<   2012年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

脱原発杉並デモ

脱原発杉並デモ

2月19日、杉並区蚕糸の森公園
脱原発を求めて5000人の市民が集まり、杉並の街を行進しました。労働組合主催などのデモには参加しにくい町の人びとがツイッターなどで呼びかけ合って集まりました。「おだやかデモ」とか「ツイッターデモ」と呼ばれているようです。
これはJCJCASTの録画配信です。

[PR]
by daisukepro | 2012-02-28 11:23 | 脱原発

第4回国会事故調 記者会見

第4回国会事故調査委員会 記者会見
JCJCAST中継より

委員会審議は衆議院TVビデオライブラリーで閲覧できます。
アドレス下記
http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php?ex=VL

参考人は班目春樹原子力安全委員会委員長、寺坂信昭前原子力安全・保安院長。
班目委員長は安全指針に瑕疵があったことを認め、寺坂前原子力安全・保安院長は文科系で原子力の科学的知識がなかったことを認め、また、議事録を取らなかったと平然と述べました。議事録隠蔽、真相隠しの責任者です。二人とも肩書きにある安全とは名ばかりであると認めたのです。肝心な所に来ると記憶にないの連発です。国民を原子力災害から守る認識の欠除が明らかになりました。人類の恥である。こんなことを許しておいていいのだろうか。黒川清委員長ら国会事故調のメンバーに拍手を送りたい。




c0013092_711719.jpg写真は黒川清委員長

c0013092_7103633.jpg

[PR]
by daisukepro | 2012-02-24 07:11 | 脱原発

アメリカの戦争報道と情報自由法(桂敬一×土田修)

アメリカで最も危険な男の話です。(ペンタゴンペーパーズを公開した男エルズバーグ)

下記アドレスを選択してクリックすると開きます。
http://democracynow.jp/sites/default/files/real/2009-09-16-2.ram
再生には先にRealPlayerをダウンロードしてください。無料です。
#RealPlayer jp.real.com/t



[PR]
by daisukepro | 2012-02-18 11:25 | マスコミ

2・11さようなら原発1000万人アクション代々木公園

2012年2月11日、
「さようなら原発
1000万人アクション」
東京・代々木公園



jcjcastの中継録画です。

大江錬三郎、澤地久枝、落合恵子、山本太郎さんら
全登壇者の発言が録画されています。是非ご覧下さい。拡散してください。
発見の同好会編集部WEB委員会



[PR]
by daisukepro | 2012-02-15 09:19 | 脱原発

2012/2/8さようなら原発記者会見 大江健三郎氏のコメント

c0013092_11103563.jpg


2012年2月8日 日本外国人特派員協会記者クラブで開かれた「さようなら原発1000万人署名」呼びかけ人の記者会見抜粋です。記者の質疑応答の一部もJCJCASTに中継録画されていますので
ご覧下さい。拡散を希望します。

落合恵子さんのコメント



大江健三郎さんのコメント


[PR]
by daisukepro | 2012-02-09 10:52 | 脱原発

秀吉と正宗

使用済み家電類を処分しないとゴミ屋敷になりかねない。そこで廃品回収業者に処分をお願いすることになった。やがて現れたおじさんの両肩に2匹の猫がのっていた。その名を秀吉と正宗という。
大きな鈴を付けたクロネコが正宗、茶色が秀吉、秀吉は年寄りなので貫禄がある。微動だにしない。おじさんが回収している間、おとなしく待っている。人を怖がることも無く、おじさんの仕事が終わるとまた肩にとびのり帰って行った。5000円ほどかかった。屋号は猫の手という。
しゃれた人生があるものだ。
c0013092_120365.jpg
c0013092_120999.jpg
[PR]
by daisukepro | 2012-02-04 12:06 | 有路地の出来事

第3回国会原発事故調 埼玉県加須市 参考人井戸川双葉町長

東京電力福島原子力発電所事故調査委員会
第3回委員会
参考人として井戸川双葉町長が発言
加須市に避難したままいまだに故郷に帰れない人びととのタウンミ−ティング全中継

国会事故調第3回委員会は埼玉県加須市で開かれた。なぜかというと、そこに双葉町の被害者たちが避難して暮らしているからである。天災に原発事故が重なって、いまだに故郷に帰ることができない。オレたちはこれからどうなるのか。ふたたび故郷に帰る日はくるのか。井戸川双葉町長の参考人発言の後、タウンミーティングが始まった。政府、東電が被害者に冷たく、手をさしのべようとしてこなかったか、見て見ぬ振りしてきたか 被害者発言を聞いているうちに胸が痛み、怒りを通リすぎてもの悲しくなった。あの日航でさえ、被害者宅を一軒一軒、社員を訪ねさせ、謝罪し、遺族の話を聞いて賠償したではないか。東電とうい大企業ができないことはない。経営者が業務命令を出せばいい。今からでも遅くない。
東電の経営は国にも責任がある。こどもたちが体内被曝してるかどうか、ただちに調べて対処するのが行政の責務である。人でなしとののしられることがないよう、政府と東電は誠意を示して欲しい。





c0013092_19485946.jpg(写真左井戸川町長、右黒川清委員長)
c0013092_19482859.jpg






[PR]
by daisukepro | 2012-02-01 19:25 | 脱原発