カテゴリ:中東問題( 10 )

イランで反政府デモが計約40都市に拡大 21人の死亡が確認

【テヘラン共同】中東のイスラム教シーア派大国イランで反政府デモが計約40都市に拡大し、2日までに参加者計21人の死亡が確認された。警官隊との衝突などで計400人以上が一時拘束。発端は市民生活の不満だったが、非難の矛先は1979年の王制崩壊以来続く厳格なイスラム共和制そのものにも向いた。強権を握る治安当局が異論を弾圧してきた同国では異例の事態で、政情の不安定化が懸念される。

 2009年に大統領選の不正を訴える反政府デモで数十人が死亡して以降、最大規模の衝突。国営テレビなどによると、中部ナジャファバードでは1日、男が猟銃を発砲した。

 イラン・テヘラン西郊エルブルズ州の街頭の抗議デモを伝えるビデオ画像=2017年12月31日(ロイター=共同)

 イラン・テヘラン西郊エルブルズ州の街頭の抗議デモを伝えるビデオ画像=2017年12月31日(ロイター=共同)


[PR]
by daisukepro | 2018-01-02 18:42 | 中東問題

パレスチナ人610人が拘束され、18歳未満の子ども170人

c0013092_19202416.jpg
【カイロ=奥田哲平】エルサレムをイスラエルの首都と認定したトランプ米大統領の宣言から三週間余りで、パレスチナ自治区で抗議デモなどに参加したパレスチナ人六百十人が拘束され、十八歳未満の子ども百七十人が含まれることが分かった。パレスチナのメディアが二十六日に伝えた。

 十一月末時点でイスラエルの刑務所に収監中の子どもは三百十一人だったが、デモ多発後に急増した形だ。パレスチナ赤新月社によると、治安部隊との衝突での負傷者は三千六百人。子どもに限ると、今月五~十八日に三百四十五人が負傷した。パレスチナで子どもの人権保護に取り組む非政府組織(NGO)のハリド・コズマール事務局長は「イスラエル軍の子どもへの対応が以前よりも攻撃的になっている」と指摘する。

 投石する参加者に対して治安部隊がゴム弾や催涙ガスで鎮圧する抗議デモでは従来はゴム弾で下半身を狙っていたが、コズマール氏は「今回は構わず撃っており、顔に当たって失明した子どもがいる」と訴える。

 トルコのエルドアン大統領は今月十三日のイスラム協力機構(OIC)緊急首脳会合で、拘束されたパレスチナ人の少年が二十人のイスラエル兵に囲まれる写真を示し、「占領国家だ」と非難した。コズマール事務局長は「収監されれば学校に行けず、子どもの未来が破壊される」として人権への配慮を求めている。


[PR]
by daisukepro | 2017-12-30 19:18 | 中東問題

国連総会の緊急特別会合 賛成は128、反対が9、棄権が35

【ニューヨーク共同】トランプ米大統領がエルサレムをイスラエルの首都と正式認定した問題で、国連総会の緊急特別会合は21日、米政府を批判し、認定の撤回を求める決議案を賛成多数で採択した。賛成は128、反対が9、棄権が35だった。米国の孤立ぶりが際立った。日本は従来の方針通り賛成した。

c0013092_07431615.jpg

 パレスチナ自治政府のマルキ外相は採択後、「パレスチナの人々やイスラム教徒、世界中の自由な人々が勝利した。私たちは侮辱も脅迫も受け入れない」と強調した。

 米国のヘイリー国連大使は投票前の演説で、エルサレムへの米大使館移転は「米国民の意思だ」と訴えて正当化。

 米国のエルサレム首都認定問題を巡る国連総会の緊急特別会合に出席したヘイリー米国連大使(前列右端)=21日、ニューヨーク(共同)

 米国のエルサレム首都認定問題を巡る国連総会の緊急特別会合に出席したヘイリー米国連大使(前列右端)=21日、ニューヨーク(共同)


[PR]
by daisukepro | 2017-12-22 07:30 | 中東問題

'Beaten' Palestinian boy in viral photo to face charges

'Beaten' Palestinian boy in viral photo to face charges

by
Fawzi al-Junaidi has been accused of throwing stones and will face formal charges in front of an Israeli military court on Wednesday [Wisam Hashlamoun/Anadolu Agency/Getty Images]
Fawzi al-Junaidi has been accused of throwing stones and will face formal charges in front of an
Israeli military court on Wednesday [Wisam Hashlamoun/Anadolu Agency/Getty Images]

A 16-year-old Palestinian boy, shown in a photo that has been roundly condemned as symbolising the Israeli army's use of excessive force, has been accused of throwing stones at a group of armed Israeli soldiers.

