<   2005年 09月 ( 23 )   > この月の画像一覧

「わたしにつながる にんげん」

「わたしにつながる にんげん」
先日、友人の脚本家から手紙が届きました。私信なので匿名で送ります。ぜひお読み下さい。友人の了解は頂いています。

「峠三吉は、”原爆詩人”と呼ばれている。誰がそう名付けたのであろう。若い頃、書いた作品を読むと、この人は、元来は風や花や初恋の哀傷を静かにうたう抒情詩人なのである。だが、一発の原爆が彼を変えた。変えさせられた。彼は原爆について書かざるを得なかった。今とは違う。原爆の惨禍について何ごとか書けば、ただそのことだけで、米軍に逮捕されかねない時代であり、ひとかたならぬ覚悟を要する行いであった。そして、ペタリ、レッテルが貼られるー原爆詩人。人は他者からレッテルを貼られるという暴力に,淋しく耐えねばならない。自分の顔を、引き受けてゆく他はない。」
—————————————————————
ちちをかえせ ははをかえせ
としよりをかえせ こどもをかえせ

わたしをかえせ わたしにつながる
にんげん をかえせ

にんげん の にんげん のよのあるかぎり
くずれぬへいわを
へいわをかえせ

「これが彼の最も著名な代表作である。

二つのことに気づく
(1) この詩は、ひらがなで書かれている、漢字はまったく使われていない。平易な詩であるけれども、ああでもない、こうでもないと縷骨した苦心がしのばれる。
(2) この作品は、原爆詩の代表とみなされている。
しかし、意外なことに、”原爆”、”げんばく”、という言葉は、まったく書かれていないのである。だから、いま、イラクであれ、パレスチナであれ、チェチェンであれ、その他どこであれ、世界で惨劇が行われている場所の人々がこの詩を読んだなら、グサリ、一撃、わがことの如く胸に響く共振をおぼえると思う。ちちをかえせ ははをかえせ としよりをかえせ こどもをかえせ、、、、、、。

ただひとつ、気になるのは、”わたしにつながる にんげん”という言葉である。”わたしにつながる にんげん”といったとき、人は友人や、隣り近所の人や、職場の先輩同僚や、顔なじみの店のおばさんや、あの人、この人、程度の多寡こそあれ、親しき人のことを思い浮かべる。
峠三吉がこの詩を書いたとき、ヒロシマ、ナガサキで数万にのぼる朝鮮人爆死者、被爆者のことは、”わたしにつながる にんげん”として念頭にあったか、どうか。
わたしが調べた限りでは、どうも”なかった”ようなのである。いや、問題は、この誠実な一詩人を超える。

朝鮮人が日本にいた(いさせられた)ことは、日本人すべてが知っていたといっても過言ではない。その数、約250万人。知ってはいたけれども、日本人は日本人とのみつながって暮らし、朝鮮人は朝鮮人と暮らしていた。個別的にはともかく、一般的にはつながりと言えるほどの親しき関係は存在しなかった。
そこには、歴然たる民族差別があった。かつまた、日本人は自分があまりにもひどいめにあったがために他を省みる余裕がなかった。余裕ができてからも、なお、省みようとはしなかった。
だから、ヒロシマの平和公園においても、朝鮮人爆死者、被爆者の慰霊碑は場外に置かれたのである。このほか、朝鮮人爆死者、被爆者に対する保障の欠如のあり方は、「あなた方は”わたしにつながる にんげん”ではない」と言っているに等しいではないか。かく申すわたしにしてからが、峠三吉の”わたしにつながる にんげん”の一行から、朝鮮人爆死者、被爆者のことに思いを致すまでに、実に長大な時間を要した。恥ずかしいことである。峠三吉は、詩にもう一行、書き加えるべきであったのかもしれない」

追記
峠三吉は「人類が発見した原子力というものが、武器としてではなく、平和利用できたらどんなにいいだろう」と言う詩も書いている。同じ思潮にのっとって手塚治虫もまた「鉄腕アトム」を書いたのである。アトムの10万馬力の活躍は,原子力によってなされるのであり、だから彼の名はアトムなのであり、妹の名はウランちゃんなのである。
それは時代の限界というものであったろうか。今は原子力はとてもじゃないが人間の手に負えるような代物ではない,ヤバいものだということが分かっている。
[PR]
by daisukepro | 2005-09-29 20:19 | 文化

お知らせ 「憲法9条の会つくば・設立のつどい」

    ■■■憲法9条の会つくば・設立のつどい■■■

★講演/斉藤貴男(ジャーナリスト)
      「平和と平等」をあきらめない!

