<   2005年 08月 ( 24 )   > この月の画像一覧

続々「シンディの平和キャンプ」


守れ憲法九条! 自衛隊はサマーワから即時撤退せよ!

シンディ・シーハンさんのコメント
私は息子のためにクローフォードに戻ります。私の息子を無意味な戦争に送り出し、死なせた大統領がクローフォードにとどまる限り、私の居場所はそこです。私は2週間半前にたった一つの理由のためにやってきました。大統領に会って一つの単純な質問をするためです。「私の息子が死ぬことになった高貴な理由とは何ですか?」
I'm coming back to Crawford for my son. As long as the president, who sent
him to die in a senseless war, is in Crawford, that is where I belong. I came here two and a half weeks ago for one reason, to try and see the president and get an answer to a very simple question: What is the noble
cause that he says my son died for?

この質問への答えが私の息子を生き返らせることは有りません。でも、これ以上の無意味な死を止めるかもしれません。なぜなら、今やどの死も無意味だからです。そして私たちの国の大半がそのことを知っています。それならなぜ、若い男女がさらに死ぬ必要があるのでしょうか?なぜさらに多くの親たちが子どもを失い、残りの人生を耐えられない悲しみの中で生きていかなくてはならないのでしょうか?
The answer to that question will not bring my son back. But it may stop more meaningless deaths. Because every death is now a meaningless one. And
the vast majority of our country knows this. So why do more young men and
women have to die? And why do more parents have to lose their children and
live the rest of their lives with this unbearable grief?

大統領職は人々の意志より大きいものではありません。
The presidency is not bigger than the people's will.

そして、人々が声をあげたなら、それを聞くのは大統領の責任なのです。大統領は私たちに奉仕するためにいるのであって、その逆ではありません。
And when the people speak out, it's the president's reponsibility to listen. He is there to serve us, not the other way around.

これは政治の話ではありません。アメリカにとって何が良いことで、私たちの安全保障にとって何がベストかについての話です。そして、この大統領がその二つから私たちをどれほど引き離してしまったことでしょう。
This isn't about politics. It's about what is good for America and what's
best for our security and how far this president has taken us away from
both.

私はクローフォードへ戻ります。今、そして永遠に、これこそが私の息子に対する義務であり、他の子どもたち、他の親たち、そして私の国に対する責務だからです。
I'm coming back to Crawford because -- now and forever -- this is my duty
for my son, for my other children, for other parents, and for my country.

訳ヤメ記者弁護士
自衛隊はサマーワから即時撤退しよう!  守れ憲法九条!
[PR]
by daisukepro | 2005-08-31 09:00 | イラク戦争

環境破壊大臣とニヤミス

池袋東口、小さな喫茶店でIT関連の打ち合せを2時間ほど、夕方、外に出ると駅前広場は異様な雰囲気、中央分離帯で数百人の群衆がうごめく、TVカメラ、マイクがもみくちゃにされている。よく見ると、選挙宣伝カーから演説を終えて降りてきたばかりのワイドショーでおなじみ、コイズミ劇場のくのいちがそこにいた。やーなものみちゃったな!一世風靡した勧善懲悪の時代劇のような設定に踊らされるマスコミ、コイズミか、反コイズミどちらが勝つか、パペットが踊るのをひたすら追い続ける。
主役は国民なんだけどな。
記者クラブの党首討論会では共産党も増税追及で健闘したが、記者もがんばった。
うろ覚えだが、「コイズミさん、刺客を送って痛みを感じなかったのですが」というような質問をした記者がいた。「痛みと聞かれれば、綿貫さんですな。綿貫さんとは一番酒を飲んだし、うたも歌った。それがこういう立場になるなんて、政治は非情なもんですなあ」とやって記者団の嘲笑を取った。「非情なのはお前だろが、政治じゃなくて」
と誰かが言ったような気がした。空耳かな。非情とは情を持っている人に言う言葉、コイズミは徹底的な個人主義者、リバタリアン、アナーキスト、情が住む余地はない。コイズミが勝てば森派が赤絨毯の真ん中を闊歩する。岸直系のウルトラ右翼が国会を形骸化するだろう。マスコミ人ならNHKの番組に政治介入したのもコイズミのお仲間であることも忘れていけない。泣くな英太よ、字幕を間違えてお詫びばかりするなよテレビ局!

