カテゴリ:マスコミ( 140 )

審査委員賞】ジャーナリスト梅田正己さん「日本ナショナリズムの歴史」全4巻(高文研)

 平和や人権擁護などに貢献した報道や作品を表彰する「平和・協同ジャーナリスト基金賞」の第二十三回受賞作が一日発表され、本紙社会部の望月衣塑子(いそこ)記者(42)=写真=の「武器輸出及び大学における軍事研究に関する一連の報道」が奨励賞に選ばれた。九日に贈呈式が行われる。

 望月記者は本紙で、日本における武器輸出の拡大や軍事研究費の増加について報じ続け、昨年七月には「武器輸出と日本企業」(角川新書)も著した。授賞理由は「武器輸出三原則が事実上撤廃されてゆく過程や日本企業が武器の生産・輸出に傾斜していく経緯がリアルに描写され、現状への警告となっている」としている。

 基金賞(大賞)には戦時中の朝鮮人強制連行などを取材し続け、今年九月に亡くなった作家・林えいだいさんを描いたRKB毎日放送のドキュメンタリー映画「抗い 記録作家林えいだい」が選ばれた。

 同基金賞は一九九五年に設立、市民からの寄付で運営されている。本紙は二〇一三年に「憲法に関する一連の企画」で、一五年に「平和の俳句」で基金賞を受賞している。

 今回の他の受賞作は次の通り。

 【奨励賞】沖縄タイムスの連載「銀髪の時代『老い』を生きる」▽シンガーソングライター清水まなぶさん「追いかけた77の記憶 信州全市町村戦争体験聞き取りの旅」(信濃毎日新聞社)▽朝日新聞高知版の連載「南洋の雪」▽パワー・アイ製作のドキュメンタリー映画「被ばく牛と生きる」▽広島市立基町高校美術部「被爆者の体験を絵で再現する活動と10年間の作品集」【審査委員賞】ジャーナリスト梅田正己さん「日本ナショナリズムの歴史」全4巻(高文研)

 平和や人権擁護などに貢献した報道や作品を表彰する「平和・協同ジャーナリスト基金賞」の第二十三回受賞作が一日発表され、本紙社会部の望月衣塑子(いそこ)記者(42)=写真=の「武器輸出及び大学における軍事研究に関する一連の報道」が奨励賞に選ばれた。九日に贈呈式が行われる。

 望月記者は本紙で、日本における武器輸出の拡大や軍事研究費の増加について報じ続け、昨年七月には「武器輸出と日本企業」(角川新書)も著した。授賞理由は「武器輸出三原則が事実上撤廃されてゆく過程や日本企業が武器の生産・輸出に傾斜していく経緯がリアルに描写され、現状への警告となっている」としている。

 基金賞(大賞)には戦時中の朝鮮人強制連行などを取材し続け、今年九月に亡くなった作家・林えいだいさんを描いたRKB毎日放送のドキュメンタリー映画「抗い 記録作家林えいだい」が選ばれた。

 同基金賞は一九九五年に設立、市民からの寄付で運営されている。本紙は二〇一三年に「憲法に関する一連の企画」で、一五年に「平和の俳句」で基金賞を受賞している。

 今回の他の受賞作は次の通り。

 【奨励賞】沖縄タイムスの連載「銀髪の時代『老い』を生きる」▽シンガーソングライター清水まなぶさん「追いかけた77の記憶 信州全市町村戦争体験聞き取りの旅」(信濃毎日新聞社)▽朝日新聞高知版の連載「南洋の雪」▽パワー・アイ製作のドキュメンタリー映画「被ばく牛と生きる」▽広島市立基町高校美術部「被爆者の体験を絵で再現する活動と10年間の作品集」【審査委員賞】ジャーナリスト梅田正己さん「日本ナショナリズムの歴史」全4巻(高文研)

c0013092_20320311.jpg

 平和や人権擁護などに貢献した報道や作品を表彰する「平和・協同ジャーナリスト基金賞」の第二十三回受賞作が一日発表され、本紙社会部の望月衣塑子(いそこ)記者(42)=写真=の「武器輸出及び大学における軍事研究に関する一連の報道」が奨励賞に選ばれた。九日に贈呈式が行われる。