★歌と憲法トーク/小室 等(シンガーソングライター)
      「音楽にのせて・・・」
 
 ■日 時/2005年10 月1日(土) 開場13:00 開演13:30
 ■会 場/つくば国際会議場 大ホール
        つくば市竹園2-30-3 ?029-861-0001
 ■参加券/大人1000円 学生(高校生以上)500円 中学生以下無料
 ■主 催/「憲法9条の会つくば」準備会 
        連絡先:事務局090−3811-3753  Fax029-858-0894
        HP http://www.geocities.jp/geo_net21/9jo/
        メール ycgsk987@yahoo.co.jp
[PR]
by daisukepro | 2005-09-26 14:54 | 憲法

カブール 「アフガン議員選挙、輝く女性候補」

今週のクイズな人 カブール アフガニスタン

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Who?
名も無き人々にも名はある
著名な人々や英雄はいない
名前を記憶しても、試験問題に出ることはない。
今日を生きて、明日が来る。
衆生の人々————。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー写真の女性はサブリーナ・サジェブさん(24歳)です。

c0013092_9144559.jpgアフガニスタンの議会選挙に立候補した最年少の女性候補です。世界中のTVがブルカを脱いだ女性を写しているが、アフガンではまだ多くの女性がブルカをまとって暮らしている。
サブリーナは女性の平等と自由を訴えて選挙運動をしています。彼女はブルカをまとうかどうかは女性が自分の意志で決める、そして、強制結婚の風習を廃止させたいと望んでいます。彼女はアフガンの未来のために新しい考え方と希望を持つことを人々に伝え、特に若い人に訴えています。「刺客」とか「くのいち」とか呼ばれるどこかの国の醜い女性候補と比べて、何と美しい議員候補者ではありませんか。(容姿でなく志のことです。)しかも、彼女はタリバンと利権勢力に命を落とされるかもしれない、命がけの立候補です。
投票は9月18日に行われました。
候補者7人を含む1000人以上が殺害されたこの議員選挙、投票が終わった後も治安は危険な状態であるという。彼女の選挙結果はまだわからない。(byBBC)
[PR]
by daisukepro | 2005-09-25 09:13 | クイズな人

自民党の大勝(3)マスコミ操作

自民党の大勝(3)マスコミ操作

もう一つは刺客騒動である。


コイズミは造反した自民党議員が立候補している小選挙区に対立候補者を送り込んだ。郵政民営化に賛成する有権者が選択できないからというのが理由だが、明らかにコイズミに造反した自民党員の政治活動を圧殺することが狙いである。何とも選挙民をバカにした発想である。女性の候補者を「くのいち」と呼ぶ閣僚までいた。たとえ選挙区で破れても比例ブロックで一位指名をして国会議員になる保険を付けた。しかし、マスコミはこれを刺客と呼んで飛びついた。
刺客が送られた選挙区には必ずカメラが送り込まれた。候補者が行くところ、テレビクルーと候補者と野次馬がゾロゾロとまるで金魚のなんとかのごとくついて歩く。マスコミ戦略チームの望み通りになった。テレビ討論が始まる。司会者は必ず民営化に賛成化反対かを問う。そして◯×のパネルをあげて判定を求められる。そうすると共産党を除く対立候補は民営化には賛成だが、今度の民営化法案に反対だと言い始める。奇妙なことに刺客選挙区のほとんどは政権党である公明党の立候補者がいないのだ。そのため、いかんざきお代官様がいる公明党は雲隠れ、洞が峠を決め込んでいる。八代英太の選挙区だけが次期お代官様候補と対立することになったが次元が違うので話題にならない。テレビにでてきても何を考えているか発言からはさっぱりわからない。

