<   2017年 10月 ( 34 )   > この月の画像一覧

こけたレポート26

真理がわれらを自由にする
c0013092_20470371.jpg

[PR]
by daisukepro | 2017-10-31 20:49 | コケタレポート

陸上自衛隊に離島防衛の専門部隊「水陸機動団」(日本版海兵隊)が来年3月に

c0013092_17070638.jpeg

陸上自衛隊に離島防衛の専門部隊「水陸機動団」(日本版海兵隊)が来年3月、新設される。防衛省はこの部隊を当初、長崎県の相浦(あいのうら)駐屯地をはじめ九州に置くが、2020年代の前半には沖縄県の米海兵隊基地キャンプ・ハンセンにも配置する方針を固め、米側と調整に入った。在日米軍再編に伴って沖縄に駐留する米海兵隊の一部が米領グアムに移転した後を想定しているという。

 複数の政府関係者が明らかにした。尖閣諸島に近い沖縄に置くことで、中国への抑止効果とともに、九州の南端以西の南西諸島で何か起きた際の展開を早める狙いがあるという。一方、沖縄にとっては、海兵隊の移転後に自衛隊が駐留することになり、「本当の基地負担の軽減につながらない」といった反発も予想される。

 陸自が来年3月末に発足させる水陸機動団は約2100人。相浦駐屯地には、司令部のほか普通科(歩兵)を中心とする2個の水陸機動連隊を置くことが決まっている。

 政府関係者によると、キャンプ・ハンセンへの駐留が検討されているのは、20年代前半までに発足させる予定の三つ目の水陸機動連隊。規模は約600人程度を想定しているという。

 日米両政府は8月の外務・防衛担当閣僚会合(2プラス2)の際の共同発表で、南西諸島を含めた自衛隊の態勢を強化し、米軍基地の共同使用を促進することを確認し合った。キャンプ・ハンセンの共同使用を念頭に置いていたという。

 共同発表を受けて日米両政府は、在沖縄の米海兵隊の一部がグアムに移転した後に陸自の水陸機動連隊の一つをキャンプ・ハンセンに配置する基本方針を確認。在沖縄米軍は日本側に、この部隊の規模や編成など具体的な検討を進めるチームの設置を申し入れたという。

 日米両政府は06年、沖縄の米軍基地負担の軽減と抑止力の維持を両立させる目的で、在日米軍再編の「ロードマップ」を策定した。12年には、在沖縄の海兵隊員のうち約9千人の国外(このうち約4千人をグアム)移転に合意。13年には、グアム移転を20年代前半に始めることも公表している。

 日本政府は来年末までに策定する予定の新たな防衛計画の大綱や中期防衛力整備計画に、キャンプ・ハンセンへの陸自部隊駐留を盛り込みたい意向だが、来秋には沖縄県知事選があり、沖縄側の反応も見ながら検討を進める方針だ。(土居貴輝)

     ◇

 〈水陸機動団〉 離島が侵攻された際、戦闘機や護衛艦などの支援を受けながら、水陸両用車やボートなどを使って島に上陸し、奪還する「水陸両用作戦」の実施部隊。米海兵隊をモデルにしている。13年に閣議決定された防衛計画の大綱で部隊の創設が盛り込まれ、中期防衛力整備計画で水陸両用車など部隊が使う装備の導入が明記された。陸自が導入を進める輸送機オスプレイも水陸機動団の展開に使われる。

(朝日新聞デジタル 2017年10月31日 03時03分)


[PR]
by daisukepro | 2017-10-31 17:10 | 米軍基地

「憲法」が何であるか?について共通の理解・常識が確立されていないように見える。(小林 節 日刊ゲンダイ)

c0013092_10005851.jpg


不思議なことに、わが国は世界の最先端の文明国のひとつで民主主義国だと自任しているにもかかわらず、今わが国では、「憲法」が何であるか?について共通の理解・常識が確立されていないように見える。


 言うまでもないことであるが、憲法とは、国民大衆の幸福を増進するためのサービス機関である国家の権力を一時的に預かる政治家以下の公務員が、その権力を乱用しないように、主権者国民の最高意思として権力者に枠をはめる規範である。


