2017年 11月 11日 ( 7 )

しかとご覧あれ!希望の党の運命やいかに(戸塚章介)

しかとご覧あれ!希望の党の運命やいかに 17/11/11

 希望の党の共同代表選は、対立候補の大串博志氏を39対14で制した玉木雄一郎氏が当選した。「希望共同代表玉木氏」「分裂回避が課題に」(11日付『毎日』)。「憲法改正や野党連携を巡る玉木、大串両氏の隔たりは大きく、党内での路線対立は続きそうだ。分裂含みの党を玉木氏がまとめられるかが課題となる」。

 玉木共同代表は1969年生まれの48歳。09年に民主党から出て初当選、民進党幹事長代理などを務めた。その玉木氏、共同代表が有力視される中、11月10日付の『週刊金曜日』でインタビューに応じている。聞き手は『岳南朝日新聞』元争議団の片岡伸行さん。エッセンスのところを拾ってみる。

 片岡「希望の党は野党なのか自民・公明政権の補完勢力なのか」
 玉木「明確に野党です。われわれは安倍一強の自民・公明政権を倒すために合流しました」
 片岡「戦争法と9条改憲を容認するかどうかがポイントですね」
 玉木「一部メディアが(希望の党は)安保法制容認と言っていますが『安保法制については憲法にのっとり適切に運用する』ということです。小池代表も『9条への3項追加は容認しない』と言っています」

 片岡「希望が安倍改憲に協力するようなことになれば『排除』発言のときのように急速に国民の支持を失い、希望自体が空中分解する可能性もありますよ」
 玉木「安倍政権を利するようなことはしないということだけはお約束します。それでは野党が分裂した意味がない。(今回選挙の)得票率を見ても、すでに野党による政権交代の準備はできているのです」

 玉木氏の言う「野党による政権交代」の論拠はこうだ。まず議席は、立憲、希望、無所属で120超、これは郵政選挙時の民主党110より多い。比例区の得票率は自民の33%に対し、立憲(20%)と希望(17%)を合わせれば37%にる。――ま、計算はその通りだが単なる数合わせではねえ・・・。

 玉木氏は「安倍一強政治許すまじ」「われわれは安倍政権を補完する改憲勢力ではありません」と強調し、政策の柱を「現実的な外交・安保政策」「格差・貧困を是正し中間層を豊かにする経済政策」「情報公開を徹底し税金の無駄遣いをなくす」の3点におくという。この政策を見る限り「安倍一強政治」とどこが違うのか分からない。おれは片岡さんの言うように早晩化けの皮が剥がれて「空中分解」する運命にあると思うのだが。


[PR]
by daisukepro | 2017-11-11 20:24 | 政治

「4条件」審査せず(赤旗)

 安倍晋三首相の友人が理事長を務める学校法人「加計学園」(加計孝太郎理事長、岡山市)の獣医学部新設を認める答申を、文部科学省の大学設置・学校法人審議会が出しました。審査では厳しい意見があいつぎ、答申も“条件つき”でした。愛媛県今治市が国家戦略特区に提案した「国際水準の獣医学部」とはいえない実態が浮き彫りに。それでも、林芳正文科相はすみやかに認可すると表明しています。安倍政権はどこまで、ゴリ押しを続けるのか―。(原千拓、三浦誠)


写真

(写真)加計学園が建設を進める岡山理科大獣医学部=10日午後、愛媛県今治市

是正意見が相次ぐ

 「大学設置審はもともと設置基準の最低ラインでしか審査しない。加計学園の申請は、最低基準に到達するのさえ苦労している」。大学設置に詳しい文科省関係者はそう指摘します。

 審議会では第1次審査で是正を求める意見が相次ぎ、「警告」がつきました。警告は、法令に抵触するか、内容が不明確な場合に付される「是正意見」が5件以上ある場合が対象です。

 とくに教員体制については、厳しい意見が出されました。

 ―臨床系の教員については高齢層に偏りがみられる

 ―実習を補助する立場の助手がまったくいない

 ―カリキュラムの実現可能性に疑義がある

 教員体制について答申は、「留意事項」を記し、引き続き改善を求めました。獣医学部は6年間の履修が必要です。開学から6年たつ前に退職年齢を超える専任教員の割合が「比較的高い」ので改善せよ、というのです。

