<   2017年 11月 ( 145 )   > この月の画像一覧

米軍の戦略爆撃機を航空自衛隊の戦闘機が「護衛」する訓練

 核兵器を搭載できる米軍の戦略爆撃機を航空自衛隊の戦闘機が「護衛」する訓練が8月に実施されたことが29日までに、明らかになりました。これに対し、日本平和委員会は「憲法違反、非核3原則蹂躙(じゅうりん)の米軍の核軍事威嚇(いかく)行動への加担の全面中止」を求める声明を発表し、強く抗議しています。


 この爆撃機は米空軍の戦略爆撃機B52Hストラトフォートレス。核・ミサイル開発をすすめる北朝鮮をにらんで、米軍がグアムから飛来させました。

 防衛省は、19日に報道されるまで、訓練を公表していませんでした。小野寺五典防衛相は21日の閣議後の会見で、今年8月22日に空自がB52と共同訓練を実施したことを認め「航空自衛隊のF15戦闘機2機が、米空軍の戦略爆撃機B52、2機と編隊航法訓練を実施した」と明らかにしました。

 米軍の戦略爆撃機のなかでもB52は、核攻撃能力を保持する爆撃機です。同機はTNT火薬換算の核爆発エネルギーで広島型原爆(15キロトン)80発分、長崎型原爆(22キロトン)55発分にあたる1200キロトンの核爆弾や最大150キロトンの核弾頭を装着した巡航ミサイルを搭載可能です。

 米太平洋軍は2004年以来、グアムにB1B、B2、B52の戦略爆撃機部隊を米本土から交代で切れ間なく展開させ、インド・アジア太平洋地域の軍事作戦にいつでも投入できる「継続的爆撃機展開」(CBP)態勢をとっています。07年以降、通常兵器による攻撃に任務が限定されているB1爆撃は、すでに昨年9月から、繰り返し航空自衛隊の戦闘機との共同訓練を実施しています。

 広島、長崎への原爆投下で、1945年12月末までの推計でも21万人が死亡した唯一の戦争被爆国で「持たず、つくらず、持ち込ませず」の非核三原則を持つ日本。安倍自公政権の下で、非核三原則を破壊し、米軍の核攻撃に加担しかねない事態が進んでいます。



[PR]
by daisukepro | 2017-11-30 22:00 | 米軍基地

爆風17

 酔いの醒めた小林隆助は戸塚陽太郎ら庶務科警備の同僚とともに、あちこちが発生する火事の消火に奔走していた。小林家の食卓には、いざという時に服用する青酸カリのカプセルとサイダ―、カルピスの瓶が並んでいる。私たち貴重品のサイダ―やカルピスに目を奪われて、母親に早く飲ませろとせがんだがもちろん拒否された。このようにして、玉砕へ向けて時は一刻一刻進んでいった。

 国民学校2年生担任の鈴木久子先生は、朝日町の官舎で母親と兄夫婦、その長男の邦昭、預かっている挺身隊員の栗原松江、萩原愛子の7人で8月25日を迎えた。朝食後に町内会を通じて「男性は全員ロータリーに集結すること」との伝達を受ける。兄は冬用の衣類と食糧を持って出かけた。兄が出て行くと急に心細くなった。《東京陵はこれからどうなるのだろう。電気も水道も止まり、無防備になった町はソ連軍の進駐より先に、満人の暴徒に襲われるに違いない。しかしこちらには青酸カリがある。いざとなったら飲めばいい。何も怖がることはない》。鈴木先生は居直りの気持ちに達し気が楽になった。

 午後1時頃、道路が男達の声で騒がしくなった。遼陽へ向けて出発したはずの兄が帰ってきて「男たちがいなくなって家族を死地へ放り出すより、みんな一緒に死のうということになった」と言う。久子は《もちろんその方がいいに決まっている》と思った。

 夕方になると「国民学校に火薬を積んで玉砕する。行動を共にする者は9時に半鐘を鳴らすのでそれを合図に集合すること」との指示が町内会から伝達された。挺身隊員の栗原、萩原の両名から「一緒に学校へ連れて行ってください」と頼まれた。甥の邦昭は生後46日、兄嫁はしっかり抱きしめて頬ずりしている。母は薄化粧をして和服に着替えた。久子はいつもの教師の服装で学校へ行くことにした。