 つまり、古来、「神の子孫」を自称(詐称)していた国王とその親戚筋の貴族は法から自由であった。それが、近代市民革命により、神の子孫ではない本来的に不完全な人間たちが権力を預かることになったために、「憲法」という新しい法領域が創設されたのである。それは、18世紀のアメリカ独立戦争とフランス人民革命以来、世界に伝播して行った。その後、流血の革命を避けながら王権を国民に移行するために、過渡期の立憲君主制(例えば明治憲法)を採用した国もある。しかし、それは本来の意味の憲法ではない。

ところが、わが国の改憲論者の中には明治憲法を理想とする者が多く、彼らは憲法とは「国柄を示すもの」だと主張している。その結果、日本は天皇を頂く神の国で靖国神社公式参拝は政教分離に反しない、日本人なら日の丸を敬え、家族は仲良くすべきだ……などと憲法に明記せよという主張が出てくる。しかし、これらは各人の価値判断に国家が介入しようとする主張で、それでは各人の人格的自律(人権の本質)が害されてしまう。


 そして、そのような発想の致命的な欠陥は、何よりも、「国民の良心を規律する憲法」という主張であり、その効果として、強大な権力を預かっている政治家以下の公務員が、まず法から自由になり、その上で、憲法の執行者として、国民大衆を管理する立場になってしまうことである。


 だから、自民党の改憲草案102条は、国民大衆に憲法を「尊重」しろと命じた上で、政治家以下の公務員には憲法を「擁護」せよと託している。つまり、国民が憲法を尊重するように権力者が管理する体制である。

 (つづく)



[PR]
by daisukepro | 2017-10-31 10:14 | 憲法

F35A 初の米国外作戦展開 危険増す嘉手納基地(赤旗)

 米太平洋空軍(ハワイ)は、嘉手納基地(沖縄県)に最新鋭のステルス戦闘機F35AライトニングII12機を11月初めから6カ月間展開させると23日に発表しました。「インド・アジア太平洋地域への最初の作戦展開」と位置づけた、同機の嘉手納基地展開は、最新鋭戦闘機の飛来にとどまらない、同基地を米空軍の攻撃作戦の拠点としている危険な実態を浮き彫りにしています。(佐藤つよし)


写真

(写真)嘉手納基地展開のニュースで米空軍が公表した第34戦闘飛行隊(ユタ州)所属のF35A戦闘機

 今回のF35Aの展開は、米太平洋空軍が、米本土などから、嘉手納、韓国、グアムに実戦可能段階の部隊を展開させて即応態勢をとる「戦域安全保障パッケージ(TSP)」の一環として実施されます。

 グアムへのB52、B1B、B2戦略爆撃機を常時展開させる「継続爆撃機駐留(CBP)」、米本土、アラスカ、ハワイ配備のステルス戦闘機F22ラプターを72時間以内に緊急投入する「ラピッド・ラプター(RR)」と合わせた、米太平洋空軍の即応態勢の3本柱です。

07年から沖縄に

 TSPとCBPは2003年から、グアムへの戦略爆撃機とF22の配備で始まりました。嘉手納基地への最初のTSPの配備は07年2月の12機のF22展開から始まり、現在まで途切れなく続いています。

 F22は高額のため軍事費削減の対象となり調達が打ち切られました。代わって15年以降は、イラク・アフガニスタン戦争でも対地攻撃・地上部隊の進撃支援などで実績のあるF16戦闘機を州兵などから派遣してきました。

 F35Aは、F16戦闘機やA10攻撃機の代替として対地攻撃を主要な任務とする戦闘機です。嘉手納基地に展開する第34戦闘飛行隊(ユタ州)は、F16から機種変更し15年7月に最初にF35Aを配備した飛行隊です。

ごまかしの裏で

 日本政府は07年2月から始まったTSPによる米本土などからの戦闘機の展開を「暫定配備」と偽り、地元自治体や住民に説明してきました。実際には、米空軍は「F22の最初の海外への作戦展開」で米太平洋軍のTSPを支援するものだと米空軍のニュースでも明らかにしてきました。

 米空軍大学発行の『航空・宇宙戦力ジャーナル』15年1―2月号で太平洋空軍参謀で作戦・戦力投入担当副部長のデビッド・ウイリアムソン中佐(当時)は、TSPについて米太平洋軍の責任地域(インド・アジア太平洋)に、日常的に戦闘機部隊を充足するために計画されたと説明。これらの部隊が「潜在的敵対者の貪欲・挑発的な行動への迅速な対応能力を強化」し「太平洋戦域に部隊を移動するために必要な兵站(へいたん)物資と時間を削減する」と強調しました。