話題をもどして、
当該の選挙民はコイズミが放った刺客が勝つか、それとも反逆者が返り討ちにするか、東映時代劇のライブショーに税金で入場料と出演料を払って出演しているような気分にさせられている。全国の視聴者は試合前のアスリートをみるような気分で、そのライブ中継を見つめる。そして試合結果を待つ。これはテリー伊藤らの世代が開拓したスポーツイベントなどを盛り上げるための手法の一つである。
現地入りした刺客たちは「立候補の理由は?」とマイクを向けられる。まさか、「権力者に雇われて反逆者を殺しにきたコイズミの手先です」とはいえないから、「郵政民営化を実現するために立候補した」と答える。コイズミは改革するためには死んだっていいという覚悟だ。郵政民営化に反対の奴らは郵政で働く公務員の既得権を譲らない守旧派だ。コイズミの改革に反逆する抵抗勢力だ。日本の改革を止めてはならない。しかし、にわか作りの候補者は民営化法案の中身すら理解していないし、政治的問題に見識があるわけではない。くのいち三人と金貸しホリエモンプラス環境破壊大臣がゴレンジャーになって街にやってきた。(目立たなかったので忘れていましたが元国連軍拡大使とかいう女性候補もいましたね)
後領主様にたてついた逆賊怪獣どもを退治するためだ。
「—————コイズミ改革に反逆しているやつらは許せん、コイズミは国民のために改革をやっている」、「みなさん、四年前郵政を民営化しますと皆さんに私は約束したでしょう。それで、皆さんはコイズミを選んだじゃないですか。郵政を民営化しなくていいですか。改革しなくていいですか。」「だから、皆さんのために国会を解散して、もう一度皆さんに聞いて見たかった」、だから「コイズミの敵は皆さんの敵です」というシナリオが出来上がると、マスコミは一斉に踊りだした。
ここで一斉にとゆってもいろいろある。テレビメディアの場合、「縦横一斉に」なのである。よほど閑な人でないと朝からよるまでテレビを見続ける人はいない。では、赤いサインペンを手に、新聞のテレビ欄をご覧下さい。ニュース、ワイドショー番組を塗りつぶして下さい。「縦横一斉に」とゆう意味がご理解いただけると思います。
番組名は上げませんが横一線に並んでいますね。テレビの特性は速報性にあるから、各キー局が報道番組に力を入れ競い合うと言えば聞こえがいいが現実の仕組みは違っている。自民党メディア戦略チームはこのテレビメディアの仕組みを熟知していた。
踊らされていると知ってか、知らずにか、ひたすらカメラはゴレンジャーと反逆怪獣の選挙運動を追う。その効果のあまりの見事さに、こりゃ危険だなどとキャスターに言わせてもあとの祭り、自分の屁におどろいて逃げ出すようなもの。
時間と閑があり、金のない人は一日テレビの前に陣取り、リモコンカチャカチャ、各局の番組内容を見比べておいてください。憲法問題もこの世界に次の主役で登場します。根気がいりますが、詐欺師に騙されないためには役に立ちます。

次回、楽屋裏の一部を紹介しよう。
[PR]
by daisukepro | 2005-09-24 12:41 | マスコミ

小津安二郎、努めて外に脱糞

小津安二郎の全日記
シャワーを浴びて、ビールを飲んでいるとブザーが鳴った。クロネコの小包がとどいた。差出人は古本文庫横町、宛名は同伴者になっていたので、テーブルの上に置いて外出した。所用を済ませ、もどると「小津安二郎の全日記」が机の上にあった。私が小津BUFFなので同伴者が取り寄せた誕生日のプレゼントであると判明した。勿論、小津監督作品のDVDBOXは手元にある。松竹の友人に頼んで社員割引で不正購入したので、無修正のままの再録であっても、我慢してときどき上映してみたりしている。酒席で「小津さんは文部省に行って、糞して帰ってきたと日記に書いてあるぞ」という物知りがいたので、
早速、膨大なぺージをめくる。ものの3分、インスタントラーメンの時間で、目的の記述箇所を発見した。
「小津さんは文部省に用事がなくて行く訳がない。用事とはなにか、何か受賞したしたときか、監督協会の要請があって出かけたのだろう。すると、協会の理事になった時か、受賞したときに違いない」と見当をつけたら見事的中した。(こんなことを自慢しても糞の役にも立ちませんがーーーーー)
さて事実は違っていた。文部省ではなく、外務省だった。おおよそ想像はできるが、私は小津さんがなぜ糞をしたか、その理由が知りたかった。以下無断で再録します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1961年4月8日(土)「十時、文部省の芸術選奨授賞式にでる外務省にて脱糞 日比谷公園にて小憩、東輿園にゆく
林 肥後 井上夫妻 高松 玲子と会食 のち丸善 高島屋にて買い物 五時の急行にて帰蓼する
野球公式戦始まる
▲ 春がすむ霞ヶ関の外務省にふと立ちよりてうんこなどをする
▲ いみじくも外務省とハ名付けたり努めて外に脱糞はする」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
脱糞したトイレが文部省と外務省とどこが違うのか。コイズミは圧力と交渉とよく言うが
外務省と防衛庁は車の両輪、小津さんは中国大陸で従軍経験がある。日記は内心の鏡、細部に神宿る。小津映画は日常生活が旋律を奏でる。平和であればこそである。
日記は小林一茶、永井荷風、そして小津安二郎。