 そこへ同じ朝日町に住む軍属の猪野が来て久子の母に「うちの家内が恥ずかしくない最後を迎えられるようご指導ください」と頭を下げた。本人は部隊の任務があって奥さんと同道できないという。久子の母は目に涙を浮かべながら引き受けた。午後7時、今まで大事にとっておいた配給のカニ缶を開け、畑のさつま芋を掘りだして食卓を飾り最後の宴とした。

 夕食が終わると町内の半鐘が鳴る中を一同揃って学校へ向かった。月が煌々と照らす道に学校を目指す流れができている。逆に迫りくる死を逃れて東へ向かう流れもある。路上で生と死が交錯する。すれ違う際、知っている顔が見みえるとしばらく立ち止まって深々と無言で頭を下げ合った。


[PR]
by daisukepro | 2017-11-30 21:45 | 爆風

潮流(赤旗転載)

スポーツと絵を描くことが大好きなモンゴルの少年が異国の地を踏んだのは16歳のときでした。力士にならないかという誘いより、「日本に行ってみたい」と気持ちが動きました▼デビュー当時から体重が増えず、稽古よりもつらかった食事。兄弟子の監視の下、食べては吐いてのくり返し。ガリガリの体が嫌で他の力士の前でまわしをつけるのが恥ずかしく、トイレにこもった日々も…(『横綱』)▼20歳で新入幕を果たし、8年後の2012年、ついに最高位まで上り詰めました。軽量を補うスピード相撲。「真っ向勝負」「全身全霊」を身上としたように、なによりも心の強さで大型力士たちに対しました▼第70代横綱の日馬富士が暴行問題の責任をとって引退しました。発覚後さまざまな臆測が飛び交いましたが、関係者から送られてきたという貴ノ岩の頭部の写真は生々しい。裂傷が見られ医療用のホチキスが打たれていました▼「横綱として、やってはいけないことをやってしまった」。本人はそういいながら、礼儀と礼節がなっていない時に教えるのが義務、叱ったことが彼を傷つけ世間を騒がせたとも。そこに暴力への真剣な反省があるのか、首をかしげざるをえません。それは暴力が絶えない角界全体にも通じます▼社会貢献にも熱心だった日馬富士。相撲を通じ希望を与えられるようにとがんばってきた力士が、こんな形で土俵を去ることになろうとは。その痛恨を一人ひとりが胸に刻み、暴力根絶を誓わないかぎり、再生は遠い。


ことの起こりを振り返ると真犯人はひとりいるんでないの。バンザイしてるからね(岡目八目)



[PR]
by daisukepro | 2017-11-30 20:04 | 潮流(赤旗)

こけたレポート37

こけたレポート37

秋の日、白いベンチよ、お前はうら悲しい。ハーフコースを2回徘徊した。おとめ坂の女の館跡に何が立つか。売却先は東京都らしい。奢る白鵬は久しからず。夜は雨か。(iphone6)

c0013092_18092414.jpg


[PR]
by daisukepro | 2017-11-30 19:44 | コケタレポート

志位和夫委員長は29日、北朝鮮が同日、弾道ミサイルを発射したことについて、次の談話を発表しました。

日本共産党の志位和夫委員長は29日、北朝鮮が同日、弾道ミサイルを発射したことについて、次の談話を発表しました。


写真

(写真)志位委員長

 一、北朝鮮は、本日未明、弾道ミサイル発射を強行し、日本の排他的経済水域内に落下した。繰り返される核実験と弾道ミサイル発射は、世界と地域の平和と安定にとって重大な脅威であるとともに、累次の国連安保理決議、6カ国協議共同声明、日朝平壌宣言に違反する暴挙である。

 日本共産党は、この暴挙を厳しく糾弾し、抗議する。

 一、甚大な犠牲と破滅をもたらす戦争は絶対に回避しなければならない。

 北朝鮮に対して、国連安保理決議を順守し、これ以上の軍事的な挑発を中止することを、厳重に求める。すべての関係国に対して、緊張を激化させる軍事的行動の自制を呼びかける。

