<   2007年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

マイケルムーア監督の新作映画「シッコ」

映画「シッコ」
できるだけ多くの日本人にみてほしい映画だ。というのも、アメリカが風邪をひけば、日本は肺炎になるからだ。マイケルムーア監督の手法も安定してみやすい。作家の問題意識が、流行ことばでいえば、視点がぶれない。「いまのアメリカ、あしたの日本」観光ツアー客にはおてごろのガイドブックといえる。「ひどいもんだ、アメリカ人でなくてよかった」と思うが、「こりゃ、あしたのおれじゃないか」とすぐに気付くから、笑ってばかりはいられない。c0013092_2029160.jpg
モチーフはアメリカの医療制度の惨状である。誰がこの医療制度を提案し、誰が利益を受け、そのおこぼれを誰がいただいたか、そして、犠牲者はだれかという真実を映画は明らかにしてくれる。映画はアメリカの医療制度だけでなく
お隣の国、カナダ、それからキューバ、イギリス、フランスの医療が紹介される。薬局や医師たちの振る舞いから、それぞれの国の診療の様子がわかり、医療にかかわる政治の姿勢があぶり出される。どえらい違い、天国と地獄だ。撮影のためムーア監督に同行したアメリカの患者の一人が薬の価格がアメリカとあまりに違うので、「どうして、あたしがこんな目にあわなきゃならないの」と悔し泣きする一幕もある。
アメリカと価値観を共有するということは、アメリカのようになりたいということなのだが、この映画をみた後、日本人はまだそう思うだろうか。
「畜生、これから立ちなおりたいと思ったやさきに(生活保護給付を)切りやがった。おにぎり食いたい」と北九州で餓死した人がいる。後期高齢者医療制度は75才以上の高齢者を切り捨てる制度、障害者自立支援法は障害者の支援を打ち切る制度のことなのだ。人が生まれてきたかぎり、死ぬまで生きる。誰だって、殺されたくはない。年寄り、障害者など戦争には何の役に立もたない。戦後レジームから脱却して、出来上がる社会の仕組みは、「年金生活者や病人、障害者などは棄てちまえ、貧乏な若者はアメリカの戦場に送って英霊にしてしまえ」というレジームだ。あしたの日本どころか構造改革という名の悲劇の幕はすでに開いている。(一部ネタバレご容赦、作品の性格上、鑑賞には支障はありません)
[PR]
by daisukepro | 2007-08-29 20:29 | 映画

イギリス 「バーミンガムのグリーン刑務所」を脱獄した男

今週のクイズな人、いや、先週のクイズな人でした。
写真の彼の名はチャーリーウイルソンです。彼は列車強盗として有名です。
c0013092_2354368.jpg
逮捕されてバーミンガムのウインソングリーン刑務所に収監されました。
30年の禁固刑です。しかし、かれは刑を宣告された4ヶ月後に脱獄したのです。
グリーン刑務所はイギリスで最もセキュリティが完備した刑務所として有名ですが、彼は高さ6メートルもある刑務所の塀を乗り越えて脱走しました。
その4年後にカナダで再逮捕され、服役しました。刑期満了後スペインに移り住み、1990年4月23日、彼がプールでくつろいでいた時に、殺し屋によって射殺されました。麻薬取引に関与していたと云われています。
[PR]
by daisukepro | 2007-08-25 23:55 | クイズな人

映画「夕凪の街 桜の国」(監督 佐々部清)

