続「ごまめの歯ぎしり」  議会制非民主主義


百害あって一理なし。郵政民営化、
アメリカの投資銀行の食い物になるだけだ。
それが、こんな非民主的な国会運営で行われている。
タロー親子、がんばれ。そこで再び「ごまめの歯ぎしり」を転載します。


ごまめの歯ぎしり 05年6月3日号


>       ごまめの歯ぎしり メールマガジン版
>   河野太郎の国会日記
> ==============================================================
> 郵政民営化に関して党内の反対派が対案を出すと息巻いている。
> が、馬鹿な話だが法案提出には党の三役のはんこがなければ出せない
> のが日本の議会制非民主主義だ。
> 過去の幹事長が議長宛にハンコのない法案提出は認めないようにと手
> 紙を出している。
> 昔の綿貫幹事長も同様の手紙を出している。自縄自縛といやつだ。
>
> 特別委員会の委員になった自民党反対派は採決の時に差し替えること
> になっている。幹事長が議長宛に書面で委員の差し替えをすることに
> なる。たてまえは本人同意の上でということになっているが、もちろ
> ん同意はない。
> 問い 今回は八人ばかり反対派がいるので、そろって議長のところに
> きて、同意していないと息巻いたらどうなるのか?
> 答え そんなこと関係ない。ちなみに私は委員会造反及び造反の気配
> (!!)を理由に五回だったか本人同意ないまま首になっている。
>
> しかし、こんな非民主的な国会運営をこのまま許して良いのか。議会
> 制民主主義のルールというものがあるはずだ。
> 二言目には会派主義という言葉が出るが、おかしいものはおかしい。
> まあ、綿貫さんもこのおかしなルール作りに関与してきた人だから、
> ミイラ取りがミイラになってしまったわけで。
> そろそろ田中派の残臭を国会から消すべきと気になっているのではな
> いか。民主党に行った人の分も含めて。
> ==============================================================
> ■編集:河野太郎
> ■発行:河野太郎
> ●購読申し込み:    http://www.taro.org/
> ●解除:     http://www.taro.org/
> ●関連ホームページ:   http://www.taro.org/
> ●ご意見・お問い合わせ: http://www.taro.org/contact.html
>
> 当レポートに掲載された記事は自由に転載・再配布できます。
> 但し、記事の一部を取り出したり改変しての転載を禁じます。
> なお、メーリング・リストや掲示板への再配布も許可します。
>
[PR]
by daisukepro | 2005-06-09 09:18 | 政治


<< 靖国参拝問題  孫の弁明 毎日1分「日活闘争」 USEN... >>