<   2010年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

年金改悪、 イギリス、フランス国民を直撃 抗議行動全土に広がる

年金改悪、 イギリス、フランス国民を直撃
抗議行動全土に広がる

イギリスの財政赤字は深刻だ。抱える赤字は4000億ポンド(51兆円)という。失業者は50万人を越えている。「イギリス政府は各省庁予算を19%削減して、今後4年間で10兆円の歳出を削減すると発表しました。キャメロン政権は公務員49万人の削減、年金支給年齢を20020年までに66歳までに引き上げる。来年から付加価値税を20%まで引き上げる方針であるとテレビ朝日ニュースが伝えています。しかし、何故か日本のメディアは労働者の闘いを伝えません。
BBCニュースは「政府案が公表される前にイギリスでは抗議行動が広がっている。c0013092_14502820.jpg(鉄道海運労組7万人)の書記長ボブクロウ(写真の男性)は人員削減案を撤回させるためには全労働者の総行動が必要だ。地下鉄労働者がストに立ち上がるのは地下鉄を利用する300万人のためであり、消防士のストは消防のサービスが必要な人びとのためであり、公務員と民間労働者のストはコミュニティを守るためである。次の12ヶ月間、最大の抵抗を組織しなければならないとロンドンの集会で参加者に呼びかけ、抗議デモ行進を行った。TUC(イギリス労働組合会議)は来年3月26日ロンドンハイドパークで国民集会を開くことを決めた。イギリスの労働者は団結して国民的抗議行動行動に立ち上がろうとしている」と伝えています。
フランスではどうでしょう。
年金支給年齢を60歳から62まで引き上げる政府提案に対する抗議はフランス全土に広がっている。財政赤字は1380億ユーロ(17兆円)に達するから労働者は痛みに耐えろという提案です。フランス社会の未来のための削減か、貧しいものを支えるためにいくら支出するかをめぐって闘いは広がっています。3年間、アメリカで仕事をして帰国したフランス人記者はカルチャーショックを受けたそうです。c0013092_14451483.jpg記者は「あの美しい港町マルセイユは清掃労働者のストライキでゴミが路地にあふれ、悪臭が鼻をついて臭った。港湾労働者のストでオイルタンカーはマルセイユの海上で足止めされていた。何週間も。ガソリンスタンドはオイルタンクに赤いカバーがかかっている。運転を休止しているのだ。ストライキは市民の日常生活に被害を与えているが、労働者が要求実現するまで続くだろう」と述べています。しんぶん赤旗は「フランス下院も27日に年金支給開始年齢を62歳に引き上げる法案を可決、サルコジ政権による年金改悪法案は成立しました。野党と労働組合は同法を公布させない闘いを始めています。同法は年金満額支給開始年齢を65歳から67歳に引き上げる。保険料の支払い期間の延長、公務員の保険料率の引き上げなど労働者の生活を直撃するひどいものです。28日全国統一行動には200万人が結集しました。フランス国民の65%は労働組合の運動を支持しています。」と伝えています。リーマンショックと金融依存の財政を続けてきた政権の経済政策のつけを労働者に負担を押し付けようとしています。 労働者にしわ寄せするだけで財政再建が出来るのでしょうか。経済発展の道筋すら示せない政権に怒りが爆発しています。菅政権は大企業の要請に応じてアメリカやオーストラリアなど9カ国が参加しているPTT(環太平洋戦略的経済協定)への参加を検討しています。食料品などの関税を撤廃する自由貿易協定です。日本の農業は壊滅的打撃を受けることは必至です。テレビでは政府御用達のコメンテーターが一斉に「参加するかどうかを議論する場合ではない。ただちに参加すべき」「PTT サンカ サンカ」とさえずり始め
ました。
[PR]
by daisukepro | 2010-10-30 14:53 | 労働運動