映画「夕凪の街 桜の国」(監督 佐々部清)
原作 こうの史代(漫画アクション連載)
c0013092_021501.jpg
原作は読んでいない。広島、長崎に原爆投下されたことによって戦争のイメージは変わった。戦争は国家を統治する人間がいないとできないが、戦争は国家と云うものがするものではなく、人間がするものだ。人間がするものだから人間が止める事もできる。
原爆投下は仕方がない事であったろうか。投下しなければ戦争を止める事ができなかっただろうか。この映画は日本の新しい世代に見てもらいたいがアメリカの新世代にも見せたいものだ。その犠牲者は直接被爆した人々にとどまらず何世代にもわたって続くのだ。アメリカでは90%の教師が原爆投下は仕方がなかった。原爆投下しなければ戦争を終わらせる事はできないし、毒ガスが日本中にまかれもっと多数の日本人が犠牲になったと説明している。(その理由は日本軍が中国で毒ガス兵器を使用したからだという)
これは報復と戦争の論理そのものだ。アメリカの教師は原爆を再び使用することを教育していることに気付いているだろうか。
主人公が「原爆は広島に落ちたのではないよ。落とされたんよ」という静かな、それでいて重厚な台詞による告発、原爆投下という戦争犯罪の告発がこの映画の基調低音として鳴り響いている。イラクの人々は「アメリカに原爆を落とされたのに何で日本人はアメリカの味方をするのか」という。日本は「アメリカと価値観をともにする国だからだよ」と云う総理大臣が日本を統治しているからと弁解してもイラク人には通じないだろう。けれどもこの破廉恥な総理大臣もすっかり国民に愛想を尽かされた。その上、インドを訪問して恥の上に芥子を塗るようなことをやっている。東京裁判でA級戦犯25人全員無罪を主張したパール判事の子息を表敬訪問して、「気高い勇気を示されたパール判事は今でも日本人の尊敬を集めている」とぶちかました。とんでもない勘違いだ。パール判事は東京裁判のあり方を否定したので、日本軍の戦争犯罪を否定したのではない。後の講演でパール判事は「平和のために戦争はまったく役にたたない」と述べていることも知らないのだろうか。
いかに総理大臣がロンドンをパリと間違えても、歴史は進む。新世代の中には日米が戦争をしたことを知らないという人がかなりいると云われている。けれども時代は、核廃絶をめざして、日米両国の新しい世代が話し合って、広島長崎の原爆投下を検証する日が近づいている。そんな希望を抱かせる映画である。
[PR]
by daisukepro | 2007-08-25 00:22 | 映画

映画「不都合な真実」と蝉

映画「不都合な真実」と蝉
蒸し暑い日が続く、相変わらず蝉は鳴き止まず。
宴の後の死骸が累々と横たわり、翌日には羽だけが残った。
長女が一枚のDVDを借りてきた。会社が全社員に無料で貸し出しているという。粋な企業があるものだ。「不適合な真実」と云うのが映画の題名だ。c0013092_23112459.jpgご存知の通り、ゴア元副大統領が制作した地球温暖化問題に警告を発した映画である。イントロで美しい平和な田舎の風景が映し出される。多分、彼のふるさとの光景だろう。彼は世界中で1000回以上も講演をやっているが、温暖化は止まらない。いまだに、アメリカは京都議定書を批准していない。いまだに、政敵ブッシュはイラクで人を焼き殺している。熱湯の中に蛙を入れると暑いので直ぐに飛び出すが、ぬるま湯の中に入れてゆっくり暖めると蛙は動かない。助けてやらないと死んでしまうというショートアニメがゴア氏の気分を現していた。
しかし、ゴア氏が当選していたらイラク戦争は避けられていたかもしれない。一票の大切さを思い知らされた。映画は96分もあるが長さを感じない。映画のラストに冒頭の風景が再び音楽なしで映し出される。耳を澄ますと、蝉の声が聞こえてくるではないか。
蝉が鳴くことは、美しい自然がまだ残っていると同義なのだ。蝉の声がうるさいから窓を閉め切ってクーラーを効かせようなんて間違っている。反省しよう。

ゴア氏は「私にできる10の事」をこの映画で提案している。

1省エネ型の電化製品に交換しよう
2停車中はエンジンを切ろう
3リサイクル製品を活用しよう
4タイヤは空気圧をチェックしよう
5水道の蛇口を閉めよう
6過剰包装、レジ袋をことわりましょう
7エヤコンの設定温度を変えよう
8木を植えよう
9環境危機について学び、行動しよう
10映画「不都合な真実」を友達に勧めよう

