空飛ぶクジラ

空飛ぶクジラ
不思議な夢をみた。
特定秘密保護法の国会上程を閣議決定された日、
新宿で小さな会議があった。いつものとおり居酒屋で安酒を飲んだ。池袋でもう一杯やろうということになった。 高齢者3人で埼京線の最後部に乗り込んだ。車内は混雑していた。昇降ドアー横の窓に防犯カメラ作動中というステッカーが貼られてあったので、天井を見上げると大きなドーム型監視カメラが2台設置されていた。痴漢退治のためだろうが気持ちのいいものではない。スパイ活動や盗聴を連想させるからである。
まして、反体制運動を弾圧する法案を成立するための閣議と言う名の謀議をしている夜だからなおさらである。
このような重大な法案を閣議で決める時、一人ぐらいは頑固に反対する大臣がいるものだが、安倍内閣の顔ぶれではそれらしき人物は望めない。恐怖政治がはじまる最初の夜になるような予感がする。嫌な感じだ。
ほろ酔いで店を出る、台風27号の雨にサンシャインビルが霞んで見えた。(写真)徒歩で家まで帰ったらしいが記憶にない。スマホが鳴り、酒席からにぎやかな声が聞こえた。山の仲間と飲んでいるらしい。家の表に出ると遠くのビルの影に飛行船が飛び去って行く。小動物のキャラクターでカラフルだった。見上げれば、巨大なマッコウクジラが悠然と空を飛んでいる。たてに筋をつけぶよぶよした白い腹が波打っている。クジラが空を飛ぶ?そんわけはないよな。
突然、背骨を二度三度と突き上げられ、その痛みに目が覚めた。地震であった。夜中の2時頃である。福島沖でマグネチュド6、8の余震と津波警報をテレビが伝えていた。福島第一の4号機が心配になって、眠気がさめた。
上着は外出着のまま寝ていた。

c0013092_2323040.jpg

c0013092_22593219.jpg
[PR]
by daisukepro | 2013-10-26 22:13 | 有路地の出来事


<< 肥田瞬太郎医師の発言 第10回 国防軍反対デモ >>