<   2007年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

「マッスルミュージカル」・やぶにらみの暴君ヒグチ

渋谷の国立競技場横の国有地に「マッスルシアター」という劇場が開設された。
c0013092_23324384.jpg
今年の5月から「マッスルミュージカル」を公演中だ。ミュージカルとは言っても、歌も台詞も物語もない。アクロバット体操などで鍛えたアスリートたちが肉体と技を駆使して踊る。草案者は「コンセプトは筋肉が音楽を奏でる」と説明している。スポーツとショーを融合させた新しいパフォーマンスとして、大変な人気である。出演者の属人的な能力とチームワークが躍動感を生み、舞台を支え、ファンの感動を呼んでいるといっていい。
ところが、新聞やテレビの報道によると、樋口潮社長(デジタル9)は出演者たちに出演料一律20%カットを通告した。さらに、ラスベガスのホテル「サハラ」の公演「MATURI」に参加できない出演者に50%の削減を通告、いやなら辞めてもらってもかまわないと宣言した。
どう見ても社長命令に従わない出演者に対する見せしめ、懲罰的出演料の削減である。
これに反発した出演者(約70名)中15人が労働組合を作って団体交渉で解決したいと申し入れると、組合を一人一人呼び出して樋口社長やプロデューサ−ら多数がと取り囲み、組合脱退を強要したしたため、やむなく組合を脱退するものが相次いだ。脱退者は20%削減した契約書に署名させられた。それでも、組合を辞めず、契約しなかった3名に対して、樋口社長は舞台出演を拒否、鉄柵を作り、ガードマンを配置して劇場内への立ち入りを禁じた。

東京都労働委員会の斡旋により、デジタル9は団体交渉にしぶしぶ応じてきた。最初の団体交渉には代理人の弁護士2名と管理者が出席したが、樋口社長は姿を見せなかった。組合はともかく組合員の一方的出演排除をやめて交渉を始めるように申し入れたが、二回目の団交は会社側代理人弁護士の交代を理由にその後の日程すら決らず、現在も出演排除を続けている。
組合は都労働委員会の不当労働行為救済の申立と東京地裁に正規賃金の支払いを求める仮処分
を申請した。樋口社長は出演排除を命令したままラスベガスに滞在して6月初旬には帰国する予定だという。
では、樋口潮という人物はどんな経歴と考えの持ち主だろうか、同好会調査部に動いてもらった。
次回、その一部を報告しよう。
[PR]
by daisukepro | 2007-05-30 11:23 | テレビ

日本映画「もがりの森」カンヌでグランプリを獲得

ラッキーなことにNHKハイビジョンで河瀬直美監督の「もがりの森」を偶然みた。

c0013092_22435379.jpgカメラは深いみどりの森の世界をしっかりととらえ、空気を感じることができる。
男と女が生と死の淵をさまよう。緊張感は最後まで切れることは無かった。
人は必ず死んで朽ち果てるが、それだけではないものを人は死に感じることができる。
仏教的な死生観がカンヌ審査員の心をとらえた瞬間、栄光は河瀬監督の胸に抱かれた。
6月23日から渋谷のシネマ・アンジェリカで上映される。
[PR]
by daisukepro | 2007-05-29 22:44 | 映画

「ユーロ−ビジョン」でバラッドが優勝!

今週のクイズな人はヘルシンキからです
写真の人はセルビヤのバラッド歌手マリア セルフォビッチさんです。女性です。
c0013092_2395586.jpg

「ユーロ−ビジョン」は世界最大の音楽ジャンボリーとして知られています。今年はヘルシンキで開かれました。毎年、派手なパーホーマンスのグループが優勝しますが、今年は地味なバラッド「モルティバ」を歌った彼女が見事、栄冠を獲得しました。「ひざまずいて祈っても、神には嘘はつけない。あなたへの愛は私の人生だから」と彼女は泣きながら歌いました。「モルティバ」は疎遠になった恋人を慕う気持ちを歌い上げた、宗教的な感じのバラッドです。聴いてみたいですね。
[PR]
by daisukepro | 2007-05-27 02:41 | クイズな人

「辺野古の海に日本の軍艦がやってきた」 、敵は誰か!