An image of Fawzi al-Junaidi, blindfolded and surrounded by more than 20 Israeli occupation forces, was widely denounced as it was shared on social media earlier this week.

The scene pictures al-Junaidi looking disoriented, wearing a grey shirt and ripped jeans as dozens of soldiers crowd around him carrying guns and wearing protective gear, including helmets and knee pads.

The teenager, who denies throwing stones, was arrested on Thursday amid ongoing protests across the West Bank, East Jerusalem and the Gaza Strip over a US decision on December 6 to recognise Jerusalem as the capital of Israel.

In six days, at least 16 other Palestinians have been arrested for protesting. At least four have been killed in the violence since the US declaration, and more than 700 injured.

'He was beaten with a rifle'

Al-Junaidi also denies accusations of "participating in protests".

Witnesses have claimed they saw al-Junaidi throwing stones.

"He said he was fearful and was running away when tear gas canisters were being thrown," his lawyer, Farah Bayadsi, told Al Jazeera. "Fawzi said he was beaten with a rifle and he showed up with bruises all over his neck, chest and back."

She told Al Jazeera that the child would face formal charges in front of an Israeli military court on Wednesday, following an initial hearing on Monday.

"The police had called for an extension on Fawzi's arrest during the initial hearing," said Bayadsi, who works under the Defence for Children International - Palestine (DCIP).

"The prosecutor demanded a seven-day extension to the arrest so that they can prepare a list of indictments, but we refused. The list of formal charges will be announced [Wednesday] at the second hearing," she said.

According to Bayadsi, the judge was stunned at the excessive force that al-Junaidi was subjected to - most apparent in the manner in which he was transferred to prison.

"He showed up with large slippers from the prison. He had lost his shoes and spoke about the way he was abused while being transferred to prison," she said.

"The prosecutors didn't even say whether the soldiers would be investigated for using excessive force. The whole case so far has been handled with neglect."

Though unlikely, Bayadsi said the defence team would try to secure al-Junaidi's release while his case is ongoing.

"It would be easier to speak with him [and] other witnesses, and to gather more evidence," she said.

'He was not protesting'

Due to his father's leg injury and his mother's terminal illness, al-Junaidi had been the main provider for his family of nine.

His uncle Rashad said that he was simply in the wrong place at the wrong time.

"He left his house to buy some groceries. Unfortunately, as he was looking for the store, he bumped into a military ambush and was confronted with Israeli forces.

"They beat him, blindfolded him, arrested him, and first took him to the detention centre in a nearby settlement. That night, at 2am, he was transferred another detention centre," he told Al Jazeera.

"The day after, they took him to Ofer prison."

Ofer is in Israel and mostly holds administrative detainees. The prison rarely grants prisoners with visitation rights, and families are often denied permits to cross over to Israel altogether.

"He was not protesting or anything", Rashad said. "Unfortunately, there has been absolutely no form of communication – we haven't spoken to him since his arrest."

Administrative detention is a practice in which Israel imprisons Palestinians without charge or trial, often based on "secret evidence".

More than 300 children detained in Israeli prisons

Ayed Abu Qtaish, DCIP's accountability programme director, said about 320 children are currently held in Israeli prisons and detention centres.

"In October 2015, there was a spike in the number of children being interrogated and arrested … A lot of them end up being tried in military courts," he said.

"These children are usually picked up at protests, arrested for throwing stones, for allegedly possessing a weapon, things like that," he explained.

Arrests of children usually happen at friction points – either near settlements, bypass roads, or at a construction site neat the separation barrier, he said.

"During these arrests, the children undergo various types of mistreatment, including torture," he said.

The southern West Bank city of Hebron has become the site of several Israeli settlements in the middle of the local Palestinian population.

According to Israeli rights group B'Tselem, Palestinians in Hebron have been subject to restrictions on movement, the closure of main streets, and the shutting down of a major commercial hub.

B'Tselem has documented Palestinians' experiences of lengthy, humiliating inspections at 20 permanent checkpoints across Hebron.

The presence of Israeli soldiers has led to a cycle of confrontation, often resulting in nightly military raids and arrests.