 獣医師養成系大学の教員事情に詳しい関係者は、「加計学園は他大学の獣医学部を定年退職した教員が多いと聞いている」といいます。

 教員体制が不安定ならば、新設認定の大前提が崩れます。

 国家戦略特区による獣医学部新設は、今治市のほかに京都府と京都産業大学が表明していました。

 今治市のみを選んだ理由について山本幸三地方創生担当相(当時)は参院内閣委員会(6月)で、日本共産党の田村智子副委員長の質問にこう断言しました。「今治市は専任教員を70人確保するとしている」「すぐにでも開学できる」

 すぐ開学できるどころか、実際には開学後も不安が残る内容だったのです。

 先の文科省関係者は、あきれた口調でこう言います。「設置認可で一番大切なのは、教育をする教員の体制。せっかく入学しても卒業する前に教員が定年になるのでは学生が困る。他大学を定年した教員ばかり集めても、『国際水準の獣医学部』なんてできるわけがない。文科相は認可を思いとどまるべきだ」

図

実習体制にも不安

 答申には、獣医師になるための実習にも留意事項が付されています。大学に付属する動物病院で外来診療する動物の確保などです。

 国立大学のある獣医学部教授は、こう疑問を呈します。「教育のためには、動物の症例が少なくとも年間1万件は必要だ。今治で果たして年間1万もの動物が診察にくるのか」

 現状で定員が最も多いのは、麻布大学の120人。加計学園の獣医学部は、それを超える140人で国内最大規模となります。

 獣医師養成系がある既存の16大学は現在、国際水準の教育を目指しています。欧州に比べて日本は、実際に動物を診察や治療する臨床教育が弱く、これを克服するため、各大学が相互に協力して新たに参加型実習をはじめています。

 前出の教授は、加計学園の実習内容も懸念します。答申が、一度に実習に参加する学生を分散するなど工夫が必要との留意事項もつけているからです。

 この教授は指摘します。「一グループを数人に分けて実際の業務に入っての実習が必要だ。これをするのは既存大学でも大変。140人も学生がいて大丈夫か。文科相は認可をせず、計画を練り直させたほうがいい」

「4条件」審査せず

 もともと文科省は、獣医学部の新設を告示で禁じてきました。獣医師行政を所管する農林水産省が、獣医師の需給は足りていると判断しているためです。農水省は現在もこの判断を変えていません。

 加計学園の獣医学部はあくまでも国家戦略特区の規制緩和による「特例」です。特例をつくる前提として安倍内閣は2015年6月、既存の獣医師養成でない構想が具体化すること、既存の大学では対応が困難な場合など、「4条件」を閣議決定しました。

 しかし設置審では4条件を審査しませんでした。当時、文科省事務次官だった前川喜平氏は、文科省内で4条件を検証していないと証言しています。

 文科省や設置審で4条件が審査されていないならば、資格がないのに試験をうけて、「合格」と判断されたようなものです。

 疑問がいっこうに解消しないにもかかわらず、林文科相は加計学園の学生募集に配慮してすみやかに認可を出そうとしています。これほどまでの“特別扱い”は、安倍首相の「ご意向」があるからではないのか―。

 安倍首相は総選挙中に「丁寧に説明する」としましたが、街頭演説でこの問題にいっさいふれず。選挙後は国会での説明を回避しています。加計理事長も「会見の予定はない」(同学園)としており、疑惑はいまだ晴れません。

 関係者が説明から逃げるなか、真相解明のためには国会での証人喚問は不可欠です。

国民に十分説明を

前川前文科次官が談話

 文部科学省の前川喜平前事務次官は10日、大学設置・学校法人審議会が加計学園の獣医学部を認める答申を出したことについて、ただちに認可すべきではないとの談話を公表しました。

 前川氏は、安倍内閣が閣議決定した「4条件」を同学園の獣医学部が満たすかどうかを設置審は判断しておらず、再確認する必要があると指摘しました。

 また獣医学部新設が認められた過程で、不公正や国家の私物化があったのではないかという疑念が国民のなかにあると強調。「総理のご意向」により、初めから「加計ありき」で「腹心の友」にだけ特別な恩恵を与えることが決まっていたのではないかという疑念に、「政府は正面から十分に説明を尽くさねばなりません」と述べています。