これこそが政治家でなければできない仕事というものだ。
[PR]
by daisukepro | 2007-08-21 23:12 | 映画

悪魔のような刑務所「アブグレーブ」

今週のクイズは悪魔のようなアブグレーブ刑務所からです
この非人道的ないまわしい写真、皆さんの記憶に残っていると思います。
c0013092_1931917.jpg
2004年に公表されたイラク人捕虜(囚人)の虐待写真です。テロリストと疑われたイラク人は米軍によってアブグレーブ刑務所に収監され、さまざまな虐待を受け、獣のように扱われていました。この写真をみて世界中の人はそのことを知りました。写真の男性はアブグレーブ刑務所に勤務していた元予備兵士、名前はジョーダービーといいます。
c0013092_19321968.jpgかれが、この写真を公表したのです。同僚からCDを渡され、ものすごい写真を見たとき彼は衝撃を受けました。その写真には多くの同僚が写っていたからです。彼はバクダットの夜の町に出て、半ダースものタバコを吹かし、これから何をすべきか迷いました。家族のことも考えましたが、3週間かかって、最終的には匿名を条件に写真を手渡す決心をしました。
しかし、なんと彼の名を公表したのはラムズフェルドでした。ラムズフェルドはこの捕虜虐待を奨励していた人です。
かれは写真に写っていた同僚たちの懲罰が心配でしたし、同じ兵舎に眠る同僚に喉を切られるのではないかと恐れました。
名前が公表されて、故郷では裏切り者というレッテルをはられ、彼の家は落書きで破壊されました。彼と家族は新しい町へ引っ越すことを余儀なくされました。
その後、ご存知のようにアブグレーブ刑務所は閉鎖されました。
彼は「私はヒーローでもなく、裏切りものでもない。その時にベストな選択をしただけだ」とかれはBBCラジオのインタビューに答えています。
[PR]
by daisukepro | 2007-08-12 19:42 | クイズな人

テロ特措法とタリバン復活

今週のクイズな人はアフガンからです。
韓国キリスト教団がタリバンに拉致され、引率者の男性が殺害されたという報道が伝えられています。NATO軍の撤退後、再び、アフガンの治安は悪化しています。
アフガニスタンでの対テロ報復戦争を支援するため2000年に期限立法としてテロ特措法が成立しました。その期限は今年11月です。
現在、インド洋などで海上自衛隊は米戦艦への給油、航空自衛隊はイラクで米兵の空輸をして米軍の先制攻撃戦略に加担しています。
この間、アメリカのテロ戦争に対する批判はアメリカ国内だけでなく世界中に広がっていますが、アベ政権はこの法律の期限を延長しようというのです。
しかし、参議院選挙で過半数の議席を失ったアベ政権に衆議院での強行採決は禁じ手、解散総選挙しかありません。NATO軍の撤退後、手薄になったアフガンの治安を維持するために、アメリカ軍は陸上自衛隊の協力が喉から手が出るほど欲しいのです。特措法がなければ自衛隊は派遣出来ません。憲法9条があるからです。慌てたアメリカは民主党の説得に介入を始めました。
次の総選挙でアメリカの戦争へ加担することにNOということができる絶好の機会が来ることになります。
ところで、アメリカが破壊したアフガンの復興支援のため、国際援助金は105億ドルに達していますが、アフガンの国民の生活はどうなっているでしょうか。
c0013092_2314569.jpg
BBC記者はアフガンの人々にインタビューをしています。写真の女性はその一人、シャイスタさんです。彼女は医者になることを夢見て勉強を続けています。
「必要な学生服や靴も買えません。最近やっと8冊の教科書を買うことができました。20人のアフガニスタン人が支援してくれました」
「夜には数時間だけ電気がついて、テレビを見ることができるようになりました。教育番組とインドの連続ドラマを見ています」
「私は学校を休んだことはありません。でも、父は学校に行くのは男の子だけでいい、来年は学校を止めろと云います。続けて勉強して医者になるのが夢なんだけど」と彼女はインタビューに答えました。
カブールでは小麦や肉の値段は倍近く高騰し、町に失業者はあふれている。タリバンは昨年復活、組織を再編成しているという。
[PR]
by daisukepro | 2007-08-05 23:14 | クイズな人

サヨナラ「小田実」

サヨナラ小田実
小田実の告別式に参列した。所沢マスコミ文化九条の会の公演を予定していたが、病に倒れた。九条の会の有明講演会では椅子に座り、その横にもうひとつ椅子、その上に風呂敷に包み持参した資料やメモを置き話した。
会場の音響設備が不十分なので、できるだけゆっくり話して欲しいという注文に「そんなこと、俺に言ってもだめだ。今更むりだよ」と不機嫌な顔つきになった。結局、かなりの速射砲でいつものように話した。c0013092_23453956.jpg
遺体を載せたリムジンは拍手で見送られた。木陰に立っていても額から汗が流れ落ちる。ミンミン蝉が鳴いていた。
参列者は横断幕を先頭に青山一丁目駅までデモ行進をして別れを惜しんだ。
We shall overcome some day
Oh,deep in my heart,I do believe
「ベ平和連を始めた頃より、ここに居る人は増えたな、俺たちの体力は衰えたが、エネルギー引き継がれている。行けるところまで行こうじゃないか。」
と鶴見俊輔葬儀委員長は周囲を見回した。それから、反戦の遺志をついでデモ隊は、ゆっくりと動き始めた。
[PR]
by daisukepro | 2007-08-04 23:48 | 憲法