尖閣諸島問題、衝突の真相 —ビデオ公開で何が見えて、何が隠されるかー

尖閣諸島問題、衝突の真相
—ビデオ公開で何が見えて、何が隠されるかー

尖閣諸島は沖縄諸島と台湾の間にある無人島です。地図で確認しておきましょう。
c0013092_9431667.jpg

ここの海域で中国漁船と日本の巡視艇が衝突を起こし、日本が中国漁船を公務執行妨害で拿捕、船長を拘束したことから、中国政府が即時釈放を求めて政治問題化したことは皆さんが知っての通りです。背景には尖閣諸島の領有権をめぐる領土問題があります。尖閣諸島が日本の領土であることは9月20日付け「しんぶん赤旗」が歴史的に立証しています。c0013092_9454260.jpgしかし、中国の主張が合理的でないにしても、日本が占有権を主張するだけで、問題を解決することは出来ないでしょう。海底には地下資源があり、それをどちらが占有するか、国益がかかっています。尖閣諸島海域は豊かな漁場でもあり、漁業権は漁師にとって死活問題です。野蛮な武力によって解決していた植民地時代とは違ってこのような問題を解決するには外交交渉によるしかありません。しかし、中国にもナショナリズムをあおる人びとがいて各地で反日デモが組織されています。ウオルトストリートジャーナルが尖閣問題は日本のウルトラ右翼を活発にさせていると3人の写真を大きくあつかい報道しています。石原慎太郎、前原誠司、田母神俊雄です。ご承知のように日本でもナショナリズムを鼓吹するグループがいます。中国や北朝鮮問題の新聞記事の切り抜きをやっていると、読売新聞は北朝鮮や中国の報道に熱心なのに気がつきます。中国や北朝鮮は抑止力が必要な軍国主義的な国として興味本位の記事が多く、その中からインサイドの真相をつかむことは難しいことです。最近は反中国を煽る報道が目立ってきています。
国会で衝突の状況を録画したビデオの公開を野党が迫っていますが、菅政権はビデオのどの部分を公開するか決めかねています。
なぜなら、中国漁船が衝突してまで拿捕を逃れようとした理由が録画されていなければならないからです。発見の同好会員からの情報では米軍警備艦艇と巡視艇が中国漁船を挟み込んで並走している映像が映っているというのです。どこまで、本当かどうか公開ビデオをみるまで真相は分かりませんが。また、この海域で日米合同演習が行われているという報道や与那嶺島にある空港の拡大工事を自衛隊がやっているという話もあります。単なる空港拡張工事かもしれませんがなぜこの時期にということもあります。与那嶺島は尖閣諸島の目と鼻の先にあるのです。中国がこれらの動きを警戒してこの海域に調査船を派遣するのも何か訳があるのかもしれないと勘ぐってしまいます。調査船をスパイ工作船という記事もあります。隣国の問題にアメリカが介入すると事態はより複雑になり、日本外交の主体性が失われかねないと心配になります。尖閣諸島問題はこれからも政治的に利用され、燻り続けるので目が離せませんね。出来るだけ速やかに、日本政府は中国と外交交渉を開始して、政治的に解決する努力をすべきです。その際、尖閣諸島が日本の領有であることをふまえて、問題を解決することが求められています。日本政府やメディアがナショナリズムを煽ることはやめて欲しいものです。
[PR]
by daisukepro | 2010-10-25 09:47 | マスコミ

