岸信介の孫の弁明、「なんか変だな?」

岸信介の孫の弁明、なんか変だな

靖国参拝問題の本質について、7月31日朝、放送されたテレビ朝日「サンデープロジェクト」で志位共産党委員長と安倍氏が対決した。志位さんの追及にあって安倍氏は次のように弁明した。


まず、c0013092_10133516.gif
戦争責任問題について、志位さんは「東京裁判は戦勝国のぬれぎぬで、罪はなかった」と考えているのかと訊ねた。「A級戦犯の中には戦後、大臣になどになった人もいる、だから国内法的には犯罪者ではない」。
A級戦犯だった人が大臣になる方がなんか変だな?大臣になったからって戦争犯罪はきえない。戦争犯罪人が大臣になっただけだ。ジャンバルジャンはどうする?
確か、安倍さんのお母さんは総理大臣にまでなった岸信介の娘、安倍さんはお孫さんですね。

次に戦争観について、「太平洋戦争は侵略戦争で間違った戦争か、それとも自存自衛のための正義の戦争か」と訊ねた。「大東亜戦争については歴史が判断をくだす」などと想像力のない野蛮な弁明、これでは三千万の犠牲者が浮かばれない。謝ったり、賠償したからって戦争犯罪は消えない。二度と戦争をしない、武力を行使しないことでしか謝罪はできないのだ。ツツ枢機卿ではないが、あまり勝手なことばかり言っていると歴史にお仕置きをされますよ。
それにしても、歴史はすでに太平洋戦争は侵略戦争と判断を下しているのになんか変だな?大東亜戦争って太平洋戦争のことかな?安倍さんは靖国改憲派のリーダーなんだから堂々と「あの戦争は正義の戦争、独立を守るための自存自衛の戦争」ってどうして言えないのかな、孫は孫でも東条英機の孫の方が間違っても筋を通している。

歴史の時計は止まらない。孫たちの弁明論の行き着く先はいまだに日本の占領を続け、日本の独立をおかしている侵略者アメリカと独立戦争を開始しなければならなくなるのでは、なんか変だな?

マガジン9条

[PR]
by daisukepro | 2005-08-01 10:00 | 憲法


<< 日本映画「亡国のイージス」公開... イラク戦争「自衛隊はサマーワか... >>