カテゴリ:観光( 26 )

巣鴨の赤パン3

巣鴨の赤パン3

長らくお待たせしました。ワンコインで楽しめる観光協会所属赤貧旅行社のおてがる観光案内です。
都電荒川線は片道160円、シルバーパスを所有していれば運賃無料、その分巣鴨地蔵通りで孫のお土産でもお買い求めてください。安倍ノミックスより経済効果てきめんです。
この商店街はユニークな店舗が軒を連ねております。だが、なんと申しましても「赤パンツ」だがや。真っ赤に燃えた下着だらけだから、真夏の海は恋の季節なの
「人生アドバイさサー巣鴨の母」が店をひろげているし、ユニークな傘の店もある。郵便局のポストまでカモがのっている有様だ。美容院前の舗道には人造さらし首が無造作に置かれている。
スピード白髪染めはショートで1800円、生首が7140円,雨タイム割引まである。いたれりつくせりとこのことか。
c0013092_19352255.jpg

c0013092_19365442.jpg

[PR]
by daisukepro | 2013-02-10 19:37 | 観光

巣鴨の赤パン

巣鴨の赤パン2c0013092_1930492.jpg
c0013092_19261937.jpg

長らくお待たせしました。ワンコインで楽しめる観光協会所属赤貧旅行社のおてがる観光案内です。
都電荒川線は片道160円、シルバーパスを所有していれば運賃無料、その分巣鴨地蔵通りで孫のお土産でもお買い求めてください。安倍ノミックスより経済効果てきめんです。
この商店街はユニークな店舗が軒を連ねております。だが、なんと申しましても「赤パンツ」だがや。真っ赤に燃えた下着だらけだから、真夏の海は恋の季節なの
「人生アドバイさサー巣鴨の母」が店をひろげているし、ユニークな傘の店もある。郵便局のポストまでカモがのっている有様だ。美容院前の舗道には人造さらし首が無造作に置かれている。
スピード白髪染めはショートで1800円、生首が7140円,雨タイム割引まである。いたれりつくせりとこのことか。
[PR]
by daisukepro | 2013-02-10 19:31 | 観光

赤貧旅行社ツアーガイド「巣鴨地蔵通り」

巣鴨の赤パン
長らくお待たせしました。ワンコインで楽しめる観光協会所属赤貧旅行社のおてがる観光案内です。
都電荒川線は片道160円、シルバーパスを所有していれば運賃無料、その分巣鴨地蔵通りで孫のお土産でもお買い求めてください。安倍ノミックスより経済効果てきめんです。
この商店街はユニークな店舗が軒を連ねております。だが、なんと申しましても「赤パンツ」だがや。真っ赤に燃えた下着だらけだから、真夏の海は恋の季節なの
「人生アドバイさサー巣鴨の母」が店をひろげているし、ユニークな傘の店もある。郵便局のポストまでカモがのっている有様だ。美容院前の舗道には人造さらし首が無造作に置かれている。
スピード白髪染めはショートで1800円、生首が7140円,雨タイム割引まである。いたれりつくせりとはこのことか。c0013092_1920448.jpgc0013092_1918671.jpg
[PR]
by daisukepro | 2013-02-10 19:21 | 観光

オススメ美術展「こうして私はゴッホになった」

オススメ美術展「こうして私はゴッホになった」

c0013092_21382140.jpg
国立新美術館でゴッホ展が開かれている。東京では12月20日(月)まで。毎週火曜日が休館日。入場料金は当日1500円、学生割引あり、高齢者はありません。