'The infamous breaking the bones policy is back'

Amjad Al-Najjar, spokesperson for the Hebron-based Palestinian Prisoners Club, told Al Jazeera that since the last wave of protests, Israeli forces have used excessive force when beating and arresting Palestinians.

"The infamous breaking the bones policy is back," he said, referencing policy by Israel's former Prime Minister Yitzhak Rabin.

When he was defence minister during the first Intifada - or mass uprising, Rabin ordered Israeli army commanders to break the bones of Palestinian protesters.

Today, this policy has evolved to specifically target the knees and legs of Palestinian youth to disable them and as a means to prevent them from protesting altogether.

"In the last few days, after the protests over the US embassy move, a lot of the youth who return home after being detained were in miserable shape," said Al-Najjar.

"They're often covered in blood and with stitches on their heads as a result of being severely abused and beaten up by Israeli forces," he added.

"They're often in so much pain, that they are unable to consume water and food."


[PR]
by daisukepro | 2017-12-12 22:12 | 中東問題

A wave of anger against a US decisionhas spread from Asia

A wave of anger against a US decision to recognise Jerusalem as Israel's capital has spread from Asia, through the Middle East, to North Africa, with tens of thousands of people taking to the streets to denounce the controversial move.

Protesters filled central avenues and squares in a number of major international cities on Sunday, waving the flag of Palestine and shouting slogans to express their solidarity with the Palestinians, who see East Jerusalem as the capital of their future state.

US President Donald Trump's announcement on Wednesday drew near-universal condemnation from world leaders and inflamed the Palestinian-Israeli conflict, with violence flaring up in the occupied Palestinian territories for a fifth day.

According to the Palestinian Red Crescent, 157 people were injured on Sunday in confrontations with Israeli forces in the occupied West Bank, Jerusalem and Gaza.

At least four Palestinians have been killed in the Gaza Strip since the US declaration.

A protest outside the US embassy in Lebanon's Beirut turned violent [Mohamed Azakir/Reuters]

Clashes also erupted on Sunday at a protest in Beirut, where demonstrators fought with security forces outside the US embassy in the Lebanese capital.

Demonstrators set fires in the street, torched US and Israeli flags and threw stones at police officers, who responded with tear gas and water cannon.

Adnan Abdullah, a protester in Beirut, said Trump's Jerusalem decision "will not happen as long as there are people like us".

Another demonstrator, whose face was hidden behind a black mask, held up a tear gas canister and condemned Lebanese forces for "defending America".

READ MORE

US Jerusalem move dominates Macron-Netanyahu talks

He went on to add, "There is no one by our side. None of the Arab countries. Oh God, we will raise the Palestinian flag"

Arab foreign ministers, in a resolution on Sunday, urged Trump to rescind the decision and have called for a UN Security Council condemnation of the shift in US policy.

Meanwhile, more than 5,000 Indonesians rallied outside the US embassy in Jakarta to vent their anger for a second day. Protesters carried Palestinian flags and banners saying "Pray for Palestine".

"We are not satisfied with just official statements," said Nurjannah Nurwani, one of the lead organisers of the gathering. "We need follow-up, international lobbying which could pressure them into withdrawing their decision."

Another female protester in Jakarta urged Trump to "use his brain" and "withdraw from Jerusalem".

Indonesian President Joko Widodo has condemned Trump's decision. On Thursday, he ordered the US ambassador in Jakarta to be summoned over the move.

Demonstrators wave Turkish and Palestinian flags at a rally in Istanbul [Osman Orsal/Reuters]

In Turkey's Istanbul, thousands of demonstrators took to the streets again, transforming the city's Yenikapi Square into a sea of Turkish and Palestinian flags.

"I feel like I should defend Palestine because I don't know any other way to defend them," said Ananda Sereka, who was at the protest. "So this is what I can do. This is the least I can do."

Israeli crackdown brings protests in Jerusalem to standstill

Turkey's President Recep Tayyip Erdogan, one of the most vocal critics of Trump's move, has called the declaration "null and void" and vowed to fight it.

He has also called a summit of Islamic countries to discuss the move on Wednesday.

In Rabat, Morocco's capital, protesters yelled slurs against Trump and carried banners saying Jerusalem belonged to Palestine.

Al Jazeera's Hashem Ahelbarra, reporting from Rabat, said the protest was "a show of solidarity with the Palestinian people but also an opportunity to express anger" over Trump's decision.

"The protesters came from all walks of life," he said. "Government officials, members of the opposition, seculars and conservatives - all denouncing what they consider to be a decision that could destabilise the region."

