ゲゲの晋三と言論統制のはじまり。

ゲゲの晋三と言論統制のはじまり。

デモを鎮圧するため、閣議に自衛隊出動を提案した昭和の妖怪、岸信介の孫の安倍晋三が日本の総理大臣になることが確定的になった。昭和の妖怪は孫のゲゲの晋三となって甦り、権力を手中にすることになる。国民に降り掛かる死の灰は梁塵に堆積して文化を浸食することになるだろう。水木しげるのゲゲの鬼太郎は妖怪退治のヒーローだが、ゲゲの晋三はヌラリヒョンの一味だ。ゲゲの晋三にとっての美しい国、千年王国の建設が始まる。そのために始めることは言論統制と教育基本法(理念)の改悪だ。既に国会議員だけでなく全国からの妖怪が永田町を目指して集合しつつある。コイズミは得体の知れない人物だったが、次期総理はれっきとした妖怪の血脈を継いだウルトラ国粋主義者だ。岸信介はA級戦犯で巣鴨の刑務所入りしたが、釈放されるとすぐ自主憲法制定同盟を結成して、後に顔が鳥に似ていることからバードライクフェイスと呼ばれる総理大臣になった。ゲゲの晋三言語録を読むとコイズミの言語録より国家主義的歴史観が脈打っている。「国のために死ぬことを宿命ずけられた特攻隊の若者たちはーー死を目前にした瞬間、愛しい人を思いつつも、日本という国の悠久の歴史が続くことを願ったのである。(美しい国へ)」だから「一国のリーダーがその国のために殉じた方々の冥福を祈り、手を合わせ、——るのは当然、次のリーダーも当然果たさなければなりません」と靖国参拝を肯定、「A級戦犯は国内法的には犯罪者ではない」と流れは一貫して国家主義そのまんま東である。石原慎太郎をはるかに凌駕している。
さて、靖国参拝に反対にしている加藤紘一議員宅に放火テロが起こったが、この風潮は各界で起こるだろう。同好会員が下記のワシントンポストの署名記事を送ってくれた。

記事の概要は、「日本国際問題研究所発行のオンライン新聞で、玉本 偉・編集長は論文で、首相の靖国公式参拝や反中国報道の動きをとらえ日本の新タカ派的国粋主義に警鐘を鳴らした。ところが、産経新聞ワシントン駐在編集特別委員・古森義久氏は、その論文を反日だと決めつけ、彼に“極左のインテリ”というレッテルを貼った。古森委員の攻撃は、それだけにとどまらなかった。彼は、日本国際問題研究所の理事長・佐藤行雄氏に、税金で玉本編集長を雇っていることに対する謝罪を要求。これを受けた佐藤理事長は、24時間以内に、オンライン新聞を閉じ、産経新聞に対し『今回の事態を厳しく反省し、編集体制を一新したい』と謝罪文を寄せた。」
玉本さんは朝日新聞の記者やNHKの番組製作担当者のように左遷されるのだろうか。二つの事例は言論圧殺を狙った卑劣な行為であることに大差はない。
[PR]
by daisukepro | 2006-08-30 15:14 | 政治


<< エジプト・カイロ・ラムゼイ2世 「カミカゼ・コイズミ」 >>