アクセスは地下鉄東西線「乃木坂」下車、地下通路(6番口)から地上に出ると目の前がチケット売り場である。c0013092_21371134.jpg

大江戸線、日比谷線「六本木」からは5分〜6分ほど歩くことになる。六本木ヒルズやミッドタウンの地下街には飲食店街があり、値段のお安い庶民的な店もあるから帰りに立ち寄ることが出来る。チケット半券サービスをやっている店もあって、コーヒーなどのドリンクが無料だったりする。六本木ヒルズマップなどがあれば散策するのに便利ですね。
 サブタイトルは「こうして私はゴッホになった」なのでゴッホが先駆者の画家から何を学ぼうとしたか、技法習得だけでなく何を学んだか、そして歴史に残る世界的な画家に、それだけでなく人びとに愛される画家になったか。その成長過程を探求する構成になっている。しかし、こうしたガイダンス的な試みは功罪半ばするものでもある。
平日の午前中にかかわらず展覧会場は混雑している。世界の国々で日本人ほどゴッホが好きな国民はいないように思える。映画や演劇では繰り返し上演され、ゴッホの生涯は伝説になった。人びとはゴッホの作品と直接対面して心をうたれ、このような絵を描く画家はどんな人なのか知りたい好奇心に駆られるのである。すでに、ゴッホに関する情報はあふれている。けれどもそれらの情報や解説よりもゴッホの画面から得た直接的情報の方が心の奥に残っている。ゴッホの「ヒマワリ」や「糸杉」に対面した時の感動はいまでも忘れない。それは画集と全然違う作品であった。目から脳幹に直接飛び込んでくるようなショックがあった。

 どのように作品を鑑賞するかは自由だが、極端に言えば、展示の順路に従って丁寧にみることだけはやめたほうがベターなようだ。皆が展示の順路にしたがって鑑賞する仕方をするとかならず渋滞がおこる。パンダの見物ではないのだから20秒ごとに行列を規制して流して行くわけにはいかない。だから、著名な作品の前では必ず人だかりがするものだ。このような障害に出くわしたときにはどう対処すればいいだろうか。簡単である。そこを回避して見たい作品から見ればいいのである。しかし、そのためには事前の準備がいる。会場に行く前に展示作品をインターネットでチェックしておくこと、そして、これまで画集でしか見ていない作品のリストを作る。かつて見たことがあるがまた見たい作品もチェックしておく。そして、他の作品には目もくれず、一直線にお目あての作品の前にたつのだ。そして、時間をかけてじっくり見るのである。あとは気の向くまま人垣に隙間が出来た所の絵をみたり、椅子で休んだり、絵に添えられてある説明書きを確かめに行ったりすればよいのだ。
 
 今回はクレラー・ミュラー美術館から多くの作品が出展されている。特にサン・レミの精神療養所で描かれた作品は胸打たれるだろう。ゴッホの遺作といわれている「麦の穂」も出展されている。余談だがフランスの画家「モンティセリ」(1824〜1886年)の2作品が展示されていたのもうれしい。(ゴッホの手紙の中に彼の名がたびたび出てきます)ゴッホがどのような人であったか知りたくなった人には評論や研究書ではなく「ゴッホの手紙」を読むことをオススメします。全3冊ですが岩波文庫に入っています。小林秀雄の「ゴッホの手紙」は角川文庫です。
[PR]
by daisukepro | 2010-12-04 21:43 | 観光

登戸研究所資料館のご案内 生化学兵器、電波兵器開発、紙幣偽造など戦慄の旧陸軍秘密研究所の真実

登戸研究所資料館のご案内
生化学兵器、電波兵器開発、紙幣偽造など戦慄の旧陸軍秘密研究所の真実

登戸研究所資料館は広大な明大生田キャンパス(農学部、工学部)内にある。 今年4月にオープンしたばかりである。入館無料、旧陸軍登戸研究所第2科で使用されていた建物をリニュアールして貴重な資料を展示している。c0013092_15271989.jpg


館長は日本軍オタクとして名高い山田朗明大教授です。展示は簡潔で分かりやすい。登戸研究所の組織は1科から3科まであった。1科は電波兵器、風船爆弾など物理学を利用した兵器の開発、2科は生化学兵器、スパイ用品などの開発、3科は偽造紙幣の製造が活動内容であった。暗室の流し台などは当時使用されていたものをそのまま残してある。偽造貨幣を製造していた3科の木造建物は老朽化しているがまだ現存している。 c0013092_15281638.jpg

