<   2006年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

福知山線脱線事故一周年、JR西日本はーー?

福知山線事故一周年、JR西日本はーー?

107名の死者を出した福知山線の事故現場からの帰路、新幹線の車内テロップで山手線の事故を知った。架橋工事の影響でレールが5センチ隆起したため走行中の電車の車体が浮き上がった(毎度のことだがJRは後に7センチ以上あったと修正した)。異常に気づいた運転手が急停車したので大惨事にならずに済んだ。2000人の乗客は1時間半車内に閉じ込められた。その上高田馬場駅まで徒歩で脱出するはめになった。数センチの差が生死を分ける。
JRの安全問題は国鉄が分割民営化されたときから始まった。
人員削減による効率優先が事故の温床であることは過去の事例が証明しているが、本質的解決はうやむやにされてきた。事故と災害は忘れた頃にやってくるが、人災は防ぐことが出来る。
JRは事故が起こると「再びこのような事故を起こさないために安全第一に努める」と社長が深々と頭を下げてみせる。
しかし、組織のあり方の集積が人災事故を起こす最大の原因だ。管理責任者は反省しないばかりか、ひたすら惨事が風化することを望んでいるとしか思えない。そのことは、福知山線脱線事故に対する企業統治者たちの態度を見ればわかる。
4月25日、JR西日本が主催して新しい経営者のもとで事故一周年を記念して犠牲者を追悼する式典が開かれた。式典名は脱線事故を列車事故と表示され、追悼される犠牲者は107名から106名になった。なぜか脱線事故を起こした運転手が排除された。新社長は記者の質問に「日勤教育、過密ダイヤ、ATS不備などが事故の原因とは思えない。利益と安全はバランスの問題だ」と平然と答えていた。日勤教育は名をかえてより厳しくミスをおかした運転手に精神的拷問を加えている。つまり、事故の原因は運転手個人責任であるとする組織的論理が貫いている。JR西日本の統治者はいまも、事故は運転手が起こしたことであり、運転手がしっかりしていれば事故は起こらないという認識だ。JR西日本はすべての責任を運転手の個人責任に転化しようとしている。
事故現場にはにわか作りの祭壇が2カ所あり、黙祷を捧げた。幕が張られた通路には警備員が立ち並び、数人の腕章を付けたJR職員が立っていた。弔問者が訪れるたびに警備員たちは最敬礼する。腰を二重に折り深々と頭を垂れるのだ。すべての警備員は同じ角度で頭を垂れる。誰かが軍隊式に指導したと思われる。異様な光景だ。既に前々日にはJR側から関西地区の記者クラブに報道に関する規制の通達がだされ、殺気立った物々しい雰囲気が漂っている。
列車は事故当時と同じ制限速度で急カーブを曲がる。ひっきりなしに通過する。踏切に立って、しばらく見ていると30分間に数回列車は交錯して通過した。あの大惨事がこの時間に起こっていれば惨事はさらに倍加しただろう。ダイヤは1分半ゆとりを取って改正したと云うが、駅の停車時間を延長しただけで列車は事故当時の制限速度で走行している。運転手が制限速度を守ってさえいれば事故は起こらないという態度がここでも見え隠れする。あわてて設置したATS装置の設定場所が杜撰で制限速度をこえたにも拘らず、作動しなかったことが明るみに出たりした。現在の運転手は「これでは、そのうち元のダイヤにもどるだろう」と云っている。
駅の停車時間は見えるが、走行中のスピードの変化はよほどのことがない限り乗客には分からない。
経営者は交代するだけで余生を裕福に暮らしている。犠牲者の遺族に対する補償はいまだに進展していない。「出来るかぎり、誠意をもって対応したい」とJRは言うが、「経営の出来る範囲で」なのか、「補償を第一に考える」のか分からない。補償総額はいまだに提示されていない。犠牲になるのは満員電車で通勤する庶民と乗務員ばかりだ。これこそ小泉らが望む民営化の正体だ。思い通りになってさぞ満足だろう。オペラ鑑賞の余裕があるのなら追悼式に参列したらどうだろう。民のことは官は知らない民営化。
この新自由主義・市場原理主義者の経営者を総退陣させないとJR惨事はまた起こる。
[PR]
by daisukepro | 2006-04-30 14:08 | マスコミ

