<   2007年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

続々続「南京事件の真相」

続々続「南京事件の真相」
福田首相が訪中します。中国は歓迎ムードのようです。発言はテレビで生中継されるそうで、注目したいものです。

さて、「南京記念館」は正式には「南京大虐殺同胞記念館」と云います。
「旧日本軍の南京での暴行をあばき、人々が歴史の真相を知り、歴史を鑑(かがみ)として平和を愛する」ことを目的として開設されました。
この記念館の開設に反対する日本の人々がいます。「南京大虐殺はなかった。幻だ。記念館の展示はでたらめ、闘った日本軍人をおとしめるものだ」「あの展示を見た日本人がひとつひとつ頭を下げるのを中国人がみたら南京虐殺が本当にあったと思うだろ」と云うのが反対の理由です。また、民間人でなく捕虜を処刑したのだから虐殺ではないと言う人がいますがこれも問題外です。日本の若い世代の将来を損ねないためにも南京事件の真相を直視する事が求められています。

去年の秋、大江健三郎さんは南京大虐殺記念館を初めて訪れました。「館内には展示品がたくさんあるが、大江氏は一つひとつに丁重に頭を下げていた」「頭を下げた回数は全部で100回を超えているだろう」と伝えられています。

苦痛ですが日記の続きを読みましょう。
12月16日付け、現場の下士官の日記です。第13師団砲兵隊第19連隊第8中隊近藤栄四郎伍長の出征日記からの転載です。虐殺現場での目撃ですから凄惨な様子が骨まで伝わってきます。実際に見たものでなければかけない描写で鬼気迫るものがあります。
「午後,南京城の見学の許しが出たので勇躍して行馬で行く、遂に二万の内三分の一、七千人を今日揚子江畔にて銃殺と決し護衛に行く、そして全部処分を終わる、生き残りを銃剣にて刺殺する。月は十四日(十五夜の一日前)、山の端にかかり皎々として青き影のところ、断末魔の苦しみの声は全くいたましさこの上もなし、戦場ならざれば見るを得ざるところなり、九時半頃帰る、一生忘るる事の出来ざる光景であった。」

同じ13連隊の第三大隊の黒須忠信上等兵は陣中日記に次のように記している。「二三日前捕虜せし支那兵の一部五千名を揚子江の沿岸に連れ出し機関銃を以て射殺す、その後銃剣にて思う存分に突き刺す、自分もこの時ばかりと憎き支那兵を三十人も突き刺した事であろう。」「山となっている死人の上をあがって突き刺す気持ちは鬼をもひしがん勇気が出て力一杯に突き刺したり,うーんうーんとうめく支那兵の声、年寄りも居れば子共も居る、一人残らず殺す、刀を借りて首をも切ってみた、こんなことはいままでに中にない珍しい出来事であった。—————帰りしは午後八時となり腕は相当つかれていた」
これだけの人間を銃殺するには小銃ではなく、機関銃による乱射が行われた。それでも、足りず命あるものを銃剣で刺し殺したのだ。
一人の下士官は「いたましさでこころが痛み生涯忘れることができない」と書き記し、もう一人は「こころを鬼のようにして刺し殺し、刀を借りて、首をはねた」と述べている。そして、「支那兵の捕虜の中には年寄りも子どもも居たが一人残らず殺した」というのだから虐殺としか言表わしようがない。
 
 さて、南京入場式の当日はどうだったか、前回に紹介した宮本少尉の日記を見てみよう。
12月17日「本日は一部は南京入場式に参加、大部分は捕虜兵の処分に任ず、小官は8時半出発南京に行軍、午後晴れの南京入場式に参加、荘厳なる史的光景を目の当たりに見る事が出来た。」
もう一度南京入場式の映像を見てください、この入城行進の外では捕虜兵の処分が行われていたのだ。

「夕方漸く帰り直ちに捕虜兵の処分に加わり出発す、二万以上の事とて終いに大失態に会い友軍にも多数死傷者を出してしまった。中隊死者1傷者2に達す」
教授の説明によると大失態とは多数の捕虜兵を取り囲み、四方から銃撃したために味方を撃って死者がでてしまったと云う事らしい。

