★映画人九条の会/映画と講演の集い第2弾


★映画人九条の会/映画と講演の集い第2弾! ドキュメンタリー映画 にがい涙の大地から 監督・海南友子 2003年中国ハルビンで27歳のリュウ・ミンに出会った──彼女の涙は止まらなかった
一級のドキュメンタリー映画。静かなる告発、被害者の心が突き刺さる映画です。
c0013092_2253431.jpg

映画人九条の会は、「映画と講演の集い・第2弾」として、海南友子監督のドキュメンタリー映画「にがい涙の大地 から」の上映会を行います。 日本軍は敗戦時、所有していた毒ガスを隠すために、中国各地に組織的に投棄して逃げました。いまも中国には、 毒ガス弾だけで70万~200万発が眠っていると言われています。戦後に、それらの兵器で死傷した中国人は、お よそ2000人。2000年代に入ってからも、毒ガスや砲弾が工事現場などから見つかって死傷者が出ています。 映画「にがい涙の大地から」は、海南友子監督がハルビンで父親を砲弾事故で殺された27歳のリュウ・ミンと出 会ったことから、1年がかりで砲弾事故の実態を取材したドキュメンタリーです。 この上映会には海南友子監督も参加され、ご講演されます。どなたでも参加できます。多くの皆さんのご参加をお 待ちしています。

7月27日(水) 18:45~21:00 飯田橋/東京しごとセンター・講堂 (旧・シニアワーク東京) 東京都千代田区飯田橋3-10-3 東京しごとセンター地下二階
[PR]
by daisukepro | 2005-07-24 21:00 | 憲法


<< イラク戦争、サマーワ「キャプテ... ダージリンより「紅茶はアッサム」 >>