「辺野古の海に日本の軍艦がやってきた」

「きっこの日記」が5000万アクセスを突破したと伝えた。
それに比べて、わが「発見の同好会」は蚊の鳴くような存在だが、先週、5万アクセスを通過しました。2年半の長い間、ご愛読いただき大変感謝しています。楽しくお読みいただけるよう努力し続けたいと思います。「発見の同好会」は無頼派詩人サトウハチローの「小さな秋みつけた」を行動綱領としています。今後とも「ご指導、ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます」、「」内の文字は「今後とも」と入力したら、PCが勝手に文字を入力したものです。便利なのはいいが、どうですかね。キーワードを入力するとたちまち論文ができあがるというソフトもあるそうです。論文などは最初の10行で判断出来るせいか、教授がレポ−トをろくに読まないからかもしれませんね。

ところで、沖縄の辺野古が大変な事態になっている。きっこの日記でも詳しく現地報告を紹介している。しかし、今回の事態は従来の基地反対闘争とはまったく違う局面だ。
それは、安倍靖国派内閣が自国民を弾圧するために自衛隊(海上自衛隊)の軍艦を出動させたと云うことです。
30年前、安倍首相の祖父岸信介が首相であった頃、70年安保反対闘争のデモ隊を阻止するために岸首相は自衛隊出動を閣議にはかった。しかし、当時の赤城宗則防衛庁長官は「デモ隊は放っておけばかならず家に帰る。阻止するとかえって混乱を招く」と反対したため閣議決定に至らず、自衛隊出動は見送られた。後に岸信介氏は混乱の責任を取って退陣するが、後のNHKの単独インタビューでこの事実を否定した。
だから、孫の安倍首相は自衛隊を国民にむけて出動させた戦後最初の総理大臣ということになる。このような重大問題を国会の討議なしで、平然と自衛隊を出動させる靖国派内閣は危険きわまりない。軍艦の銃砲はまぎれもなく国民に向けられた。恐ろしいことだ。なぜ、大手マスコミはこの事態をトップ記事に扱わないのか。ジャーナリスト感覚に怒りを覚える。
[PR]
by daisukepro | 2007-05-25 09:22 | 政治

続報「石原特攻映画」

続報「石原特攻映画」ー美しく死ぬより醜く生きる

興行の現場で働いている人に聞くと、ケコミと云って初回の入場者数でその日の入場者はおおよそ予測出来るという。さて、映画を劇場で封切ると映画の新聞広告は大ヒット上映中と書く、しかしてその実体は分からない。
興行関係者は初日がはねるとおおよそ興収全体の見込みをつける。石原特攻映画は初日が大入りだったため、「観客動員200万人はいける。興収25億は固い」とマスコミに御用記事が流れ始めた。渋谷で見た限りだが客層は高齢男子が圧倒的に多く、青年層は見当たらない。時間帯にもよるし、全体の調査を見ればハッキリすると思うが、全国の劇場は渋谷の傾向と大同小異だろう。
しかし、前売り券などによる組織動員映画の傾向は初日の動員が終わると急速に客足が途絶えるものだ。新城監督は知って知らずか、打ち上げパーティーで「都知事選で石原さんは280万票以上とった。この作品は、全国で280万人の動員を目標にしたい」と高らかに宣言したという。誠にこの映画の監督にふさわしい人だ。
しかし、監督の願望とは裏腹に観客の足は急激に止まった。
制作費の一部を負担した東映の 劇場関係者は「まあ、この調子だと12億円がいいとこだろう。がんばったとして、14、5億円いけば上出来———」
と笑った。業界の常識では興収の半分は劇場の収入になり、残りの半分が製作配給収入になるという。負担した制作費を回収するためには興収の半分が無ければ赤字になる計算だ。
石原特攻映画の総制作費は12億だという。収支トントンにするためには興収24億が必要だ。
けれども、世界に送る超感動大作だから心配ない。日本会議や日本青年会議所、創価学会などがDVD、ビデオなどの販売で組織的にバックアップして赤字補填をしてくれるだろう。
更に、靖国派の安倍内閣がこの映画を見捨てることは無いだろう。だが、制作者たちがこの映画を見せたいと思っている青年たち、石原慎太郎が特攻隊員と比較して醜いと蔑んでいる現代の若者たちをこのタイトルのこの映画「俺は 君のためにこそ死ににいく」で劇場に呼び込むことは至難の技だ。首に縄を付けるようにして、価値観を押し付けるのは反発を生み、逆効果をまねく。何のためにこの映画は製作されたのだろうか。現代の聡明な若者たちは「美しく死ぬ」より、「醜く生きる」価値観を選ぶだろう。
[PR]
by daisukepro | 2007-05-24 22:24 | 映画