 わが党は、現在の危機打開のために米朝両国が直接対話に踏み出すことを強く求めてきたが、それはいよいよ急務となっている。

 国際社会が一致結束して、経済制裁強化と一体に「対話による平和的解決」に取り組むことが、北朝鮮問題を解決する唯一の方策である。

 この点で、ティラーソン米国務長官が、今回の事態を受けて発表した声明で、「外交的選択肢は、現段階では、引き続き可能であり、オープンである。米国は、非核化に向けた平和的道筋の発見と、北朝鮮による好戦的行動の終結にコミットし続けている」とのべたことに、注目している。

 

 一、元米国防長官のウィリアム・ペリー氏は、「日本の指導者は、外交の失敗がもたらす帰結を理解する必要があります。外交の不在や見境のない発言は、戦争に、非常に壊滅的な核戦争に突入する条件を醸成してしまいます」とのべ、実行可能な軍事オプションは存在せず、外交と対話以外に解決策はないと強調している(「朝日」29日付)。

 1994年の北朝鮮の核危機の際、軍事攻撃を本格検討しながら、最後は直接対話に踏み切った元米国防長官のこの発言を、重く受け止めるべきである。

 日本政府に対して、従来の「対話否定」「軍事力行使容認」の立場をあらため、対話と交渉による解決のための外交努力をはかることを、強く要請する。

委員長の談話 関係国5カ国に送付

 日本共産党の志位和夫委員長が29日発表した北朝鮮の弾道ミサイル発射を糾弾する談話は、同日、北朝鮮の核問題に関する6カ国協議の参加国である、米、韓、中、ロの在京大使館および北朝鮮に送られました。

 また、この談話は、穀田恵二国対委員長から、森山裕自民党国対委員長を通じて、安倍晋三首相に届けました。



[PR]
by daisukepro | 2017-11-30 10:18 | 戦争への道

北朝鮮による新型大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射

【ニューヨーク共同】国連安全保障理事会は29日、北朝鮮による新型大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射を巡り緊急の公開会合を開いた。各理事国は、発射が安保理決議に違反するとして強く非難。全ての国連加盟国に対し、これまでの対北朝鮮制裁決議の厳密な履行を呼び掛ける。

 安保理内には制裁強化を求める声もある。議長国イタリアのカルディ国連大使は開催前、「(ミサイル発射は)極めて深刻な挑発行為だ。各国が強く非難するほか、さらなる措置を求める国もあるだろう」と述べた。

 会合は日米韓が開催を要請。

 29日、北朝鮮の弾道ミサイル発射を受け開催された国連安全保障理事会の緊急会合=ニューヨーク(共同)

 29日、北朝鮮の弾道ミサイル発射を受け開催された国連安全保障理事会の緊急会合=ニューヨーク(共同)


[PR]
by daisukepro | 2017-11-30 08:15 | 戦争への道

森友 値引き「口裏合わせ」 財務省、音声データ認める 衆院予算委 宮本議員、昭恵氏の喚問を要求

28日の衆院予算委員会で、学校法人「森友学園」に国有地がタダ同然で売却された疑惑の核心に迫った日本共産党の宮本岳志議員。宮本氏は、国有地の売却価格をめぐって森友学園と近畿財務局、大阪航空局が「口裏合わせ」をしていたと指摘。財務省は音声データに記録されたやりとりが事実であることを初めて認めました。


写真

(写真)森友学園問題で政府に質問する宮本岳志議員=28日、衆院予算委

宮本氏「適正答弁 ウソ明白」

検査院「仮定で処分量推計値は変動」

 安倍首相は国有地の8億2000万円の値引きの妥当性について「調べるのは会計検査院」と繰り返してきました。しかし、22日に国会に提出された会計検査院の報告書は、国有地売却に関し「必ずしも適切とは認められない」と結論。宮本氏は「この報告を受けてもなお『適正だった』との認識か」とただしました。

 麻生太郎財務相 慎重な調査検討を欠いていたという指摘は重く受け止める。土地の処分については、切迫した状況の中でぎりぎりの対応だった。

 宮本 全然答弁になっていない。「法令に基づき適正な価格で処分した」という国会答弁が、会計検査院自身によってウソだったことが明らかになったということだ。

 宮本氏は、「重く受け止める」と言いながら「時間がなかったから仕方がない」という言い逃れは許されないと追及。国交省が算定したゴミ撤去の見積もりについて、宮本氏が対象面積、ゴミの深度・混入率など「一つでも根拠があったか」とただすと、会計検査院は「ございません」と明言。財務省の「独立した立場で鑑定」したから適正という言い分も、不動産鑑定士から“国の推測が含まれていて不適当”とダメ出しされていたことを指摘しました。