旧陸軍は米国の報復を恐れて、占領される前にすべての資料を廃棄したため、残された資料は少ない。引き続き資料の発掘や証言を集め資料館の展示を充実させるることが重要だ。しかし、現在の展示でもこの研究所が何を目的にして設立されたのか、戦慄の事実が充分に認識できる。戦争の史跡として貴重なものである。捕虜を細菌感染させるなどの人体実験をしたと言われている731部隊もこの秘密組織の一部に組み込まれていた。しかし、これだけの戦争犯罪の疑惑があるにも関わらず、731部隊と同じにこれらの活動関係者がなぜ免責されたのか、展示では次のように解明されている。それは研究所が徹底的な証拠隠滅を図り、占領以前に秘密組織を解散した。そのために戦後アメリカ軍が研究所の施設を接収しても何も残されていなかった。また米軍は関係者を召還して尋問したが、逆に細菌戦情報、データーの提供と引き換えに彼らを免責処分にした。その結果、登戸研究所の非人道的兵器開発の成果が米軍に引き継がれて朝鮮戦争、ベトナム戦争に活用されたのだ。石井四郎中将ら秘密組織の指導責任者は自らの命をまもるために米軍にデーターを売り渡し、二重に人類を裏切ったことになる。戦争の真実、本質を明らかにするために、徹底的な真相解明こそが求められている。

見学は団体で予約すればガイドが説明してくれる。新宿から小田急線で急行にのり向ヶ丘遊園で下車、各駅停車に乗り換えて次の停車駅生田で降りる、南口から道沿いに左折して約10分歩くと、明大生田キャンパスの裏門にでる。そこで守衛さんに資料館を尋ねると親切に教えてくれる。向ヶ丘遊園からバスを利用すると明大の正門まで200円かかる。

開館 水曜~土曜10:00~16:00
日曜10:00~16:00 (事前予約がある場合のみ)
[PR]
by daisukepro | 2010-11-21 15:29 | 観光

ピカソ展を見逃すな!

長らくご無沙汰いたしておりました。おてごろ観光協会、赤貧旅行社のご案内です。
本日は100年に一度のことなので電車賃だけだはなく、かなり奮発していただくことになります。
フランスの国立ピカソ美術館が改装するため、230点の作品が日本で見られることになったのです。
理由は分からないが、六本木のサントリー美術館と新国立美術館の2美術館で展示されている。c0013092_1235836.jpg会期は12月4日までなので土日や祝日を避けた方がゆっくりと鑑賞出来る。当日売りチケットは1500円、サントリー美術館は自画像や肖像画、国立は170点の作品群がいずれも年代順に整理されて展示されている。ピカソの創作の軌跡だけでなく、西洋現代美術のエートスの歴史を見ることもできる。両美術館を見ると200円割引になり、合計2800円かかる。
旅行社としては前売り券をお求めいただくことが相当とおもいます。チケットショップで購入すると1300円、二つ目の美術館で200円ひかれて入場料は1100円、両館合計2400円になる。つまり400円の割り引となります。この金でお茶でも飲み、強烈なピカソ残留放射能を洗い流してから帰宅しよう。特にピカソの化身ミノタウロスは夢に見てうなされるだろう。どちらの美術館からみるか、順路の選択は自由です。けれども、できればサントリーから始めた方がベターだろう。地下鉄六本木駅で下車、東京ミッドタウンの地下通路から直通でサントリー美術館があるガレリアの地階にでる。エレベーターかエスカレーターを利用して3階まで行く。肖像画の冒頭は親友のデスマスクです。親友は拳銃でこめかみを打ち抜き自殺したのです。失恋です。ピカソは92歳でこの世を去りましたが、死の1年前に描いた自画像で展示は終わっている(約60点)。ピカソは自我の変遷を折々に自画像として残していたのだ。
サントリー美術館から地上に出て数百メートルの距離に新国立美術館がある。気の毒なことに「ほらあの女優若尾文子の旦那がデザインした美術館よ」などと人は言うが、結構、洒落たガラス張りの現代建築なのだ。驚いたことに、展覧会場入り口で検問があり、所持品を開けられる。荷物を預けたことはあるが、美術館にきてこのような無粋な経験は始めてのことだ。これもブッシュのテロ戦争の余波なのかなんて思ってしまう。ピカソがゲルニカを描いたのは1937年、ナチ占領下にパリにとどまり、1944年にフランス共産党に入党、1951年には朝鮮戦争を告発した作品を発表している。創造と破壊の戦場となったおびただしいタブローが年代順に展示され、ところどころに彫刻作品まで置かれている。抽象であれ、具象であれ、静物、人物、風景、すべてピカソの格闘の痕跡なのだ。酒に酔ったボロックが「畜生、みんなピカソがやっちまている。俺たちは何を描けばいいのか」とぼやいたのも分かる気がする。ピカソの女性遍歴を探せば、ピカソのミノタウロスがすべての作品、全生涯に貫かれていることがわかる。確かに女性が描かれているが、ピカソが女性をどう思っているかを描いているのだ。ピカソによって現代絵画は写実から解放されて自由になり、イデオロギーから解放され、心を直視する表現が可能になった。救われた気がするのはなぜだろう。あまりに著名なので、ピカソを知っているような気がしていたが、全く無知であったことに始めて気がついた。思い切ってカタログを買い求めると2800円が必要だ。かなり詳しい年譜つきだから、損はない。
[PR]
by daisukepro | 2008-11-04 12:04 | 観光

