<   2007年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

もうひとつの青空「遊就館」

もうひとつの青空「遊就館」

ご無沙汰しとります。お手ごろ旅行社です。
交通費と一杯の珈琲で旅が楽しめる、お手ごろ旅行社のガイドです。
靖国神社の境内には遊就館という建物があります。日本の近代史を軍人の視点から構成したユニークな展示があり、世界中で有名になりました。もちろん有料です。近頃では外国人観光客が増えているという話があります。日本がこんな恐ろしい歴史のある国であったのかと思い知らされます。この展示をみたからには今までの誤った歴史観を改めなさいとさとされます。出来の悪いホラー映画を見た後のような気分に落ち込み、めまいがしてくるので血圧の高い方にはお勧め出来ません。
当社が推薦する「遊就館」は豊島区にあります。こちらは青空記念館なので無料です。靖国遊就館では見られない死者の行進を見ることができます。戦争の死者だが靖国に祀られることもなく、墓石ひとつありません。近くには当旅行社指定珈琲館「ドトール」があります。有楽町線東池袋駅のサンシャイン口から地上に出ると首都高が池袋駅に向かって走り、サンシャインビルを巻くように右折しています。
カーブの真下に出光興産のガソリンスタンドがあります。ここはかつて石炭の貯蔵所があったところです。東京大空襲で焼夷弾が直撃、数日間、火炎をあげて燃えつづけたそうです。かつて、現在の池袋西武線が武蔵野線と呼ばれていた頃、この辺りは根津山と呼ばれた小高い丘陵でした。その丘陵の中央を削って池袋駅方向に一直線に道ができ、路面電車が走っていました。
さて、ガソリンスタンドの横を右折、交差点を渡ると右にサンシャインビルが聳えています。ビルの左端に公園があります。東池袋中央公園です。この公園の片隅に小さな碑がひっそりと立っています。碑には「永久平和を願って」と書かれています。c0013092_1050446.jpg

かつて、この場所は巣鴨拘置所でした。第二次世界大戦後、米軍に接収されて「巣鴨プリスン」と名を変えました。ここにA、B、C級戦犯と呼ばれた人々約4000人が収監されました。東條英機元首相ら7人のA級戦犯を含む60人がここで処刑されました。安倍晋三首相の祖父岸信介も戦犯容疑で収監されましたが、後に釈放され自民党総裁となり、安保闘争で退陣するまで首相の座にいました。彼は獄中で「名にかえてみいくさのただしさを末代までも語りつたえん」と辞世の句を詠んでいます。みいくさのいくさとは第二次世界大戦のことです。あの戦争が正しかったと云う考えは孫の安倍晋三に引き継がれ、ご存知のように孫は戦争を反省した「河野談話」を目の敵にした言動を繰り返しています。碑の裏側には「第二次世界大戦後、東京市ヶ谷において極東軍事裁判が課した一部の刑がこの地で執行された。戦争による悲劇を再び繰り返さないためこの地を前途の遺跡としこの碑を建立する。昭和55年6月」と刻まれています。処刑された7人は本人の意思に係らず靖国神社に合祀された。戦後60年経った今も、内閣総理大臣の靖国神社参拝をめぐって、絶えず日中間の外交問題になっている。現代史は過去ではなく今も継続中といえます。
現在の碑は55年に建立されたものですが、それ以前には別の慰霊碑が建てられ、みいくさを正しいと考える人たちが集会を開いていたと云われています。
処刑をめぐるエピソードは次回にしましょう。背筋が寒くなりますよ。
[PR]
by daisukepro | 2007-06-30 10:51 | 観光