12月18日「昨夜来の出来事にて暁方漸く寝につく、起床する間もなく昼食をとる様である。午後敵死体の片付けをなす、暗くなるも終わらず、明日又なす事にして引上ぐ、風邪寒し」
処分が夜まで続き、宿舎に着いて寝たのが明け方になった。起きたら昼頃になっていた。午後から死体の処理を始めたが夜になっても終わらず、明日にする事にしたという。遺体は穴を掘って埋めたか、揚子江に流したかとおもわれるが、いずれにしろもの凄い作業であったろう。
翌12月19日、「昨日に引き続き、早朝より死体の処分に従事す、午後四時までかかる。」
結局,2万人近くの遺体の処理は一日では終わらず、翌日の4時までかかったと云う事だ。
しかし、これは宮本中隊から見た出来事であって、処分はその後も続いていたのだ。
 5日後12月24日に南京に到着した第16師団小原孝太郎特務兵の日記には次のように記している。「さて、岸壁の下をのぞいたら、そこの波打ち際の浅瀬に、それこそえらいもの凄い光景を見た。何と浜の真砂ではないかとまがうほどの人間が、無数に往生しているのだ。それこそ何百、何千だろう。南京の激戦はここで最後の幕をとじたに違いない。決定的のシーンだ。数えきれない死体が往生している。敵はここまで来て,水と陸より挟み撃ちにあって致命的な打撃をうけたわけなのだ。わが南京陥落はかくてなったわけなのである」と小原特務兵はそれが捕虜兵の処分であったとは知らずに南京陥落の戦場の跡としてその印象を書き残した。教授の話によると、連隊によって程度の差はあるが、日本軍は上陸作戦以来各地で虐殺、略奪、放火、性暴力を繰り返し、1937年12月から38年3月の間に、20万人前後の戦闘員、捕虜、一般市民を殺害したという。日本軍「慰安所」が設置されたのもこの作戦の経緯から生まれたとも言われている。
これ以上の記述を続けると嘔吐しそうになるので連載はここでとどめておくが、私は中国の皆さんにこころからの謝罪をするとともに、戦争をしないという日本憲法の誓いを実現するための活動を命ある限り続けていきたいと思う。
[PR]
by daisukepro | 2007-12-27 18:39 | 憲法

続々「南京事件の真相」

続々「南京事件の真相」
12月13日、中国で南京記念館がリニュアールされて13日に新装公開されました。記念館は大量の犠牲者の遺体が埋められた場所に立てられています。中国の人々は、その場所を「万人抗」と呼んでいます。
c0013092_15484517.jpg発掘された遺骨はそのままの場所に囲って展示され、歴史の記憶をとどめています。私たちが広島の原爆記念館を訪れた時、胸を締め付けられる思いをしますが、中国の人々はこの記念館を訊ねて犠牲者とその家族を思い
胸が痛むことでしょう。アルジャジーラやBBCが南京事件を特集しています。いずれの記事も、日本では南京事件そのものがなかったと主張するものがいて、過去の戦争犯罪の隠蔽をはかろうとしていると驚きを隠さず伝えています。
さて、陣中日記の続きを読んでみましょう。12月16日の日記です。記録映像に残っている南京入場式の前日の出来事です。第13師団歩兵第65連隊・第4中隊の宮本省吾少尉の日記にはこう書かれています。「警戒の厳重は益々加わりそれでも午前十時に第二中隊と衛兵を交代し一安心す、しかし、それもつかの間で午食事中に俄に火災おこり
非常なる騒ぎとなり三分の一程延焼す、午後三時大隊は最後の取るべき手段を決し、捕虜約三千を揚子江岸に引率しこれを射殺す、戦場ならではできず又見れぬ光景である。」
南京占領後の張りつめた様子が伝わってきます。
同じ12月16日の第八中隊遠藤高明少尉の陣中日記は以下のように書いています。「定刻起床、午前九時三十分より一時間砲台見学に赴く、午後零時三十分捕虜収容所火災のため出動を命ぜられ同三時帰還す、同所に於いて朝日新聞記者横田氏に逢い一般情勢を聴く、捕虜総数1万7025名、夕刻より軍命令により捕虜三分の一を江岸に引き出し第一大隊に於いて射殺す」
この日記から火災が起こったのが捕虜収容所であったことが分かる。遠藤少尉が朝日新聞記者から聞いた情報では捕虜の総数が17025人、このとき第一大隊が揚子江岸で射殺した捕虜は、宮本少尉の日記で約3000人とある。それにしても、もの凄い数である。日本軍は捕虜総数の三分の一の約7000名の大量処刑を命じたということになる。さすがの遠藤少尉も大量処分命令について疑問を感じたのか、軍命令の理由を次のように推測している。少尉は「一日二合宛給養するに百俵を要し兵自身徴発により給養し居る今日到底不可能事にして軍より適当に処分すべしとの命令ありたりものの如し。」
つまり、約2万人の捕虜の食糧をまかなうためには一日米俵百俵必要になる、兵隊の食糧も徴発でまかなっているのに、それは不可能だ。だから殺してしまえと軍が命令を下したのかなあと宮本少尉は日記に書き残したのだ。当時の戦争であっても理由もなく捕虜を殺害する事は国際法で禁じられている。「食わせられないから殺してしまえ」とは乱暴な、極悪非道そのもの、戦争犯罪ではないか。アメリカ映画「硫黄島からの手紙」でも、投降してきた日本兵を見張っているのが足かせになるからと米兵が日本軍捕虜を卑劣にも射殺する場面が描かれているが、この米軍兵と日本軍ゼネラルは同類である。次回は大量遺体の処理についての陣中日記を読んで見る事にする。
[PR]
by daisukepro | 2007-12-23 15:09 | 憲法