「天上天下唯我独尊」 伝法灌頂って何んだ。

「天上天下唯我独尊」伝法灌頂って何————。

仏教の話が続きます。
護国寺の近くに住んでいるので毎朝、護国寺の境内を散歩のコースにしています。墓地の裏口から入って、本堂脇を通り抜け、茶室が並んでいる坂を下り、階段を上り、不老門くぐって本堂の正面で出て一周します。
c0013092_20482570.jpg
体調が良ければ2周することもあります。30分ほどのウオーキングが日課です。6時頃、護国寺に向かうと鐘の音が響いてくることもあります。その昔、護国寺の仁王門にお慶さんというホームレスが住んでいました。いつも新聞を読んでいましたが、それが英字新聞だったので、多分インテリだろうという噂でした。今はもう、知るひとはいないだろうし、この世にはいないのです。けれども、なぜか仁王門を通るたびに思い出すのです。護国寺は綱吉将軍が母のために建立したと言われています。講談社がある音羽通りが門前町になりますが、道の両脇には大奥の勤めを終えた女性の家が並んでいたそうです。それだけではありません、護国寺が不気味なのは軍人の墓がやたらあることです。しかも、陸軍が目立ちます。日露戦争の戦死者の墓もあります。今では廃止された爵位や勲位が墓石に刻まれています。ドイツ型日本陸軍の創始者と言われる山形有朋の墓も奥まった所にあります。死してもなお、地位や勲功、財産が支配する世界がそこには現存しているのです。
護国寺の境内に五色の吹き流しが立ち並び、本堂の周囲に同じく五色の幕が入りめぐらされてから一週間が経ちます。何か法事があるのかと思って気にしていませんでしたが、本堂扉が固く閉ざされたままなのです。
不思議に思って本堂に近づくと写真のような立て看板が出ていました。c0013092_20494014.jpg
伝法灌頂厳修なので静かにお参りしてくださいと書いてあったのです。なんだろうと看板を覗いていると3人の僧侶が階段を上ってきて後ろから私に「お早う」と声をかけて横の入り口から本堂に入って行くではないか。暫く見ているとあちこちから三々五々僧侶達がやってきて足早に本堂の中に消えて行きます。
早速、ネットで調べてみました。伝法灌頂とは密教の奥義を師匠から弟子へ伝える儀式で主に密教で行う、頭頂に水を灌ぎ、正統な継承者とする為の儀式。
と説明されていました。なるほど、本堂の中では住職が弟子達に密教の奥義を10日間にわたって伝授しているのだ。頭に水をかける儀式を受けて正統な継承者になるのだなと妄想して、改めて扉を見直すと、閉じられた扉がいっそう固く閉じられ、本堂の裏に立ち並ぶ墓石群のイメージが重なって奇妙で複雑な気持ちになったのです。そういえば、その昔4月8日はお釈迦様の花祭りとかで「天上天下唯我独尊」と指差した釈迦像に甘茶を頭からかけて「甘茶でカッポレ」などと踊っていたことも思い出されるのです。物事に失敗して駄目になることをお釈迦になるともいますね。28日まで厳修はやっています。お暇な人はどうぞお立ち寄りください。
[PR]
by daisukepro | 2010-10-23 20:52 | 文化

地獄極楽金次第夜話 喪主を務める。

地獄極楽金次第[夜話] 喪主を務める。

 8月の末日、親族の女性が亡くなった。行年94歳、生涯独身を通したので、身寄りがなく、私が喪主を務めた。寺に連絡して読経を依頼した。戒名を含めて○○円という提示があったが、確か故人が生前に戒名はつくっておいたと言っていたことを思い出した。住職は記憶がないという。しばらくして寺から電話があり、「戒名がありました」というので「では費用はおいくらになりますか」と尋ねると「戒名の有る無しに関わらず○○円です」といわれた。油断ならないものである。故人は天涯孤独を豪語していたので、通夜、告別式は葬祭場で行った。参列者は私の家族と1名の友人、そしてヘルパー1名で密やかなものだった。葬儀社の人は最近、こういう葬儀が多くなったと慰めてくれた。隣の部屋からやたら大きな読経に声が漏れてくるので、覗いてみると3人の僧侶がお経を上げ、祭壇もやたら派手だった。

 一人暮らしのマンションの部屋にお骨を置いても誰も来ないので、納骨するまで寂しかろうと寺で預かってもらうことにした。c0013092_204501.jpg親切な住職の車に乗せてもらったが、勿論、車代含めって有料であった。戒名を見せてもらった。白木の位牌の和紙の上に○○院○○大姉と毛筆書きしてあった。文字数が多く立派なものである。不信心ものの私は住職に尋ねた。「この戒名はずいぶん長いので高いのでしょうね」というと住職は笑って答えなかった。「戒名に院のあるのとないのがありますが、違いがあるのですかね」と質問の角度を変えてみた。すると「院とあるのは寺院を建立する資格があるということで本尊の寺に登録することになっている」という回答だった。ただし金さえ出せばということであった。住職が納骨は石屋を頼むと高いので自分でおさめた方がいいというので、先祖の墓石の下にある石のふたを外すとすでに骨壺がいくつも入っていた。誰の遺骨かは分からない。仕方がないのでそれらの骨壺の上に故人の骨壺を乗せて納骨した。納骨式には飛行機で関西から親族が来てくれた。故人が好きだった「駒形前川」でうなぎを会食して親族とは別れた。また会うかは分からない。