 望月記者は本紙で、日本における武器輸出の拡大や軍事研究費の増加について報じ続け、昨年七月には「武器輸出と日本企業」(角川新書)も著した。授賞理由は「武器輸出三原則が事実上撤廃されてゆく過程や日本企業が武器の生産・輸出に傾斜していく経緯がリアルに描写され、現状への警告となっている」としている。

 基金賞(大賞)には戦時中の朝鮮人強制連行などを取材し続け、今年九月に亡くなった作家・林えいだいさんを描いたRKB毎日放送のドキュメンタリー映画「抗い 記録作家林えいだい」が選ばれた。

 同基金賞は一九九五年に設立、市民からの寄付で運営されている。本紙は二〇一三年に「憲法に関する一連の企画」で、一五年に「平和の俳句」で基金賞を受賞している。

 今回の他の受賞作は次の通り。

 【奨励賞】沖縄タイムスの連載「銀髪の時代『老い』を生きる」▽シンガーソングライター清水まなぶさん「追いかけた77の記憶 信州全市町村戦争体験聞き取りの旅」(信濃毎日新聞社)▽朝日新聞高知版の連載「南洋の雪」▽パワー・アイ製作のドキュメンタリー映画「被ばく牛と生きる」▽広島市立基町高校美術部「被爆者の体験を絵で再現する活動と10年間の作品集」【審査委員賞】ジャーナリスト梅田正己さん「日本ナショナリズムの歴史」全4巻(高文研)



[PR]
by daisukepro | 2017-12-07 20:31 | マスコミ

NHK受信料「合憲」と最高裁 初判断、テレビあれば支払い義務

 NHKの受信料制度が「契約の自由」を保障する憲法に違反するかどうかが争われた訴訟の上告審判決で、最高裁大法廷(裁判長・寺田逸郎長官)は6日、合憲と初判断した。テレビがあれば受信契約を結び、受信料を支払う法的義務があると指摘。テレビを設置した時点にさかのぼり負担する義務があるとした。

 未契約の視聴者は支払いを事実上、拒否できないことになり、約900万件あるとされる未契約世帯からの徴収に影響しそうだ。15人の裁判官のうち14人の多数意見。

 一、二審ともNHKの主張をほぼ認め、男性に受信料の支払いを命じた。最高裁は6日、双方の上告を棄却した。

(共同)

 NHK放送センター=東京都渋谷区


[PR]
by daisukepro | 2017-12-07 07:26 | マスコミ

『毎日』夕刊の牧太郎さんコラムに思う 17/11/22

戸塚章介(元東京都労働委員会労働者委員)

『毎日』夕刊の牧太郎さんコラムに思う 17/11/22

明日へのうたより転載

 毎週火曜日掲載の『毎日』夕刊2面のコラム「牧太郎の大きな声では言えないが」。辛口の社会批評が面白い。昨21日も楽しみに夕刊を開いたのだが、そう言っちゃなんだけどつまんい。「『いざなぎ超え』のうそ」のタイトルで銀行の経営不調とカードローンの胡散臭さを論じているのだが新鮮味がない。

 と不満を持ちつつ今朝、牧太郎さんのブログ「牧太郎の二代目・日本魁新聞社」を開いたら原因が分かった。一度書いて出した原稿が没になって新しいテーマで書きなおしたというのだ。当然没になった原稿というのが気にかかる。牧さんはそれをブログでも公開していないがどうやら「新聞の恥」に関するものらしい。

 牧ブログによれば事の経過は次のようだ。牧さんは「ある問題」をテーマにして原稿を20日未明にだしたが、夕方になってデスクから「これは載せられない」と拒まれた。「僕が大事にするのは『新聞の正義』だ。この問題で、今の新聞は『不正義』ではないか」と反論したが、「過激で掲載できない」と言われ意見が合わない。いくら正論を述べても駄目なので、とりあえず「違うネタ」にした。