従軍慰安婦問題、米下院外交委員会で可決

従軍慰安婦問題、米下院外交委員会で可決
日本政府は「日本軍の強制と関与」を認め、反省とおわびを述べた1993年の河野談話によって、従軍慰安婦問題での公式謝罪をしたと説明してきた。安倍晋三を始めとする靖国派議員たちは河野談話の撤回を執拗に求め、従軍慰安婦の強制を否定する言動を繰り返してきた。「当時は公娼制度があったので、従軍慰安婦ではなく、公娼がいたのである」などと臆面もない主張をする人物が日本の首相になった。彼は強制連行についても広義の強制と狭義の強制というロジックで狭義の強制はなかったと発言して、世界中の笑い者になった。
たまりかねた、マイクホンダ下院議員が外交委員会にあらためて日本政府の公式謝罪を要求する決議案を提案した。
採決の日程が近くなった6月14日、恥知らずな靖国派議員たちがワシントンポスト紙に「事実」というタイトルの意見広告を掲載して旧日本軍の強制がなかったと主張した。明らかに、広告は議決阻止が目的であった。ところが、意見広告を見た米政府高官、議員から批判が噴出、チェイニー副大統領まで不快感を表明した。広告は逆効果となり、火に油を注ぐ結果になった。
この意見広告は「(1)女性を強制的に拉致し慰安婦として働かせたことを示す文書は発見されていない。逆に、軍は民間業者(売春業者)に強制労働を禁じる警告を発している。(2)これらの軍指令を実行したという新聞記事が残っている。(3)規律違反の例はあったが、軍の命令で慰安所は閉鎖され、責任者は処罰された。(4)非難決議の根拠は元慰安婦の証言に基づいているが、最初の証言は軍や政府機関に強制されたという言及はなかったが、反日キャンペーン後の証言は「拉致犯は警官の制服に見える服をきていた」と主張するようになった。(5)日本軍に配属された慰安婦は公娼制度のもとで働いており、性の奴隷ではなかった。公娼制度は世界中で当たり前のことだった。慰安婦の多くが佐官、将軍よりも高い収入を得ていた。一般市民の強姦を防止するため多くの国が軍用の売春施設を設置していた。アメリカ軍も占領当時、アメリカ当局は日本政府に慰安所の設置を要請していた。(要旨)」という主張である。
さすがに、この意見広告でも従軍慰安婦が20万人も存在していたと云う歴史的事実は消すことはできない。これは軍が組織的に強制連行をやらなければ短期間にできる数字ではない。一般的な公娼制度とは次元が違うのである。軍の要請があったので人身売買ブローカーが動くのであって、要請もなく、収容する施設もなく、輸送する手段もなく、ブローカーが勝手に拉致する訳がない。
ブローカーは軍の要請に応じて拉致を行なった。そして拉致にはいろいろな手段が選択されたと推測するのが自然のなりゆきだ。拉致目的を達成するために軍の命令であることを告げて強引に連行する連中がいたのだ。そこで、拉致が軍指令であることを隠蔽するために、禁止指令の形式をとった警告書を発行したものと推定出来る。逆に軍の要請がなければこのような警告書を出す必要はない。26日、米下院外交委員会は39対2という圧倒的多数で日本政府に公式謝罪を求める議案を可決した。来月開かれる下院本会議に上程され、議決されることは決定的になった。28日、読売新聞は「事実誤認に基づく議決である。日本政府は本会議での採決阻止に努めよ」という社説をのせ、河野談話の見直しを求めている。悪あがきもほどほどにして欲しい。公娼制度があったことを理由に軍の関与を否定するのは恥の上塗りでしかない。意見広告では軍や官憲による強制連行を直接示す資料がない、つまり、直接証拠がないことで軍による強制連行の論拠がないとしているが、軍隊と云う組織は戦争犯罪の証拠を徹底的に隠滅することは誰でも知っている。
[PR]
by daisukepro | 2007-06-28 13:52 | マスコミ

65才以上の人口、世界一になった日本

Alan Johnston banner
アランジョンストンン記者を即時釈放せよ!



今週のクイズな人
東京からです。写真の男性はカエダノブノリ(76)さんです。
c0013092_017221.jpg
日本の高齢者人口は世界に注目されています。第二次世界大戦後のベビーブームで生まれた世代(団塊の世代)の引退が始まっている。昨年の国勢調査では日本の65才以上の人口が21%に達して、始めてイタリーを追い越して世界一になった。しかし、日本の労働者の99%は60才を過ぎても職場に残って働くことを望んでいる。この問題をどう解決するのか、BBCのジャーナリストの関心を呼んでいる。カエダさんは記者のインタビューに次のように答えている。「若い世代は体力があり、我々はスキルを持っている。量が求められるなら若い世代、品質ならば古い世代、この二つの世代が共に働くことができれば仕事はうまくやれると信じている。この種の制度の取り決めは一般化されつつあり、定年制を廃止する一部企業もでている」、カエダさんの話は私たちには特例のように見える。高齢者雇用制度がカエダさんの望み通りになるかどうか、無策な現政権の元では定かではない。
http://news.bbc.co.uk/2/hi/asia-pacific/6734341.stm
[PR]
by daisukepro | 2007-06-17 00:18 | クイズな人

ジャパニーズホラーの背景

Alan Johnston banner
アランジョンストンン記者を即時釈放せよ!



