憲法シリーズ 「九条改正すべきか」

9条改正すべきか「分からない」45.6% 宮城・公立高生 
c0013092_13533642.gif



 宮城県高校教職員組合(菊池英行委員長)は2日、県内の公立高生徒を対象に実施した憲法意識調査の結果を公表した。戦争放棄を定めた憲法9条について「変えるべきだと思うか」との設問に対し、「分からない」が最多の45.6%を占めた。高教組は「生徒が憲法の意味や役割を十分に学んでおらず、教師は重く受け止める必要がある」と話している。

 9条改正の是非に関しては、「分からない」を除くと「変えない方が良い」(40.3%)が、「変える方がよい」(14.1%)を上回った。
 「憲法をどの程度読んだことがあるか」に対しては、82%が「いくつか条文を読んだ」と回答したが、「全く読んだことがない」は17%に上った。

 「将来、世界のどこかで核戦争が起こる危険があるか」との設問に対しては、81.2%が「思う」と回答。「思わない」(5.2%)、「分からない」(13.6%)を大きく上回り、「平和に対する高校生の不安や危機感が表れた」(高教組)という。

 調査は昨年9月、県内97の公立高校のうち、組合員の教師がいる43校の生徒計2228人を対象に、アンケート形式で実施した。(河北新報2005年05月03日)
[PR]
by daisukepro | 2005-05-28 04:51 | 憲法


<< 新「日の丸」「君が代」の強制シ... 新「日の丸」「君が代」の強制シリーズ >>