 毎日新聞社は40年前に倒産危機に陥り、労働組合はじめ社員一丸で「再建」した。その時、①新聞の資本と権力からの独立、②国民に開かれた新聞、③編集の民主的運営を保証する編集綱領の成立、を労使で確認した。その後いろいろあったが、この基本理念は受け継がれているはずだ。

 編集綱領から今回の問題に関すると思われる条項を抜き書きする。
 「言論の自由独立と真実の報道を貫くことをもって編集の基本方針とし、積極果敢な編集活動を行う」
 「毎日新聞の記者は、編集方針にのっとって取材、執筆、紙面製作にあたり、何人からも、編集方針に反することを強制されない」

 牧さんの原稿が社の編集方針を逸脱したものだったのだろうか。「過激だから」という理由では納得できないのは当然である。牧さんは「新聞記者として『今』書かねばならぬことがある。たとえ新聞の『恥』であっても、書かねばならないことがある」と信念を披歴する。そして「新聞は何時から『権力のポチ』になったの?」と嘆き、「このテーマは何時かは書くからな!」と宣言する。

 おれは牧さんを支持する。「過激だから」と掲載を拒んだ毎日新聞は読者に背を向け、編集綱領をないがしろにするあるまじき行為だと思う。毎日労組にこの問題を編集綱領違反として取り上げるよう要請する。

 

 


[PR]
by daisukepro | 2017-11-23 18:32 | マスコミ

アメリカのケネディ大統領暗殺事件(1963年11月)に関する約2900点の機密指定資料が10月27日、公開された。国益上の観点から、一部は180日間かけて公開の可否を判断するという。



アメリカの現職大統領が公の場で射殺されるという前代未聞の事件には不可解な点を指摘する声もあり、今回の公開は注目を集めそうだ。公開をめぐってはトランプ大統領がTwitterで「興味深い!」などと述べていた。

事件は1963年11月22日、テキサス州ダラスで起きた。当時大統領だったケネディ氏は夫人らとオープンカーに乗り、市内をパレード中に射殺狙撃され、弾が頭に命中するなどして死亡した。

事件を検証したウォーレン委員会は、元海兵隊員のオズワルド氏による単独犯行と断定したが、オズワルド氏は事件直後、警察署内で別の男に射殺され、全容解明には至らなかった。(ハフィングポストより転載)


[PR]
by daisukepro | 2017-10-28 08:14 | マスコミ

日本ナショナリズムの源流 講師梅田正巳(編集者)

≪お知らせ≫ 10月27日 JCJ出版部会・講演会のご案内

日本はどこまで右傾化するのか
「安倍政権と9条つぶし」─その源流を追う


戦後72年、ついに安倍政権は、憲法9条をつぶし、日本を「戦争する国」へと駆り立てる道に踏みこんだ!
どうして、こんな事態になってしまったのか!?
戦前回帰というウルトラ右翼の母胎である「日本ナショナリズム」の源流に分け入り、 右傾化へ拍車をかけてきた影のプロセスを明かす。


講師: 梅田正己
日時: 10月27日 (金)18時30分開会(18時15分開場)
場所: YMCAアジア青少年センター 3階会議室
〒101-0064 東京都千代田区猿楽町 2 - 5 - 5 Tel : 03-3233-0611
JR水道橋駅・東口改札を出て白山通りを右へ進む。「居酒屋和民」前の交差点を左に渡る。その道を
真っ直ぐに入る。神田女学園に突き当たり横の路地を右へ。
地図
参加費:800円(会員・学生500円)

梅田正己 (うめだ・まさき):1936年生まれ。書籍編集者を経て、高文研前代表。歴史学者、ジャーナリスト。著書に『これだけは知っておきたい・近代日本の戦争』『「非戦の国」が崩れゆく』『「市民の時代」の教育を求めて』『日本ナショナリズムの歴史・全4巻』(以上、高文研)、『この国のゆくえ』(岩波ジュニア新書)など著書多数。

《主催》 日本ジャーナリスト会議(JCJ)出版部会
〒101-0051千代田区神田神保町1-18-1 千国屋ビル402号
℡03-3291-6475 fax03-3291-6478
メールアドレス:office@jcj.gr.jp