 宮本 どれも十分な根拠を確認できなかったのだから「仮定の仕方によって」どうにでも計算できたのではないか。

 河戸光彦会計検査院長 仮定の仕方によっては処分量の推計値は大きく変動する状況にある。

 宮本氏は「さじ加減ひとつでどうにでも額が決められたということだ」と批判しました。

財務省「音声は学園訪問時のもの」

宮本氏「これは明確な背任」

 そのうえで、宮本氏は、ゴミ撤去費用の算定が国有地をタダ同然で売却するために行われた疑惑に言及しました。森友学園は昨年3月11日、国有地の地中から新たなゴミが見つかったとして近畿財務局に報告し、同月24日に土地の購入を申し入れています。

 宮本氏は、近畿財務局が土地の売却価格の見積もりを出すために、大阪航空局にゴミ撤去費用の算定を依頼した昨年3月下旬から4月上旬にかけて、森友学園と近畿財務局、大阪航空局が接触を繰り返していることを指摘。関西テレビが、同時期に行われた森友学園と近畿財務局、大阪航空局の会合の一つを録音した音声データと報じたやりとりをパネルで示し、事実関係の確認を求めました。

 宮本 関西テレビが放送した音声データを近畿財務局職員に確認しましたね。

 財務省の太田充理財局長 近畿財務局の職員に事実関係の確認を行った。音声データは森友学園側を訪問した際のやりとりと思われる。

 宮本 大阪航空局も同席していたか。

 太田局長 大阪航空局の方も同席していたと職員はいっている。

 宮本氏の追及に財務省は、記録の内容が事実であることを認めつつ、「必要な資料の提出をお願いする旨の話をした」との弁明を繰り返しました。

 宮本氏は「音声データに記録されているのは、財務省など国側職員と森友学園関係者が買い取り価格をめぐって『口裏合わせ』を行っていたという驚くべき事実だ」と指摘。地下深くまでゴミがあったことにして売却価格を引き下げる提案を国側から切り出している事実をつきつけました。

 やりとりでは、国側が「ストーリー」という言葉を使って、地下9メートルまでゴミが“混在”しているという筋書きを提起。工事業者は「9メートルというのは分からない」「3メートルより下からはゴミはそんなに出てきていない」と重ねて否定するものの、国側が森友学園側の代理人弁護士と一緒になって、工事業者を筋書き通りの結論に説得していく様子が示されています。

 宮本 こんな口裏合わせで、根拠も定かでない8億2000万円の大幅値引きをやって、国民の財産である国有地をタダ同然で売ってやる。これは明確な背任ではないか。

 太田局長 口裏合わせをして、地下埋設物の撤去費用を見積もろうとしたとの指摘は当たらない。

 太田局長は弁明を繰り返しながらも、「『ストーリー』という言葉を使っているのは、適切ではなかったと本人もいっている」と答弁。宮本氏は「もう一つ、動かぬ証拠を示す」と述べ、この工事業者が今年6月に会計検査院に提出した敷地図にも3メートルより深いところにあるゴミは示されていないことを指摘しました。

首 相「丁寧な説明積み重ねてきた」

宮本氏「奇怪 ウラに昭恵氏」

 そのうえで、宮本氏は「(土地を)売る側である国側から値引きを提案するなどという奇怪なことが、なぜ起こったのか」と提起。国側が土地価格を提案する直前の昨年3月15日、森友学園の籠池夫妻が安倍首相夫人の昭恵氏の名前をちらつかせて財務省の田村嘉啓国有財産審理室長と談判した経緯を指摘しました。

 田村室長は、一昨年11月に昭恵夫人付きの政府職員である谷査恵子氏の問い合わせに回答した本人。昭恵氏は国有地の売却交渉がされている最中に、森友学園の小学校の名誉校長に就任していました。

