NHK視聴料について

拝啓、「コギー犬、勇気と共に」様
trackbackありがとう。返事が遅れて申し訳ない。

NHK視聴料の問題ですが、放送法第32条は次のようになっています。
「第32条 協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない。ただし、放送の受信を目的としない受信設備又はラジオ放送(音声その他の音響を送る放送であつて、テレビジョン放送及び多重放送に該当しないものをいう。)若しくは多重放送に限り受信することのできる受信設備のみを設置した者については、この限りでない。」
ある日、NHKの集金人と名乗る人が訪ねてきて、「NHKの視聴料を払ってください」といわれます。払いたくないと思って、「うちはNHKが嫌いで見ていません。だから払いたくありません」というと放送法の32条を示して、「NHKを見ても見ていなくてもテレビを設置したものは契約をしなければならないとこの通り放送法に書いてあるので払ってください」といいます。
普通のひとはこれで仕方なく払います。疑い深い人がいて「ーーーでも払わない」というと「払わないと法律で罰せられますよ。そのうち法律が変わって、未払分を遡及してはらわされることになりますよ、それでもいいですか」などと脅す奴もいます。「払っている人と不公平になる」などと言う奴もいます。
しかし、32条には契約をしなければならないと書いてあるが契約する義務があるとも契約を承諾しなければならないとも書いてありません。つまり、義務ではないのです。そこで、契約とは何かということになります。

『契約には近代市民法の原則として「契約自由の原則」があるとされています。              

契約自由の原則というのは、
_「契約の相手方は自由に選択できる(当事者の自由)」
_「契約の中身も自由に決められる(内容の自由)」
_「契約に一定の様式は要求されない(様式の自由)」
_「契約を結ぶ義務はない(締結の自由)」ーーーーのことです。

つまり、契約は、当事者間の申込と承諾という二つの意思表示の合致によって成立する。つまり、売主が「これを売ります」と言っている所に買主がきて「では、それを買います」と言えば売買契約が成立する。だから、契約したくなければしなくていいのです。

BBCのライセンス料は義務づけれ、罰則規定もあります。高齢者無料の制度もあります。
しかし、NHKの受信料は個人の自由意志によって成立してるところに意義があります。NHK独立の根拠がそこにあるからです。
NHKが視聴者に公平な報道をしないので抗議の目的で不払いを申し出ることは自由です。現行では視聴料を払わなくても罰則規定はありません。
しかし、いったん契約をした場合、契約を解除するためには合理的な理由とNHK側の合意が必要となります。ケイスバイケイスなので知り合いの法律家に相談してください。
「発見の同好会」はNHKの姿勢を批判しますが、NHKがなくてもいいとは思いません。不払い運動には賛成できません。
NHKが権力や圧力団体に屈せず、真に独立し公平な報道をする放送局であることを願っているだけです。

今後ともよろしく、ときどき当サイトをお訪ねください。その後、勇気くんの足はいかがですか
ーーーーーーーーーー「発見の同好会」
[PR]
by daisukepro | 2005-02-01 11:58 | テレビ


<< 中央興業の顛末 NHK問題「緊急集会in東大」... >>