続「豊島ヶ丘の護国寺」

お手ごろ観光協会のおすすめ、護国寺
 交通費、お茶代だけで楽しめる、貧乏旅行社の観光案内です。
 
 不老門をくぐり抜け、護国寺本堂に向かう。左は茶室が女坂にそって立ち並び、右に大師堂、そこから一段上がると右に大仏,左に聳えている多宝塔の後ろに月光殿が見える。大仏の後ろには鐘楼がある。本堂右側には石碑が立ち並びその後ろには権力者の墓地が並んでいる。最も大きいのが、大隈重信の墓で、大隈忌のころは早稲田大学の学生たちが幟などを持ち込んで参拝している。その並びに公爵山県家累代墓がある。いずれの墓も入り口の門に施錠がしてあり、立ち入ることが出来ない。
 本堂の西側には薬師堂、その横に象供養碑がある。象牙工芸職人組合が建てたものである。薬師堂の裏には庚申塔、その奥の奥に踏み入ると日清戦争で戦病死した兵士を記念して忠魂塚記念碑がひっそりと木陰に建っている。

 護国寺のすごいところは時の権力者の墓だけでなく、大日本帝国陸軍将兵の墓が密集していることだ。昭和は満州から始まると云われているが、旅順口をめぐる日露戦争で戦死した将兵の墓が北西部の奥に囲われてある。
 その昔、いまの青柳小学校がある場所にあったものを現在の場所に移転したと云われている。隣接するように講談社、野間一族の墓もある。戦前の社名は大日本講談社であった。
ここの墓地は位が支配している。現代青年に爵位について訊ねても、公爵、伯爵どっちが偉いかわかる人はすくない。新憲法施行とともに爵位制度は廃止された。主権在民の思想にはなじまない制度だからである。しかし、ここの世界では立派に存在している。死してなお身分ありきだ。
 百科事典を覗くと「爵位(しゃくい)とは君主制国家において貴族や国家功労者に対して授与する階級別の栄誉称号のことである。世襲により継承される」、日本での爵位制度は「明治17年(1884年)7月7日、公卿・諸侯と国家功労者に公・侯・伯・子・男の五爵を授けられたことに始まる。昭和22年(1947年)5月3日、日本国憲法施行に伴い、華族廃止と共に廃止となる」
c0013092_1135032.jpg
c0013092_1143167.jpg
 改めて山県有朋の墓碑を見てみよう。公爵は五爵のトップに位する。
知っての通り、山県有朋は山口県出身で中間の子である。華族ではない。だとすると国家、つまり山県有朋は天皇に特別な功労があった。よって、天皇が最上位の爵位を山県に授けたことになる。封建時代に身分の低い貧しい家に生まれ,公爵にまで上りつめることは異例中の異例ではないだろうか。「公爵山県家累代墓」とはこの特別な階級を山県家が累代世襲することを意味しているのだ。
c0013092_1125738.jpgc0013092_113263.jpg ここが山県有朋の墓だと思っている人は多いが,実は北側の奥まった所に山県有朋夫妻の巨大な墓はあるのだ。囲われた墓の入り口には鳥居がたち、ここも厳重に施錠され、立ち入りを禁じている。「身分の卑しきもの近寄るな」である。人間嫌いであった山県有朋にふさわしい。いまでは望み通りに、墓参に訪れる人もいない。彼は国葬になったが、参列者は少なく、警察と軍隊関係者のみであったと言われている。彼は人一倍、地位と勲章を欲しがった。残された写真をみると、胸一杯に勲章を下げたポートレートが多い。彼は7人の子を授かったが、幼くして次々と他界して、生き残ったのは女性が一人きりだった。哀れなことに爵位の栄誉を継ぐはずの男子がいなかった。