続・歴史の真実は消せないー「南京事件の真実は」


  昭和11年(1936年)、日本では二二六事件がありました。その年の終わり、抗日民族統一戦線が結成され、ようやく中国は一つになろうとしていた頃です。(このくらいのことは学校で習った記憶があります)翌年の昭和12年7月7日、盧溝橋で発砲事件が起こり、これをきっかけに紆余曲折はありましたが、日中戦争が始まります。上海を中心に激しい戦闘が行われ、同月11日、早くも日本政府は朝鮮と満州から2個師団、日本から3個師団の派兵を決定します。宣戦布告もなにもありません。中国政府軍は上海から南京へ後退していきます。北部では中国共産軍と日本軍が戦う全面戦争になった。日本軍は首都さえ落とせば勝利であると考えて、ひたすら南京を目指して進撃しました。占領後の占領政策など何もありませんでした。各師団は先陣を争うように進撃を続けました。特に揚子江沿いに東から侵攻した部隊はかなり激しく追撃したと云われています。南京が陥落したのは12月13日でした。c0013092_1027444.jpg
講演で大学教授は南京攻略作戦を指揮した第16師団長・中島今朝吾中将のその日の日記を読みました。

「本日正午高山剣士来着す。時恰も捕虜7名あり。直ちに試斬を為さしむ。」
「到る処に捕虜を見、到底其始末に堪えざる程なり」「大体捕虜はせぬ方針なれば、片端より之を片付くることとなしたり」「、、、、中々実行は敏速には出来ず。」「佐々木部隊丈にて処理せしもの約一万五千、平安門に於ける守備の一中隊長が処理せしもの約一三◯◯、其仙鶴門付近に結集したるもの約七、八千人あり。尚続々投降し来る」「七、八千人を片付くるには相当大なる壕を要し中々見当たらず。一案としては百、二百に分割したる後、適当のヶ処に誘て処理する予定なり。」

「剣士が来る?」時代劇のようですね。著名な剣術の達人が来たので、捕虜7人を腕試しに軍刀で処刑させたと言うのでしょうか。「始末」とか「処理」とか「片付ける」とか出てきますが、ゴミの処理とは違います。処刑したと云うことです。c0013092_10263269.jpg(この記事(大阪毎日、東京日々新聞)はでっち上げと云う人がいますが、この日記は否定出来ないでしょう。)
「敵兵を捕虜にしない方針」だと言うのですから、第16師団は敵を皆殺しにすると決めていたことになります。捕虜にすれば、捕虜を収容する場所がいります、また、警護する兵隊もいります。食糧が必要です。だから、捕虜は片っ端から片付けることになります。ところが捕虜の数が予想をはるかに超え、その処理方法に困ります。「相当大なる壕を要し中々見当たらず」、つまり遺体を処理するための大きな穴がいるが、何千人となると適当な壕が見つからない。そこで、「百、二百に分割して」適当な場所に連行して処刑しようと考えたと日記に書かれています。(日記だけでなく、将兵の目撃証言は山ほどあります。)

当時の国際法では捕虜を裁判にもかけず、処刑することは禁じられていたのです。日本の外務省のホームページでも「日本政府としては日本軍の南京入城後、多くの非戦闘員の殺害や略奪行為があったことは否定出来ない」と認めています。楷行社発行の「南京戦史」には「通常の中国軍将兵の戦死者約3万人、将兵の生存者約3万人、それ以外に中国軍捕虜、便衣隊の撃滅、処断による死者1万六千人、一般市民の死者約1万五千七百六十人」と記載されています。合計すると約3万人が国際法に違反の日本軍の行為によって虐殺されたと言えます。(つづきは次回で)
[PR]
by daisukepro | 2007-12-13 22:48 | 憲法

