<   2008年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

麻生太郎と吉田茂

麻生太郎と吉田茂

麻生内閣は世襲制内閣といわれる。閣僚のうち11人が世襲、4人が総理大臣の血筋だからむりもない。麻生氏は自民党の総裁就任の挨拶で「私も今ここに立ちます時に、少なくともこれは麻生太郎に与えられた天命だと思っております。思い返せば130年前の9月の22日、吉田茂が生まれております。c0013092_2337376.jpg68歳、おととい私も68歳になりました」と自分が吉田茂の直系であることを誇らしげに述べた。
組閣後、すぐに国連総会に行き、演説した。そのニュース報道は演説内容よりもハップニングの紹介が見せ場だった。麻生首相は日本語の草稿を読みながら、3分ほど演説していた。ところが、同時通訳が作動していなかったため、演説は中断、もう一度最初からやり直しになった。そのとき客席が映し出されたが、緊張感のない議場の空気が伝わってきた。そこで麻生は英語で「これは日本製の機械じゃないでしょうね」とやってようやく笑いをとったものの、世界の流れが読めない演説への拍手は淋しい雨音に聞こえた。
演説を終えた麻生氏は記者団に囲まれた。ニュース映像は編集されて断片的だったが、麻生氏は小泉引退報道の感想を聞かれていた。「あっそう、別に驚かないね。まえから彼はそう言ってたでしょう。言ってなかった?」と彼は答えた。その後でながら視聴の手が止まった。「集団的自衛権は見直します」「えっ、憲法は変えます」という言葉が飛込んできた。集団的自衛権についての質問があったのだろうか、正確にはどんなやりとりだったのか、毎日新聞の記事を読んでみた。

毎日新聞の記事によると集団的自衛権の行使を禁じた憲法解釈について麻生氏は「基本的に変えるべきものだ。ずっと同じことを言っている」と記者団に持論を述べ、行使を可能にするよう見直すべきだとの姿勢を表明した。
集団的自衛権をめぐる憲法解釈見直しは安倍晋三元首相が表明。首相官邸に設置された「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」が行使を認める報告書をまとめており、首相は報告書を尊重する考えを示していた。
———と云うことらしい。つまり、麻生内閣は安倍短命内閣と同じ改憲政権であることが浮かび上がってきた。これが世襲制内閣の所以たるものだ。
しかし、同じおじいちゃんでも岸信介と吉田茂とではかなり違う。新聞記者はうまいことを言うものだ。早野透朝日新聞記者によると「吉田茂は天皇制ナショナリストで岸信介は戦犯ナショナリストだ」という。
いまや、戦犯ナショナリストと天皇制ナショナリストが孫の代で合体したことになる。日本国憲法に取っては極めて危険な状態になったといえる。
敗戦後、吉田茂は「よき敗者」になることに徹して、アメリカ軍の民主化政策を受け入れ、新憲法も受け入れた。国会では非武装こそが最大の安全保障だと国会で演説した。独立後も米軍の駐留を認める変わりに、アメリカから集団的自衛権を強いられない保障を確保したではないか。米軍の駐留が続き、原子力空母まで入港してくるこの頃、それを吉田茂の孫がいとも簡単に集団的自衛権を見直していいものか。吉田茂も草葉の影から、このできの悪い孫に「バカヤロー」と叫んで、コップの水をかけているに違いない。麻生太郎さん、コミックの見すぎで世相や世界が見えなくなってるのじゃないの。いまも、テレビから自民党のスポットコマーシャルが流れている。「私はやりぬく、自民党」。空しい言葉に未来はないね。国会が始まるまえから中山国交大臣の暴言、差別発言で大揺れだ。

[PR]
by daisukepro | 2008-09-28 00:01 | 政治

毒入りライスと消された年金

毒入りライスと消された年金

麻生内閣が誕生した。中身は世襲制、まるでヒンズー教の社会的カースト制度のようだ。「形骸化した民主主義、ここに極まる」といった感がある。
世襲制内閣ではとても取り締まりはできないと思うが、二つの組織的犯罪を取り上げてみよう。毒入りライスと消された年金事件である。農水省がウルガイラウンドで必要もない工業用米を輸入する。勿論、税金が使われる。
これを農水省が三笠フーズ(民間業者)に転売する。業者は複数の流通業者を通過させ、出元が分からないようにした上で、食用米に偽装する。これが製造業者に渡り、おにぎり、和菓子や焼酎などに含まれて消費者の口に入る。汚染米とか、事故米とかマスコミは書くが、これはすべて毒入りライスだ。これを知っていて人に食わせれば毒物による殺人行為である。毒殺魔の真犯人は農水省の役人だ、共犯が流通業者といえる。警察は三笠フーズにガサ入れを行ったが、これほど単純で立派な組織犯罪なのに、なぜ真犯人の農水省に家宅捜索をしないのか分からない。