総選挙きょう公示、憲法、年金、増税と少子化問題、国民総生産の配分をめぐって政治選択が求められる季節、庶民の権利はこの2票をどう使うかにかかっている。
郵政民営化で未来はバラ色などというボラ吹き男のアジと演出にのれば、後悔先に立たず、        輝く二票、また来る明日。未来は自分の手で掴もうよ。
[PR]
by daisukepro | 2005-08-30 23:18 | 政治

イスラエル ギャザ入植者の強制退去開始

今週のクイズな人、
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Who?
名も無き人々にも名はある
著名な人々や英雄はいない
名前を記憶しても、試験問題に出ることはない。
今日を生きて、明日が来る。
衆生の人々————。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
写真の男性は蛭子さんではありません。会計士のワリド・ハイモールさんです。
イスラエル軍はギャザ地区入植者の強制退去を強行、ブルドーザーを使って住居を破壊していますが、パレスチナ人はこれを冷ややかな目で見つめています。
c0013092_16121382.jpg「イスラエルの撤退計画はパレスチナ人にの利益にはなるとはとても期待できないね。
彼らがギャザから撤退するのはこの西岸地区にいる彼らの利益のためにだけやっている。こんなやり方でパレスチナ問題を解決することは決してできないよ。彼らは今も我々の周囲に分離壁を建設中だけどーーーしかし、私たちは囚人のように壁に囲まれて生活することはできないからね。」西岸地区に住むハイモールさんは語った。
BBC  by Martin Asserより
[PR]
by daisukepro | 2005-08-28 16:09 | クイズな人

続「シンディの平和キャンプ」

うっかりコイズミ「郵政民営化」の窓口を開けると、待っているのは増税、憲法改悪、もの言えぬ世界、荒野と廃墟、その世の果ては焼け野原。満天の星。
あなたにとって「郵政民営化」はメリットがありますか、ありませんか?
しっかり考えて、投票に行こう。一人二票あります。

続シンディの「平和キャンプ」

「息子は何のために死んだのか大統領に聞きたい」。こう訴え、抗議の座り込みを始めたシーハンさんは、反戦運動に火をつけた。
ブッシュ大統領はイラクからの撤退論の高まりを恐れて「即時撤退を主張する人たちは、米国を弱体化させる政策を主張しているのと同じだ」とアイダホ州の大統領支持派の集会で演説した。
クイズな人欄で紹介した反戦のシンボルとなったシーハンさんは急病の母親に付き添うため野営地を離れていたが再びキャンプに戻ってきた。その1時間後、大統領も軍用ヘリコプターで私邸へ戻ってきた。

ブッシュはシーハンさんに対して「彼女の抗議する権利は認めるが、彼女は私がこれまでに面会した(戦死者の)家族の見方を代表してはいない」と語った。

シーハンさんは、大統領との面会を訴えた上で、「大統領はイラク戦争で、国民を欺いている」と非難している。さらに、「私はこの国を愛している。が、あと何人がこの無意味な戦争のため命を落とさねばならないの」とシーハンさんは問いかける。「ケーシーが帰ってこないのは分かっている。が、大統領は間違いを認め、兵士を国に戻す時だ」と迫っている。 
イラクとアフガニスタンで増え続ける米兵士の戦死者問題について、大統領は「軍は命を落とした兵士に報いるためにも任務を遂行する」とイラク戦争続行を強調した
大統領の演説会場外で行われた今回の反戦集会には、シーハンさんに鼓舞された退役軍人、軍人の家族やその支援者ら約2000人以上が参加した。そのひとりである同市のロッキー・アンダーソン市長(民主党)は、「大統領は国民にうそをつき続けている。何もしないのは(大統領に)同調しているとの同じだ」と述べ、参加の動機を明らかにした。 

8月6日から始まった座り込みへの支援者数は日を追って増え、先週末には2000人にも膨れ上がった。21日にはベトナム戦争の反戦歌手ジョーン・バエズさんも現地に駆けつけ、反戦支援のコンサートを開いた。 c0013092_1417563.jpg (写真は18日、キャンプ地のあるグリーン湖周辺で行われたかキャンドルライトデモ)
 シーハンさんが、昨年4月イラクで戦死した息子のケーシーさんからとって「ケーシーキャンプ」と呼んでいる地点は、当初より大統領の私邸に約3キロ近づいた。というのも、地元の有志が最近、所有している土地の使用をシーハンさんに認めたからだ。現在大統領私邸近くまで、支援者のテントや食事を調達するトラックや車がひしめきあっているという。 

