<   2007年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

今週のクイズな人は北朝鮮の小さな将軍です。

今週のクイズな人は北朝鮮の小さな将軍です。

4月15日は金日成の95回目の誕生日、北朝鮮最大の祝日です。軍服を着て両親に手をひかれた小さな将軍は金日成の出生地に向かって行進中です。(写真の少年)
c0013092_18102971.jpg
先軍政治体制の元で北朝鮮の軍隊は尊敬されています。軍隊は革命を支え、日本とアメリカとの独立戦争の勝利者なのです。戦前の日本でも、七五三のお祝いに子どもに軍服を着せる親がいました。
「学閥郷土は親の敵」と福沢諭吉は書いていますが、福沢諭吉の親は息子を僧侶にすれば食いはぐれが無いと考えていたようです。子どもの出世を願う親はどこの国でも同じです。北朝鮮で出世しようと思えば軍人になるのが一番なのでしょうか。
BY BBC
[PR]
by daisukepro | 2007-04-29 18:09 | クイズな人

石原特攻映画で暴言超特急 のど元を過ぎれば熱さを忘れる

石原特攻映画で暴言超特急 のど元を過ぎれば熱さを忘れる

 選挙前は借りてきた猫のようなしおらしい顔を見せていた石原慎太郎、当選した途端、もとの暴言おじさんにリバウンドした。
共産党議員控え室に就任挨拶にきた石原、「借りは返すからな」。
いつ暴力団と杯をかわしたのだろうか。

 先週のサンプロに石原慎太郎が登場、山本晋也のインタビューを受けていた。話題は例の特攻映画だ。「あれは反戦映画ですね」と晋也、それには答えず慎太郎「トメさんに国民栄誉賞をやるべきだと言ったが、にべもなく宮澤喜一に断られた」、「特攻で死んでいった青年は愛する人のために死んだんだ。天皇のためじゃない」、トメさんは石原映画のモデルになった女性である。
これが文学者を自称するひとの言葉ですかね。
 出演していたコメンテーターの一人が思わず「それを言うなら、四人に一人、10万人が地上戦で亡くなられた沖縄の人にあげろ」と叫んだ。
 
石原特攻映画は5月12日に封切られる。井筒監督の「パッチギ2」は19日に封切りだ。若い人はどちらに軍配を上げるだろうか。

 このところ特攻映画試写会がやたらと行われている。
挨拶に立った石原は宮澤喜一元総理を「のたれ死にしている」と罵ったのだ。
「おれは明日の命がない青年に尽くしたトメさんは国民栄誉賞に値すると当時の総理大臣宮澤喜一に言ったが、けんもほろろに拒否した。おれはこんな政治家は野たれ死すると思ったが、見なさい宮澤喜一はいま、野たれ死してる。特攻隊の罰があったのだ」
「死にたくない、死にたくない、なんで俺が選ばれたのかわからない」と死んでいった特攻兵の罰が当たるのは石原慎太郎と思うのだが
 余命幾ばくもない宮澤喜一さんの言葉を忘れない。
「戦争は勝っても負けてもやらない方がいいですよ」。まるでスターウオーズのヨーダのようだ。
[PR]
by daisukepro | 2007-04-28 20:58 | 映画

5人目の宇宙旅行者はワード、エクセルだった

今週のクイズな人は億万長者のアメリカ人です。
宇宙服に身を固めて中央に座っているのがハンガリー生まれのアメリカ人チャールズサイモニー(58)さんです。
c0013092_0574064.jpg
彼はスペースアドベンチャーの5人目の宇宙旅行者です。彼はロシアの宇宙船に乗って、国際宇宙ステーションにドック入りし10間を過ごし20日に帰還する予定になっている。今頃は地球に帰還している事でしょう。
宇宙旅行と云えばあのホリエモンが同じ夢を見ていましたね。彼は宇宙どころか塀の中に落ちかかっています。サイモニーと聞いても首を傾げる人は多いい。だが、ワード、エクセルと聞けば知らない人はいない。サイモニー氏はこの著名なソフトの開発で億万長者になりました。彼は宇宙旅行の経費25万ドルを払いました
ワードエクセル開発で稼いだ金をサイモニー氏が何に使おうとクレームはつきません。しかし、大衆の夢を食って儲けた金で宇宙旅行はシャレにならないでしょう。
ホリエモンは独房の中で宇宙の夢を見ることになるのでしょうか。
サイモニー氏は宇宙で何を見てきたのでしょうか。(無事帰還したというニュースが映像で流れています)
[PR]
by daisukepro | 2007-04-22 00:58 | クイズな人

