お知らせ

3月20日(土)

「普天間問題」のウラに隠された真実
―進行中の米軍グアム統合計画の意図を探る―c0013092_12552370.jpg

沖縄の海兵隊の「7割」がグアムに移転する。日本が頼んだからではない。
米軍自身の世界戦略による「再編計画」のためだ。
なのに、なぜ普天間の代替基地を差し出さなくてはならないのか?
メディアはなぜこれらの事実を伝えないのか?
安保改定から50年、普天間問題に象徴される日米同盟のゆがみを明らかにし、
真っ当な世論の形成をめざす!

日時:3月20日(土)開会 13:00~16:30 (開場 12:30分から)
場所:日本記者クラブ・10階ホール
   (千代田区内幸町2-2-1 日本プレスセンター内 ・地図参照)

「米軍のグアム統合計画の実態」:吉田健正(国際問題ジャーナリスト。沖縄在住)
「ウラ安保に食われた日米関係」:前田哲男(軍事評論家)
「普天間問題とメディアの問題」:鳥越俊太郎(ジャーナリスト)
コーディネーター:桂 敬一(マスコミ九条の会呼びかけ人)

参加費:1000円、学生500円
主催:マスコミ九条の会  問合せ先:090-8580-6307(三枝)
   メール:postmaster@masrescue9.jp
[PR]
by daisukepro | 2010-02-18 12:52 | マスコミ


<< 普天間基地を今すぐ閉鎖し、沖縄... さらば愛しのエアコンよ -これ... >>