戦死者はイラクで1864人、アフガニスタンで223人とされる。 

戦死兵の母親」と「軍最高司令官」との新たな戦いが始まった。 

コングレス(米アリゾナ州)25日=マクレーン末子より 
[PR]
by daisukepro | 2005-08-27 10:53 | イラク戦争

続「自衛隊民営化論」

続自衛隊民営化論
フジの24時間テレビの社員公募企画で日米軍合同運動会をやっていた。軍楽隊がマーチを演奏する中、日米両軍が登場、紅白に分かれてゲームをやるだけの内容で面白くも可笑しくもない。沖縄地上戦で激しく交戦した両軍の勇士が紹介され握手を交わす演出など何を考えて番組をつくっているのかディレクターの頭の中を覗いてみたい。なんでもありのフジテレビらしいが、勘弁してよ。
最近、やたらと日米合同訓練が陸海空至る所で行われるようになった。訓練といってもタダではない。経費は思いやり予算ですべて日本持ち、一回の訓練で1億円が消えいて行く。米軍の車列が沖縄の一般道をUターンして民間車両と衝突するなど事故報道が絶えない。ひさしを貸して母屋を取られると昔の人はいいことをいう。ブッシュ政権と価値観を共有するコイズミ傀儡政権になって遠慮会釈がなくなった。お尻丸出しで走り回るのは犬なら可愛いが人間のやることではない。

さて、自衛隊の装備は世界第三位という。朝霞駐屯地の横に陸上自衛隊の展示場があり、最新型の戦闘機、戦闘車両、重火器などを展示している。陸上自衛隊が誇る120ミリ砲を装備した国産戦車90型は迷彩色に彩られて一階の広間奥に置かれてあった。c0013092_16593536.gif
(写真は90型戦車)
従来のナナヨン型戦車では125ミリ砲を装備したソ連戦車に対抗できない。そこで、120ミリ砲を装備した国産戦車の開発計画が急浮上することになった。ドイツなどの120ミリ砲戦車の重量は70トンある。改良を重ねて軽量化につとめたが、それでも50トン、かなり重い。開発が始まったばかりの頃、新型戦車の価格は一両10億円した。90年ごろから、年間20両の量産がはじまった。仮想敵国ソ連が上陸するのは北海道だろうと想定してキュウマル戦車は富士演習場と北海道に配備されることになった。
ここまではいいとして、92年には仮想敵国のソ連が崩壊してしまったのだ。戦う相手は消えたが戦車
の量産は中止しなかった。現在の価格は一両8億円、約300両、すべて北海道の平野を走り回っている。
仮想敵国は中国や北朝鮮になったのに、「北海道だけに戦車があるのはいかがなものか」という軍事評論家が出てくる。それでは「九州に戦車を移動すればいいじゃん」と作戦司令官は地図をさして、指揮棒先を北海道から九州に移動した。
そこで、司令官はとんでもない事態に気がついた。
キュウマル戦車を九州まで輸送するには鉄道を利用する方法がある。しかし、その場合車両幅が線路幅より大きくては運べない。電柱をなぎ倒すことになる。橋があればその橋脚が戦車の重量に耐えられるかどうか、もっぱら人員輸送を目的としている現在の新幹線規格では想定外に重すぎる。戦車が無理して通れば橋はみんな壊れてしまう。トンネルの穴の大きさも問題だ。トンネルも掘り直して穴を広げないと運べない。
新幹線側の搬入設備や専用トランスポーター貨車開発をしなければならない。
こんなことに予算を出せといえば(今はくのいち忍者になっているが)、東大の百恵ちゃん、「おたく、何言てるの!」と目を吊り上げるに違いない。何しろ、情報筋によると「自衛隊の災害出動は任務じゃありません」予算折衝で東大のアイドルは叫んだとかーーーー。
陸がだめなら空があるさ
司令官は航空自衛隊に電話をかける。「私どもの最大の輸送機C-130には搭載重量の制限があり、最大でも89式装甲戦闘車一両輸送するのが限界です」とつれない返事。
「航空機輸送もだめ。鉄道も空もだめなら道路を使うのはどうだ。ルート設定を慎重にやればできないことではない。陸自のトランスポータを使って運ぶ。これだね」
「でも、司令官——」副官が顔色をうかがいながら口を挟む
「実際問題として極めて困難ではないでしょうか」
「なぜ?」
「えーと、一般道はですね、戦車をのせたトランスポーター車両の重量を考慮して建設されていません。」
「道路だろ、深夜に移動すればいいじゃないか」
「通るには通れますが再整備しないと使えなくなります」
「じゃ、自走させろ、自走」
「一般道を自走させると故障を誘発します。燃料消費やディゼルエンジン、音響が環境に与える影響を考えますとーーーー
戦闘以外では好ましくありません。道路の面を戦車のキャタピラで耕すつもりならできますが、橋だって通行中に落ちちゃいますよ」
「主要道路は主要道路・橋梁には重量数十トンの大型車両が日夜走っているではないか。しかも複数同時にーーーーー。」
「絶対できないとはいえませんが、好ましくありません。橋梁や道路の補強はしないとーーー。第一、奇跡でも起こらない限り、あの百恵ちゃんがーーいいわよってーーー予算を認めないでしょう。」
「待てよ、じゃ、海はどうかね、海——」
「それがですね、輸送艦おおすみには最大10数両の戦車はつめるが限度があります。一定規模の部隊を輸送するとなると相当数の輸送艦が必要ですが、海自はそれを一度に運ぶに充分な輸送艦を保有していないというのが現状です」
残念!キュウマルの九州移送計画は中止になった。
それで、一度も交戦することがなく、これからもないであろうキュウマルくんは今も北海道の大平原を元気に自走している。平和の象徴のように、はばたけキュウマルくん、ーーーーー平和憲法がある限り、誰に遠慮がいるものか!

