だれに遠慮がいるものか。それが自由というものさ。


政治の季節がやってきた。オレは文京区の端っこに住んでいるのだが、靖国神社に参拝したり、「太平洋戦争が自尊自衛の戦争であった」という政治家は信用できないので、このような心情をお持ちの方々に投票したことは一度もない。棄権もしたことはない。良心にしたがい、率直に一票を投じる。
いまはオレたちに主権があるので、戦争に反対するデモや集会にはできるだけ参加して異議申し立てを行っている。主権が天皇にあった時代とは違うのだ。都議会の議員を選ぶときも同じ基準で選ぶようにしている。参議院選挙からはオレが選んだ人の名をネットに書くことにする。だれに遠慮がいるものか。それが自由というものさ。

c0013092_22562933.jpg

[PR]
by daisukepro | 2013-06-09 22:58 | 政治


<< 生活にはゆとりを、心に歌を! 外国特派員が見た日本マスメディアの今 >>