<   2017年 12月 ( 43 )   > この月の画像一覧

核兵器が使われるリスクは冷戦末期より高い

【オスロ共同】ノーベル平和賞を受賞した非政府組織(NGO)「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)のフィン事務局長は10日、ノルウェー・オスロでの授賞式演説で「核兵器が使われるリスクは冷戦末期より高い」と述べ、各国政府に核兵器禁止条約に加わるよう求めた。条約に反対する米ロなど核保有五大国や北朝鮮を名指しで非難。日本も該当する「核の傘」に入る国には「共犯者になるのか」と問い掛け、核廃絶を改めて訴えた。五大国の大使はいずれも授賞式を欠席した。

 核禁止条約は史上初めて核兵器を非合法化する条約で7月、国連で採択された。

 平和賞の授賞式会場で演説する(左から)ノーベル賞委員会のレイスアンデルセン委員長、サーロー節子さん、ICANのベアトリス・フィン事務局長=10日、オスロ(共同)

 平和賞の授賞式会場で演説する(左から)ノーベル賞委員会のレイスアンデルセン委員長、サーロー節子さん、ICANのベアトリス・フィン事務局長=10日、オスロ(共同)


[PR]
by daisukepro | 2017-12-12 01:13 | 核廃絶

A wave of anger against a US decisionhas spread from Asia

A wave of anger against a US decision to recognise Jerusalem as Israel's capital has spread from Asia, through the Middle East, to North Africa, with tens of thousands of people taking to the streets to denounce the controversial move.

Protesters filled central avenues and squares in a number of major international cities on Sunday, waving the flag of Palestine and shouting slogans to express their solidarity with the Palestinians, who see East Jerusalem as the capital of their future state.

US President Donald Trump's announcement on Wednesday drew near-universal condemnation from world leaders and inflamed the Palestinian-Israeli conflict, with violence flaring up in the occupied Palestinian territories for a fifth day.

According to the Palestinian Red Crescent, 157 people were injured on Sunday in confrontations with Israeli forces in the occupied West Bank, Jerusalem and Gaza.

At least four Palestinians have been killed in the Gaza Strip since the US declaration.

A protest outside the US embassy in Lebanon's Beirut turned violent [Mohamed Azakir/Reuters]

Clashes also erupted on Sunday at a protest in Beirut, where demonstrators fought with security forces outside the US embassy in the Lebanese capital.

Demonstrators set fires in the street, torched US and Israeli flags and threw stones at police officers, who responded with tear gas and water cannon.

Adnan Abdullah, a protester in Beirut, said Trump's Jerusalem decision "will not happen as long as there are people like us".

Another demonstrator, whose face was hidden behind a black mask, held up a tear gas canister and condemned Lebanese forces for "defending America".

READ MORE

US Jerusalem move dominates Macron-Netanyahu talks

He went on to add, "There is no one by our side. None of the Arab countries. Oh God, we will raise the Palestinian flag"

Arab foreign ministers, in a resolution on Sunday, urged Trump to rescind the decision and have called for a UN Security Council condemnation of the shift in US policy.

Meanwhile, more than 5,000 Indonesians rallied outside the US embassy in Jakarta to vent their anger for a second day. Protesters carried Palestinian flags and banners saying "Pray for Palestine".

"We are not satisfied with just official statements," said Nurjannah Nurwani, one of the lead organisers of the gathering. "We need follow-up, international lobbying which could pressure them into withdrawing their decision."

Another female protester in Jakarta urged Trump to "use his brain" and "withdraw from Jerusalem".

Indonesian President Joko Widodo has condemned Trump's decision. On Thursday, he ordered the US ambassador in Jakarta to be summoned over the move.

Demonstrators wave Turkish and Palestinian flags at a rally in Istanbul [Osman Orsal/Reuters]

In Turkey's Istanbul, thousands of demonstrators took to the streets again, transforming the city's Yenikapi Square into a sea of Turkish and Palestinian flags.

"I feel like I should defend Palestine because I don't know any other way to defend them," said Ananda Sereka, who was at the protest. "So this is what I can do. This is the least I can do."

Israeli crackdown brings protests in Jerusalem to standstill

Turkey's President Recep Tayyip Erdogan, one of the most vocal critics of Trump's move, has called the declaration "null and void" and vowed to fight it.

He has also called a summit of Islamic countries to discuss the move on Wednesday.

In Rabat, Morocco's capital, protesters yelled slurs against Trump and carried banners saying Jerusalem belonged to Palestine.

Al Jazeera's Hashem Ahelbarra, reporting from Rabat, said the protest was "a show of solidarity with the Palestinian people but also an opportunity to express anger" over Trump's decision.

"The protesters came from all walks of life," he said. "Government officials, members of the opposition, seculars and conservatives - all denouncing what they consider to be a decision that could destabilise the region."

