米下院が慰安婦決議を可決 本会議で初、公式謝罪要求

米下院が慰安婦決議を可決 本会議で初、公式謝罪要求
【ワシントン30日共同】米下院本会議は30日午後(日本時間31日午前)、第2次大戦中の従軍慰安婦問題をめぐり日本政府に公式謝罪を求める決議案を可決した。

 慰安婦問題をめぐる決議が、本会議で可決されるのは初めて。決議自体に法的拘束力はないが、日本にとって最も重要な同盟国である米国の議会で、日本を直接非難する決議が可決されたことで両国関係に悪影響が出そうだ。参院選で惨敗したばかりの安倍晋三政権にとっては採決回避を働き掛けてきただけに手痛い失点だ。日本の保守層からは反発も予想される。


 c0013092_10233956.jpg
(写真;米下院で提案説明をするホンダ議員)

 決議は日本政府に対し、慰安婦問題に対する歴史的責任を認め正式に謝罪するよう要求。謝罪の形態は、首相声明の形を取るよう強く促している。また旧日本軍のための人身売買はなかったとの主張を容認せず、国際社会の声に耳を傾けるよう求めている。

1975/03/04 00:00 【共同通信】
[PR]
by daisukepro | 2007-07-31 10:32 | マスコミ


<< サヨナラ「小田実」 世界で最初の女性首相「シリマボ... >>