フジテレビの世論調査(7月14日)

日本共産党旋風が政治の流れを変える。

今朝のフジテレビ「新報道2001」の世論調査では日本共産党支持が5%、民主党を抜いて第三党へ
それだけではない、96条改正反対52、8、憲法9条第2項改正反対50%、TPP反対66.4%

それでも自民党支持33、8% 安倍内閣支持が63、2%

安倍内閣支持のバンドワゴン効果を狙った報道だが、共産党支持の倍増がインパクトをもつて、政治の風向きを変えている。

このねじれはメディアの責任、権力と民意との間で公正な立場に立って報道していないからだ。
報道自ら墓穴を掘ると言われても仕方ない。むねのすく報道を期待したい。
c0013092_178226.jpg

[PR]
by daisukepro | 2013-07-14 14:13 | 政治


<< 7・15共産党街頭演説会 池袋駅東口 憲法九条韓国キャンペーン >>