けている。そのはず、8日間で5カ国を回るというかけ歩きツアー、移動に専用車を使い、その費用だけでも総額199万円。豪華大名旅行、ご立派というほかない。

ご存知のように東京都議会は自公民が圧倒的多数の議席を占め、石原都政を支えてきた。都は年6200億円の財源不足を理由に138事業の削減を打ち出した。これを自公民の都議団は英断と評価、削減計画を推進してきた。特養ホーム補助の廃止、シルバーパスの削減、「障害者」福祉手当の削減など高齢者、障害者の福祉を冷酷に切り捨てた。弱者に痛みを強いる一方、自分たちだけは一人270万円もする豪華な海外旅行を楽しんで税金を浪費した。普通の海外ツアーは30万がいいとこだ。人間として許されない行為だと思うが、7月の都議会選挙の投票行為によって懲らしめるしかない。議員の名は武士の情け、聡明な皆さんは選挙前にその名を確かめることでしょう。

「発見の同好会」に使いたくない言葉を上げよと問えば「受益者負担」と「自己責任」と答える。しかし、この海外視察旅行の受益者たちは受益者負担が相当だ。全額返還を求めたい。それが無理なら、7割自己負担を提案したい。それでも7掛けで世界旅行ができるではないか。さらに、都議会議員限定の海外視察旅行保険を条例で決めて、議員報酬から毎月30万円を強制徴収、健康保険と同じように3割を自己負担する、旅行しなかった議員には全額還付金で戻すことでどうだろう。保険料を払っているのにさらに3割自己負担するなんて国は世界中で日本の国民健康保険だけだそうだ。全額自己負担、7割負担、保険をかけて3割自己負担、三つの案のどれを選びますか。「新銀行東京」で商品化して売りに出したらいかがかと。
[PR]
by daisukepro | 2009-04-30 22:20 | 政治


<< お知らせ「米国はチェンジ、日本... 海賊対処は名ばかり、闇の奥の奥... >>