報道の自由度

報道の自由度

ニューヨークに「フリーダム・ハウス」という人権団体がある。
c0013092_44079.jpg1980年以来、報道の自由度を調査して毎年5月3日に発表している。
世界の報道自由度は3年連続して低下しているそうだ。(ベリタ通信)

世界の194の国・地域をについて、法律環境、政治的影響・情報公開、経済的圧力の3つのカテゴリーについて、それぞれの国をゼロから100まで数値化。「自由」、「部分的に自由」、「自由がない」に分類した。
調査によると194国中、自由度ワーストワンは北朝鮮である。アメリカは自由があると分類されたが、24位でドミニカ並みに落ちた。

気になるのは日本と中国、我が国は37位でフランスと同じ、中国はベトナム並みで177位にランク付けされている。

物事はさほど単純ではないと思うが、一応の目安にはなる。
しかし、FH発行の自由度で色分けされた世界地図をみると、アメリカ流民主主義普及度マップのようでもある。図書館で発見した地図(大東亜共栄圏の普及度を赤く塗りつぶした地球儀)を思い出した。
[PR]
by daisukepro | 2005-05-09 04:28 | マスコミ


<< 「日活闘争」  USENの企業体質 NONFIXーーー九条 戦争放... >>