 朝鮮半島情勢の緊迫化を背景に、2015年11月の「ビジラント・エース16」では嘉手納基地のF15戦闘機や三沢基地(青森県)のF16戦闘機が、韓国で演習に参加。16年2月にはアラスカから横田基地(東京都)を経由し、嘉手納基地へ展開したF22戦闘機14機のうち4機が韓国で、在韓米空軍、韓国空軍の戦闘機と訓練を実施しました。

 F35Aの展開は、嘉手納基地を朝鮮半島有事に即応する米空軍の戦力投入の一大拠点化し、沖縄をはじめ、日本国土を米軍の出撃基地とする米軍の戦略を示すものとなっています。



[PR]
by daisukepro | 2017-10-30 15:37 | 米軍基地

総選挙後の情勢と九条の会の課題

c0013092_20412397.jpg
九条の会東京連絡会 〔2017年10月6日 掲載〕
◆ 九条の会東京連絡会 10月懇談会(渡辺治さん緊急講演会)
  「政治学者・渡辺 治が吠える! 選挙を! 憲法を!」
 日 時:10月30日(月)18時30分~20時30分
 講 師:渡辺 治さん
     (九条の会事務局・一橋大学名誉教授)
 会 場:エデュカス東京(全国教育文化会館)・7階ホール 定員180名
     (JR「市ヶ谷駅」・「四谷駅」徒歩7分、
 地下鉄「麹町」徒歩2分、都営地下鉄「市ヶ谷」駅徒歩7分)
 資料代:800円(学生無料)
 主 催:九条の会東京連絡会
 渡辺治さんに、総選挙について、総選挙後の情勢を見据えた今後の運動について、存分に語っていただきます。皆さん、ご参加ください。


[PR]
by daisukepro | 2017-10-29 18:52 | 憲法

日本国憲法第13条 すべて国民は個人として尊重される

c0013092_16475553.jpeg
ECDさんの『他人の始まり因果の終わり』。60年生まれ、吉祥寺育ち。自分を個として尊重できない戦争世代の父と母、核家族の中で個であることを求めた僕と妻。他人が始まり因果が終わる。泣きたくなるほど苦しいけど希望も見えてくる。
[PR]
by daisukepro | 2017-10-29 17:01 | 憲法

こけたレポート25 雨はつらいよ

c0013092_16203527.jpg
こけたレポート25
 
しろい きのこ
きいろい きのこ 
あめの日 
しずかな日
(八木重吉詩集秋の瞳より)
遠いい雷鳴。あめふる。コケて98日目、いえにいる 
心がからっぽ
そんな人はいるんか。(iphone6)

[PR]
by daisukepro | 2017-10-29 16:36 | コケタレポート

こけたレポート24 安倍晋三はとんでもない人です

コケタレポート24

c0013092_20553678.jpg

 コケテ右腕挫傷した。妙なことに、気がつけば足腰が不自由になった。杖が頼りの日々、不治三ヶ月からの出発、日常を取り戻すに至らない。集会の会場までメトロに乗り、後楽園から遊園地を抜け会場のYMCAまで歩いた。万歩計は12000を超え新記録となった。初の遠征を喜ぶべきか悲しむべきか。お話の中身はFmAtvchで配信する予定だ。


 四合目からの出発「俳句」という本をよむ。その中で著者の安部筲人と金森徳次郎の会話が紹介されている。金森氏は私に向かってにこにこと、「憲法にも俳句が入っていますよ」というのでした。それは第二十三条、学問の 自由はこれを 保障する でした。学問の自由の条文であったことが、私を楽しくさせました。


 片山社会党政権の時代があった。駅前広場、繁華街には闇市がたち、米軍の払い下げ物資などが売買されていた。外食券食堂という名の食堂が残っていた。(政府が発行した食券で外食ができる制度) そのころ私は新制中学1年生になった。国会図書館長であった金森氏の講演を聞いた。講堂に集められた中学生を前に金森氏はいきなり「きみたち暗いね」と言った。その声は耳に残っている。講演は憲法についてだったと思うが忘れてしまった。理解できなかったのだろう。

 