もうひとつ別の犯罪は消された年金である。入力ミスによる消えた年金ではなく、意図的に消した年金事件である。舛添厚労大臣は「全国の社会保険事務所を調査したが年金が消されたケースは1件だけと報告したが、その後、実は全国で6万9000件以上ある」と発言を修正した。氷山の一角と云う説もある。厚生年金の保険料月額はサラリーの額で決まる。(諸手当、残業料などを含めて標準報酬月額)この額を本人には知らせず、意図的に減額を社会保険庁職員が指示して改竄を行ったという犯罪である。保険庁を定年退職した職員の話によると、改竄は大臣の指示によって全国的に行われていたという。企業が保険料の分担金の支払いを遅滞させた場合、保険事務所は強制執行ができることになっているが、その結果、企業が倒産する可能性があるという口実で、保険料を軽減する手段として標準月額の査定を減額することを保険庁職員が経営者に奨励したのだ。その結果、社会保険事務所は保険料収入を上げることができるというメリットがある。この悪慣行が長年続くと企業の経営状態に関わらず、中小経営者の多数が保険事務所と謀議して改竄を恒常的に行うようになった。この実態を調査結果の数字が裏付けたことになる。

保険料納付者は毎月保険料を給与の中から天引きされているが、標準月額までは知らされていない。納付者が改竄に気付くことはまずできない仕組みなのだ。定年退職後、年金支給時になって、社会保険事務所に出頭すると支給される年金額は知らされるが、過去の算定基準値までは説明しない。かくて、巧妙に政府は納税者から年金を組織的にかすめ取ってきたのだ。
こんなひどい犯罪があっていいものだろうか。政府は直ちに被害総額を開示し、年金の不足分を還付すること、更に、この組織的犯罪を指示した当時の大臣、局長以下の管理職の氏名と企業経営者を明らかにして損害賠償をさせるべきだと思う。腹が立って仕方がない。皆さんどう思います。役人すべてが悪い奴とは思いたくないが、財務省の焼き鳥タクシー、薬害事件と並べると公務員のモラルハザードが起こっているとしか見えない。総入れ替えをおこなって、再度宣誓させ直したほうがいいのではないか。
[PR]
by daisukepro | 2008-09-25 16:31 | 政治

そうだ コンビナートへ行こう!(地球温暖化入門)

地球温暖化入門
くそ暑い、せいろの饅頭になったような日々が続いた。そうかと思うと突然の豪雨。稲妻が上空を走り、直近に落雷がある。今年のセミはミンミンゼミが鳴き始め、アブラゼミやつくつく法師などが鳴き乱れて、気がつけば秋の虫が鳴き出している。これは異常気象と云うほかない。2003年にはパリを熱波が襲いたくさんの高齢者が亡くなった。イギリスでは「熱波・健康保健監視制度」が6月から9月まで実施され、気温の上昇によって警報が出されている。いろいろな異常現象が世界中で起こっている。地球は広大だ。時と場所によって現象は違うが原因はひとつなのだ。皆さん、ご存知のように、それは地球温暖化が犯人なのだ。では、地球温暖化は自然現象のひとつなのだろうか、なぜ起こるのだろうか。地球上からはたくさんの温室効果ガスが排出されている。この排出されるガスが大気中にとどまり、地球が冷えるのを防ぎ地球上の生命が維持され成長するのを助けてきたのだ。時には氷河期になり、凍てつくこともあったが、数百万年の間はバランスのよい温度が保たれてきた。ところが,産業革命以後、人間の活発な生産活動によって、大気中の温室効果ガスの濃度は異常に上昇し始めた。温室効果ガスの75%は二酸化炭素なのだ。たった100年間で平均気温は0.74℃も急上昇した。(表参照)これからの気温上昇が2℃を越えると地球上の生命を維持することができなくなり、生命体は絶滅することが分かっている。だから、今すぐ、二酸化炭素の排出量を減らさなければならない。たとえ、今すぐ削減対策を取ったとしても100年経たないうちに限界上昇温度2℃に近づく、ましてこのままの排出量を続けていけばそのスピードは早くなる。c0013092_227103.jpg二酸化炭素排出量を減らすと言っても、一カ国だけでなく世界中が協力して減らさなければ地球全体で減らすことはできない。世界全体の削減目標を決め、各国がそれぞれの条件で目標を決めて削減に取り組まなければ解決しない。「京都議定書」はその目標値を決めたものだ。これを各国が批准して、実行しなければ地球上の生命は守れない。洞爺湖サミットでは各国の削減目標値を取り決めることはできなかった。日本も決めていない。来年12月にコペンハーゲンで開かれるCOP15まで各国の目標値の決定は持ち越されることになった。火力発電所、大工場が二酸化炭素の排出量の半分を占め、それに自動車を加えると実に80%になる。個人がエネルギー消費の無駄を省く努力をすることは大事なことだが、石油や石炭に依存しているエネルギー政策を風力や太陽光、天然ガスに転換をはかること、大工場の排出量を計画的に削減するルールを決めることが日本政府に求められている。
日本とアメリカはヨーロッパ各国に比べてエネルギー政策の転換は極端に遅れている。地球温暖化は自然現象ではない。人間が作り出した現象なのだ。だから、今すぐ温暖化対策に取り組めば人間の力で防止することができる。私たちは日本が2020年をピークに20%、2050年までに80%削減が求められていることを忘れてはならない。
そうだ、京都に行かず、近くのコンビナートに行ってみよう。今でも大工場や火力発電所が二酸化炭素を絶え間なく大量に排泄し続けているのを見ることができる。
[PR]
by daisukepro | 2008-09-13 22:23 | 政治