続川崎泰資の話「筆を曲げるなら筆を折れ」

川崎教授の話
海老沢は「政治介入は無かったことにしよう」と経世会と談合している。NHKの一連の動きは新しい教科書をつくる会と一直線上にある。彼らは侵略戦争とは認めない人たちだ。世界中で天皇に戦争責任が無いと言っているのは日本だけだ。都合の悪いことは無かったことにして、天皇に責任が無いという教科書をつくろうとしている人たちだ。
朝日新聞は録音をとっている。記者の常識だ。ただ、相手に了解を取っていないのだから明らかにしないだけだ。朝日が安倍に反対すると拉致問題にも反対しているといわれる。あの新聞は朝日でなくてちょうにち新聞だといわれる。権力の圧力に屈して筆をまげるくらいなら筆を折れ。朝日新聞は命がけでやれ。

2011年には家庭にある一億台のテレビはすべて使えなくなる。国策にのってNHKは地上波の総デジタル化をはかった。電波をだす方が蛇口をとめるのだからどうしようもない。デジタルTVに買えかえるか、コンバーターをつけるかしかない。家電メーカーは儲かり、地方局はつぶれる。
NHKはBSで受信料は一挙に2倍になった。NHKに金あまりが起こった。使い込みなど一連の不祥事はここから始まった。
海老沢の子分のソウル支局長が1億円使い込んだことが明らかになったことがあった。海老沢がやったことは彼を四国の放送局に移動させ、しばらくして東京に戻し、またソウルに戻し、一億円の使い込みを不問ふした。いまのNHK執行部はみんな海老沢の子分だ。親分がカラスをシロといえばみんなはいシロですという。いまの会長は技術の人だが、目立たないように末席にいたが、やはり声は小さいが「はい」と言っていたのだ。海老沢は「私は正しい。NHKの批判が強まるが、それはNHKをねたんでいるからだ。気にするな」と全職員にメールを送っているらしい。
今のNHKに改善策はない。総とっかえしなければだめだ。

指定公共機関になると何が起こるかーーーーーーーNHKの記者はサマワはにはいない。フリーが時々行くが、NHKは既に指定公共機関をやっている。サマワの自衛隊が撮影した映像をニュースで使っている。しかも、クレジットなしで使うなよ。
[PR]
by daisukepro | 2005-03-21 11:34 | マスコミ


<< イラク戦争/ファルージャで米軍... イラク戦争2年  >>