[PR]
by daisukepro | 2017-11-11 11:22 | モリカケ事件

加計孝太郎氏を証人喚問することが必要だ。(赤旗)

日本共産党の笠井亮政策委員長は10日、国会内で記者会見し、学校法人「加計学園」の獣医学部新設を認める文部科学省の審議会の答申について「問われているのは設置基準に適合しているかどうかの問題ではない。それ以前の加計疑惑の問題だ」と厳しく指摘しました。

 笠井氏は、疑惑解明なしの設置認可は「とんでもない加計隠しだ」と批判。世論調査でも国民の7割が説明不十分と回答しているとして「ただちに国会の審議をやるべきだ」と求めました。審議では「キーパーソンといわれる方々、特に加計孝太郎氏を証人喚問することが必要だ。安倍首相自身にかかわる疑惑であり、首相出席の質疑が不可欠だ」と強調しました。また、文科相に対しては獣医学部新設を「認可すべきでない」と述べました。

 「どういう疑惑が未解明か」との質問に、笠井氏は「答弁が食い違ってきている」と指摘。特に、安倍晋三首相が、獣医学部新設を要望してきたのが加計学園だと知ったのは今年の「1月20日」だとした点について「腹心の友である加計孝太郎氏との関係で、信じがたい話」と述べました。

 また、「総理のご意向」などと書かれた文科省の内部文書や総理周辺の動きなどをあげ「この問題をしっかり解明しないことには国民は納得しない」と述べました。


[PR]
by daisukepro | 2017-11-11 11:16 | モリカケ事件

そうしなければ、第2、第3、第4の行政の私物化が起こるだろう(前川喜平)

設置審の答申を受け、前川喜平・前文部科学事務次官は毎日新聞の取材に応じ、「林芳正文科相は認可すべきではない」との見解を示した。政府の国家戦略特区諮問会議が昨年11月に獣医学部新設の規制緩和を決めた経緯に触れ、「(昨年11月の)諮問会議に議論を差し戻すべきだ」と指摘。特区のプロセスが安倍晋三首相の意向をそんたくして「ゆがめられた」との認識を示し、「まじめに再審査したら、落とされるだろう」と語った。

 前川氏は設置審が答申で課題として示した「留意事項」にも触れ「定年間近の教員が多い。(最初に入学する学生の)卒業前に先生が辞めるのなら無責任だ」と強調。「博士課程もないのに先端研究ができるわけがない」と加計学園の教育体制に疑問を投げかけた。また、地元自治体から学園に交付予定の96億円の補助金について「確実に入ってくるのか。根拠が薄弱ではないか」と問題視した。

 さらに、一連の問題について「政府は国民が忘れてくれるのを待っているのだろうが、国民のみなさんが今後も疑惑を追及するかどうかにかかっている。そうしなければ、第2、第3、第4の行政の私物化が起こるだろう」と述べた。【青島顕、杉本修作】



[PR]
by daisukepro | 2017-11-11 11:11 | モリカケ事件

加計獣医学部新設「可」 当初計画に修正重ねる(毎日)

学校法人「加計(かけ)学園」が運営する岡山理科大の獣医学部新設を巡り、文部科学省は十日、同省の大学設置・学校法人審議会が林芳正文科相に新設を「可」として認める答申をしたと発表した。林文科相が近く認可し、来年四月に開学する見通し。設置審は当初の計画に対し、抜本的に見直す必要があると「警告」を出していた。学園は実習計画などの修正を重ね、新設を認める答申にこぎ着けた。

 ただ、学園の加計孝太郎理事長の友人である安倍晋三首相が主導する国家戦略特区制度を活用した手続きが、「加計ありき」だったとの疑念は拭えておらず、野党は特別国会で首相の説明責任を追及する。

 文科省は今回から、審査意見を公表し、設置審が五月の審査当初から実習計画や教員組織などで七件の是正意見を付けていたことが判明。五件以上で警告、最終的に一件でもあると原則不認可となる。

 実習計画については、設置審は当初、入学定員百六十人の大規模な実習を円滑に実施できるのか、二班に分かれて行う実習の時間割が適切に組まれているのか-などを疑問視。学生や教員の配置計画、実習先との連携体制などの説明を求めていた。八月にも、「短期集中型」の実習計画を全般的に見直すよう求める是正意見を付け、判断を保留して審査を続けた。

