散歩する警察電車

散歩する警察電車
c0013092_0295326.jpg

大塚駅で都電荒川線の早稲田行きを待つ。10分ほどして電車が到着、シルバーパスを見せて乗り込む。座席にへたり込む込むと直ぐに電車が動き出した。乗客はまばら。ほろ酔いの眼で周囲を見回す。見慣れた車内風景だが、どこか奇妙なのである。
後部運転席のしきりにのれんがかかっている。「のんだらのれん 荒川警察署」とキャッチフレーズが書いてある。なるほど近ごろの警察署は「飲酒運転禁止」と紋切り型の標語は使わず駄洒落か。渋谷駅頭で「皆さんも交通ルールとマナーは守りましょう、おまわりさんもこんな良き日に怒りたくはありません」とか呼びかけて警視総監賞を受賞したDJポリスてのも話題になったな。目線をズームバックすると吊るし広告が垂れ下がっている。「飲酒運転お断り」、右の車窓にパンすると弁慶のイラストが貼ってある。弁慶曰く「ルールを守らん自転車は通さんぞ」。ここまでくると鈍感なオレでも気がついた。暴力団追放、侵入窃盗多発中など車内広告はすべて荒川署の提供だ。こりゃ悪のりのし過ぎだよ。オレは次の駅で下りた。気分が悪くなったのである。
[PR]
by daisukepro | 2013-07-02 00:30 | マスコミ


<< 桂敬一の「ニュースをウテ」第9回 原子力基本法の基本方針に「安全... >>