 山県夫妻の墓から累代墓にもどる。見ると、入り口の扉がわずかばかり開いているではないか。何かに誘われるように中に入った。外から見ただけではわからなかったが、敷地内の左右の木陰に小さな墓が建っているではないか。突然、その墓に木漏れ日がさして、レリーフが浮かび上がった。それは軍帽をかぶり木馬にまたがった少年の像であった。(続く)
[PR]
by daisukepro | 2008-01-22 11:08 | 観光

お手ごろ観光協会のおすすめ、「豊島ヶ丘の護国寺」

護国寺

ご無沙汰しております。皆さんお元気でしょうか。おてごろ観光協会所属貧乏旅行社です。交通費と珈琲代だけで一日楽しむ観光ガイドを始めて3年になります。今回は護国寺をご紹介いたします。
護国寺界隈は昭和史の宝庫です。
地下鉄有楽町線の護国寺駅から地上に出ると、音羽通りが一直線に広がっています。左に顔を向けると切り妻造りの仁王門がみえます。屋根は本がわら葺きです。夏目漱石の「夢十夜」に出てきます。漱石の夢では左右の仁王像は運慶作になっていますが、夢ですからね。漱石は昔早稲田に住んでいました。気が向けば護国寺まで足をのばしたかもしれません。
仁王門の左右には学校があります。右には音羽ゆりかご会などで著名な「音羽幼稚園」、右には日大豊山高校があり、その隣の中腹に青柳小学校があります。「音羽幼稚園」はあの悲惨な事件で皆さんの記憶に残っていませんか。殺人現場の公衆トイレはいまもそのまま使用されています。
仁王門をくぐり抜けると、参道正面に石階段があります。階段に向かって左側に女坂があり、右側には童謡碑、富士塚があります。登り口の左右には手水舎があります。そこで奇妙な立て看板が目にとまりました。「これより先は神聖な場所につき、犬の立入り禁止」、でも、この掲示は変だな。ここ護国寺は五代将軍徳川綱吉のゆかりの寺です。綱吉は犬好きで、100頭以上の犬をペットにしていました。動物虐待を見かねて、「鳥獣憐れみの令」(殺生禁止令)を発し、動物虐待を禁じました。この寺の住職が犬の立入禁止令を出すとはいかがなものか。伝聞によると、植木職人が犬を嫌っているとか、綱吉が知ったらこの住職は島流しの刑が相当でしょう。さすがの住職も正月初詣に参内する善男善女を気遣ってこの不当な看板は外されていました。c0013092_15284821.jpg5月になると階段の両脇はツツジが見事に咲き競います。石段を上り詰めると、瀟洒な不老門があります。上っていくと不老門の奥に緑青色に染まった屋根が徐々に見えてくる演出がなされています。本堂の屋根です。不老門をくぐり抜けると、左に茶室群があり、しばしば茶会が開かれるので,和服に着飾ったおばさん連を見かけることが出来ます。右側に大仏が鎮座しており、平成18年8月ごろまで、その傍らに鳩山一郎、薫子夫妻の銅像が建っていました。この寺には違和感のある銅像でした。鳩山一郎は日ソ国交回復をした保守政治家として知られ、吉田内閣の次に首相を務めました。その孫たち兄弟は三世議員です。兄は民主党、弟邦夫は現在福田内閣の法務大臣です。「友人の友人はアルカイダ」、「死刑執行のベルトコンベアー化」を提案して祖父の名声に唐辛子を塗っています。この法務大臣は祖父の人相を悪くしただけで、そっくりさんです。鳩山一郎は日ソ交渉で「領土は逃げない、そこにある。しかし、人の命は明日をも知れないではないか。」と名言を残して、シベリヤ抑留者の救出を優先させました。何故か、お二人の銅像は軽井沢の友愛山荘の庭に移転されているそうです。
広い護国寺境内の松や桜は腕のたしかな植木職人が剪定して、枝ぶりをヘヤーカットしています。左に多宝塔、茶道本山としての月光殿、右には鐘楼、本堂の裏手には薬師堂があります。本尊は如意輪観音菩薩です。徳川綱吉が母の桂昌院の願いで建立したと説明されています。いずれの建造物も室町時代の様式を残しています。桂昌院は三代将軍の側室で俗に八百屋のお玉と云われ、身分の低い所から側室になったようで、玉の輿の語源と云う説もあるが定かではない。東映時代劇ではシナリオ作家の想像力を刺激したとみえて、桂昌院らしき大奥様は常連です。
その桂昌院のはからいかどうか、音羽通りにそって大奥側室たちの家が立ち並んでいたそうです。本当だとすれば、綱吉は居並ぶ側室たちの家の前を通って護国寺を参拝したのですから、将軍様はいい気なもんです。
しかし、護国寺のすごみのあるところは昭和史にのこる権力者の墓があることです。三條実美、山田顕義、田中光顕などの墓があります。中でも山県有朋とその一族の墓は見どころです。靖国神社には日本陸軍の創始者として大村益次郎の銅像が聳えたっていますが、実のところ、日本陸軍の基礎は山県有朋と桂太郎が組織したものです。現在の自衛隊にもその血脈が累々と続いているのです。ですから、北側には軍人の墓がやたら目につきます。山県有朋は軍隊を掌握すると、さらに国民を統治するために治安警察をつくり、密偵を放ち、自由民権運動を弾圧しました。ただ者ではありません。護国寺一帯は豊島が岡という丘陵です。護国寺の隣には豊島ヶ岡墓地があります。いまでも地元では豊島が岡御陵と呼んでいますが、天皇の陵墓ではないので、墓地が正式名称であるというご指摘を受けました。豊島が岡墓地にはーーーーーーーー天皇,皇后を除く皇族の墓があります。護国寺の一角には山県有朋の墓があります。彼は天皇家と深い関係があったのです。次回、山県有朋と護国寺の墓についてご案内いたします。驚きますよ。
[PR]
by daisukepro | 2008-01-10 15:32 | 観光