 教員組織の面でも高齢層に偏っていると是正を要求。学園側は定員を百四十人に減らし教員を七十五人に増やすなどの改善策を出し、最終的に大学設置基準を満たしたと判断された。

 しかし、学生の実技経験の質的・量的充実を図ることや、病原体を扱う実習は学内規定を整備して安全に行うことなど八件が留意事項として残った。留意事項は開学後も六年間、確実に履行されているか調査が続けられる。

 獣医学部は文科省が定員を抑制しており、国家戦略特区による規制緩和で五十二年ぶりの新設となる。獣医師養成系の大学は全国十七校目で、定員百四十人は最多となる。

 加計氏は十日、学園のホームページに「愛媛県、今治市とともに構造改革特区で十五回、国家戦略特区で一回の計十六回に及ぶ申請の結果、ようやく答申が発表された。ご支援いただいた皆さまに厚く御礼申し上げる」とのメッセージを公表した。

(東京新聞)

写真


[PR]
by daisukepro | 2017-11-11 11:04 | モリカケ事件

学校法人「加計(かけ)学園」が運営する岡山理科大の獣医学部新設を巡り

学校法人「加計(かけ)学園」が運営する岡山理科大の獣医学部新設を巡り、文部科学省は十日、同省の大学設置・学校法人審議会が林芳正文科相に新設を「可」として認める答申をしたと発表した。林文科相が近く認可し、来年四月に開学する見通し。設置審は当初の計画に対し、抜本的に見直す必要があると「警告」を出していた。学園は実習計画などの修正を重ね、新設を認める答申にこぎ着けた。

 ただ、学園の加計孝太郎理事長の友人である安倍晋三首相が主導する国家戦略特区制度を活用した手続きが、「加計ありき」だったとの疑念は拭えておらず、野党は特別国会で首相の説明責任を追及する。

 文科省は今回から、審査意見を公表し、設置審が五月の審査当初から実習計画や教員組織などで七件の是正意見を付けていたことが判明。五件以上で警告、最終的に一件でもあると原則不認可となる。

 実習計画については、設置審は当初、入学定員百六十人の大規模な実習を円滑に実施できるのか、二班に分かれて行う実習の時間割が適切に組まれているのか-などを疑問視。学生や教員の配置計画、実習先との連携体制などの説明を求めていた。八月にも、「短期集中型」の実習計画を全般的に見直すよう求める是正意見を付け、判断を保留して審査を続けた。

 教員組織の面でも高齢層に偏っていると是正を要求。学園側は定員を百四十人に減らし教員を七十五人に増やすなどの改善策を出し、最終的に大学設置基準を満たしたと判断された。

 しかし、学生の実技経験の質的・量的充実を図ることや、病原体を扱う実習は学内規定を整備して安全に行うことなど八件が留意事項として残った。留意事項は開学後も六年間、確実に履行されているか調査が続けられる。

 獣医学部は文科省が定員を抑制しており、国家戦略特区による規制緩和で五十二年ぶりの新設となる。獣医師養成系の大学は全国十七校目で、定員百四十人は最多となる。

 加計氏は十日、学園のホームページに「愛媛県、今治市とともに構造改革特区で十五回、国家戦略特区で一回の計十六回に及ぶ申請の結果、ようやく答申が発表された。ご支援いただいた皆さまに厚く御礼申し上げる」とのメッセージを公表した。

(東京新聞)

写真


[PR]
by daisukepro | 2017-11-11 11:04 | モリカケ事件

こけたレポート30 石蕗の花


こけたレポート30

 石蕗(つわぶき)の鉢植えを買い求めた。蕗に石の字で石蕗(つわぶきと読む)徘徊コースに花を売る店あり、数日シャッターが下りていた。「日陰でも日向でもいいですよ」と店主が言う。五十路の男だ。豊島ヶ丘の東端は護国寺、山門から一直線に音羽通りが江戸川まで伸びている。西向きの端には7つの坂がある。名はない。石蕗坂と名付けようか。こけた111日目は11月11日(iphone6)


[PR]
by daisukepro | 2017-11-11 08:49 | コケタレポート