歴史の真実は消せないー「南京事件の真実は」

南京入城式[アメーバビジョン]70年前の12月13日(1937年)、盧溝橋事件の5ヶ月後、日本軍は中国の首都「南京」を占領しました。その約四ヶ月間にわたる日本軍の掃討作戦が「南京事件」、「南京大虐殺」を起こしました。そのとき「南京」で何があったのか。遥か遠くの記憶を呼び戻さなければいけません。「南京事件」を題材にした映画が製作されるという話が伝わってきたからです。
 制作費2億、会社は「日本文化チャンネル桜」という衛星放送会社です。会社の設立発起人、賛同者の顔ぶれを見るとこの映画は何が目的で製作されるのか、おおよそ推測出来ます。この人脈で日本軍の加害の実相を伝える映画が製作されるはずがないからです。
おそらく、日本軍慰安婦は存在しなかったという理屈と同じように「南京事件」を虐殺はなかった、虚構だと否定してあの戦争は正しかったと云う立場から映画は作られるでしょう。ですから、この映画を鑑賞する前に歴史的事実を知って学んでおくことは無駄にならないでしょう。
 
 映画の題名は「南京の真実」第一部「7人の死刑囚」です。第一部というのは三部作になると云うことらしい。12月14日に完成試写会が九段会館で開かれる予定でしたが、完成が遅れて、来年1月よみうりホールに延期されました。上映館は不明です。
 
 数百万人のユダヤ人を組織的に殺害、死体処理を行ったナチの戦争犯罪すら、ホロコーストはなかったと主張する人もいます。俗に「南京事件」は民間人、捕虜、ゲリラ兵など約20万、30万人が虐殺されたと言われていますが、南京占領後、日本軍によって殺害された中国人の被害者数を正確にカウントすることは誰にもできない。よく、短期間に30万人を殺害することは不可能だから、南京大虐殺はなかったと言う人がいますが飛躍した話です。

  被害者数だけが問題なのではなく、日本軍が組織的な虐殺行為をどこで、どのような手段で行い、その死体をどのように処理したかという歴史的事実を知ることであり、それが何故起こったか、時代的背景と原因、その責任者を追及して、そこから歴史的教訓をつかみ取ることだと思います。
 歴史的事実は生存者の証言、記録文書、記録映像などから事件の実相を知ることができます。日本軍将兵の日記が残されています。実際に見た人が残した文章は迫力があります。
 12月8日に開かれたある集会で明治大学教授の「南京事件の真実は」というお話を聞きました。    

 教授は講演の半分を将兵が残した日記を読み上げました。
①第16師団長・中島今朝吾中将、②第13師団歩兵第65連隊第4中隊宮本省吾少尉、③第13師団山砲兵第19連隊・第8中隊・近藤栄四郎伍長、④第13師団第19連隊・黒須忠信上等兵 ⑤第16師団小原孝太郎軽重兵特務兵の5名の陣中日記です。
気分が悪くなりますが、次回に一部を紹介します。会場は咳をする人もなく、水を打ったように静かになりました。
(リンクの映像は12月17日の南京入城式のニュース映画です)
[PR]
by daisukepro | 2007-12-12 12:11 | 憲法

バラクラバ帽の切れめ(コソボ)

今週のクイズな人はコソボからです。
黒の目だし帽の人を当てるのは不可能ですよね。
セルビア南部、コソボ自治州の独立問題をめぐり、交渉が決裂したため自治州政府は来年1月一方的に独立宣言に踏み切るという。
c0013092_17251424.gif
コソボ紛争は1999年に集結したが、現在も国連の暫定統治が続いている。写真の男性はアルバニアの武装グループの一人です。
c0013092_1729655.jpg
コソボとセルビア政府が歩み寄る見通しはない。セルビアはコソボの独立を認めない。セルビアをロシアは支援している。米欧はコソボ独立を支援している。日々、現地情勢の緊迫感が高まっている。コソボ北部のアルバニア系住民が攻撃される恐れもある。写真の男性は「闘う準備はできている。独立出来なければ死んだ方がいい。台湾のような選択はできない」と徹底抗戦の構えだ。この帽子は「バラクラバ帽」と呼ばれている。バラクラバ帽の切れ目を通した男の目は鋭く、妥協のない眼光を放っている。報道から眼が放せない。
[PR]
by daisukepro | 2007-12-09 17:32 | クイズな人