イラク・ボディカウント

イラク・ボディカウント

英米のNGO「イラク・ボディカウント」はイラク戦争が始まった2003年3月から05年3月までの2年間に米英軍やイスラム過激派組織による死者が2万5000人に上ると発表した。全体の37%(9270人)は米軍によるもの。
米英政府は民間人犠牲者を公式には調査しない。米軍の戦死者数にしても「グリーンカード兵」などの傭兵はカウントしない。戦争による犠牲者は戦死者のみにあらず。
陸自7次隊(500人)は今月末から順次派兵を始める。期間は3ヶ月。
c0013092_6131438.gif



死んだ歴史の残したものは
輝く今日とまた来る明日
他には何も残っていない
他には何も残っていない
               (谷川俊太郎)
[PR]
by daisukepro | 2005-07-22 16:34 | イラク戦争


<< ダージリンより「紅茶はアッサム」 井上ひさし「不連続講座」のすすめ >>