石原特攻映画「俺は 君のためにこそ死ににいく」批判

石原特攻映画「俺は 君のためにこそ死ににいく」批判

雑事に追われる中、この不快な映画をみて、腰と頭が痛くなった。渋谷東映は量販店ビッグカメラが入った雑居ビルの7階にある。
c0013092_7582624.jpg
映画は冒頭、石原慎太郎の字幕コメントを見せられる。コメントは国のために特攻という名の自爆攻撃を強制された若者を讃えて、「美しい日本人の姿を残しておきたい」と文字が厳かに写しだされる。映画は期待通りのでき映えだった。石原脚本の泥縄式シナリオから受ける印象とまったく変わらなかった。石橋連司や伊武雅人らが好演しているが演技は空回りしている。演出家が描く青年像は臆面も無く一本調子なので疲れる。人間は複雑なものだ。まして、明日国のために自爆せよと命令されて、極限状況に置かれた青年の心に何があったか、真実が知りたいと誰しも思うだろう。死にたくない。死にたくないと心の奥で叫びつつも自分の非合理な行為を正当化したい気持ちもあったろう。なんで俺が選ばれなければならないのか。なんで、志願してしまったのかと自問したであろう。ここのところをどう描くかが演出家の思想が問われるところだ。映画に登場する特攻隊員たちが心の深淵を見せるシチュエイションがいくつも出てくるが、直視した描写はひとつもなかったし、シナリオに工夫の痕跡も無かった。シナリオと演出はどちらも「国のために殉死することが美しい行為」という単純化した視点から描こうとしているに過ぎない。だから、群像を描きながら人間を描けず単調なのだ。
しかし、シナリオの製作目的は別のところにあったのだから仕方が無い。
映画の前提となる特攻戦術を誰が立案したか。冒頭で大西中将は次のように演説する。「この戦争は白人たちの手から、俺たちと同じ顔色をしたアジア民族を解放する大義のためのものだ。それは絶対に正しい信念だった。たとえ戦に破れはしても国家の名誉のために、歴史に確かに記録して残すために、若者たちに死んでもらうのだ、それしかない」と主張する。後半になって、大西中将の自決シーンを長々と見せたりする念の入れようだ。自ら最前線に立って最後まで指揮をとり、自決する指揮官が登場する映画「硫黄島からの手紙」の自決シーンとは180度の違いだ。
ここに日本青年会議所が作ったDVD「誇り」のプログラムがある。文科省採用の近現代史教育プログラムの学習教材である。そこでも対米戦争を「日本では東アジアの白人からの開放を大義目的に大東亜戦争と呼んでいた」という主張が繰りかえされている。
有田氏の宣伝文句通りにこの映画を見て反戦映画だという人はごくまれだろう。靖国神社の遊就館で見せている靖国派の連中が作ったプロパガンダビデオとどこが違うのだろうか。見ての評価をすれば、この映画は脚本の意図通りに、あの太平洋戦争がアジア開放のための正義の戦争であったとする靖国派キャンペーンの一翼を担った映画として製作されたことがより明白になったことだ。アメリカ人のザナック(真珠湾攻撃を題材に戦記高揚映画『ここより永遠に』の製作プロデューサ−)だったらもとましなバランス感覚でこの忌まわしい戦時中の出来事をドラマチックに映像化したと思うのだが。この映画は志願して国のために散った青年として臆面もなく、ストレートに描いている。
アメリカ人が見たらどう思うか、沖縄地上戦で集団自決させられた人々、大都市空爆や原爆で無惨に焼き殺された民間人の遺族はどう思うか、少しは気にしても良さそうなものだ。気の毒なのは岸恵子さんだ。「戦争は勝っても負けてもするもんじゃない」と云う気持ちで出演したというが、狂言まわしとしてあつかわれ、「愛しか者んためにな誰もが夢を懸け、命も懸けれれるもんでございもそ」と独白ともナレーションともつかない台詞を云わされている。若者たちは国のために特攻を強制され散っていったのだ。木下恵介監督はどう思うだろうか。女優岸恵子は反戦メッセージの強い木下作品に多数出演している。
