<   2005年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧

衆院国土交通委員会の参考人質疑

衆院国土交通委員会の参考人質疑

テレビ中継をみた。「国交省なにやてんだ、まったく」「なに言ってんだ!このやろう、バカヤロー!」
おからマンション(欠陥マンション)を建て販売したヒュザーの小嶋社長の発言や立居振舞いを見ているとどこかで似たような人物にお目にかかったような気がした。数年前の出来事だが、ある中小映画制作会社が倒産、従業員の賃金を踏み倒して逃げた事件があった。雲隠れした社長にかわって交渉の席に現れたのが顧問と自称する中年の男だ。ピアノの鍵盤がイラストされたネクタイをつけ、一見してその道の人と分かる身体的特徴を備えていた。彼は、「賃金は払います。赤ペンの土地(未整理の国有地)の話がついたら、この土地を売った金で払いますと言って懐から土地の権利書を取り出した。約束した次の交渉日に製作会社に行くと事務所はもぬけの殻、すべての事務用品は何者かに持ち去られていた。

当初、小嶋社長はテレビカメラの前で「被害者に対してマンションの所有権を渡せば、頭金を返済して106%を払いますとのべ、翌日には103パーセンとに減額し、ローンは重畳的債務を保証する」と説明していた。土地が売れたら返済すると受け取れるが、これがまったくその場しのぎの口からでまかせ、人の眼はごまかせない。この人の頭の中は「欠陥マンションが立っている土地に金を貸す銀行はない。行政がなんとかしろ」だから、数ヶ月経たぬうちに倒産、雲隠れするに決まっている。
委員会に出頭した小嶋社長は「設計事務所に経済設計を依頼してどこが悪いのか。不経済設計をしろというのか」などと開き直ってみせた。このアウトロー的人物には企業倫理のかけらもない。この人に「いいか経済設計、経済設計、分かっているな」とにらみを利かされれば設計事務所はスケルトン(鉄骨)やコンクリートを少しだけ手加減するだろう。次には「もっと経済設計をやれ」という。「これ以上やるとマンションは持たない」と尻込みすると「そうはいかない、すでにお前は同罪だ。俺の後ろには暴力団も、政治家もついている。悪いようにはしない。だまってやれ」
これが小動物を脅かす常套手段、さっさと責任のがれ倒産した木村建設を始め、これらの会社はグルなのである。このようなグル構造でヒュザーは20億円を稼ぎ、それぞれが儲け、政治家や暴力団がカスミをはねる。道路公団、住宅公団、大手建設会社はかならず政治家と癒着している。更に、背後には広域暴力団がにらみを利かせている。政財官と暴力団の癒着構造は日本のスケルトンを食い荒らす黒アリ集団であり、近い将来、おからマンションにとどまらず、おからニッポンになること請け合いだ。かくて、慎ましく生活している庶民の命とひきかえに「悪い奴らはよく眠る」ことになる。
このことをマスコミ関係者は誰でも知っている。知っていて事実報道をしないのは幇助罪に値する。誰だってピストルでおどされ遺書やメモを書かされ、海岸に浮かびたくはない。警察はろくに調べもしないですぐ自殺と発表、記者クラブで聞かされたメディアはそれをそのまま記事にする。
姉歯氏が「恐くてでられない」のも無理からぬこと、追及している国会議員の中にも回し者がいるからだ。なぜ、委員会はあれだけ偽証する連中を証人喚問しないで、参考人質疑に止め、彼ら犯罪者が傍若無人にふるまうことを許したのか。次に証人喚問をしても彼らは答弁を用意周到に準備してくるだろう。甘い汁をすった国会議員らに追及がおよび、さらに組織暴力団の名がでることを恐れたとしか思えない。国会やメディアの追及の矛先によってはまだまだ死者がでる可能性は否定できない。委員会でちらりと名がでたコンサルタント会社の役割はなにか。この事件は特殊なのではなく、建設業界の普遍的な事件だから、、、、、、。いかに、お人好しでも、人災とはつゆ知らず、住む家の下敷きになって死にたくはない。あなたの住むマンションは大丈夫ですか?
[PR]
by daisukepro | 2005-11-30 13:03 | マスコミ