続々続もうひとつの青空「遊就館」 ー南池袋公園


お手ごろ旅行社です。
交通費と一杯の珈琲で旅が楽しめる、お手ごろ旅行社のガイドです。

今宵は星に願いをかける七夕さまの日。
しかし、今から70年前の1937年7月7日夜、北京近郊の豊台に駐屯していた日本軍が盧溝橋付近で夜間演習していたとき、何者かが発砲する事件が起きた。日本政府は「支那側の計画的武力抗日なることを最早疑の余地なし」と声明を発して、閣議で大規模な華北派兵を決定した日です。これが、中国全面侵略戦争の発端になり、太平洋戦争に拡大して行きます。
靖国「遊就館」の展示パネルには「日中和平を拒否する中国側の意思」が全面戦争の始まりの背景だと説明してあったが、改修後は「中国側の反日機運」が戦争拡大の背景にあったと記述表現を変えたが、当時の日本政府の立場を正当化していることには変わりない。
1945年3月10日東京大空襲、同年8月6日広島、8月9日長崎に大量破壊兵器の原爆投下、米軍による戦争犯罪が行われたのは盧溝橋事件から8年後のことです。

さて、サンシャインビルを右手に見て、今きた道を戻ります。最初の道を横断すると左手にベローチェがあります。一杯の珈琲をのみながら思い出した。
ある小集会で詩人の小森香子さんが「根津山」という自作の詩を読んだ。
『白墨色の霧の中から きこえてくる
ざくつ ざくつ と 土を掘る音