Demonstrators in Rabat expressed their opposition to Trump's decision [Reuters]

Mohamed Boussaid, Morocco's finance minister, said the demonstration was a way "to express our indignation and un-satisfaction" and to show that "we refuse completely the decision taken by the president of the US".

Protester Mohamed Alghram agreed.

"We totally reject the decision that targets the most sacred place for us and we say no," he said. "Jerusalem is a red line."

Jerusalem is home to Islam's third holiest site and its status is deeply sensitive for Muslims.

In Indian-administered Kashmir, protesters took a different approach.

Residents of the capital Srinagar, home to 1.1 million people, closed their shops and abandoned the streets in protest. Salman Khan, a Srinagar resident, told the ANI news agency that Trump's decision was "completely unjust".

Muslim solidarity with Palestine also spread to the war-torn nations of Yemen and Syria.

Further protests were held in Egypt, where students and professors demonstrated at the Al-Azhar university.

In Pakistan's Karachi, hundreds of protesters marched towards the US Consulate in the city, but were turned back by riot police.


[PR]
by daisukepro | 2017-12-11 14:11 | 中東問題

イシグロ氏の母親は長崎の原爆で被爆した。

【ストックホルム共同】今年のノーベル文学賞を受賞した長崎出身の英国人作家カズオ・イシグロ氏(63)は10日夜、スウェーデンの首都ストックホルムで共同通信の取材に応じ「すばらしい栄誉だ。日本の人々、特に私にとってかけがえのない思い出がある長崎の人々と賞を分かち合いたい」と喜びを語った。

 授賞式の直後に取材に応じた。記念の晩さん会でのスピーチでは、5歳の時に母親から日本語でノーベル賞が「ヘイワ(平和)」促進の賞だと教えられたことを紹介、それは「私たちの街、長崎が原爆により壊滅したわずか14年後だった」と語った。イシグロ氏の母親は長崎の原爆で被爆した。

 ノーベル賞授賞式後の晩さん会でスピーチするカズオ・イシグロ氏=10日、ストックホルム(共同)

 ノーベル賞授賞式後の晩さん会でスピーチするカズオ・イシグロ氏=10日、ストックホルム(共同)


[PR]
by daisukepro | 2017-12-11 11:36 | 核廃絶

「フェイクニュースVS調査報道 日米メディアの課題」

「フェイクニュースVS調査報道 日米メディアの課題」講師:立岩陽一郎さん(ジャーナリスト、元NHK記者)(2017年12月9日 千代田区・法政大学;市ヶ谷キャンパス)2017年JCJ12月集会の立岩さんの講演部分のみの動画です。FmATVchより独占録画配信中です。講演後の質疑応答等、集会の全体のもようは、下記の動画でご覧になれます。 https://youtu.be/2Zwsvwnp2gk  カメラ大場、東野 編集 東野
質疑応答を付加してあります。

[PR]
by daisukepro | 2017-12-11 11:28 | FmATVch

裏庭の園芸12ヶ月冬-3

裏庭の園芸12ヶ月冬-3

サクラの葉っぱが落ちてモミジの紅葉がはじまった。北風がくれたテーブルかけ。ブーツ少年も80歳の老人だ。桂の葉っぱは紅葉する間もなく緑色して地に落ちた。掃くだけで大仕事だ。カラスはサクラの枝ぶりの下見に、6月の巣作りのためか、カアと鳴く。


c0013092_11105956.jpg
c0013092_11114292.jpg


[PR]
by daisukepro | 2017-12-11 11:14 | 裏庭の園芸12ヶ月

羽田新ルート 横田空域の返還はどうなる(東京新聞)

c0013092_21272616.jpg
c0013092_21282211.jpg

[PR]
by daisukepro | 2017-12-10 21:31 | 米軍基地

水素発電施設が神戸で完成 世界初、市街地へ供給実験

来年1月に神戸市で、水素を燃料として発電した電気や熱を病院などの公共施設に供給する実証実験が始まるのを前に、水素発電のプラントが同市中央区のポートアイランドに完成し10日、記念式典が開かれた。市などによると、市街地での実証実験は世界初という。

 実験は来年1月下旬から3月中旬までの予定で、市が進める水素を活用した都市づくりの一環。水素は発電時には二酸化炭素を排出しないため、クリーンなエネルギーとして注目されている。

 プラントの敷地は約3700平方メートル。水素だけを燃焼させたり、天然ガスを混ぜて発電したりして、安定して運用できるかを調べる。

(共同)

[PR]
by daisukepro | 2017-12-10 20:35 | 脱原発

「フェイクニュースVS調査報道 日米メディアの課題」

「フェイクニュースVS調査報道 日米メディアの課題」講師:立岩陽一郎さん(ジャーナリスト、元NHK記者)(2017年12月9日 千代田区・法政大学;市ヶ谷キャンパス)2017年JCJ12月集会の立岩さんの講演部分のみの動画です。FmATVchより独占録画配信中です。講演後の質疑応答等、集会の全体のもようは、下記の動画でご覧になれます。 https://youtu.be/2Zwsvwnp2gk  カメラ大場、東野 編集 東野
c0013092_19525891.png
c0013092_19523672.png