 帰り際に住職に呼び止められた。「故人は墓の維持費を3年間おさめていない。払ってくれますか」と証拠の帳簿を見せてくれた。「このまま、誰も来ないと無縁仏になるので墓は片付けられる」と言われた。これも、未来のない話だが、これまでの未納分とこれからの2年間の維持費をはらった。人は死んでも金はかかる。ただでは死ねないのだという悟りを開いた。南無阿弥陀仏。
[PR]
by daisukepro | 2010-10-22 20:49 | 文化

11月13日、オバマ大統領初来日 大田区産業プラザで「東京9条まつり」開催!

11月13日、オバマ大統領初来日大田区産業プラザで「東京9条まつり」開催!
c0013092_18391477.jpg


 11月12日はオバマ大統領が来る日です。13日はAPECの最高首脳会議が横浜で開かれます。オバマ大統領はそれに出席する予定です。なので羽田界隈は非常警戒体制のようです。地域内で開催予定のいろいろな集会が延期させられていると伝えられています。APECとは(Asia Pacific Economic Cooperation )の略称です。日本語では「アジア太平洋経済協力」と翻訳されています。アジア太平洋地域の21の国と地域が参加する経済協力の枠組みのことです。経済規模で世界全体のGDPの約5割,世界全体の貿易量及び 世界人口の約4割を占める当該地域の持続可能な成長と繁栄に向けて,貿易・投資の自由化,ビジネスの円滑化,人間の安全保障,経済・技術協力等の活動を 行うことが目的とされています。中国の著しい経済成長でにわかにクローズアップされ、各国首脳の公式非公式の対話や発言が政治的に利用されるようになってきました。オバマ大統領も初来日なので核兵器や広島長崎に対してどのような発言をするか注目される所です。オバマ大統領は日本に続いて、シンガポール、中国、韓国とアジア諸国を歴訪が予定されています。c0013092_18382358.gif
タイミングよく、11月13日は九条の会東京連絡会が『東京9条まつりを』を開催します。場所は羽田空港近くの蒲田駅近くにある大田産業プラザを1日借りきりで多彩な催しが企画されています。映画、演芸、コンサート、憲法講演、寄席、コーラス、ジャズトークショー、ビッグ対談、70ブースの出店、若者から高齢者まで1日ゆっくり楽しめます。映画はなんと、本邦初演「ハーツアンドマインヅ(ベトナム戦争の真実)」が特別上映されます。出演予定の著名人はジェームス三木、小森陽一、雨宮処凛、蓮池透、伊勢崎賢司、崔 善愛、大西進、高橋哲哉、山内敏弘 杉原泰雄、内藤功、橋本左内、日野原重明など多士済々、オールスターキャストです。c0013092_1842277.gif
モダンアート展、ベトナム戦争写真展も場内で展示されます。発見の同好会もボランティアで陰ながら協力しています。成功協力券方式で入場は無料になっていますが 当日でも入場できます。レストラン、コーヒーショップ、弁当販売も開いています。決して損はしません。ご来場をお待ちしていますと隣でスタッフが申しておりますよ。daisukeproをフォローしましょう
[PR]
by daisukepro | 2010-10-20 18:47 | 憲法