バングラディッシュ「子の教育を心配する母」


今週のクイズな人はバングラディッシュのダムライ地方に住む村人マゼダ・ベグムさんです。
いま、彼女の最大の心配事は子供の教育です。
c0013092_20341220.jpg
BBCはいままで扱われなかった広範囲にわたってバングラディッシュの実態調査を行った。
「彼ら自身と彼らの国についてどう考えているか」を国中の普通の人々、5000人に聞きとり調査を行った。
人々が最も関心のある問題は雇用、生活必需品の物価、輸出、人口増加であった。
「私たちの子供は都会に住む人たちと同じように教育が受けられない」とダムライ地方に住む村人マゼダ・ベグムさんは話した。
しかし、教育問題は僻地だけの問題ではない。ほとんどの人々は自分の子供には満足な教育を受けさせることが出来ないと訴えた。子供に人生の良いスタートをさせたいならば、海外に留学させるべきだと65%の人々が答えた。貧しい人々の約61%が暮らしを変える機会は殆どないと答えた。貧しい人々、比較的上中級の階層でさえも、妻が家の外で働かない方が好ましいと感じている。バングラディッシュの民主主義、最も貧しい人たちは選挙は自由に公平に行われていると感じている。また,大多数の貧しい人々は「国は国民の意志で統治されているし、彼らの人生の目的はもっといい収入を得ることだ」と答えた。

バングラディッシュでは宗教指導者が最も国民に信頼されていることがこの調査で明らかになった。
日本の町工場などでは多くのバングラディッシュ人が働いている。日本のジャーナリストは隣国の人々がいま考えていることに関心をもち、一度でもこのような取材をしたことがあるだろうか。
[PR]
by daisukepro | 2005-11-27 20:30 | クイズな人

文学座公演「毒の香りー浅草オペラ物語」

文学座公演「毒の香りー浅草オペラ物語」

イルミネーションが彩る新宿タカシマヤスクエアー。クリスマス商戦の始まり。サザンシアターは紀伊国屋ビルの7Fにある。c0013092_365182.jpg

文学座公演「毒の香りー浅草オペラ物語」
星川清司、初戯曲『毒の香り』が上演された。音楽は池辺晋一郎、戌井市郎演出、主演江守徹、競演八木昌子と並ぶと文学座そのもの、杉村春子の匂いがする。時代は大正末期、浅草六区金龍館で一世風靡した浅草オペラが舞台、開幕前に田谷力三の美声が流れる。田谷力三と言っても今の人は知らない。時の民衆は西欧文化を熱狂的に吸収していた。震災、戦災がすぐそこに来るのも知らず。藤原義江、徳川夢声、溝口健二、サトー・ハチロー、沢田正二郎、ノスタルジックに死者の名が行進する。
浅草オペラという呼び名で西欧歌劇の神髄を大衆に伝えた先駆者たちの
心意気が偲ばれる。ベテランの好演が引き立つのも戯曲の力、熱狂的な拍手がなくても,観客の心はとらえた。技術水準は一級品。
楽は27日、再演の機会があればぜひ見て欲しい舞台と思う。
[PR]
by daisukepro | 2005-11-25 03:08 | 演劇

さよならタカムラ・クラタロー(高村倉太郎)

さよならタカムラ・クラタロー(高村倉太郎)

11月23日午後1時、告別式は亀戸の東覚寺で行われた。風のないおだやかな小春日和だった。
出版記念会の知らせが届いたのは一ヶ月ほど前、風のたよりで入院したと耳にしていたが、訃報を本郷にある事務所で聞いた。c0013092_014289.jpg日活の友人から川島雄三のDVDを買い求め「幕末太陽伝」を見たばかりだった。勿論、カメラマンはクラさん、新文芸座で48人の監督と撮った男という連続上映会が11月26日から開催されることになっていた。式場の祭壇には刷り上がった自叙伝が置かれてあった。140本の作品歴を見ると日活映画そのものの感がある。極楽に行ったクラさんの追悼映画会、出版記念会は偲ぶ会になるだろう。映画人九条の会には真っ先にかけつけて、よびかけ人になった。クラさんは兵役体験があり、反戦平和がクラさんの優しさの源であった。私は川島作品の中で「州崎パラダイス・赤信号」がお気に入りだったので、何かの会合の席でクラさんにそのように話すとにっこり笑った。子供のような笑顔が印象に残っている。そのときクラさんが「州崎パラダイス」のカメラマンであったことを初めて知った。
心からの哀悼の意を捧げたい。たしか熱海か伊東のホテルで会議があった帰りに、海岸沿いにある洒落たレストランに案内されたことがある。出されたフランスパンの歯触りをほめると、クラさんは「パンは冷凍しておいて焼くとできたてのようになる」と教えてくれた。以後冷蔵庫から食パンを取り出すたびにクラさんを思い出すことになった。死後も変わらないだろう。レストランはクラさんの身内の経営だった。
[PR]
by daisukepro | 2005-11-24 00:15 | サヨナラ