城山三郎氏は著書「司令官たちの特攻」(幸福は花びらのごとく)のなかで、関大尉が最初の特攻を命じられた時の様子を次のように伝えている。森史朗「敷島隊の五人」では、深夜起こされ、出頭命令があり、猪口参謀と玉井副長から、命令に近い打診をされた。とっさに「はい」とは答えられない。そのあげく、ようやく、「一晩考えさせてください」と答えてひとまず粗末な寝室へと戻ったと云うのが真相のようであると書かれているが、幕僚たちの書いた本によると、まるで違う。
関大尉は唇を結んでなんの返事もしない。身動きもしない。1秒、2秒、、、、、、と彼の手がわずかに動いて、髪をかきあげたかと思うと、しずかに頭を持ち上げて言った。「ぜひ、私にやらせてください」少しのよどみも無い明瞭な口調であった。(猪口力平著「神風特別攻撃隊」)
石原脚本は幕僚たちが描いたこの本「神風特別攻撃隊」を採用しているのだ。さらに、城山さんは関大尉が決意した直後の光景として大西司令長官の副官が書いた「回想の大西瀧治郎」を紹介している。副官が食堂に入っていくと関大尉は「ちょっと失礼します」といって、我々の方に背を向けて、もうひとつの机に向かって、うす暗いカンテラの下で何かを書き始めた。みんな黙っていた。そうした場所で遺書を書くしか無かったのだと副官は書いている。城山さんはなぜ関大尉がえらばれたのか、合点のいかぬ話をいくつか指摘している。(詳しくは著書をお読み下さい)しかし、翌日は悪天候のため、出撃は翌日に持ち越された。そのため、取材にかけつけた同盟通信特派員の小野田政は関大尉に会え、本音とも云うべき最後の言葉を聞きとている。それは、「日本もおしまいだよ。僕のような優秀なパイロットを殺すなんて。僕なら体当たりせずとも敵母艦の甲板に50番(500キロ爆弾)を命中させる自信がある。」その後、冗談めかしてだが「僕は天皇陛下とか、日本帝国のためとかで行くんじゃない。最愛のKA(家内)のために行くんだ、命令とあれば止むを得ない。僕は彼女を守るために死ぬんだ。最愛の者のために死ぬ。どうだすばらしいだろう!」といい、「僕は短い生涯だったが、とにかく幸せだった。しかし列機の若い搭乗員は、、、」と花びらのような幸福さえ味わうこと無く、死んでいく部下たちのことを思いやる。そんな関と別れた後も特派員の耳に残ったのは「どうして、僕が選ばれたのか、よくわからない」という悲痛なぼやきであったと書いている。実に関大尉の心をが見える生々しい記述だと思う。脚本は関大尉の話をまるっきり違う印象を与えるために、椰子の木陰が揺れるフリッピン海岸で関大尉の情緒的な独白として描かれていた。「清子、許してくれ。俺は、お前を守るために死ににいくんだよ」、ご都合主義も勝手にしろと云いたい。このエピソードは最初の脚本にはあった。仕上げ尺数がオーバーしたためか、上映された映画はシナリオのこの部分を削除している。(見落としていたらご容赦下さい)
「この美しい沖縄の海、愛する家族を守るためにどうだ」、ある日沖縄の小学生にやってきた将校は子どもたちにこう語りかけて肩をたたき自爆攻撃志願を募った。私はこの事実を決してわすれない。国という言葉は統治される国と郷土という意味でも使われる。統治者はあえて国と郷土をすり替えて悪魔のささやきをするものだ。アベシンのことば「美しい国」、石原のことば「君のためにこそ死ぬ」は命令だから仕方なく死んでいった若者たちとこれからを生きる若者たちを貶める許しがたい言葉だ。軍歌「同期のサクラ」は「貴様とおれは同期のサクラ、同じ兵学校の庭に咲く、咲いた花なら散るのは覚悟、見事散りましょう 国のため」と歌っている。