 安倍政権(政権与党)は憲法違反の法律「秘密保護法」「共謀罪法」「国家安全基本法」を多数決で次々と量産した。議会の多数派が多数決で憲法を破壊するのは暴力である。国会前に集まった市民から「立憲主義を守れ」というコールが湧き上がる。当たり前のことだ。


 立憲主義とは、政治はあらかじめ定められた憲法の枠のなかで行わなければならないというものである。さまざまな法のなかでも憲法は、ほかの法がつくられる際の原則や手続きなどを定める点で、法のなかの法という性格をもつ(最高法規性)。国家権力は憲法によって権限をさずけられ、国家権力の行使は憲法により制限される。憲法は、個人の尊重が目的とされ、人間らしい生活を保障するものであり、政治権力がそうした目的に違反することは、憲法によって禁止される。そして、国民の権利が国家によって侵害された場合には、司法などによって法的な救済がなされることになる。ここまでは高校の教科書(現代社会)にのっている。


 戦前、金森氏は岡田啓介内閣の法制局長官であったが、自著「帝国憲法要説」が右翼から批判され辞任に追い込まれた。戦後吉田内閣の憲法担当国務大臣、初代国会図書館長を務めた。      


では内閣法制局とは何か、平たく言えば憲法の番人です。

憲法学者樋口陽一さんは下記のように説明をしている。解りやすい。


 日本の内閣法制局は、明治以来の由緒ある役所で、もともとはフランスのコンセイユ・デタ(国務院)をモデルにしたものです。コンセイユ・デタは非常に権威のある機関で、官僚養成学校である国立行政学院(ENA)の一番成績のいい人がいく役所です。国を相手取った行政訴訟の最高裁判所の役割と、政府の諮問に応じて法的な意見を述べる機能をもっています。日本の内閣法制局は、後者の機能だけで、しかも初めからそこに行くわけではなく、他の行政官庁に行って、法律家として優れていると目された人が行く。それでも、長官人事はその組織の中から出すことになっていて、それなりの独立性を保っていました。そこに初めて手を突っ込んだのが安倍政権。こういうことをやると、次の首相が出てきたら、自分の考えに沿った人を長官に据えて、また憲法解釈が変わるとなると、法の安定性が失われますね。そういう道を作ってしまった(樋口)


 モリカケ問題は小さな問題ではない。経済特区制度を利用して権力者が腹心の友のために利益を供与した。こういうことをやると、直接口で言わなくても目で命令すれば権力者は好き放題、何でもできる。安倍晋三が悪質なのはこの事実すら認めようとしない。本人から直接聞いた人は誰もいないと否定し続けている。次の権力者はもっと巧妙な手口を考えるだろう、李下に冠をただすふりをしてお友達と甘い汁を吸う、この道をつくったのです。

それだけでなく、安倍晋三は平和憲法を戦争憲法に変えようとしている。とんでもない人です。

c0013092_20553678.jpg


[PR]
by daisukepro | 2017-10-28 21:27 | コケタレポート

アメリカのケネディ大統領暗殺事件(1963年11月)に関する約2900点の機密指定資料が10月27日、公開された。国益上の観点から、一部は180日間かけて公開の可否を判断するという。



アメリカの現職大統領が公の場で射殺されるという前代未聞の事件には不可解な点を指摘する声もあり、今回の公開は注目を集めそうだ。公開をめぐってはトランプ大統領がTwitterで「興味深い!」などと述べていた。

事件は1963年11月22日、テキサス州ダラスで起きた。当時大統領だったケネディ氏は夫人らとオープンカーに乗り、市内をパレード中に射殺狙撃され、弾が頭に命中するなどして死亡した。

事件を検証したウォーレン委員会は、元海兵隊員のオズワルド氏による単独犯行と断定したが、オズワルド氏は事件直後、警察署内で別の男に射殺され、全容解明には至らなかった。(ハフィングポストより転載)


[PR]
by daisukepro | 2017-10-28 08:14 | マスコミ

日本ナショナリズムの源流 講師梅田正巳(編集者)

梅田正巳さんのお話をFMAが取材しました。戦争を知らない世代が日本ナショナリズムの歴史を学ぶこと、それは大切なことです。教科書では教えません。
配信します。しばらくお待ちください。
c0013092_01012853.jpg

[PR]
by daisukepro | 2017-10-28 01:20 | 文化