見捨てられたもの。この名詞的世界は猟奇的世界でもある。路地裏に捨てられたゴリラ。
c0013092_10571274.jpg
駅前の立て看板を気にする人はいない。人々は足早に通り過ぎる。ロフトの黄色い紙袋、だれが捨てたか、モティべーションはなにか。そこには人間がいて、猟奇的な世界が広がる。楢山節孝には人間讃歌があったが、ここの山は幻想と現実の谷間と雑木林が続く丘陵地帯である。果てもない不気味を感じる。
c0013092_10573832.jpg
[PR]
by daisukepro | 2007-06-13 10:26 | 裏路地の怪人

続々「マッスルミュージカル」やぶにらみの暴君ヒグチ

続々「マッスルミュージカル」やぶにらみの暴君ヒグチ

中間報告(2)

2004年、週刊新潮(4月1日号)に次のような記事が掲載された。
「4億円豪邸で国税に目をつけられたTBS元プロデューサー」が見出しである。
「筋肉番付」元プロデューサーのH氏が、豪邸を建てたことにより国税のチェックが入った。樋口の個人会社は「筋肉番付」ゲーム化の利権を持ち、収入が年間4億円。この会社の所得隠しのため、国税は近く樋口を追徴課税————。
記事ではH氏となっているが、記事内容から推測すればHが樋口潮社長であることは
だれでも分かる。週刊新潮の記事によれば、この白亜の殿堂は建築費が4億円もする豪邸であり、筋肉番付ゲーム化の利権で稼いだ金で樋口潮社長が建てたものだが,この会社の所得を隠して脱税した疑惑があるということになる。
「樋口の個人会社」というのは有限会社デジタルナインのことである。この会社は1997年に設立された。(フリージャーナリストの話では代表名義に母親の名が使われていたそうだが定かではない)そのご、追徴課税を支払ったのか、税金疑惑の追跡記事は見当たらない。

樋口潮社長は2005年にもうひとつ別の会社デジタルモンスターを設立、現在は二つの会社の社長を兼務している。このデジタルモンスターのホームページには樋口潮社長の経歴が詳細にのっている。http://www.monster9.com/company_m.html
このホームページを参考にして、樋口潮社長の経歴を時系列的に整理してみる。
TBS入局は1986年、慶大理工学部卒で放送業務部に配属になった。
4年後、90年にスポーツ局スポーツ情報局に異動、「ニュースの森」スポーツコーナーを担当するようになり、「バルセロナ五輪」、「プロ野球中継」などのディレクターを努めた後、93年10月に「均ちゃんのプロ野球珍プレイ好プレイ」で念願のプロデューサ−になる。12月「スポーツマンNO1決定戦」で筋肉バラエティ番組スタイルができあがった。話題の「筋肉番付」が登場するのは1995年7月のことである。最初は深夜番組だったが、特番が好評だったため同年10月からゴールデンタイムになり、毎週土曜日の夜7時から放送されるようになった。たちまち、「筋肉番付」はTBSの看板番組となり高視聴率を上げた。(2002年5月まで続く)その2年後、樋口潮社長は番組のキャラクターを利用して「筋肉番付」のゲーム化を思いつき、97年6月有限会社デジタルナイン(スポーツとゲームの企画制作会社)を設立した。自分の手がけた番組名や競技名を商標登録して、ゲームや商品の利権が「デジタルナイン」に入る仕組みを作った。なんと2003年には版権収入が年間4億円になったと云うのだ(週刊新潮)