いぶっていた くすぶっていた
欅や 楓や 小楢のやさしい雑木林
山吹や すすきや 小さな笹やぶの根津山

ああ またあの夢 とび起きて
頭を振っても きこえてくる あの音』

1944年12月、突然、B29二機が雑司ヶ谷を襲った。それから繰り返しここ池袋一帯は空爆を受け、もっとも被害が大きかったのは3月10日本所、深川で大量虐殺が行われた13日後、4月13日の金曜日夜であった。B29—160機編隊(米資料330機)が襲いかかった。広範囲が空爆被害を受け死者741名、全焼家屋3万4000戸、被災者16万1661名であった。一連の空襲によって豊島区一帯の7割が灰塵と化した。
1988年8月18日、朝日新聞の朝刊は空襲の状況を次のように伝えている。「深夜に来襲したB29の大編隊は豊島、荒川、王子を中心に焼い弾の雨を降らせた。池袋駅東口の住民は、火の手に追われて根津山へ、雑司ケ谷霊園へと逃げ込んだ。
 根津山は焼い弾の直撃を免れたものの、B29が去った後、林の冷気と周囲の熱い空気から生まれた竜巻に襲われた。竜巻に飲まれた女性が1町先まで吹き飛ばされ、翌朝亡くなった。
 火の手が収まると、空襲で亡くなった人の仮埋葬地として、遺体が次々と運び込まれた。埋葬作業には、根津山から道路1つ隔てたところにある東京拘置所(当時)の囚人が動員された」
 
出光のガソリンスタンド前の高速道路下をくぐり抜け、横断歩道を渡る。この辺りは戦前、根津山と呼ばれる雑木林が600メートル続いていた。南池袋公園は旧根津山の南端ある。ここがもうひとつの遊就館である。20人ほどの男たちが縁台将棋にうち興じている。
c0013092_141758.jpg

片隅のテラスの横に豊島区空襲犠牲者哀悼の碑が建っている。『恒久の平和を願って
二度と再び戦争による悲劇を繰り返させぬようにこの碑を建立します平成7年8月』と記されている。
c0013092_133071.jpg

朝日新聞の記事は次のように続いている。
「遺体はトラックに山積みにされて運ばれて来ました。それをレンガ色の囚人服を着た受刑者が穴に埋めて行くんです」
 「東京拘置所は戦後、巣鴨プリズンと名前を変えた。東条元首相らA級戦犯の収容所として巣鴨の地名は一躍脚光をあびるようになった。焼け野原には夜ごと、巣鴨プリズンから流れる物悲しい消灯ラッパの音が響いた。「うらさびしい曲でね。戦犯たちはどんな気持ちで聞いているのかなあと思ったものです」
「池袋周辺は20年代に行われた戦災土地復興整理で区画が大幅に変更され、根津山の雑木林も姿を消した。仮埋葬の遺体も別の場所に本葬された。その後、根津山の跡地に南池袋公園がつくられたが、49年の公園改修工事の際、コンクリート製の別の地下壕に行き当たった。その近くで、かなりの数にのぼるとみられる白骨が土中から姿をのぞかせていた。が、工事を急ぐあまり塩でお清めをして、そのまま埋め戻した」と当時の工事関係者のインタビューを載せている。
豊島区空襲犠牲者哀悼の碑が住民有志によって建立されたのは城北大空襲被災50周年にあたる平成7年8月。以後、毎年4月13日「根津山小さな追悼会」が開催されているそうだ。

最後に小森香子さんの「刻むことば」の一部を紹介しつつ、もうひとつの青空「遊就館」のガイドを終わりにしよう。

「その夜
ねむりは いっときとは続きはしなかった
警報に飛び起きるとすでに空は赤く染まり
ひらひらと燃えながら落ちてくる油脂
私は夢中で水をかぶり 屋根によじのぼり
こごった火叩きを ふりまわした
池袋は炎の中 通りの向こうは炎の渦
畳が 燃えながら空に舞いあがり
都電の線路を炎の舌がなめずって走る
双手を天にさしのべ 声のない叫びをあげ
巨大なたいまつの列となって燃えつづける
ああ あれは 鬼子母神のけやき並木
ふるさとの町は 一夜にして燃えつきた

よく朝
水びたしの いぶりくさい町に
何台ものトラックが 来て
兵隊がシャベルで消し炭のような死体を埋めた
根津山の雑木林は いまは ない」

「戦争犠牲者というならば まず
消し炭のように埋められた人々よ
高速道路の脚の下から
根津山のふるさとの土の下から立ち上がってこい
熱湯のような川に沈んだ人々よ
すみだ川の 江戸川の
いくつもの橋をわたって
走ってこい
私のふるさとを
これ以上 けがすな
戦争を知らぬ子どもたちに

ふたたび炎の海を見せるな
若者たちの手に 銃をとらすな
戦犯の碑ではなく
ふるさとの新の平和こそ
私たちの こころに刻むことば」
[PR]
by daisukepro | 2007-07-08 01:16 | 観光