イギリス ロンドン「HIVからの生還」

今週のクイズな人はアンドリュー・スティンプソンさんです。
c0013092_1575726.jpg
日本のマスコミでも大きく報道されていたのでクイズにならなっかたかも。
ロンドン在住のスティンプソンさんは2002年HIVと診断されたが2003年10月に治癒していることが分かったと日曜日の英国新聞2紙が伝えた。HIVに感染した人々に希望を与える報道となった。
TVニュースでは最初の検査が陰性だったのではないかとコメントする学者がいたがそんな事実はなかった。彼は「僕は今最も幸せな人間の一人です」とコメントした。驚いたことに、彼はHIV治療薬を使用していなかった。だとすると自力でHIVを克服、自然治癒した人類最初の人と言うことになる。
[PR]
by daisukepro | 2005-11-20 15:04 | クイズな人

「東京大学大学院理学系研究科附属植物園」

おてごろ観光協会です。

木枯らしが吹き首都圏に紅葉の季節がやってきました。小石川植物園をご案内します。正式の名は「東京大学大学院理学系研究科附属植物園」と言います。長い名ですね。
入園料330円を奮発しましょう。その代わり、隣接した東大総合研究博物館小石川分館は署名するだけで入場無料です。地下鉄茗荷谷駅下車、桜並木のある坂道を春日通りに向かって8分ほど歩くと目的の植物園に突き当たります。入り口は右の端にあります。なぜか入場券は門前の駄菓子屋で売っています。桜やツツジの季節も見事ですが、紅葉の始まる今頃は格別の味があります。園内の売店でホット珈琲(200円)などを販売しています。
植物園なのですべての樹木名と学術名が掲示されているので名前の知らない樹でも名前を確認できます。
園の奥にある日本庭園は綱吉の別邸があったところなのでその雄大な景観は見事なものです。日本庭園の外れに置かれた場違いな建物が先に紹介した博物館です。旧東京医学校本館(国重文)が移築保存され、室内で学術関連用品を陳列しています。
説明もなく、医者でもなければ何に使われた医療器具かもわからない無愛想な陳列です。
だから、余計に不気味です。
c0013092_10255795.jpg手術用具や人体模型など怪奇愛好者にうってつけの器具も置いてあります。
広大な植物園の中にはいろいろな記念碑があります。二つだけご紹介して、後は見てのお楽しみとしましょう。
ここは手塚治虫の「陽だまりの樹」の舞台となった小石川養生所があったところです。記念碑が置いてあります。もう一つは世界で最初に精子が発見された銀杏の木です。
c0013092_10141317.jpg
1896年平瀬作五郎はこの銀杏の木から採取した種子から精子を発見しました。それまで種子植物は花粉管が伸長し
造卵器に達して受精するものと思われてきました。
この発見は世界の学会に大きな反響を呼んだ大発見でした。
日本人の先駆者には偉大な人々がたくさんいました。日本の今があるのは兵隊さんのお陰ですという総理大臣がいますが、政治家では児玉源太郎、後藤新平、学問では平賀源内、青木昆陽、三浦梅園など忘れることは出来ません。今あるのは間違いなくこの人たちの努力のお陰です。
あまり入場者がいないので、弁当持参でデートする場所としては最適です。
(写真上博物館で展示されている骸骨模型、写真下精子発見の銀杏の木)


                  ーーーーーーーーーーーーーーーー赤貧旅行社「おてごろ観光協会」
[PR]
by daisukepro | 2005-11-15 10:17 | 観光

アフリカ・モリタニア 「 肥満の固定観念」

肥満の固定観念

今週のクイズな人は砂漠の国、モリタニアである。
モリタニアでは成人女性は太っている人が美人だ。
写真の女性はモリタニア美人の一人です。
c0013092_19415151.jpg

ここ砂漠の国モリタニアでは、貧困や栄養失調が蔓延しているにも関わらず、多くの
人々は肥満が富と威信の象徴と思っている。ある母は娘や孫を太ることを目的に食事を強いるための施設のある遥か離れた村に送りだす。食物摂取のエキスパートのモンタさんは「私たちにとって、強制摂取をしない少女は醜いし、美しくないし、家族の恥です」と語る。
モンタさんは少女が太れば金持ちを夫にすることが出来ると信じている
だが、若い女性にとっては、太ることはハードワークになる。
もうすぐモリタニアに雨期がやってきて、家畜の乳が出はじめる。そして、食事の強制摂取が始まる。少女は7歳になるや大量のミルクを呑み、クスコス(パスタの一種)を食べることを強制される。しかし、少女にとってこれは大変な苦痛である。少女の胃腸は限界を超えて伸び、激痛と嘔吐がともなう。
大量の食事を食べさせられたソウアドウさんはたくさん吐いて「立てなくなり、身体障害を起こすのではないかと心配です」と話した。彼女が心配した通り、数年後、彼女は病院に入院するはめになった。とBBCの記事は伝えているがーーーーーー。