この間、2003年11月TBSを依願退職するまで、何があったのだろうか。
97年には8月「アテネ世界陸上」、9月「SASUKE」(筋肉番付類似番組)のプロデュースをやりながら、樋口潮社長兼プロデューサーは有限会社デジタルナインでiMODE用のゲームの開発もやっている。99年8月には「世界陸上スペイン大会」、12月「ZONE」、まさにスポーツジャンルのプロデューサ−として飛ぶ鳥を落とす勢いだ。翌2000年3月には現在の目黒区の土地を購入、翌年01年8月「世界陸上カナダ大会」を担当、同時期に白亜の殿堂を完成した。人生の絶頂期といえよう。同年12月「INOKI BOM-BA-YE」の綜合プロデュース,埼玉芸術劇場で「トライアウト」(マッスルミュージカル)の公演が1回だけ行われている。「筋肉番付」は安定した視聴率を出し、TBSを代表する長寿番組となった。しかし、この頃、樋口潮プロデューサー担当の番組製作現場で事故が多発していることが話題になり始めた。
この続きは次回でーーー。
Alan Johnston banner




[PR]
by daisukepro | 2007-06-10 00:02 | テレビ

アランジョンストン記者を即時釈放せよ!

緊急アピール!

Alan Johnston banner
写真はBBCレポーターアランジョンストンさんです。3月12日ガザで拉致誘拐されました。6月1日、インターネットで拘束中の映像が流されました。ビデオがいつ録画されたかは不明ですが、イスラム教の軍隊に拘束されていることが明らかになりました。生命の危険が憂慮されています。彼はアフガンやガザの最前線で優れたレポートを送りつづけていました。
現在、BBCはジョンストン記者の即時釈放を要求する嘆願署名をオンラインで訴えています。すでに、嘆願署名は全世界から13万5000以上集まっています。皆さんもぜひ署名にご協力ください。アランジョンストンさんの画像(バナー)をクリックして手続きをすると簡単に署名出来ます。
how to do this→petition→画面下のboxに名前、メールアドレス、国名を入力してsendでOKです。
(メッセージがあれば受けつけていますが、多数なので掲載されない場合もあります)
嘆願書
「私たちは、BBCガザ通信員アランジョンストンの即時釈放を要求します。我々は、アランが速く、そして、無傷で自由にされることを望みます。」
[PR]
by daisukepro | 2007-06-09 16:25 | クイズな人

続「マッスルミュージカル」やぶにらみの暴君ヒグチ

続「マッスルミュージカル」やぶにらみの暴君ヒグチ
中間報告(1)
デジタルナイン樋口潮代表は豪邸に住み、4台の外車を所有しているという話があった。
TBSに17年間勤務して依願退職したサラリーマンが数年の間にできることだろうか。「マッスルミュージカル」の興収で建てたのだろうか。
百聞は一見にしかず、同好会調査部は現地取材に出かけた。
東横線都立大学駅をおりて、柿の木坂をまっすぐのぼり30分ほどで目的地に着く。
目黒区東が丘に樋口潮代表の白亜の豪邸(写真)は立っている。

c0013092_21304153.jpg

数億円はかけたと思える。2階建ての近代的デザインの洒落た家である。
c0013092_21331499.jpg
半透明のアクリルでできたガレージの扉から赤い車が透けて見えるが、車種までは分からない。ガレージの間口は車2台が置ける広さである。残念ながら奥行きは外から分からない。玄関エントランスの郵便ポストには横文字でHiguchi、その下に社名Digital9のプレートが配置されている。
いま、樋口潮代表はラスベガスから帰国してこの邸宅にいるという。

Alan Johnston banner
[PR]
by daisukepro | 2007-06-05 21:41 | テレビ

イギリス・ペンザスの世界記録

今週のクイズな人はイギリスからです。ロンドンのパディントン駅から西海岸方面行きの汽車にのると2時間ほどで終着駅ペンザスに到着します。そこでスリープレス世界記録に挑戦した男がいた。日本のテレビでも報道されたので思い当たった人は多いかな。
これまでの世界記録は1964年、43年前に17才のランディーガードナーが達成した264時間(11日)です。挑戦者の名はトニーライト(43才)です。c0013092_1181176.jpg
5月14日、挑戦が始まり、ビデオカメラがライブ中継を始めた。5月25日午前6時15分、記録が破られると会場に歓声が上がった。(記録は266時間)
これが人類学的にどんな偉業かさっぱり分からない。人は何時間立っていられるか、何時間食べずにいられるか。人は何時間眠らずにいられるかといえばクイズめくが、スリープレスを直訳すると不眠症だ。同じことでも、不眠症は何時間続くかではテレビカメラはこない。
それとも、イギリスのテレビは話題不足なのかな。
[PR]
by daisukepro | 2007-06-03 01:18 | クイズな人