国会事故調第5回委員会と記者会見

国会事故調第5回委員会と記者会見

メザーブ参考人は元米国原子力規制委員会委員長です。(写真)c0013092_10113654.jpg記者会見でメザーブ博士は「アメリカ海軍の原子力潜水艦で原子炉の操作技術を学ぶ。人材はそこで育成することができる。約100艘ある」と述べました。アメリカ海軍が実際にどのくらい原潜を保有しているかWEBで調べて見ました。よくしたものである軍事オタクと自称する人がいて「オハイオ級SSBN:18
ロサンゼルス級SS:52(10隻が退役)
シーウルフ級SS:3
ヴァージニア級SS:5(7隻が建造/就航予定)

SSBN:戦略ミサイル原子力潜水艦

SS:攻撃型潜水艦

合計78隻です」と記述しています。考えてみればロシア、中国海軍も原潜を保有していますから正確には分かりませんが100艘を越える原発が世界の海を航行していることになります。恐ろしいですね。使用済み核燃料、冷却水などの処理はどうしているのでしょうか。
放射能もれなどの事故を起こしたことはないのでしょうか。乗組員の健康など心配になります。
ウイキペディアは「原子力潜水艦はすべて加圧水型原子炉(PWR)を搭載している」と説明しています。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8E%9F%E5%AD%90%E5%8A%9B%E6%BD%9C%E6%B0%B4%E8%89%A6



[PR]
# by daisukepro | 2012-03-05 09:50 | 脱原発

脱原発杉並デモ

脱原発杉並デモ

2月19日、杉並区蚕糸の森公園
脱原発を求めて5000人の市民が集まり、杉並の街を行進しました。労働組合主催などのデモには参加しにくい町の人びとがツイッターなどで呼びかけ合って集まりました。「おだやかデモ」とか「ツイッターデモ」と呼ばれているようです。
これはJCJCASTの録画配信です。

[PR]
# by daisukepro | 2012-02-28 11:23 | 脱原発

第4回国会事故調 記者会見

第4回国会事故調査委員会 記者会見
JCJCAST中継より

委員会審議は衆議院TVビデオライブラリーで閲覧できます。
アドレス下記
http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php?ex=VL

参考人は班目春樹原子力安全委員会委員長、寺坂信昭前原子力安全・保安院長。
班目委員長は安全指針に瑕疵があったことを認め、寺坂前原子力安全・保安院長は文科系で原子力の科学的知識がなかったことを認め、また、議事録を取らなかったと平然と述べました。議事録隠蔽、真相隠しの責任者です。二人とも肩書きにある安全とは名ばかりであると認めたのです。肝心な所に来ると記憶にないの連発です。国民を原子力災害から守る認識の欠除が明らかになりました。人類の恥である。こんなことを許しておいていいのだろうか。黒川清委員長ら国会事故調のメンバーに拍手を送りたい。




c0013092_711719.jpg写真は黒川清委員長

c0013092_7103633.jpg

[PR]
# by daisukepro | 2012-02-24 07:11 | 脱原発

アメリカの戦争報道と情報自由法(桂敬一×土田修)

アメリカで最も危険な男の話です。(ペンタゴンペーパーズを公開した男エルズバーグ)

下記アドレスを選択してクリックすると開きます。
http://democracynow.jp/sites/default/files/real/2009-09-16-2.ram
再生には先にRealPlayerをダウンロードしてください。無料です。
#RealPlayer jp.real.com/t



[PR]
# by daisukepro | 2012-02-18 11:25 | マスコミ

2・11さようなら原発1000万人アクション代々木公園

2012年2月11日、
「さようなら原発
1000万人アクション」
東京・代々木公園



jcjcastの中継録画です。

大江錬三郎、澤地久枝、落合恵子、山本太郎さんら
全登壇者の発言が録画されています。是非ご覧下さい。拡散してください。
発見の同好会編集部WEB委員会



[PR]
# by daisukepro | 2012-02-15 09:19 | 脱原発

2012/2/8さようなら原発記者会見 大江健三郎氏のコメント

c0013092_11103563.jpg


2012年2月8日 日本外国人特派員協会記者クラブで開かれた「さようなら原発1000万人署名」呼びかけ人の記者会見抜粋です。記者の質疑応答の一部もJCJCASTに中継録画されていますので
ご覧下さい。拡散を希望します。