ネパール、カトマンズの革命

今週のクイズな人はネパールからです。
ギャネンドラ国王の直接統治権放棄提案を7政党が拒否、再び戒厳令が発令された。ヒマラヤの懐にある美しい古都カトマンズは緊張が高まっている。
10数年前にカトマンズを訪れたのは釈迦祭りの宴が終わったばかりの時だった。街路には巨大な山車がまだ放置されていた。
5月、ある国際会議に出席するため、ダムダム空港からタクシーに乗ってカルカッタの都心に向かう。雨期を迎える前なので風が吹くと砂埃が舞い上がる。埃は窓から熱風にのって車内にふきこんでくる。遠慮がない。道筋のところどころに街路樹が植わっている。名を火焔樹という。燃えるような真っ赤な花が満開だ。
日本の染井吉野はやさしいピンク色をしているが、火焔樹の赤は強烈な血の色をしている。会議は二日で終わった。カトマンズに空路で行き、王宮近くのホテルから、市場のある繁華街にでる。途中に大きな公園があった。その中庭の花樹にはうす紫色の花が咲き誇っていた。広場は人であふれ活況があった。しかし、街角にネパール帽をかぶり、異様な雰囲気で男性の一群が立っていた。80人はいたろうか。全員が焦げ茶色の民族衣装を付け、広場の方をにらむように黙って立っていた。眼光は鋭かった。c0013092_20313679.jpg
帰国後、カトマンズで暴動が起こったことを報道で知った。
王政に反対して民衆が蜂起、王宮まえの大通りを血に染めて、下院議会を成立させた。しかし、いろいろ疑惑のある現国王が2002年に議会を解散、全権を掌握したため再び民衆が立ち上がったのだ。写真は首都カトマンズの抗議デモに参加した女性である。後方の治安部隊に対して座り込み激しく抗議している。このとき、デモは数百人の規模であった。数十人のジャーナリストが治安部隊に検束された。命がけの取材である。今、デモはネパール全土で火焔の如く燃え広がり、数十万に達している。
[PR]
by daisukepro | 2006-04-23 20:30 | クイズな人

アイフル業務停止とサラ金地獄の真犯人

月が東から上る頃、地震があった。耐震偽装事件で登場した顔が走馬灯のように浮かぶ。我が家は大丈夫だろうかーーーー。日常、何かいやな感じ、この不安はどこから来るのか。幻視の中で暮らしている気さえする。中小企業の経営者が従業員の賃金を払うため、銀行に駆け込んでも相手にされない。それどころか銀行は「そんなにお困りでしたらーー利息は高いが、担保はいりません」と高利貸しを紹介する。これをサラ金、消費者金融とはよくぞ言ったものだ。質屋を一六銀行と呼んでいた時代があったが、消費者金融は金利29、2%だ。肉切り骨しゃぶ銀行とでも呼びたくなる。一度苦境に立った者は金融システムのアリ地獄、多重債務の穴に落ち込み自力で抜け出すことは出来ない。駅前広場に立って周囲を見回すと良い、消費者金融の看板が取り囲んでいる。獲物を狙って貧しき者を見下ろしている。負債者が返済に行き詰まると高利貸しは「よろしい、問題を解決してくれる弁護士事務所を紹介しましょう。あなただけにーーー」と肩をたたく。負債者は藁をも掴むおもいで、事務所の扉をたたく。しかし、そこは看板だけ、実はサラ金、多重債務で一括解決をすすめられる。
参議院法務委員会で貸し付け金利の上限を引き下げる動きになった、それでも金利上限は20%だ。非銀行系のアイフルに営業停止命令が下ったが、銀行系列の高利貸しは今も営業を続けている。耐震偽装で木村建設やHUSER、姉歯は上げられても大手ゼネコン系列の偽装はコンクリート詰めのまま。この政治手法が続く限り、庶民の不快な気分は果てしなく続く。
すき焼きを最後に食したのはいつだったかな。忘れた。
[PR]
by daisukepro | 2006-04-21 09:43 | 政治

燃えたのはパリだけでなくーーーー

今週のクイズな人はマルセイユからです。

c0013092_20104526.jpg皆さん知っての通り、4月10日、シラク大統領はCPE法案を撤回した。二月以来三度にわたる労学共同のデモが全国的におこなわれ、回を重ねる毎に参加規模は拡大、フランス全土が抗議の渦に包まれた。燃えたのはパリだけでなく北部、南部の大都市でも火がつきました。チェゲバラの旗を持った写真の女性はマルセイユのデモに参加して激しく抗議しているところです。青年の声が政治を動かす。ジーンときますね。
http://news.bbc.co.uk/2/hi/in_pictures/4876616.stm
[PR]
by daisukepro | 2006-04-16 20:11 | クイズな人