恐怖のゾンビ軍団、オーストラリアに上陸

週遅れのクイズな人はオーストラリアのブリズベーンからです。
ホラー映画ファンがゾンビの格好をして行進をしているところです。c0013092_022424.jpg

4月1日、死人のように顔を白塗りし、トマトジュースの血でメークしたゾンビ軍団は市の中心から植物園まで行進しました。エイプリルフールではありません。このイベントはアメリカから始まり、今年で2年目になります。ゾンビウオークには約100人が参加しました。
あなた、ゾンビ軍団が日本に上陸したらゾンビウオークしますか。
[PR]
by daisukepro | 2007-04-15 00:22 | クイズな人

続「サクラの花の満開の下で」

続「サクラの花の満開の下で」

サクラの花の咲く頃、一人の青年が訪ねてきた話を書いた。
一年前、向のマンションに住む女性の通夜が行われていた。毎年窓からサクラの花を眺めるのを楽しみにしていたが、願いもむなしく亡くなられた。
その純朴そうな青年は霊前に花を手向けたいので、一枝を分けてくれないかという。一年経って、サクラの花の咲く季節になった。c0013092_12535391.jpg
また、あの青年が訪ねてきて、サクラの枝を所望した。
まだ、遅咲きの花びらが風に舞っているが、今年のサクラの見頃は終わった。
新しく竹箒を買い、花びらを道野辺に掃き寄せた。
c0013092_12532182.jpg華やかな興行が終わり、客が引けたテントの後片付けをしている楽日のような気持ちがする。
[PR]
by daisukepro | 2007-04-13 12:58 | 文化