最近、国際報道で文化、宗教、風俗習慣を解説する記事が目立つようになった。異文化に関心が高まりお互いの事情を知ることは、ステロタイプで他国を認識するよりましだが、文化の違いをことさら広げようとする記事も少なくない。だから、この種類の記事を読むときには鵜呑みにすることだけは慎まなければならない。
[PR]
by daisukepro | 2005-11-13 19:41 | クイズな人

隠された大虐殺」RaiNews24

隠された大虐殺」RaiNews24


2004年11月に行われた米軍のファルージャ攻撃
その際に化学兵器(白リン弾)およびナパーム弾が使用された。
11月9日イタリアのニューステレビ局が放送したドキュメント映像「隠された大虐殺」は攻撃の対象に一般市民も含まれていたことを米兵の証言と記録映像で立証し、その事実を告発している。ファルージャはベトナム戦争の末期さながら。現在、インターネットで世界中に発信。

c0013092_0364867.jpg
白リン弾は衣服を焼かない、人間の肉だけを焼く
非常に凄惨な映像なのでご注意下さい。凄惨の極み、これが戦争だ!
Realplayer、windowsMediaplayerで英語版がダウンロードできます。30分はかかりますがーーー。
[PR]
by daisukepro | 2005-11-11 00:28 | イラク戦争

いま、自衛隊が駐留しているイラクで何が起こっているか

いま、自衛隊が駐留しているイラクで何が起こっているか

———————————同好会員からのメール

11月8日、イタリア国営テレビRAIがアメリカ軍の化学兵器使用を告発するテレビ番組「ファルージャ、隠された虐殺」を放映した。ぜひ見たい。NHK特集で取り上げたら政治介入があるか、それとも自粛か。番組制作現場の皆さん、がんばってください。

c0013092_1057630.jpg
1980年の国連条約で一般市民への使用禁止兵器に指定された「ナパーム弾」を改良した「Mark77」、軍事隠語「Willy Pet」が一般市民に対して使用されている決定的証拠が実証された。「ウイリーピート」は生きた人間の肉だけを溶かす、SF映画で宇宙人が使用するおぞましい兵器そっくり。
このような殺戮や残虐行為が止まり、イラク戦争は終わる。日本のマスメディアが国際報道に積極的に取り組もうとさえ思えば。アメリカの反戦運動に呼応してーーーーー。
自衛隊をサマワから直ちに撤退させることもできる。

それにしても、日本の反戦運動は燻っていますね。マスコミだけの責任ではない。サマワに自衛隊を派遣した日本人として何が出来るか考えよう。

以下ベリタ通信の記事を転載します。


米軍、ファルージャで化学兵器使用 伊国営テレビが放映

 イラク駐留米軍がファルージャなどで毒ガスを使用したとアラブ側自由メディアでしばしば報じられてきたが、イタリアの国営テレビはドキュメンタリー番組で、参加した兵士の証言や炭化した遺体写真入で放映した。英紙インディペンデントやアラビア語各紙が一斉に伝えた。(ベリタ通信=齊藤力二朗) 
 
  それらの内容は次の通り。 
 
 イタリアの国営テレビRAIが8日放映したドキュメンタリー番組は、ファルージャでの戦闘に参加した元米兵の次の証言を伝えた。「彼ら(米軍)はファルージャ攻撃に白リンを使うから注意するようにとの命令を聞いた。これは米軍用語でWilly Pete と呼ばれていた」 
 
 「リンは身体を延焼させるが、事実は人間の肉を骨の部分まで溶かすのだ。女性や子供の焼けただれた遺体を見た。リンは爆破して煙となり、爆心地から150メートル以内にいる人間は誰でも焼ける」 
 