「英霊か犬死にか」沖縄から問う靖国裁判

琉球朝日放送10月2日午前10時放送(60分)
「英霊か犬死にか」沖縄から問う靖国裁判
戦後65周年記念番組
c0013092_1134090.jpg

沖縄在住の彫刻家金城実さん(写真)の父親は軍人であった。英霊として靖国神社に合祀されているが、父の死は犬死ではなかったかと思うようになり、c0013092_11342089.jpg沖縄で靖国裁判を起こした。靖国裁判は敗訴したが、番組は金城さんの主張を軸に構成されている。ディレクターは琉球朝日放送のニュースキャスターの三上智恵さん、自らを沖縄のアルジャジーラーと名乗り取材を続けている。番組は普天間基地の撤去、辺野古新基地建設などの問題、戦後65年経っても沖縄に犠牲を強いる問題の原点を鋭く告発している。キー局では深夜放送のため視聴した人は少ないだろう。しかも、録画予約しても放送時間がずれたため視聴に失敗した仲間が少なからずいた。ご存知のように、民間放送は3大キー局をハブ局にして全国で系列ネット支配をしている。地方局では優れたドキュメント番組がたくさん制作されているが、キー局で日の目を見ることは少ない。特に沖縄の番組が海を渡って本土上陸することはほとんどない。電波なのに、何故か九州沖の海峡で消えてしまう。キー局が沖縄の出来事を伝えようとしないからである。テレビ情報は日本の交通網と同じに、何時も下るものという思想がキー局には貫徹している。時刻表をみると必ず上り下りと明記してある。なぜだろうと思う人はいない。東京駅は皇居に面して立ち、天皇が東京駅を利用するための通路が皇居から一直線につくられている。すべての鉄道が皇居を中心にして上りと下りとして扱われているのが日本国土交通のあり方なのだ。交通は上りがないと成り立たないが、電波は下りのみというのも、公共の財産としてはいかがなものか。伝えないことで知る権利を侵害していると言えるのではないかと思う。
番組タイトル「英霊か犬死か」だけで右翼に刺されそうだ。この番組をみて始めて知ったが沖縄にも靖国神社があったのだ。基地だけでなく観光ツアーのコースに沖縄靖国神社も入れてもらいたい。国に命や基地を差し出してありがとうと言われる沖縄、自分たちはアメリカに従属しながら、沖縄は日本の植民地としか考えない権力者、沖縄県民の叫びや、苦悩を今も尚、隠蔽し続けている。私たち「やまとんちゅう」はこのような番組を見ることから始めなければならない。「見られないとおもえば見たい」これが命の下司根性、「見えなくてもあるんだよ」これが発見の同好会、同志的憲章なのだ。どうしても見たいと思う方は琉球朝日放送に直接電話して相談することをお勧めします。
[PR]
by daisukepro | 2010-10-18 11:37 | 米軍基地

「画を望まば我に乞うべし」(曽我蕭白)板橋区立美術館「諸国畸人傳」

「画を望まば我に乞うべし」(曽我蕭白)板橋区立美術館「諸国畸人傳」
c0013092_1012288.jpgc0013092_10113575.jpg
11月11日(月)まで公開。月曜は休館日だが11日は開館している。入場料600円、学生、高齢者などの割引あり。65歳以上は300円、身分証明書の提示を求められる。交通の便は悪いがJR成増駅、地下鉄高島平駅からバス(210円)が出ている。西高島平駅からは徒歩20分です。美術館の近くには赤塚城址、梅園、乗蓮寺には東京大仏が鎮座している。まる1日かけて美術鑑賞と散策する気持ちで出かけるといいでしょう。
おなじみの絵金、曽我蕭白など10人の異色画家が紹介されている。パンフレトによれれば畸人とは変人奇人ではなく「世をすね、世にてらったポーズではなく一皮剥いだそのしたにある真の人間性を追求した人」のことらしい。
「画を望まば我に乞うべし、絵図を求めんとならば応挙よかるべし」と公言した蕭白は見事なものだが、絵金のグロテスクも興味深い。蓮池の観音を描いて「こんな所で骨休めをしてないで、人間界に降りてきて人を救え」と付記している白隠などは味がある。日本の仏や神々は元をただせば人間でしたからね。観音さんだって骨休みぐらいしたくなるだろう。「発見の同好会」は何もすることがない人や世をすねた方々にこの展覧会をご推薦します。
[PR]
by daisukepro | 2010-10-01 10:13 | 文化