カテゴリ:有路地の出来事( 5 )

空飛ぶクジラ

空飛ぶクジラ
不思議な夢をみた。
特定秘密保護法の国会上程を閣議決定された日、
新宿で小さな会議があった。いつものとおり居酒屋で安酒を飲んだ。池袋でもう一杯やろうということになった。 高齢者3人で埼京線の最後部に乗り込んだ。車内は混雑していた。昇降ドアー横の窓に防犯カメラ作動中というステッカーが貼られてあったので、天井を見上げると大きなドーム型監視カメラが2台設置されていた。痴漢退治のためだろうが気持ちのいいものではない。スパイ活動や盗聴を連想させるからである。
まして、反体制運動を弾圧する法案を成立するための閣議と言う名の謀議をしている夜だからなおさらである。
このような重大な法案を閣議で決める時、一人ぐらいは頑固に反対する大臣がいるものだが、安倍内閣の顔ぶれではそれらしき人物は望めない。恐怖政治がはじまる最初の夜になるような予感がする。嫌な感じだ。
ほろ酔いで店を出る、台風27号の雨にサンシャインビルが霞んで見えた。(写真)徒歩で家まで帰ったらしいが記憶にない。スマホが鳴り、酒席からにぎやかな声が聞こえた。山の仲間と飲んでいるらしい。家の表に出ると遠くのビルの影に飛行船が飛び去って行く。小動物のキャラクターでカラフルだった。見上げれば、巨大なマッコウクジラが悠然と空を飛んでいる。たてに筋をつけぶよぶよした白い腹が波打っている。クジラが空を飛ぶ?そんわけはないよな。
突然、背骨を二度三度と突き上げられ、その痛みに目が覚めた。地震であった。夜中の2時頃である。福島沖でマグネチュド6、8の余震と津波警報をテレビが伝えていた。福島第一の4号機が心配になって、眠気がさめた。
上着は外出着のまま寝ていた。

c0013092_2323040.jpg

c0013092_22593219.jpg
[PR]
by daisukepro | 2013-10-26 22:13 | 有路地の出来事

初雪、最後の希望

初雪、最後の希望

最後の望みとみるか、雪解け遠からじと思うか。
c0013092_1012415.jpg
c0013092_101090.jpg
[PR]
by daisukepro | 2013-01-27 10:02 | 有路地の出来事

百翁のデジカメ散歩

c0013092_12544979.jpg百翁のデジカメ散歩




顔は知らない。30年間、毎週一回はお住まいの前を通る。
ある日、軒先に私製のポスターが貼り出されているのに気がついた。それがこの写真である。センターに黒柳徹子の写真が配置され、無数のデジカメ写真が取り囲んでいる。タイトルはデジカメ散歩、ことしも…デジカメをつづけます…いのちのかぎり…とメーセージがあり、最後に赤字で2013.1と日付、そして百翁と署名してあった。散歩の道すがら目についた花々、都電、猫などが愛しむように撮影されている。卒塔婆の写真から護国寺や雑司ヶ谷の墓所が散歩のコースであることが分かる。横断歩道の白いストライプスを横切るように長くのびた黒い影が唯一の自画像である。
学生時代にLiaison d'etreという言葉がは流行っていたなあ。サルトルか何かの哲学用語で何が存在を規定するかという意味で使われていたような気がする。実存主義も遠くなりにけり、小説家大江健三郎のみ脱原発デモの先頭に立っている。
[PR]
by daisukepro | 2013-01-19 12:56 | 有路地の出来事

秀吉と正宗

使用済み家電類を処分しないとゴミ屋敷になりかねない。そこで廃品回収業者に処分をお願いすることになった。やがて現れたおじさんの両肩に2匹の猫がのっていた。その名を秀吉と正宗という。
大きな鈴を付けたクロネコが正宗、茶色が秀吉、秀吉は年寄りなので貫禄がある。微動だにしない。おじさんが回収している間、おとなしく待っている。人を怖がることも無く、おじさんの仕事が終わるとまた肩にとびのり帰って行った。5000円ほどかかった。屋号は猫の手という。
しゃれた人生があるものだ。
c0013092_120365.jpg
c0013092_120999.jpg
[PR]
by daisukepro | 2012-02-04 12:06 | 有路地の出来事

死傷者も無い、事件性も無い昼下がりの出来事のはずが

死傷者もない事件も無いロマンの無い昼下がりの出来事のはずがーーー。

悪いことは続くがピリオドも打たれる。

「このクソ暑いのに仕事かよ」カメラを担いで刑務所通りにでるとミニバイクが車道からよろめいてコンビニに突っ込んだ。窓ガラスが割れて飛散したけど、怪我人はなかった。次の日、ロフトでメールの返信を打っていると、遠く消防車のサイレンが鳴り、音は大きくなった。「こりゃ,近い」デジカメ片手に飛び出すと真っ白い煙が充満している。木造2階建てアパート全焼、借家人は無く、持ち主の一家5人が暮らしていた。怪我人はなかった。そして、次の日、また表が騒がしいのででてみると家の前でご婦人が倒れていた。熱中症かと思ったが、なんと足を骨折しているではないか。やがて救急車が到着して怪我人は運ばれて行く昼下がり。雨降らば降れ風吹かば吹け(一休)
人生何が起こるかわからんもんです、皆さん。

YOUTUBEにローカルの火事場のニュースがアップされていたのでVoteしときます。





[PR]
by daisukepro | 2011-07-16 21:58 | 有路地の出来事