 イラク人の医師は、町が米軍によって毒ガスを浴びたと証言した。「米軍は化学、神経ガスを抵抗戦士たちに浴びせおぞましい光景が展開された」 
 
 ファッルージャの人権研究センターからRAIテレビのサイト www.rainews24.it が入手した写真には、米兵の証言通りの写真がある。 
 
 ファルージャの生物学学者のムハンマド・ターリク氏はインタビューで、「さまざまな色の火炎の帯が町に降り注ぎ、被爆した人たちが燃え出した。不思議な傷の遺体を見た。肉は焼けてなくなっているのに、衣服はそのままなのだ」と語った。 
 
 「ファルージャ、隠された虐殺」と題したこのドキュメンタリー映像は、ナパーム弾の改良版である「Mark77」の名称で知られるこの焼夷弾がファルージャへの攻撃で使われたことを示す決定的な証拠だ。これは1980年に制定された国連条約への違反行為だ。 
 
 イスラム・メモは、ファルージャへの攻撃で一般市民に対して禁止兵器、化学兵器、ナパーム弾、が使われたことを当初から何度も報じてきた。米軍は「まん延している神話」としてこのような報道を一蹴してきた。 
 
[PR]
by daisukepro | 2005-11-10 10:40 | イラク戦争

楽天vsTBS

楽天vsTBS

ヒルズ族と呼ばれる人類がいろいろテレビに登場している。メディアは株式の取得と経営権をめぐる問題に視点をおいて、成金守銭奴たちを追い回している。西武の社訓にあるように所詮は「会社乗っ取りに注意しろ」にすぎないが、この買収劇が放送となると別の問題がでてくる。
麻生元総務大臣は「株主を選べる会社がありますか」と楽天の背中を押したが、放送の許認可権を握っている権力者の言葉としてはいささか乱暴だ。たしかに会社が上場していれば誰が株を購入してもそれは自由だ。コンビニでおにぎりを買うのと同じ原理だが、おにぎりを買い占める人はいない。
ギョロ目ファンドは「会社は株主のもの。貴重なお金を投資する方々のために利益を出すのが私の仕事。株主のために利益を出すのが会社の仕事」という。彼の顧客は10億円以上、立場は理解できるがどうせ言うなら『会社は大株主のもの』と言うべきだ。今を盛りのインターネット個人株主などを証券会社はお金をドブに捨てるようなものという意味で「ドブ」と呼んでいた。いまも小銭を稼ぐ場合があるのでIT投資家が倍増して株の上下で一喜一憂しているが、賭博と同じ心理に追い込まれかならず90%は破綻する憂き目に遭う。最初は3000円、次は3万円、アンカーがやってくる。30万利益を出す。同じ指先一つで3000万稼げるとなったら誘惑に勝てる人は少ない。リホーム詐欺と同じ手口ではないか。競馬や宝くじと同じで当てた人は話題になるが、すった奴が話題になることはない。
さて、買収に乗り出した守銭奴たちが必ず言うことがある。「放送とITの融合をはかればシナジー効果でもっと儲かる」
しかし、ことはそんな単純ではない。ITは通信事業である。総務省はホリエモンとフジTVのときは沈黙していたが、TBSと楽天になるとどうやら発言は微妙になってきた。これらの動きの背後にはNTTなど民営化した通信事業の放送事業への参入という大問題がある。
ここには会社は誰のものかという社会的命題が横たわっている。
USENの日活買収ではIT企業なるものの実態を勉強させてもらったが、同じことをいまやNTTがやっている時代になった。
確かに会社の所有権は大株主のもの、会社は社長のものだといったナムコと日活の名誉顧問もいたが、会社の経営者には執行権がある。そこで指揮命令に従って働いて生活している従業員は働く権利がある。そして、その従業員が生産したものを購入する顧客をつうじて会社は社会に貢献しているともいえる。所有権があり会社を支配できるから会社は株主のものと考えることは自由だが、現実はそうはいかない。放送事業は公共の電波を使って事業を行うので放送法に基づいて企業活動することが前提になっている。社会貢献を求められて当然だ。
楽天がTBSを買収したいのは分かったが、買収して何をしたいのか、してくれるのか、社会はそれを知りたいのだ。しかし、何度聞いても聞こえてくるのは共通して「シナジー、シナジー」というセミの声だけ。これではただ単に買収して儲けたいと言っていると同じだ。守銭奴ホリエモンはCX買収という株式の売買で大もうけして、宇宙旅行という個人の欲望の実現に向かって、望み通りに天国への階段を一段上った。「楽天よ、おまえもか」、「白馬の騎士」とか、「ポイズンピル」とか、あれは一体なんだったのか。悪魔の化身コイズミも「ワカンネーな」と首を傾げてみせた。
[PR]
by daisukepro | 2005-11-09 09:54 | テレビ