Demonstrators in Rabat expressed their opposition to Trump's decision [Reuters]

Mohamed Boussaid, Morocco's finance minister, said the demonstration was a way "to express our indignation and un-satisfaction" and to show that "we refuse completely the decision taken by the president of the US".

Protester Mohamed Alghram agreed.

"We totally reject the decision that targets the most sacred place for us and we say no," he said. "Jerusalem is a red line."

Jerusalem is home to Islam's third holiest site and its status is deeply sensitive for Muslims.

In Indian-administered Kashmir, protesters took a different approach.

Residents of the capital Srinagar, home to 1.1 million people, closed their shops and abandoned the streets in protest. Salman Khan, a Srinagar resident, told the ANI news agency that Trump's decision was "completely unjust".

Muslim solidarity with Palestine also spread to the war-torn nations of Yemen and Syria.

Further protests were held in Egypt, where students and professors demonstrated at the Al-Azhar university.

In Pakistan's Karachi, hundreds of protesters marched towards the US Consulate in the city, but were turned back by riot police.


[PR]
by daisukepro | 2017-12-11 14:11 | 中東問題

米政権に抗議、世界へ波及 衝突で死者、エルサレム認定怒り

【エルサレム共同】トランプ米大統領がエルサレムをイスラエルの首都と正式承認してから初の金曜日となった8日、エルサレムやパレスチナ自治区でイスラム教の集団礼拝後に大規模デモが行われた。計数千人が参加し、イスラエル軍と衝突、パレスチナの保健当局や赤新月社によると、パレスチナ人1人が死亡、200人超が負傷した。抗議活動は各国に波及し、世界のイスラム教徒に怒りが広がった。

 パレスチナ諸派は「怒りの日」として参加を呼び掛けた。死者が出たのは自治区ガザで、イスラエル軍兵士の発砲を受けた。

 8日、エルサレム旧市街で、イスラエルの警察官(右)と対峙するパレスチナ人のデモ参加者ら(ロイター=共同)

 8日、エルサレム旧市街で、イスラエルの警察官(右)と対峙するパレスチナ人のデモ参加者ら(ロイター=共同)


[PR]
by daisukepro | 2017-12-09 08:10 | 中東問題

パレスチナ人数千人が抗議デモ、イスラエル軍との衝突で計約50人が負傷

【エルサレム共同】トランプ米大統領は6日、エルサレムをイスラエルの首都と宣言、歴代米政権の中東政策から大きく転換した。中東諸国では反発が拡大し、パレスチナ自治区ガザを実効支配するイスラム原理主義組織ハマスは7日、インティファーダ(反イスラエル闘争)開始を呼び掛けた。ヨルダン川西岸の自治区各地ではパレスチナ人数千人が抗議デモを実施し、一部で参加者が投石、イスラエル軍との衝突で計約50人が負傷した。国際テロ組織アルカイダ系「アラビア半島のアルカイダ」も「首都認定」を非難した。

 ロシアは首都認定が「国際社会の分裂を招く」と批判し「深刻な不安」を表明した。

 トランプ米政権への抗議デモで叫ぶパレスチナ人ら=7日、エルサレム旧市街(ロイター=共同)

 トランプ米政権への抗議デモで叫ぶパレスチナ人ら=7日、エルサレム旧市街(ロイター=共同)


[PR]
by daisukepro | 2017-12-08 21:38 | 中東問題

トランプ大統領のエルサレム首都認定 「越えてはならない一線だ」と世界のリーダーたちから反発

アメリカのドナルド・トランプ大統領は12月6日、ホワイトハウスで演説し、公式にエルサレムをイスラエルの首都と認め、国務省に対しテルアビブにあるアメリカ大使館をエルサレムに移転する手続きを始めるように指示したと正式に表明した。

「エルサレムをイスラエルの首都と認める時が来た。これは、現実を認めるということだ。そしてこれは正しい行動でもある」

トランプ氏はまた、イスラエルとパレスチナの「双方が受け入れられる和平交渉」を目指して努力することを表明し、もし双方が同意したら、二国間で問題を解決することを支持すると述べた。

