続々続々続「マスコミ操作と介入」

 
しんぶん赤旗の報道によれば、この番組(ETV2001「問われる戦時性暴力」)の放送以前に番組内容を説明(釈明)するためNHK幹部が面会した自民党議員は多数いる。「日本の前途と歴史教育を考える議員の会」の古屋会長(当時政調副会長)、平沢会長代理、下村事務局長、中川経済産業相(当時会長)安倍氏は元事務局長であった。NHK幹部の異常な行動から見ても、この自民党議連「日本の前途と歴史教育を考える会」の政治的圧力でNHK番組を改ざんさせたことは否定できないことである。NHK幹部の一連の卑屈な態度は何だろう。

「異例の部長試写が行われた、この事件以降、ETVの現場だけでなく、様々な番組において部長レベルもしくはそれ以上の役職による「試写」が行われるようになったと聞く。局は「制作会社との関係を見直す」という方針を打ち出し、NHKスペシャルなどの看板番組は局内制作のみにするといった動きも見せている。実際、今までNHKと仕事をしてきた制作会社からは、企画が通りにくくなった、もしくは全く通らない、という声が聞こえてくる。確実に、制作会社を制作現場から排除しよう、という傾向が強まっている。」(創)

どこの国でも公共放送には権力サイドからの政治的介入はつきものと考えるのが常識、視聴者と権力の間にたって公平中立の報道を心がけるのが公共放送経営者の社会的責務ではないか。
ひとたび権力の介入があれば、時と場合によっては職責をかけて職員のこさえた番組を守るのが公共放送の経営者ではないか。
それもだめなら、せめて直ちに静止画像にしてシロ素材を出し検閲中のテッロプでも流して視聴者に知らせる業務命令をだせばいい。
視聴者が問題を解決するだろう。
勇気ある内部告発の目的はただひとつ、海老沢会長とその取り巻きたちによるNHK経営陣を刷新して、この腐敗構造を改革することである。
NHK職員の総力を集めて、NHKを真の公共放送として再建することだとおもう。そして、再びNHKでなければつくれない番組を世界に送りだすことではなかろうか。NHK職員のみなさん、悪代官とその手下を退治してよい番組をこさえてください。
[PR]
by daisukepro | 2005-01-19 09:49 | マスコミ


<< 米英合作映画「ネバーランド」 さよならマトバシゲオ >>