マガジン9条
2004年9月14日、90式戦車の調達を防衛庁が2,3年後に停止する方針であるという報道がなされた。
[PR]
by daisukepro | 2005-08-25 16:55 | 憲法

自衛隊民営化論

自衛隊民営化論

郵政民営化に賛成か、それとも反対かというけれど
賛成したらどんないいことがあるのか。コイズミ!
税金が安くなり、年金の支給額がふえるのか、それとも医療、教育費が無料になり、公団住宅や高速道路も無料になるとでもいうのか。コイズミ!
確かに、郵貯簡保、保険料は財政投融資計画に必要な経費をまかなう国債(財投債)を買って、その資金を特殊法人が好き勝手に使ってどんどんどぶに捨てている。これを銀行や保険会社、アメリカのお金持ちがおれにも自由に使わせろというのが郵政民営化じゃないのか。コイズミ!

車の走らない道路、飛行機の飛ばない飛行場、荒れ地に誰も来ない遊園地、保養所、人の住まない官舎を作り、石油のない南極を永遠に掘り続ける。
その代わりに、民営化すれば百のホリエモンが出てきて、宇宙探検、海底、地底探検や300億する自家用ジェット機を買って遊ぶために浪費される。これが関の山、庶民にはなんのメリットもない。これが郵政民営化じゃないのか。コイズミ!
それでも選択せよというなら、どっちもNOです。コイズミ!

c0013092_10554521.jpgそこで、提案、これは税金の話、同じ民営化するなら自衛隊ホールディングスを作って、民営化したらいかが。社長はホリエモンに依頼する。見えない敵、仮想敵のために高価な戦車、高射砲、イージス艦はいらない。戦争にいけば戦死者が出る、遺族補償金、戦時手当がかさんで儲からない。だから戦争はやらない。アメリカから要請があれば、関連会社の人材リースで海外派遣する。戦争をしない軍隊は毎日毎日、ひたすら戦争ごっこをして食ったり寝たりするだけだから半年もすればどんなアホな経営者も平和産業に転換するだろう。これで防衛費9兆円が節約できる。自衛隊民営化に賛成か それとも反対か。日本の未来がかかっている。どうするコイズミ! コイズミ! コイズミーーーー!(写真の戦車は一台9億円します)
[PR]
by daisukepro | 2005-08-24 10:40 | 政治

テキサス・ シンディの「平和キャンプ」

Who?
名も無き人々にも名はある
著名な人々や英雄はいない
名前を記憶しても、試験問題に出ることはない。
今日を生きて、明日が来る。
衆生の人々————。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
写真のご婦人はシンディ・シーハンさんです。
c0013092_20295060.jpg彼女はテキサスのクロウフォードにあるブッシュ大統領の牧場の外で面会を求めて「平和キャンプ」を張りました。以後、彼女はアメリカのマスコミでは一躍スターになりました。
シーハンさんの24歳の息子は去年イラクで戦死しました。彼女はブッシュの休暇中、大統領が話し合いに同意するまでキャンプ地に居座り続けることを決意しました。
いまや、イラクの米兵の死傷者は2000人を超えようとしています。彼女はアメリカがイラクから撤兵することを要求しています。 多くの支援者は「シンディと面会せよ」と描かれたスポーツシャツを着て、ブッシュがシンディと話し合うことに消極的にならず、同意することを求め続けました。
(大統領はこの世論に押されて)
ステッファン・ハドレー国家安全保障顧問、ジョー・ハージン大統領補佐官代理を派遣して「同情申し上げますが、イラクからの撤退は間違っている」と彼女に公式回答をしました。
(非情なブッシュらしい返事、怒り!)
(BBCニュースより)
[PR]
by daisukepro | 2005-08-21 13:33 | クイズな人