世界各国の指導者からは、アメリカがこれまでの中東政策を逆行させ、パレスチナの和平交渉を阻害する恐れがあると懸念を強めている。

パレスチナ自治政府のマフムード・アッバス議長は5日、トランプ氏との電話会談で、大使館移転の説明を受けた。

アッバス氏はトランプ氏に、「今回の決定は和平プロセスや中東地域、そして世界の平和、安全、安定の危機をもたらすことになる」と警告した。

パレスチナ自治政府は電話会談後、声明を発表し、6日から3日間、抗議活動を行うよう呼びかけた。

MUSA AL SHAER VIA GETTY IMAGES
ベツレヘムの広場でトランプ氏に抗議するパレスチナ人 (Photo credit should read MUSA AL SHAER/AFP/Getty Images)

英パレスチナ大使館のマニュエル・ハッサシアン大使は声明で、大使館の移転は、イスラエルとパレスチナの和平プロセスを崩壊させる「死の接吻になる」と批判した。ヨルダン国王のアブドゥラ2世やサウジアラビアのサルマン国王も同様の懸念を表明した

トルコのタイイップ・エルドワン大統領は5日、「エルサレムはイスラム教徒にとって越えてはならない一線だ」と、強い懸念を表明し、トルコがイスラエルとの断交に踏み切る可能性も示唆した。

イランの最高指導者アリ・ハメネイ師は、大使館の移転は、アメリカが中東政策を行う「資格がないこと、そして失敗していることの象徴だ」と批判した。イランのハッサン・ロウハニ大統領も6日、「今回の決定は、新たな危機を呼び起こす傲慢で、シオニズム(ユダヤ人の民族国家をパレスチナに樹立することを目指した運動)的な行いだ」と述べた

ドイツのシグマール・ガブリエル外相は、大使館の移転でさらなる衝突を生み出し、「極めて危機的な状況が加速するだろう」と語った

イギリスのテリーザ・メイ首相は大使館移転問題について直接トランプ氏と協議すると述べ、ボリス・ジョンソン外相も「懸念を持ってニュースを見ている」と不安を表明した。

フランスのエマニュエル・マクロン大統領はトランプ氏との電話会談で、「エルサレムの位置付けは和平交渉を通じて解決するべきだ」と伝えた

ロシアのウラディミール・プーチン大統領も5日、アッバス議長との電話協議で「中東情勢の状況を複雑化させる」と懸念を示した

ローマ法王フランシスコは6日、バチカンで演説し、「エルサレムは、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教の聖地がある随一の街だ。私はこの数日間の状況に強い懸念をもっている。エルサレムの現状を尊重すべきと、あらゆる人たちに呼びかけたい」と述べた。


[PR]
by daisukepro | 2017-12-07 17:02 | 中東問題

トランプが「エルサレム首都」認めれば中東は火薬庫に逆戻り


<トランプがイスラエルの米大使館をテルアビブからエルサレムに移すと、なぜ大問題なのか>

アメリカのドナルド・トランプ米大統領がもし、イスラエルの米大使館を現在のテルアビブからエルサレムに移転するという公約を実行に移せば、イスラム過激派を暴力に駆り立て、ただでさえ緊張している中東情勢を激しい苦悩の淵に突き落とすことになると、ヨルダンのアブドラ国王が12月1日に警告した。

「米大使館をいま移転すれば、パレスチナやアラブ諸国、イスラム圏の反発を招き、イスラエルとパレスチナの2国家共存による中東和平の実現を脅かす」と、米下院議員との会談でアブドラは語った。アメリカの移転決定を好機と見たテロリストたちが「民衆の怒りや不満、絶望感を煽り、自分たちのイデオロギーを拡散させる」口実に利用するだろうとも言った。

パレスチナのイスラム原理主義組織ハマスは2日に早速、もしエルサレムに移転するならインティファーダ(民衆蜂起)を呼び掛けると声明を出した。

トランプは12月6日にも米大使館のエルサレム移転を発表する方針と報じられる。ホワイトハウスはまだ何も決まっていないとしながらも、「大統領はかねてから、問題はエルサレムに移転するか否かではなく、いつ移転するかだと言ってきた」と声明を出した。

パレスチナ国家の首都でもある

米大使館をエルサレムに移転すれば、アメリカが同地をイスラエルの首都と認めたことになるため、大きな波紋を呼ぶ。エルサレムは、ユダヤ教の聖地であると同時にイスラム教やキリスト教の聖地でもあるからだ。

今はイスラエルがエルサレム全域を実効支配しているが、パレスチナ自治政府は、イスラエルとの2国家共存が実現した暁には東エルサレムをパレスチナ国家の首都にするという構想を描いてきた。

