秘密法パブリックコメントを提出しよう

いまからでも遅くない。特別秘密保護法案のパブリックコメントを提出しよう。

下記のアドレスへアクセスして下部にある提出フォームへというボタンをクリックすると提出書類がでてきます。

そこで要求される個人データーと意見を記入して送付すれば簡単に誰でもできます。
2000字
まで記入できますが、読むかどうかはわかりません。賛成か反対かその理由を簡単に記入すればいいでしょう。

http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=060130903&Mode=0

藤原紀香さんのオススメで、ただいま、特別秘密保護法案のパブリックコメントを提出しました。内容は下記

特定秘密保護法案に反対です。
 
性急に無分別に政権政党とその追従議員ら多数によって、国会で採択しようとしていることが問題である。
国民はこの法律について何も知らされていない。言論の自由を圧殺しようととする企みを内蔵したいかなる法律も憲法違反である。民主主義を破壊し、密告と監視国家を生み出し、戦争への道を強制することになる。日本はあの太平洋戦争でいやというほど惨禍と暗黒社会を経験してきたではないか。忘却してはならない、二度と再び同じ過ちをくり返してはならない。
特定のハードルは権力者の意のままにいくらでも下げることができる。そのために何のためにこの法律が必要なのかあいまいにされている。故に、特別秘密保護法案に賛成することはできない。
[PR]
by daisukepro | 2013-09-17 09:45 | 憲法


<< 第10回 国防軍反対デモ 第9回 国防軍反対デモ >>