「さざれ石」記念日

昨年12月14日、ブログ「発見の同好会」は「さざれ石」の話題からスタートしました。約10ヶ月経って、8月19日、同じ「さざれ石」の話題で延べ1万のカウントに達しました。ご愛読いただきまして本当にありがとう。これからもよろしくお願い致します。
話題によっては1日499という異常な数値を記録することもありましたが、これは明らかにブロック行為によると思われます。ここ数週間は一日平均40から50を安定推移しています。今後、同好会は皆さんに支えられながら、道の辺のちいさい秋をみつけて歩いて行きたいと思います。
お隣の友人にも声をかけていただけると幸いです。

「道の辺のむくげは馬に食われけり」芭蕉(41歳)
c0013092_1155831.jpg蛇足、(この画は馬上からの主観移動でみると芭蕉の気持ちがわかったような気になります。昔は交通手段に馬が使われていました)
[PR]
by daisukepro | 2005-08-21 09:41 | 文化

靖国神社の「さざれ石」

おてごろ観光協会です。交通費のみで歴史が楽しめる観光案内(ファイブコインズツアー)をしております。アフリカに貧乏旅行をして、留守をしているうちに祖国日本は選挙の季節に色づいている。マスコミは郵政民営化に賛成するか反対するか二者択一、コイズミ流の二元論が踊っている。これを踏み絵にして日本の進路を決めよというのだから、ずいぶん乱暴な話です。アメリカで起こったマッカーシ旋風を思い起こさずにはいられない。コイズミ旋風は問題提起の発想そのものが選挙民をバカにしていると思いませんか。
さて、今年の始めおてごろ観光協会は靖国神社を訪れて「さざれ石」を探したが見当たらなかったとご報告しましたが、ここに慎んで訂正致します。やはり、靖国神社に「さざれ石」はあったのです。好奇心、探求心の甘さを反省しております。
ミノモンタの朝ズバを「ながら試聴」していると話題が靖国参拝問題になったようで、『ここに「さざれ石」ね、そして大鳥居————』というモンタさん声が聞こえてきました。みると、靖国神社の模型を置いてモンタさん、明治神宮の概要を説明しているところでした。
早速、靖国神社の現地におもむき再調査の結果、証拠写真をお見せ致します。
c0013092_11471815.jpg

青みを帯びた巨大な「さざれ石」は大鳥居の手前、右側の茂みに堂々と鎮座していました。隣には赤心という赤色の巨石が置かれています。この赤い石にはプレートがついていて、静岡県の遺族会から奉献されたと書かれている。「さざれ石」には掲示版もプレートもなく、大鳥居に気を取られて観光客はつい見落としがちになります。さざれ石は国歌にも歌われた由緒正しい石です。その賢い石の頭にアサヒビールの空き缶を捨てた不謹慎な非国民、観光客はどこのどなたでしょうか。
「さざれ石」の右角に小さな石が置いてあります。さざれ石によく似ていますが、明らかにこれはコンクリートの破片でしょう。よく見ると土管が塗り込められています。心ないツッコミをする人々がいるようです。
これで「さざれ石」観光ツアー、文化庁—靖国神社—明治神宮のコースが完成されました。
これからも、赤貧旅行社、おてごろ観光協会をよろしく
[PR]
by daisukepro | 2005-08-19 11:49 | 観光

日活闘争 企業再建をめざして

USEN白紙撤回を受けて日活労組は下記の声明を発表しました。
労組は日活再建をめざして第一歩を踏み出すことになります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
8月15日付株式会社USENのニュース・リリースを受け、日活労組・映演労連・日活闘争支援共闘会議は、下記の声明を発表します。

 声明

8月15日株式会社USENは、日活の経営権取得に関してナムコ側に白紙撤回を申し出たと正式発表しました。その理由としてUSENは、日活労働組合を始めとする従業員の反対を挙げています。
これは、M&Aに従業員の声を反映させるべく「金で株は買えても、金で従業員は買えない!」として闘ってきた日活労組と日活従業員、映演労連、日活闘争支援共闘会議の第一段階の要求が実現したものであり、解決への第一歩です。しかし私たちの最終的な目標は、日活の未来を第一に考える新しいスポンサーのもとでの経営再建であります。私たちは今後もナムコ経営に対して、親会社の責任として一日も早く新しいスポンサーのもとでの経営再建に踏み切るよう、要求して行きます。

2005年8月16日

 映演労連日活労働組合
 映画演劇労働組合連合会
 日活闘争支援共闘会議
[PR]
by daisukepro | 2005-08-16 19:41 | 日活闘争