[PR]
by daisukepro | 2017-10-26 18:41 | マスコミ

お知らせ

c0013092_7185936.jpg

[PR]
by daisukepro | 2014-02-24 07:18 | マスコミ

2013年度JCJ賞受賞者のスピーチ集

2013年度JCJ賞

c0013092_20554345.jpg

この画像をクリックすると全受賞者のスピーチが視聴で来ます。span style="line-height:1.4;">
●大賞は該当なし●
〔JCJ賞〕 「標的の村~国に訴えられた東村・高江の住民たち~」
 〔受賞者〕 琉球朝日放送
 オスプレイ普天間基地配備強行に反対する沖縄県民の闘いを、国に〝標的〟にされた東村・高江地区の安次嶺現達さん一家を軸に描いたテレビドキュメンタリーである。普天間基地を完全封鎖した県民の歴史的な闘いを、5年8か月にわたる長期取材をもとに構成し、米安保体制に対する沖縄県民の怒りが限界を超え、爆発寸前の状況にある現実を抉り出し、告発した。
(2012年12月1日16:00~16:55)

〔JCJ賞〕 シリーズ東日本大震災「空白の初期被ばく~消えたヨウ素131を追う~」
 〔受賞者〕 NHKスペシャル取材班
 東電福島第一原発事故から早くも2年以上が過ぎた。爆発で放出された放射性物質のうち半減期8日のヨウ素131は、子どもの甲状腺ガンとの因果関係が科学的に立証されている。番組は、全国各地の科学者たちが住民の切実な要望にこたえようと、被ばくの実情やヨウ素拡散の正確な実態把握に取り組む姿を描き、放射性物質の危険性をあらためて伝えた。
(2013年1月12日21:00~21:50)

〔JCJ賞〕 新聞連載企画「原子力 負の遺産 核のごみどこへ」
 〔受賞者〕 北海道新聞取材班
 原発問題でも極めて深刻な「核のゴミ」問題に、多角・広範囲の取材と長期の連載で挑んだ。10万年以上の密閉が不可欠な「核のゴミ」を人類がどう取り扱っていくのか。核のごみや核燃料サイクル政策、放射能汚染などをテーマに、丹念で広範囲の取材で現状を浮き彫りにし、問題の所在を的確に伝えた。
(2012年4月から13年2月まで、第1部から第6部にわたり朝刊1面で連載)

〔JCJ賞〕 『ルポ イチエフ 福島第一原発 レベル7の現場』(岩波書店)
 〔受賞者〕 布施祐仁
 フリーライターの布施氏が、2011年3月の福島第一原発事故後、15回も福島に足を運び、事故処理に駆り出された労働者の過酷な実態を克明に描いた。「イチエフ」とは、福島第一原発の現場作業員たちの呼称。本書は7次に及ぶ下請け、孫請け労働者に粘り強く取材し、重い口を開かせている。過酷な労働条件のもと、労災事故の実態、日当や危険手当のピンハネなど命と引き替えに過酷な現場で「復旧」に当たっている労働者の実態を告発する。
(岩波書店 2012年9月27日刊)

〔JCJ賞〕 写真集『福島 FUKUSHIMA 土と生きる』(藤原書店)
 〔受賞者〕 大石芳野
 戦争や内乱、苦悩の中でも生き抜く人々を撮り続ける著者が2012年12月までの約1年半、福島の現地に通いつめ、取材・対話を繰り返して「土」を奪われた福島の人々の生を切り取った。約230枚の写真は、原発事故の非情さ、被災者の苦悩そしてその中から生まれる未来への希望の種をも写している。著者が「土と共に生きる人たち、染みついた放射能に抗い格闘を続ける福島の人たちと問題を共有し」あった記録である。
(藤原書店 2013年1月30日刊)

〔特別賞〕 相馬高校放送局の高校生たちが3・11大震災後に取り組む活動
 〔受賞者〕 相馬高校放送局
 3・11後の福島には、現代日本の矛盾が凝縮されている。原発事故や放射能について自由に語り話し合うことがタブーとされている。相馬高校放送局の生徒たちは音声・映像、演劇などの作品群を通して、その「禁」を打ち破った。「安全」「収束」の声に疑問をなげかけ、社会的現実を討論し見極め、今言わなければならないことを、心の奥底の不安、怒りとして表出した。日本の高校生の可能性を示す言論活動として評価される。