イスラエルとアラブ諸国の対立から第一次中東戦争が起きた1948年、エルサレムは東西に分断されたが、1967年にイスラエルが統合したが、エルサレムの東西分割統治は中東和平実現のための大前提の1つ。

「パレスチナ自治政府とアラブ諸国の多くは、イスラエルとパレスチナが行う最終地位交渉でエルサレムの帰属問題を話し合うべきであり、将来のパレスチナ独立国家の首都を東エルサレムにすべきという立場を変えていない」と、国家安全保障に関する著名ブログ「ローフェア」の執筆者であるスコット・アンダーソンとイシャイ・シュワルツは書いた。

「国際社会の中でも様々な立場の違いはあるが、アメリカを含むほとんどの国は、誰がエルサレムに主権を有しているかについて自国の立場を明確に示さず、むしろ話し合いによる問題解決かエルサレムを国際管理下に置く手段を支持してきた」

米大使館のエルサレム移転は、いずれ2国家共存が実現するという希望を打ち砕くものだと専門家は言う。アブドラも同じ意見のようだ。

「公平、自由、安定を保証する2国家共存以外の解決案はあり得ない」と、アブドラは語った。

米議会は1995年、エルサレムを首都とするイスラエルの主張をアメリカは尊重すべきだとして、テルアビブからエルサレムへの米大使館の移転を義務付ける法案を可決した。だが歴代大統領は例外なく法律の執行を凍結し、移転を認めずにきた。アラブの同盟国がアメリカに背を向け、中東全体で反米機運が高まり、イスラエルとパレスチナの和平合意の進展を妨げるのを懸念したからだ。ビル・クリントン元米大統領、ジョージ・W・ブッシュ元米大統領、バラク・オバマ前米大統領は半年ごとに大統領令に署名し、移転を先送りしてきた。

米大統領が大使館を実際にエルサレムに移す方針を示すのは、トランプが初めてだ。トランプは娘婿でユダヤ人のジャレッド・クシュナー大統領上級顧問を中東和平交渉のトップに任命し、2国家共存には必ずしもこだわらないと発言するなど、親イスラエルの姿勢を鮮明にしている。

(翻訳:河原里香)


[PR]
by daisukepro | 2017-12-07 10:10 | 中東問題

米トランプ政権はエルサレム首都認定を撤回せよ


 日本共産党の志位和夫委員長は6日、トランプ米大統領がエルサレムをイスラエルの首都と認定する方針を示した問題で、次の談話を発表しました。


写真

(写真)志位和夫委員長

 一、米国のトランプ政権は5日、エルサレムをイスラエルの首都として認定し、テルアビブにある米大使館をエルサレムに移転する方針を決めた。これは、イスラエル・パレスチナ問題の解決に関する国連の諸決議に反し、問題の公正な解決、中東の平和と安定に逆行する暴挙である。決定のすみやかな撤回を強く求める。

 一、国連は安保理決議478(1980年)をはじめとする諸決議で、イスラエルが同年に占領地を含むエルサレム全体を首都とした決定を、国際法違反で無効なものとして認めていない。国連総会は、パレスチナ国家の樹立、イスラエルとの2国家平和共存などを基本に、エルサレムの地位は交渉で決めるとして、パレスチナ問題の平和解決を目指す決議を圧倒的多数で採択している。米国は1995年に議会が採択した法律で大使館のエルサレム移設を決めているが、歴代政権はその実行を延期してきた。

 トランプ政権の行動は、国連の諸決定はもとより、米国の歴代政権の立場をも覆すものである。それは中東和平に重大な障害を持ち込み、地域の緊張を高めるものである。パレスチナ自治政府やアラブ諸国、欧州各国をはじめ国際社会から強い批判が起こっているのは当然である。

 一、日本政府はこれまで、2国家の平和共存によるイスラエル・パレスチナ問題の解決を支持してきた。安倍政権は、米トランプ政権に対し、今回の無法な決定の撤回を強く働きかけるべきである。

 一、日本共産党は中東和平について、イスラエルの占領地からの撤退、パレスチナ独立国家樹立を含む民族自決権の実現、両者の生存権の相互承認を求めるとともに、日本政府がパレスチナ独立国家を承認するよう主張してきた。米トランプ政権による新たな逆流がつくられるもと、中東問題の公正な解決のためいっそう力をつくす決意である。



[PR]
by daisukepro | 2017-12-07 09:51 | 中東問題