生きていて今、映画監督協会の理事であったなら、小津さんは憲法九条改悪に体を張って抵抗したと思う。
明日は近所の人を呼んで小津さんの上映会をやろうか。
[PR]
by daisukepro | 2005-09-23 01:24 | 映画

NHK民営化論

20日午後、NHKは「新生NHKプラン」を発表した。1200人の職員削減、受信料の強制徴収がその骨子、
「新生プラン」は政治介入に言及しなかったが、橋本会長は「政治介入はなかった」とテレビ中継で明確に否定した。
このプランが「すべては視聴者のみなさんのために」とは空々しい。

第一、NHKの受信料は税金ではない。
受信契約をしない人に支払い義務はない。その人から強制的に徴収するのは放送法違反である。NHKが自ら自主性の前提をなくすのなら、まず、放送画面にスクランブルをかけて、料金を払わない人は見られないようにして民営化した方がましだ。「民間に出来ることは民間に」と総理大臣も言っているではないか。商品を買わない人から強制的に金をとる民間経営者はいない。強制徴収を公平負担などという官僚的体質、視聴者のNHK離れは止まらない。

このような提案をまとめた、経営委員と会長はその任に不適格なので即刻退任して欲しい。

第二、番組は自然に生まれない。製作スタッフと出演者がいて番組は出来る。番組の担い手を収入が減ったと言う理由で削減することは視聴者のためにならない。

第三、どこから見ても安倍晋三は番組に政治介入している。
それをただ言葉で「政治介入はなかった」と否定するような会長のもとでNHKの再生は望めない。

そこで、「発見の同好会」は放送法改正を再提案し、もう一つNHK民営化を追加したい。
NHK経営委員の任命については放送法第16条と27条を改正して経営委員の内閣総理大臣任命制をやめ、自主的に選任すること。
自民党多数の国会では放送法の改正は無理というなら、せめて政治権力からの自主独立を宣言することを求めたい。

(参考)————————————————————————————— ーーーーー
「放送法第16条」
経営委員は、公共の福祉に関し公正な判断をすることができ、広い経験と知識を有する者のうちから、両議院の同意を得て、内閣総理大臣が任命する。
「第27条」 
会長は、経営委員会が任命する。
——————————————————————————————ーーーーーーーー
これでは政治介入どころか、まるごと内閣総理大臣たるコイズミ放送局ではないか。
民間放送局のダメさを見ているので、それでもNHKが必要と思ってきたが、この新生プランを
見て、NHKはいらない論に変わりました。
NHK労組の皆さん、マスコミ共闘に復帰して視聴者とともに人員削減と闘いましょう。
[PR]
by daisukepro | 2005-09-22 13:00 | マスコミ

布川事件:再審開始決定・権力の扉開く

布川事件:再審開始決定 第2次再審請求に水戸地裁支部

 茨城県利根町布川(ふかわ)で67年、大工の玉村象天さん(当時62歳)が殺害され、現金約11万円が奪われた「布川事件」で、無期懲役が確定し、仮釈放中の桜井昌司さん(58)、杉山卓男さん(59)の第2次再審請求に対して、水戸地裁土浦支部(彦坂孝孔裁判長)は21日、再審を開始する決定をした。彦坂裁判長は「殺害方法の順序が自白と矛盾する可能性が高い」など新証拠によって確定判決の有罪認定に合理的疑いが生じた。新証拠は、無罪を言い渡すべき新たな証拠というべきだ」として、有罪認定を支えていた捜査段階の自白の信用性、目撃証言の信頼性に疑問を呈した。

 第2次再審請求は01年に桜井被告、杉山被告と弁護団が申し立てた。78年に最高裁で刑が確定してから27年後に、2人に再審の道が開かれることになった。(毎日新聞)

桜井さん、杉山さん、歴史的な勝利、おめでとう!
検察側は、決定に従い、真実を明らかにせよ!
[PR]
by daisukepro | 2005-09-21 14:32 | 裁判

イサム・ノグチ展

イサム・ノグチ展

モエレ沼公園グランド・オープンを記念して東京都現代美術館でイサム・ノグチ展(9月16日〜11月27日)が開かれている。
「土は地球の血、石は骨」、偉大な芸術家は日本の詩人を父、アメリカの教師を母として生まれた。父は子の名も付けず、母子をアメリカに残して帰国してしまった。薄情な父親に代わって、母は我が子の名を「ヨセミテ」と付けた。ヨセミテ公園の景観は自然の力がアメリカ大陸の大地を削り、岩盤を削いで、創造した偉大な芸術作品である。モエレ沼公園は「ヨセミテ」の偉大な作品である。そして、「ヨセミテ」は母の望み通りの息子になった。
イサム・ノグチはヒロシマの記念碑の製作を依頼された。しかし、官僚たちの反対にあって実現しなかった。理由はイサムが混血児であることだった。日本人は富士山を自慢するが、この事実を日本の恥として忘れることが出来ない。ヒロシマの式典が来るたびに、私はイサム・ノグチを忘れない。イサムは慶応大学の学生会館を設計しているが、心ない管理者によってこの作品も解体されたという。

