続「総選挙とイラク新政府の成立」

続「総選挙とイラク新政府の成立」

では、イラクの人々はこの選挙結果をどうみているのか。
リバーベンドさんのブログを読むとイラク人の気持ちが伝わってくる。
「バクッダトバーニング」は次のような言葉から始まる。


「友よ、私の心が失われあなたさえ見分けることができなくなったら、どうか私を偉大な文明をはぐくんだ、チグリス・ユーフラテスの胸元に連れて行って欲しい。そこで私は心を癒し、魂を再生させるでしょう」

「選挙結果とイラク復興」について考える前に、先の42日間続いた湾岸戦争でアメリカの破壊行動による被害を知っておく必要があるだろう。
1月18日のブログは以下のように記述している

「2006年1月17日は、1990年のイラクによるクウェート占領(少しの間だけど)後に起こった1991年の湾岸戦争15周年だ(アメリカの用語法に従えば、1990年イラクによるクウェート"解放"後かしら)。

42日間、バグダードなど大きな都市も町々も、国際的に推計されているところでは、14万トンの爆薬で爆撃された。爆撃は、学校、集合住宅、工場、橋、発電所、行政の建物、下水処理場、精油所、通信施設、そして防空壕に対してさえも、容赦なかった(イラクでたった一つの赤ちゃん用粉ミルク工場や約400人もの民間人が爆撃によって殺された、かのアミリヤ防空壕もある)。

"イラク復興局"と復興関連省庁が公表しているところでは、42日間続いた爆撃、および様々な破壊行動による2003年戦争/占領以前の被害は、以下のとおりである。


学校および教育施設−3960カ所
大学、研究室、寮−40カ所
保健医療施設(病院、診療所、医薬品医療器具会社の倉庫)− 421カ所
電話交換所、通信塔など− 475カ所
橋、ビル、集合住宅− 260カ所
倉庫、ショッピングセンター、穀物貯蔵庫−251カ所
教会とモスク− 159カ所
ダム、給水所、農業用施設− 200カ所
石油関連施設(精油所など)− 145カ所
一般サービス、(避難所、汚水処理場、公共施設)− 830カ所
工場、鉱山、工業設備− 120カ所


…いやこれだけではない。ラジオ放送塔、博物館、孤児院、老人ホームなどまだまだある。ダム、橋、倉庫、省庁の建物、食物貯蔵庫などへの大規模被害は軍用機とミサイルによるものだが、南部やキルクークなどでの小規模施設の被害は、主に破壊行為によるもので、主にイランから南部に潜入し、イラク国内に支持者を見つけたグループ「後悔する者たち」(the Repentant)(アラビア語ではタワッブン)が火をつけた"インティファーダ"(蜂起)のしわざだった (タワッブンの大部分は現在のバドル旅団である)。」

アングロサクソンの侵略行為は十字軍の時代から、まず徹底的に破壊する。と同時に自分たちの思い描いたように復興するというやり方である。湾岸戦争で破壊したりず、今度は侵攻してさらに破壊する。そして、傀儡政権をつくり、復興を支援して感謝しろというのである。
アメリカ人はイラク人を信頼しないが、イラク人にアメリカを信頼せよと云っても無理な話だ。

c0013092_1117546.jpgc0013092_11172511.jpg
[PR]
by daisukepro | 2006-02-06 11:17 | イラク戦争


<< 続々「総選挙とイラク新政府の成立」 ブダペスト、ホーローコースト記念日 >>