日本映画「蟻の兵隊」鑑賞のすすめ

日本映画「蟻の兵隊」鑑賞のすすめ
松竹本社の試写室で「蟻の兵隊」を見た。
池谷薫監督、101分
c0013092_1703570.gif中国山西省、北支派遣軍第一軍の将兵2600人は、終戦後なお4年間、現地にとどまり、国民党系軍閥と共に中国人民解放軍と闘った。550名が戦死、700人以上が捕虜として抑留された。中国人には彼らの無意味な行動がまったく理解できなかった。生き残ったもと残留兵13人が軍人恩給の支給を求めて東京地裁に提訴、2004年の一審判決では原告側が敗訴している。国は自らの意思で残り、勝手に戦争を続けたとみなし、戦後補償を拒みつづけている。
映画は残留兵のひとり、奥村和一さん(1924年生まれ)の闘いを追っている。
c0013092_1659425.jpg
昭和23年、南庄村の戦闘で重傷を負い人民解放軍の捕虜となる、以後、炭坑での強制労働など中国各地を転々とする抑留生活を6年2ヶ月にわたり送った。故郷の新潟に帰ってみると、彼の軍籍は敗戦の翌年抹殺されたいた。
再び、中国山西省を訪れて奥村さんが見たものは第一軍司令官の卑劣な正体だった。靖国神社の場面は秀逸、奥村さんは小野田少尉に向かって「あんたは侵略戦争を美化するのか」と詰問するのだ。小野田少尉はなんと答えただろうか。みてのお楽しみにしておこう。演出も大衆性があり、しっかりとまとめられいる。2006年7月下旬より渋谷イメージフォーラムにてロードショー決定!
「発見の同好会」推薦、若い人たちが上映活動をボランティアで支えている。
(写真は奥村さん)
[PR]
by daisukepro | 2006-04-11 17:02 | 映画

カナダ・トロント「イラク戦争抗議の兵役拒否」

今週のクイズな人はジェレミー・ハインズマン (26)さんです。
c0013092_20342395.jpg彼はイラク戦争に抗議して兵役を拒否、カナダに亡命しています。こうした兵役拒否者がカナダには何人か住んでいるが、アメリカ政府は身柄の収監を求めている。彼がその第一号です。彼はこれを拒否して闘っていますが、裁判に負けると5年間は刑務所に入ることになります。彼はトロントでクエーカー教徒と反戦活動家のグループに守られて、妻と息子の三人で暮らしている。
[PR]
by daisukepro | 2006-04-09 20:31 | クイズな人

BLT問題番外編「USENの沖縄リゾート開発」

USENの沖縄リゾート開発
琉球新報にUSENに関する記事がありましたので紹介します。ウェスティンホテルはガム島に豪華なのがある。(右写真)c0013092_20524294.jpgたしか、ライブドアーの開発計画にもこのホテルチェーンの名が登場します。人脈がつながっているのだろうか。


USENがリゾート計画 伊武部ビーチに13ヘクタール

大型リゾート開発計画が明らかになった伊武部ビーチ=恩納村名嘉真(下写真)

c0013092_2054543.jpg 有線放送大手のUSEN(東京都、宇野康秀社長)が恩納村名嘉真の伊武部ビーチで大型リゾート開発計画を進めていることが6日までに分かった。開発面積は約13ヘクタールで、バブル崩壊以降では県内最大規模。年内にも着工し、運営は世界的ホテルチェーンのウェスティンホテルグループが参画する方向で進んでいる。
 USENは琉球新報社の取材に対し「計画は進めているが、まだ調整が済んでいないので話せる段階にはない。話せる時期が来たらきちんと説明したい」とコメントした。
 同社が名嘉真区に提出した「ウェスティン沖縄ホテル計画(仮称)」によると、開発区域面積は伊武部ビーチを含む13万1271平方メートル。
 中央のホテル棟が150室前後、海沿いにコテージ180戸程度を建設。エステ棟やチャペルなども建設する。開発区域の土地はUSENグループのユーズホールディングスが買収、土地登記を進めている。同社は区に対し「地主の97%の同意を得た」と説明したという。
 同区評議会は区民がビーチに入れる里道の建設や保安林確保などを条件に昨年9月、計画に同意。
 同社は県と県土保全条例に基づく開発許可申請に向け昨年夏から事前協議を始めており、県も土地対策課や自然保護課、建築指導課などの担当によるワーキングチームで対応している。