[PR]
by daisukepro | 2017-12-10 19:54 | FmATVch

米朝に「核兵器使うな」 サーローさん、日本も道義的責任

【オスロ共同】今年のノーベル平和賞に決まった非政府組織(NGO)「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)のフィン事務局長やカナダ在住の被爆者サーロー節子さん(85)が9日、ノルウェー・オスロで10日の授賞式を前に記者会見した。サーローさんは対立が激化する米国と北朝鮮に「絶対に核兵器を使ってはならない」と訴え、核問題の外交解決を求めた。日本は核廃絶を目指す「道義的責任がある」と述べ、核兵器禁止条約に反対する日本政府を批判した。

 サーローさんは「被爆者は容認し難い苦しみを受けた」と強調。授賞式での演説で、原爆投下直後の広島の惨状について語ると明らかにした。

 ノーベル平和賞の授賞式を前に、記者会見するサーロー節子さん=9日、オスロ(共同)

 ノーベル平和賞の授賞式を前に、記者会見するサーロー節子さん=9日、オスロ(共同)


[PR]
by daisukepro | 2017-12-10 08:42 | 核廃絶

「12・8」から76年 戦争の悲惨さ繰り返さぬため(赤旗主張より転載)

朝鮮半島や中国大陸、さらには東南アジアへと侵略をすすめていた戦前の日本が、アメリカ・ハワイの真珠湾や当時イギリス領のマレー半島コタバルを攻撃し、アジア・太平洋戦争の戦線を拡大した1941年12月8日から76年を迎えます。今年は当時「満州」と呼ばれた中国東北部へ侵略を開始してから86年、中国全土に侵略を拡張してからも80年にあたります。

 15年にわたる侵略戦争で戦前の日本は自国民とアジアの人々に莫大(ばくだい)な被害を与えました。戦争の悲惨さへの思いを新たに平和の叫びを上げ続けることは戦争の誤りを繰り返さないために不可欠です。

「戦争は人を狂わせる」

 「戦争をなくすために大事なことはまず戦争を知ることである」。財界人の一人、丹羽宇一郎氏が今年夏出版した著作『戦争の大問題』でこう指摘したことが反響を呼びました。国内の被害だけでなく、中国や太平洋の島々での住民虐殺や飢えた兵士同士の「人肉食」を通じ、「戦争は人を狂わせる」とその悲惨さを指摘したものです。

 戦前の日本が、海外に領土と利権を求めて開始した侵略戦争は、日本国民310万人以上と2000万人を超すアジア諸国民を犠牲にし、国内と侵略した国々で国土を荒廃させました。戦争を直接知る世代が少なくなる中でも、その悲惨な体験と傷痕は語り継いでいかなければなりません。

 広大な大陸の中国や圧倒的に国力が勝るアメリカを相手に、何の見通しもなく開始した戦争は、たちまち行き詰まります。中国大陸やアジア太平洋の各地へ侵略を拡大した日本軍は十分な補給も得られず、「軍人勅諭」や「戦陣訓」などで投降も認められず、「焼き尽くし、殺し尽くし、奪い尽くす」と言われた野蛮な略奪、戦死や病死でもない悲惨な餓死、「玉砕」「転進」などとごまかした敗走を余儀なくされたのです。国内や植民地からは人も資源も動員され、人類初の原爆投下や無差別爆撃などでも大きな犠牲を生みました。

 中国大陸での侵略戦争を本格化させた後、当時の中国の政府が置かれていた南京に軍を進め、投降を求めた中国兵や一般の民衆など数万とも数十万人とも言われる人々の命を奪った「南京大虐殺」が起きたのはちょうど80年前の12月初めでした。捕虜にしても食べさせる食料もなかったことが背景の一つと言われています。

 アジア・太平洋戦争の末期、地上戦の舞台となった沖縄の惨状は深刻です。住民は米軍の攻撃にさらされただけではなく、日本軍によっても戦争にかり出されたうえ、「スパイ」などの不当な口実で弾圧され、「自決」や集団死を強制されたのです。敗戦後も米軍の占領下で土地は奪われ、広大な米軍基地として今も県民の苦しみは続いています。

「戦争する国」にならない

 日本の敗戦の翌年、46年に制定された憲法は「政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにする」ことを定めました。文字通り戦後日本の出発点です。

 異常な「靖国派」の安倍晋三政権が戦争法の制定など憲法破壊を繰り返し、そのうえ憲法に自衛隊を書き込む改憲まで策しているのは、その原点を破壊するものです。二度と「戦争する国」にならないためにも、12・8を機に戦争の悲惨さを伝え続けることが重要です。



[PR]
by daisukepro | 2017-12-09 09:45 | 戦争