続々続々続NHKとBBC


c0013092_11345336.jpg写真はBECTU(放送・エンターティメント・映画・演劇産業労組)の本部ビル、南ロンドンーーーー。
日本にも似たような名称の産別組織がある。
BECTUのBBC部門専従役員はしんぶん赤旗特派員のインタビューに次のように答えた。
「イラク脅威を誇張脚色したというBBCの報道を政府はまったく嫌いました。ブレア首相の側近の報道局長はBBCに対して、報道内容を変えるように公的かつ私的に圧力をかけつづけ、 全面謝罪を求めるなど異常な行動をおこないないました。しかし、BBCは強固に抵抗しました。しかし、ハットン報告が出され、幹部が辞任に追い込まれました。BBCの意思決定機関の理事会メンバーは首相の助言を受けて女王が任命するので、政府の影響を完全に排除することは困難な状況にあります。ギリガン報道で会長や理事長は政府と対決姿勢をとりましたが、理事会が消極的だったことがBBCの立場を弱めました。イラク戦争が始まってBBCは米軍に組み込まれた報道だけでなく、独自にジャーナリストを送り、異なった角度から情報を伝えようとしました。これはは非常に危険が高く困難だったのですが。ジャーナリズムが政府から独立するのは非常に大事です。政府から独立したジャーナリズムは社会全体にと必要です。国民が独立したメディアをもたなければ、政治的な選択の幅が狭まるでしょう。結果として同じ政党が選ばれることになってしまいます」
衆院本会議で代表質問にたった日本共産党の穀田議員は「NHK番組に対する安倍氏らの行為が憲法21条が禁止している事実上の事前検閲にあたり、放送法第3条の放送番組は何人からも干渉され、または規律されることがないに反する」と追求した。しかし、小泉首相は「NHKが政治的圧力を受けて番組の内容が変更された事実はないと言っているので憲法、放送法の規定に抵触することはないと承知している」と答弁した。
結局この問題を憲法違反として今国会で真っ正面から追求したのは日本共産党だけであった。
次回はその後、NHK内部で何がおこっているか、可能な範囲でお伝えします。
尚、イギリスの映画演劇放送労働者はBECTU(25、000)NUJ(35、000)など6労組がFEU(エンターテーメント労連)を結成してたたかっている。日本にはプロ野球選手の労働組合があるが、そこはイギリス、野球はないがプロサッカーの労働組合がこの組織に参加している。
[PR]
by daisukepro | 2005-01-26 00:03 | マスコミ


<< NHK改革 続々続々NHKとBBC >>