今回の展示でイサムの代表作、「エナジー・ウ゛オイド」が出展されている。私たちは巨大な彫刻の周囲を回って見上げる。私は上野公園でヘンリームアーの作品を野外で見たときと同じ感動を覚えた。しかし、イサム・ノグチが生きていたとしたら、ここは展示場所でないという気がする。
東京都現代美術館は木場公園内にある。地下鉄東西線木場駅から公園の中を歩いて、巨大な吊り橋を渡り、13分程でたどり着く。
帰路、また公園の中を通ると公共事業とゼネコンの感性が見えてくる。モエレ沼公園と比べ物にならない、ここ木場公園に夕日が沈む。なんとなく心淋しくなった。
入場料金はとられるが、おてごろ観光協会として推薦します。
札幌に行くことことがあれば、必ずモエレ沼公園を歩いてみよう。
富士山を誇るのもいいが、日本人ならモエレ沼公園を自慢しよう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーおてごろ観光協会
[PR]
by daisukepro | 2005-09-20 13:30 | 観光

アメリカ映画「チャーリーとチョコレート工場」

アメリカ映画「チャーリーとチョコレート工場」
監督ティム・バートン
原作ロアルト・ダール
主演ジョニー・ディップc0013092_2127531.jpg
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ティムとジョニーとダールとくれば初日に並んでみる。
デズニーランドと違ってバートンランドは辛口、毒入りだ。
チョコレートを買ってゴールドカードを当てた5人の子供たちがチョコレート工場に招待される。さて、どうなるか。これ以上は見てのお楽しみ。ダールの短編は才人が集まるニュ−ヨーカーの中でも群を抜いて面白かった。「キス キス」は開高健の名訳がある。ペンギンブックで「TASTE」「SWITCH BITCH」など読みあさった。大好きな作家の一人です。ジョニー・ディップは「シザーハンズ」ですっかりファンになった。その後の出演作品はすべて見る。ティム・バートンに至ってはインターネットで公開されたアニメまで検索してみるほどである。
ティムたちの家族はブッシュの家族と比べると、同じ家族でも響きと重みが違う。天と地ほどの差がある。
とにかく、おもろいので設備の良い劇場でお早めにーーーー。
酒でも入ると一晩中、話しはつきません。
[PR]
by daisukepro | 2005-09-19 21:27 | 映画

カブール「アフガン戦争の戦後」

首都カブールの北部の村では300の家族が暮らしていた。村民のほとんどはパシュチューン族。アフガンの市民戦争でタリバンは彼らの住居と村の経済を支えたブドウの木を焼き払った。今、彼らは極めて困難な状況で生活の再建に取り組んでいる。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Who?
名も無き人々にも名はある
著名な人々や英雄はいない
名前を記憶しても、試験問題に出ることはない。
今日を生きて、明日が来る。
衆生の人々————。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今週のクイズな人

c0013092_1159465.jpg
写真の女性はシャイスタさん(14歳.学生)です。カブールの北にある村で暮らしています。日雇い労働者の娘さんです。彼女は大人になったら医者になりたいと思っています。
「勉強は大切よ。私がお医者になったら、病気の人を直してあげられるし、お金も入るわ」と彼女はいいます。シャイスタさんは女4人と男3人兄弟です。みんな学校へ通っています。戦争が終わって、パキスタンの惨めな難民生活から、家族揃って、家に戻ることが出来て彼女は幸せです。しかし、彼らが故郷に帰ると、住居と桑の木はなくなっていました。家族はブドウの木を植えましたが、ぶどうが実るための水が不足しています。「電気はこないし、テレビもないの。だから、映画を見こともできないわ」といいます。

Sunday, 11 September 2005, 17:44 GMT 18:44 UK
アメリカは戦争でアフガニスタンを破壊し、再建で世界中から寄せられた基金を食いつくし、メリットがない村人を捨て去って、今度はイラクで戦争をやっている。
戦争が終わっても、被害は何十年間続く。貧しき人々は生きるために働かなければならない。本当に援助が必要な人々に支援の手はとどかない。
[PR]
by daisukepro | 2005-09-18 11:53 | クイズな人