(2/7 9:19)
[PR]
by daisukepro | 2006-04-06 10:28 | マスコミ

桜の花の満開の下で

桜の花の満開の下で

庭に桜の古木が2本立っている。高さは10メートルほどある。
我が家は武蔵野丘陵の中腹にある。東北に位置しているので日当たりは悪い。桜だけは毎年咲き、対岸のマンションの窓からもよく見える。建築家の義弟夫妻が久しぶりに訪ねてきた。長男一家がロサンゼルスの物産会社に就職して渡米したばかりだ。こちらの息子夫妻は仕事で休みが取れず欠席、娘二人が参加して昼間から花見酒になった。今年は気候が不純なせいか首都圏の染井吉野は見事に咲いた。
c0013092_23173742.jpg庭の梅が遅れ、椿と山吹と桜が一度に咲くにぎわいになった。食事が終わる頃、南の風が吹いて窓外を花吹雪が舞った。建築家夫人が「桜を部屋に飾るときれいよ」というので、ワイフが枝を切り落として花瓶にいけ、窓辺に飾った。外は急に薄暗くなり始め、花の色が浮き立って妖精のように見えた。不意にチャイムが鳴った。インターホーンから男の声がした。「あのー、Iと云います。下のマンションに住んでいるものですが・・・」
不意の訪問者は押し売りか、苦情申立が多いい。出てみるとストレープの入った背広にトレンチコートを羽織った青年が立っていた。青年はもう一度Iと名乗り、「お願いがあるのですが・・・」と思い詰めた様子で話した。「実は今夜が友人のお通夜です、彼女はマンションの3階に住んでいました。毎年、お宅の桜を見るのをとても楽しみにしていたのです・・・・ですが一昨日・・・・・」「それで、桜霊前にお宅の桜を飾ってやりたいと思いまして・・・分けていただきたいのですが.....」
私たちは二つ返事で切り取ったばかりの桜を青年に差し出した。青年は花を胸に抱え去っていった。深い悲しみだけが残った。亡くなられた女性は32歳という。夜になって雨になった。桜は人の生き血を吸って咲く、花に嵐のたとえもあるが、明日には散り始めるだろう。はかない命、さよならだけが人生だ。合掌。
[PR]
by daisukepro | 2006-04-02 23:09 | 未設定