 
[PR]
by daisukepro | 2013-08-24 20:54 | マスコミ

8月10日・JCJ8月集会=JCJ賞贈賞式のお知らせ

【8月10日・JCJ8月集会=JCJ賞贈賞式のお知らせ】
日本ジャーナリスト会議は毎年夏に、優れたジャーナリズム活動を行った新聞やテレビ、出版関係のジャーナリスト・団体を表彰しています。
2013年度は福島県の相馬高校放送局の高校生らにJCJ特別賞を贈ることになりました。
生徒たちは演劇などを通じて、「原発」のことを自由に語れない問題などを投げかけ、原発事故が収束していない危険性を訴えてきました。
1958年度に創設されたJCJ賞で高校生が受賞するのは初めてです。

ほかに、
琉球朝日放送のテレビドキュメンタリー「標的の村~国に訴えられた東村・高江の住民たち」
NHKスペシャル・シリーズ東日本大震災「空白の初期被ばく~消えたヨウ素131を追う~」
北海道新聞連載企画「原子力 負の遺産 核のごみどこへ」
布施祐仁氏の「ルポイチエフ 福島第一原発レベル7の現場」(岩波書店)
大石芳野氏の写真集「福島FUKUSHIMA 土と生きる」(藤原書店)
の5作品がJCJ賞に選ばれました。

当日は会場で各受賞者からスピーチがあります。相馬の高校生も来ます。
現状報告や取材の苦労などが語られる予定です。
この8月集会は広く開かれた場で、学生や市民も含め、どなたでも参加できます。
◎JCJ8月集会・2013年度日本ジャーナリスト会議賞の贈賞式
日時:8月10日(土)午後1時から
場所:プレスセンターホール
    (東京都千代田区内幸町2-2-1日本プレスセンタービル10階)
     最寄は地下鉄・内幸町か霞ヶ関駅
記念講演:「憲法を語る」 弁護士・内藤功さん
参加費:1000円(学生500円、高校生以下は無料) 予約は不要です
主催:日本ジャーナリスト会議(JCJ)
    電話03・3291・6475
    メール jcj@tky.3web.ne.jp



c0013092_1582734.jpg
c0013092_158661.jpg

[PR]
by daisukepro | 2013-08-07 15:09 | マスコミ

散歩する警察電車

散歩する警察電車
c0013092_0295326.jpg

大塚駅で都電荒川線の早稲田行きを待つ。10分ほどして電車が到着、シルバーパスを見せて乗り込む。座席にへたり込む込むと直ぐに電車が動き出した。乗客はまばら。ほろ酔いの眼で周囲を見回す。見慣れた車内風景だが、どこか奇妙なのである。
後部運転席のしきりにのれんがかかっている。「のんだらのれん 荒川警察署」とキャッチフレーズが書いてある。なるほど近ごろの警察署は「飲酒運転禁止」と紋切り型の標語は使わず駄洒落か。渋谷駅頭で「皆さんも交通ルールとマナーは守りましょう、おまわりさんもこんな良き日に怒りたくはありません」とか呼びかけて警視総監賞を受賞したDJポリスてのも話題になったな。目線をズームバックすると吊るし広告が垂れ下がっている。「飲酒運転お断り」、右の車窓にパンすると弁慶のイラストが貼ってある。弁慶曰く「ルールを守らん自転車は通さんぞ」。ここまでくると鈍感なオレでも気がついた。暴力団追放、侵入窃盗多発中など車内広告はすべて荒川署の提供だ。こりゃ悪のりのし過ぎだよ。オレは次の駅で下りた。気分が悪くなったのである。
[PR]
by daisukepro | 2013-07-02 00:30 | マスコミ

外国特派員が見た日本マスメディアの今

外国特派員が見た日本マスメディアの今(後編)

c0013092_126204.jpg


この画像をクリックしてください後編が視聴できます。
[PR]
by daisukepro | 2013-05-11 12:06 | マスコミ