<   2008年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ハムスターはお好き?

ハムスターはお好き?

春一番が吹き、今日は北からの強風がつむじ風を巻く。
中国製毒入り餃子事件、真相解明はどこへいったのか。イージス艦「あたご」、小さい漁船は目に入らず。そこのけそこのけ軍艦がとおる。軍政がない軍隊は司令部が独裁、やがてクーデターを起こす。この事件の政府、マスコミの対応から目をそらすな。真相は政治の闇の中にしてはならない。南の沖縄では野獣が野放しにされている。そして、あの三浦がゾンビのように現れた。保険金殺人容疑でロス市警に逮捕されたというニュースが飛込む。すべて、地球より重いはずの人命軽視の話題ばかりだ。マスコミの取材が追いつけない。

c0013092_2072673.jpgさて、今週のクイズな人の話題は小さい小さい。写真は中国まれのハムスターくんである。
中国の旧暦の正月は2月、中国もネズミ年になる。ネズミやマウスは嫌われるが、ハムスターの人気は中国でも高い。ペットショップの販売価格は4ドル20セントもするが、飛ぶようにうれているという。ハムスターをペットショップに見に来たあるお父さんは、買いたい理由を次のように話した。
「小さなペットを育てて、私の息子は、動物への同情と愛情について学ぶことができる。だから子どもたちに与える小動物ではハムスターは理想的です」

毒入り食品で日中戦争を煽っているマスコミ。だが、日本の偽装食品だって安全とはいえない。おまけに、あのサッカー日中戦だ。中国チ−ムのキーパーは前進してくる選手にスパイク付きの靴底を頭上高く上げた。そして日本選手を足蹴にした。こんなラフプレーは見たことがない。あの選手が子どもの頃にハムスターを飼っていれば、こんな醜い行為を見ずにすんだのに残念だ。民族主義が許されるはスポーツだけだ。終わったら笑って握手しようじゃないか。楽しみを取り上げられたような嫌な感じである。
みなさん、ハムスターはいかが。
[PR]
by daisukepro | 2008-02-24 20:11 | クイズな人

古都西安の豪雪被害と中国製冷凍餃子

今週のクイズな人は中国西安からです。
雪が降る。雪が降り積もる。古都西安は豪雪に襲われた。農産物に被害が出ている。郊外の農家は旧正月を祝うどころではない。c0013092_6451620.jpgビニールハウスの前に立っている写真の男性はディンさんです。彼が栽培しているスイカ畑は61センチの雪で真っ白になった。西安の農産物は豪雪被害を受けた。トラック輸送が止まり、出荷が出来なくなった。農産物は値上がりする。
「今、肉や魚類で市場はにぎわっているが、農産物の高値が連鎖反応を起こし、インフレの心配もある。中国は急速な経済成長を遂げているが、中国の農村は取り残されたまま。農村の格差は広がり、政府の救済処置によって、農民はかろうじて収支を維持している。これ以上雪害が長期化すると農家はお手上げの状態になる」とディンさんは訴えた。
 北京ダック、上海ガニ、西安は餃子が名物。中華料理店で日本人が好んで焼き餃子を食べているのを見て、中国人は首をかしげた。中国ではせいろなどで蒸した餃子を客に出し、残った餃子を翌日、家族などが焼いて食べるのが習わしだ。客に焼き餃子を出すことはしない。現代中国の食生活がどうかはわからないがーーー。
さて、中国製の冷凍餃子に有機リン系農薬が混入した事件が発生した。どんな結末になるのだろうか。中国政府の態度は慎重というより、事実隠蔽のための時間稼ぎのように思える。日本側の科学的検証では農薬の生産工場、どの生産行程で農薬混入が行われたか、条件がしぼられつつある。残留農薬ではなく、人為的に混入させたとなると、これは無差別毒殺を狙ったことになる。誰が、いつ、どこで、何の目的でこの犯罪を行ったか、事実を明らかにしなければならない。報道を見る限り、犯人を絞り込むことはさほど困難ではなさそうだ。事件の犯人探しも大事だが、問われるのは日本政府の無策だ。食の安全と食糧の自給自足に対する日本政府の基本政策の誤りが、この事態を招いたのではないかと日本の消費者は考え始めている。ともかく、事件の真相解明がないと消費者は自衛のため中国製食品に手を出さなくなるだろう。
微量の有機リンは身体に影響ないというが、何十年も蓄積したらどうなるか誰にもわからない。
[PR]
by daisukepro | 2008-02-10 06:47 | クイズな人

ケニヤ暴動、自由と人権を求めて、治まる兆しなく

今週のクイズな人はケニヤからです。
昨年12月27日に行われた大統領選挙でキバキ氏が大統領に当選したと発表されましたが、野党の指導者オディンガ氏は不正が行われたと異議をとなえたため、オディンガ支持者が暴動を起こしたと伝えられています。
政府が夜間外出禁止令をだし、弾圧を始めたため暴動はエスカレートしています。野党オレンジ民主運動(ODM)の組織と政府権力の間の紛争に発展しました。国連が調停に入り、「まず暴力の停止、国民の基本的権利、自由の回復」を前提として連立政権構想などを提案しましたが、暴動が治まる兆しはなく、現在死者は1000人に達し、避難民は30万人を越えると報道されています。
c0013092_19581042.jpg
子どもを背負った女性はナクルのリフトバレーとよばれる町から避難を求めて脱出しようとしている所です。戦争や暴動で犠牲になるのはいつも女性や子どもたちです。アフリカの貧困問題は深刻です。世界人口は62億、一日2ドル以下で生活している貧困層は26億人です。特にアフリカは1ドル未満で生活する極貧の人々が3億人近くいます。日本のODA(政府開発援助機構)はアジア・アフリカの貧困救済、人道援助に本腰を入れて、貧困、紛争などの解決に貢献すべきです。この地球に、同時代に生まれた同じ人間です。
[PR]
by daisukepro | 2008-02-03 19:59 | クイズな人