「懲罰委員会」反訳、ああ無情!笑ってたまるか

2006年03月24日
懲罰委員会 の反訳です。解説無用。黙ってお読み下さい。何が失われつつあるかわかります。


岩國哲人委員長 「次に、綿貫民輔君」
c0013092_23485974.jpg
c0013092_235067.jpg綿貫氏 「国民新党の綿貫です。私は現在、懲罰委員会の一員でありますが、衆議院議長を経験したことも踏まえて、私の考えるところを申し述べた上で、永田君に質問致したいと思います。
 議員の懲罰権は明治憲法には規定がなく、議院法においてのみ定められていましたが、現在では憲法58条2項において規定されております。その理由の一つは、戦後新たに向上した議会の地位に鑑み、議院の自律権に基づき、議院自らその秩序や品位を守るべきだとの理念であります。つまり、天皇の評議機関としての議会ではなく、国権の最高機関として、より高い位置づけがなされたことに伴い、議会の権威、品格は、議会自らが責任をもって守るべきだとの考えであります。
 しかしながら、今回の偽メール問題の一連の流れは、様々な点から見て、こうした理念に反し、議会制民主主義への信頼を失う結果になってしまったことは誠に残念であります。
 まず、永田君の予算委員会での発言は、言論の府において言論を弄び、その結果、言論の府に対する信用を大きく失墜させたものであります。永田君は記者会見の席で、あるいは、本会議場で、また、新聞においても、自民党や武部幹事長らに謝罪を述べました。一昨日も、心情弁明の席で同様の謝罪の意を表しました。しかし、永田君は本来、誰に謝るべきなのか、より広い視野に立てば、最も責任を感ずるべきことは、議会の権威や品位を貶め、議会政治への信用を損ねたことであります。その意味で永田君がそもそも発言した場である予算委員会の委員長、そして、議院を代表する衆議院議長に対して、報告と謝罪をすべきでありました。
 前原代表も総理に何らかの謝罪をしたものをテレビで見ましたが、大きくその権威や品格を汚された議院に対しては正式に報告や謝罪をしたのでしょうか?わたくしは聞いておりません。物事の本質まで考えず、小手先の謝罪で糊塗しようとするのは議会人としての姿勢としては認めることは出来ません。懲罰委員会での結論が出てから、その結論だけを議長に伝えるだけでいいとは思いません。今回の事件の問題点をあらためて深く考えてもらいたいと思います。また、このメールが偽物であるとされ、懲罰委員会に永田君の動議が付託されてから、すでに22日間も過ぎております。六年前の水かけ事件の時には懲罰動議が委員会に付託されてから本会議に結果が報告されるまで八日間でありました。与党は真相解明のために証人喚問をしろと主張しているようですが、新聞報道等によれば、単に、懲罰の審査を引き延ばしているようにもみえます。他方で民主党内の調査も進んでおらず、民主党も懲罰の審査をはたして積極的にやろうとしているのだろうかと疑われても仕方がない状況であります。
 仮に党内の事情や与野党の駆け引きの中で懲罰の審査が進まないとしたら、懲罰の制度のあり方自体が議会の権威や品格を傷つけることになってしまいます。いずれにせよ、なぜかしら遅々として懲罰の審査が進展しない状況は、議会の権威や品格を守るべき懲罰委員会が、かえって議会を傷つけることになってしまうという皮肉な結果を招きつつあります。更には、小泉総理は今回の永田君の懲罰について除名は厳しすぎると発言しましたが、総理が議会における懲罰の内容について、これは駄目、これは、はい、良いと発言することは、立法府と行政府との垣根がわかっていないのではないかと思います。疑いたくなります。憲法で定められた議会の自律権に属する問題に行政府の長が容喙することは明らかに越権行為であります。他人の家に土足で踏み込むような発言であります。と同時にこうした発言を議会側が無批判に受け止め聞き流していることは議会の権威を大きく損なうものであります。
 今回の問題では永田君の委員会での発言があってから日々、新聞やテレビで繰り返し報道され国民の関心も非常に高いものがあります。今述べてきたように永田君一人のみならず、これに関係した人々の対応に疑問を感じるものであります。その中心にある永田君は懲罰委員会の決定を受け入れるとのことであります。世論調査では辞職せよという声も大きくなりつつあります。また、永田君は懲罰委員会の結論を待って自らの進退を決するとの報道もあります。信頼を失った野党が政府を追及し正すことは出来ず、野党が機能しない議会は存在意義を失います。永田君はこのように議会の権威、品格、信頼を著しく貶めた責任の重大さを真剣に受け止め、不思議なことに遅々として進まぬ懲罰の審査を待つことなく、これ以上生き恥を晒すこともなく、潔く直ちに自らの出処進退を決断すべきであります。それが議会を深く思うもののあるべき覚悟ではないかと信ずるのであります。そこで、永田君に伺いたいが、議会の権威や品格を貶めたことについては何で正式には謝罪しないのか?単に、武部幹事長やその子息に対する名誉を毀損したことだけに謝ればいいのか?問題の本旨本質はどこにあり真剣に謝罪すべき相手は誰だと考えるのかお答えください。」

岩國哲人委員長 「綿貫議員より、前衆議院議長としての大変重みのあるご意見を、懲罰委員会のあり方、また、制度についていただきました。真摯に受け止め、これから全員で参考にさせていただきたいと思います。」「永田君」

永田議員 「ぐにょぐにょぐにょぐにょ」

岩國哲人委員長「綿貫民輔君」

綿貫氏 「えー、永田議員は今回の問題はすべて責任は自分にあるとおっしゃっておりますが、自らの出処進退、その責任につきまして、ほかに下駄を預けてから・・というようなことでは却って国民の政治に対する信頼を失い、議会の名誉を汚すものではないかと思うのですが、これについてはいかがお答えでしょうか?

岩國哲人委員長 「永田君」

永田議員 「ぐにょぐにょぐにょぐにょ」

岩國哲人委員長 「綿貫君」

綿貫氏 「えー、永田さんは、ま、騙されたとか、或いは、悪意はなかったとか、先程のご発言を聞いておりますと、だから、ま、謝ればいいんだと、こういう内容な風に聴こえるんですが、幼稚園の生徒や小学校のこどもじゃないんですから、一人前の国会議員として自覚を持って、冷静に神の前で自らをもう一度取り直して行動していただくように心から強く期待して終わります。」

岩國哲人委員長 「どうもありがとうございました。以上をもって綿貫民輔君の質問を終わりました。これにて本日の永田君に対する質疑は終了いたしました。永田君はご退席願います。」

永田議員 「ぐにょ」

岩國哲人委員長 「〜本日はこれにて散会いたします。」

  by 永田寿康議員の懲罰委員会:平成18年3月24日
[PR]
by daisukepro | 2006-04-01 23:41 | 政治