 宮本 これはもう、安倍昭恵氏が証人として自らの口で語る以外に「丁寧な説明」などしようがない。

 首相 私自身、国会において丁寧な説明を積み重ねてきた。

 宮本 安倍首相が「丁寧な説明」といっても国民が納得しないのは、昭恵さんが語らないからだ。

 首相 妻が名誉校長だったからといって、近畿財務局がそう簡単に、そういう(値引き)行為をすることはありえない。

 何一つ根拠も示さずに開き直る安倍首相。宮本氏は「こんな不可解なことが行われたのは、昭恵名誉校長の意向が働いた以外考えられない」と述べ、関係者の証人喚問を重ねて求めました。

図


[PR]
by daisukepro | 2017-11-29 23:11 | モリカケ事件

こけたレポート36 白いベンチ


c0013092_10220103.jpg
c0013092_10212715.jpg
こけたレポート36

11月25日、家族とご近所のOさんに力をかりて白いベンチを組み立て、ここにおいた。長い石段を上り下りすることはかなりの負担です。行き交う人々は誰でもじゆうにおすわりください。坂はきついです。どうぞ、このベンチでひと休みしてください。徘徊老人記(iphone6)



[PR]
by daisukepro | 2017-11-29 10:24 | コケタレポート

大飯原発再稼働 「安全無視」 知事が同意 福井県庁前で住民ら抗議(赤旗)

福井県の西川一誠知事は27日、関西電力大飯原発3、4号機(同県おおい町)の再稼働に同意しました。同日の定例記者会見で表明しました。おおい町と県議会は同意しており、西川知事の同意で再稼働に必要な地元手続きは完了したことになります。県庁前に集まった住民らは、安全を無視した同意に抗議の声をあげました。日本共産党の小池晃書記局長は同日の会見で、周辺自治体の京都府や滋賀県の知事が再稼働を容認できないなどとしているなかで、「福井県知事が認めたから再稼働などということは許されない」と強く批判しました。


写真

(写真)抗議の声を上げる参加者ら=27日、福井市

 原子力規制委員会が新規制基準に適合したとする原発の再稼働に、西川知事が同意するのは2015年12月の関電高浜原発3、4号機(同県高浜町)に次いで2回目。

 規制委は9月に審査を終了。2基は現在、規制委が最終確認手続きの使用前検査を進めています。関電は、3号機を来年1月中旬、4号機を3月中旬に再稼働する見通しを立てています。

 大飯3、4号機は新規制基準が施行される前の12年7月、夏場の電力需給への懸念などを理由に政府が一度再稼働させました。13年9月に定期検査のため停止した後の14年5月、福井地裁は住民が起こした運転差し止め訴訟の判決で、原発の本質的危険を認め、「原発を運転してはならない」と断じました。

図

 名古屋高裁金沢支部での控訴審は20日結審しましたが、判決は出ていません。

 西川知事が大飯原発3、4号機の再稼働に同意を表明したのに対し、県庁前の抗議行動に集まった人たちから怒りの声が上がりました。

 参加者らは、「国の言うことばかりきいて、地方自治になっていない」「県として説明会も開いていない」などと西川知事の無責任さを非難しました。

 原発問題住民運動県連絡会の林広員事務局長はフクシマの悲惨さを告発し、「事故原因も不明なのに、高浜(原発3、4号機)に続き、大飯も再稼働なんて狂気の沙汰だ」と訴えました。

 日本共産党の佐藤正雄県議は福島事故の教訓として集中立地する原発の再稼働について、「事故のとき収束に大変な問題が生じる」とし、金元幸枝県書記長は「使用済み核燃料は処分方法がない」として再稼働の無謀さを強調しました。



[PR]
by daisukepro | 2017-11-28 21:20 | 脱原発

20171123山城共同インタビュー



20171123山城共同インタビューFmATVch
2017/11/25 に公開
保釈中で、本土講演に忙しく飛び回る山城博治さんにご自身の裁判、「安保最前線、戦争導火線の沖縄」の現状を熱く語ってもらいました。
闘いの歌を交えて。沖縄・本土を非武の国にするために。
FmA自由メディア  撮影:大場 広報:小林・はた

[PR]
by daisukepro | 2017-11-28 01:28 | FmATVch