「蛇足」
ラストシーンを靖国神社と勘違いした哲学者のことを鬼の首を取ったように有田氏は言うが「靖国で会おう」と何度も台詞で伏線を張れば、哲学者でなくてもこのイメージシーンの場所を靖国神社と錯覚する人がいても不思議は無い。石原慎太郎を筆頭とする制作者たちが意図するものは究極のところ靖国神社だからである。この映画を「とても感動的な作品、落涙しばしば」などコメントする奴にほろ酔いで人を罵倒する資格は無い。
城山三郎氏は佐高信との対談で「私にはとても、戦争を映画でまで観ようという気はない。海軍にいい思い出があればいいけど」と語っている。城山氏は帝国海軍下士官だった。
[PR]
by daisukepro | 2007-05-23 07:59 | 映画

ホラー映画でも、コミックでも消せないものー北京から

今週のクイズな人は北京からです。
サミットに出席するため中国の温家宝首相が日本を公式訪問しました。日中関係について誠意あふれる温家宝首相の国会演説は感銘深いものがありました。いまや中国のGDPの成長は日本を抜いて世界第二位になったそうです。BBCニュースは日中の4人の学生に両国の歴史認識についてインタビューを行っています。写真の女子学生はそのうちの一人です。チェンヤンジンさん(15)です。c0013092_1959647.jpg彼女は日本のホラー映画とコミックの大ファンです。日本のテクノロジーも好きだといいます。
彼女は日本の歴史を学んで3年になります。「日本の政府は歴史を歪めていると思います。事実を否定し続けていますが、彼らは偽善的で許すことができません。日本のコミックがどんなにすばらしくても、強力な日本のテクノロジーでも歴史的事実は消すことができないわ」
彼女はこれから夢を探して旅をするなら日本に行くより、ヨーロッパ行きたいと微笑んだ。
[PR]
by daisukepro | 2007-05-13 19:59 | クイズな人

石原特攻映画「俺は 君のためにこそ死ににいく」明日公開

石原特攻映画「俺は 君のためにこそ死ににいく」明日公開

有田芳生氏は映画評論家の山田和夫氏を非難、哲学者の山科三郎氏の批評がラストシーンの背景を靖国神社と錯覚したことで、論難している。
有田氏は同映画の新聞広告に「涙あふれ、戦争は絶対にいけないと思った。
この映画を戦争賛美と決めつけるものがいる。判断は見てからだ。」とコメントを出し、宣伝に一役買っている。
山田氏らの映画批評が決めつけと断定して、山田氏が映画を見ずに批評を書いたものと邪推して東映の宣伝部に問合せを入れたと云われている。有田氏のコメントはこの行為を年頭に入れて読むと面白い。
映画はシナリオからどういう映画ができるか、主題を読み取ることはできる。もっとも、制作者や出演者たちの意図とはまるで違った印象を映画から受け取る人もいるので判断は見てからというのもうなずける。
トメ役を演じた岸恵子が黒柳徹子との対談で「あたしはこの映画に出るのにずいぶん悩んだの。何しろ、石原慎太郎さんでしょう」と語っていたが、石原慎太郎の政治的立場と日頃の言動を知る限り、彼が反戦をテーマにシナリオを書く訳がないと考えるのが普通の人。
発見の同好会は初期のシナリオをじっくり読ませてもらったが、この情緒的な映画が反戦を基調に製作しようとしているとは思えなかった。
ともあれ、明日は封切り、判断は有田氏の言葉に従い見てから判断するとしよう。
日本映画監督の言葉を借りれば、「一スジ、二ヌケ、三ドウサ」である。
現代風に翻訳すれば「一にシナリオ、二にカメラ、三にアクター」、映画監督として成功したいならシナリオが最優先と心得よということである。
あのシンヤ見たかの山本晋也が石原慎太郎との太鼓持ち対談で「反戦映画ですね」と言ったが、当の石原氏の反応は無かった。もっとも、編集でカットされたのかもしれないが。
折しも、海外で戦争する国への道、改憲への溝を掘るペテン法「国民投票法案」が参議院委員会で採決された。
[PR]
by daisukepro | 2007-05-11 22:36 | 映画

東京殺人百科、

今週のクイズな人は東京のホステスクラブからです。
イギリス人のルシーさんが殺害され死体で発見された。この猟奇的事件の容疑者は証拠不十分で無罪になったが、ほかの外国人ホステスの殺人では有罪になった。外国人のホステスクラブの実体が外国人記者間で関心が高まっている。東京にはホステスバーは何千軒もあるが、外国人のホステスを雇って経営するバーが増えている。ルーシーさんもそこで働いていたホステスの一人だった。だいたい、時給は2500円が相場らしい。
c0013092_16362031.jpg
写真の女性はクラブラウンジ「モニナ」の経営者である。35歳の若さでママさんになった。
彼女はBBCの記者に次のように答えた。「私が雇った外国人の多くはアジア人ですが、カメルーン、セネガル、ヨーロッパ、アメリカ人もいます。お店で彼女たちに誰がいい客で、誰が悪い客かを判断する基準は教えますが、店の外ですることを教えることはできません。それは彼女たち自身の責任です。クラブがはねた後で、客とどのくらい付合うかは彼ら次第です。」
イギリス人女性を殺害して逃走した容疑者はいまだに逮捕されていない。被害者は英会話講師で安い時給講師料の補填をするために個人レッスンをしていた。容疑者は自宅のベランダに遺体を遺棄した。コリン ウイルソンの「殺人百科」に登場する戦慄の事例に劣らない東洋の猟奇的事件が頻発している。嫌な世の中になったものだ。
BY BBC
[PR]
by daisukepro | 2007-05-06 16:38 | クイズな人