続自爆テロと石原特攻映画「俺は、君のためにこそ死ににいく」

続自爆テロと石原特攻映画「俺は、君のためにこそ死ににいく」

「俺は、君のためにこそ死ににいく」は知覧基地の近くで富屋食堂を経営していた鳥濱トメさんと特攻隊員との交流を描いた映画である。構成はいたって単純、トメさんの語りと回想でエピソードを綴ったものだ。
自爆攻撃を行うために招集され、出撃命令が出れば基地を飛び立ち、死んでいった若者たち、死を約束された日常生活や家族に対する思いを託した遺書を観客は涙なくして見られないだろう。若者たちの行為を美しいとするか、悲劇とするかによって同じ行為も違って見える。
肝心なことは映画がどのよう手法で事実を伝えるか、映画の製作目的はなにかと云うことである。
国のために死ぬことは美しいことだと愛国心を賛美するだけでは、観客は制作者の意図を容易く見破る。プロパガンダと云えども事態はそう単純ではないのである。
アメリカ映画の例をひとつだけ上げる。
「地上より永遠に」という作品がある。主演はモンゴメリークリフト、有能な事務官にバートランカスター、虐め役の鬼軍曹にアーネストボーグナイン、監督はフレッドジンネマンなどスタッフ、キャストは超一流である。アカデミー賞8部門を受賞した。500円DVDで発売されているから、映像は悪くても話は分かるので一見することを推奨したい。以下の説明は鑑賞の妨げになるかも知れないがご容赦下さい。
「地上より永遠に」が製作されたのは半世紀以上前の1953年である。この作品の製作に最も重要な役割を果たしたのは監督でもなく、著名な役者でもない、プロデューサ−のF・ザナックだった。ザナックと云えば皆さんおぼえているだろうか、黒澤明監督が狂気を装って監督をおりた「トラ、トラ、トラ」のプロデューサーだ。敵味方のある戦争映画をバランスのとれた感覚で製作するという評価も高い人だ。
「地上より永遠に」は「1941年、日米開戦の数ヶ月前、ラッパ卒がホノルルの部隊に左遷されてくるところから始まる。兵士は鬼軍曹の徹底的ないじめに遭うのだ。彼は虐待に耐えきれず軍曹を殺害し、重傷を負った腹部をかかえて、脱走する。彼は婚約者の家に逃げ込んだ。そこで、ラジオの臨時ニュースが日本軍の真珠湾急襲を告げる。それを聞いて兵士は婚約者の静止を振り切り、軍隊にとって返すのである。しかし、悲劇的なことに兵舎に戻る寸前のところで、彼は武装した衛兵に発見される」というストーリー展開である。あれほど、虐待され、憎んだ軍隊に日本軍が真珠湾を攻撃したと聞けば、兵士は闘うために軍隊にもどるのだ。映画は主役の兵士の心情を追体験するようにプロットされる。そして、映画は「さあ、君ならどうする」と問いかけるのだ。事実、この映画を見て当時のアメリカでは志願兵が増加したと云われている。「地上より永遠に」はアメリカ軍の組織的荒廃と組織暴力を描いているので、この映画を反戦映画と云う人がいる。しかし、この映画はそれでも軍隊が必要であり、愛国心が至上のものであるところに軸足を置いている。その意味で煽動的に描かれているといえる。「軍隊は悪である、それでもなお君は祖国のために立ち上がれ」がこの映画の主張であり、制作目的なのである。
映画「俺は、君のためにこそ死ににいく」はどう描いただろうか、鑑賞前にストーリーを説明することはできないが、冷静に良く見て欲しいと思う。
ただ、ストーリーの前提条件となる神風特攻隊を組織したのはだれか、なぜ、指揮官として関中尉が選ばれたか、脚本はどう描いているか。次回、この映画の軸足を分析してみたい。
他界した城山三郎さんは果たしてこの映画を見るだろうか。
[PR]
by daisukepro | 2007-04-04 11:29 | 映画

韓国、 従軍慰安婦問題で「歴史を直視せよ」とアベ批判

31日、日韓外相会談の冒頭に韓国のソン外交通商大臣は「慰安婦問題で誤った言動がある。日本は歴史を直視せよ」と語り、安倍総理の発言を批判した。この問題は世界中の話題だ。
アベシンは強制連行に軍が関与した証拠は無いと繰り返し発言しているだけでなく、教科書検定で沖縄の集団自決も軍の関与した証拠が無いと軍の強制という記述を削除させ、事実を隠蔽した。民間人に手榴弾を渡したのは誰だったのか。アベシンには栄光の日本軍に戦争犯罪があってはならないのだ。BBCニュースは従軍慰安婦問題で韓国、中国、台湾、シンガポールの人々を取材している。その中から今週のクイズな人は韓国女性を取り上げました。
写真の女性はギーナ・リーさんです。c0013092_20122988.jpg彼女は元従軍慰安婦の証言の通訳をつとめました。元慰安婦は継父によってどのように売られ、また、彼女がどれくらい残酷に日本兵に殴られ、レイプされたか、また、彼女が戦後、家族を含む韓国社会によって差別されたかを語った。リーさんはこの経験を忘れることはできないと云います。
「苦しい植民地化の記憶は、韓国の人々の心の中にいまも残っています。私の祖父母もそうですが、植民地時代を生き抜いてきた人々は生存しています。わずか、2、3世代前に起こったことを否定するなんて安倍は偽善者です。靖国参拝を続ける小泉よりはましだと思っていましたが、今、安倍は小泉より悪いと私は固く信じています」とBBCの記者に語りました。  
[PR]
by daisukepro | 2007-04-01 20:13 | クイズな人