続もうひとつの青空「遊就館」ー 東池袋中央公園

続もうひとつの青空「遊就館」
お手ごろ旅行社です。
交通費と一杯の珈琲で旅が楽しめる、お手ごろ旅行社のガイドです

巣鴨プリズンに収監されたA級戦犯は「東條英機、板垣征四郎、木村兵太郎、松井石根、土肥原賢二陸軍大将、武藤章陸軍中将、そしてただ一人の文官広田弘毅」の7人です。昭和23年12月23日、刑は絞首刑によって執行された。
城山三郎は広田弘毅の生涯を描いた小説「落日燃ゆ」の冒頭で処刑後、7つの遺骸がどうなったか次のように書いている。
『七つの遺骸は、12月23日の午前2時5分、二台のホロ付き大型軍用車に積まれ巣鴨を出、二台のジープに前後を護衛され、久保山火葬場についたもので、23日朝8時から、アメリカ軍将校監視の下に、荼毘に付された。』(写真 広田弘毅元外相)
c0013092_10494625.jpg

久保山火葬場は横浜市西区にあり、米軍が処刑者の遺体を処理するために接収していた。つまり、草木も眠る丑三つどきに、7つの遺体は密かに米軍によって、巣鴨から横浜の火葬場まで運び出され、焼かれたのだ。
『遺族はだれも立ち会いを許されなかった。それどころか、遺骨の引き取りも許されなかった。アメリカ軍渉外局は「死体は荼毘に付され、灰はこれまで処刑された日本人戦犯同様にまき散らされた」と発表した。アメリカ軍が持ち去った遺骨は、飛行機の上から太平洋にばらまかれたといううわさであった。狂信的な国粋主義者が遺骨を利用することのないようにという配慮からだとされた。』
ところがこの火葬を知っていた男たちがいたのだ。火葬場の火葬場長と隣接していた興禅寺の住職、東京裁判の弁護人の三人の男たちだ。
『12月24日の昼下がり、久保山火葬場では、数人の男たちが人目をはばかるようにしながら、その一隅の共同骨捨て場を掘り起こし、上にたまっている新しい骨灰を拾い集めていた。男たちが恐れていたのはアメリカ軍の目であったが、この日はクリスマスイブ、それをねらい、火葬場長と組んでの遺骨集めであった。やがて、一升ほどの白っぽい骨灰を集めると、壺につめて、男たちは姿を消した。骨壺は男たちによって熱海まで運ばれ、伊豆山山腹にある興亜観音に隠された。』
それから7年後ーーー
『昭和30年4月になって、厚生省援護局はこの骨灰を七等分し、それぞれ白木の箱に納めて、各遺族に引き渡した。だが広田の遺族だけは「骨は要りません」と、引き取りをことわった。すでに遺髪や爪を墓に納めてあり、だれの骨灰ともわからぬものを頂きたくないという理由からであったが、それは表向きの理由でしかなかった。昭和34年4月、興亜観音の境内に7士の碑が建立されたが、建立式に、広田の遺族は、一人も姿を見せなかった』
それから19年後———
1978年、靖国神社はA級戦犯14人を英霊として合祀した。上記の7人もこの中に含まれていた。
驚いたのは広田弘毅の遺族だ。事前に何の話もなかった。
「勝手に祀られたというか、びっくりしたということに加えて言うとすれば、不快感まで言っていいのかわからないが決して喜んではいないし、できれば取り消して欲しい」と語った。
東条英機のお孫さんは「日本にすでにA級戦犯はいない。東京国際裁判は戦勝国の裁判で公正ではない。戦争に負けたことは万死に値するが、日本では東條らの名誉は回復され、その死は公務死として認定されている。」と国粋主義的主張をして、参議院選挙に出馬を表明した。
戦後史は荼毘に付されてはいない。「今も進行中でくすぶり続けているな」と、そう思いつつ、東池袋中央公園を後にして、もうひとつの青空遊就館、別館「南池袋公園」に向かう。
そこにはジャパニーズ ポルターガイストの世界、死者の行列を見ることができる。炎を上げて行進する、この人々を国は何死と呼ぶのか。御霊はさまよい続ける。
[PR]
by daisukepro | 2007-07-06 10:52 | 観光