落合恵子さんのコメント



大江健三郎さんのコメント


[PR]
# by daisukepro | 2012-02-09 10:52 | 脱原発

秀吉と正宗

使用済み家電類を処分しないとゴミ屋敷になりかねない。そこで廃品回収業者に処分をお願いすることになった。やがて現れたおじさんの両肩に2匹の猫がのっていた。その名を秀吉と正宗という。
大きな鈴を付けたクロネコが正宗、茶色が秀吉、秀吉は年寄りなので貫禄がある。微動だにしない。おじさんが回収している間、おとなしく待っている。人を怖がることも無く、おじさんの仕事が終わるとまた肩にとびのり帰って行った。5000円ほどかかった。屋号は猫の手という。
しゃれた人生があるものだ。
c0013092_120365.jpg
c0013092_120999.jpg
[PR]
# by daisukepro | 2012-02-04 12:06 | 有路地の出来事

第3回国会原発事故調 埼玉県加須市 参考人井戸川双葉町長

東京電力福島原子力発電所事故調査委員会
第3回委員会
参考人として井戸川双葉町長が発言
加須市に避難したままいまだに故郷に帰れない人びととのタウンミ−ティング全中継

国会事故調第3回委員会は埼玉県加須市で開かれた。なぜかというと、そこに双葉町の被害者たちが避難して暮らしているからである。天災に原発事故が重なって、いまだに故郷に帰ることができない。オレたちはこれからどうなるのか。ふたたび故郷に帰る日はくるのか。井戸川双葉町長の参考人発言の後、タウンミーティングが始まった。政府、東電が被害者に冷たく、手をさしのべようとしてこなかったか、見て見ぬ振りしてきたか 被害者発言を聞いているうちに胸が痛み、怒りを通リすぎてもの悲しくなった。あの日航でさえ、被害者宅を一軒一軒、社員を訪ねさせ、謝罪し、遺族の話を聞いて賠償したではないか。東電とうい大企業ができないことはない。経営者が業務命令を出せばいい。今からでも遅くない。
東電の経営は国にも責任がある。こどもたちが体内被曝してるかどうか、ただちに調べて対処するのが行政の責務である。人でなしとののしられることがないよう、政府と東電は誠意を示して欲しい。





c0013092_19485946.jpg(写真左井戸川町長、右黒川清委員長)
c0013092_19482859.jpg






[PR]
# by daisukepro | 2012-02-01 19:25 | 脱原発

国会事故調第2回委員会の証言

1


2



3
[PR]
# by daisukepro | 2012-01-18 14:16 | 脱原発

原子力安全基盤機構の丸写し体質

原子力安全基盤機構の丸写し体質
これでは原発の安全は守れない。




 c0013092_2139239.jpg原発に納入される核燃料のチェックを行う原子力安全基盤機構が検査を受ける会社(核燃料加工会社)が作成した要領書(検査手順を定めたもの)をもとに検査していたことが第三者委員会の調査で判明した。これは2003年、同機構設立当初から常態化していたという。(読売新聞1月13日)

 アメリカ映画「チャイナシンドローム」(1979年3月16日公開)にこんなエピソードがある。よく似た出来事なので、あえてネタバレをご容赦願って映画のプロットの一部をご紹介いたします。同映画はスリーマイル島原発事故(同年3月28日)が発生する数日前に公開された。 映画はTV番組の取材中に計器に異常な数値が出たために緊急事態が発生するところから急展開する。原発所長は放射性物質を外部に放出する緊急処置(ベント)を取るかどうか選択を迫られる。所長の役はジャックレモンが好演している。
 しかし、間一髪、単純な計器の不具合であったことに気がつき、ことなきを得る。しかし、観客はこの所長の判断にミスがあれば大事故になったという恐怖を知ることになる。原子炉内部は撮影禁止であったため事態は放送されず、すべてが隠蔽された。ところが、TVカメラマン(カークダグラスジュニア)がこの出来事を隠し撮りをしていたのだ。外部の専門家が録画をみて重大事故が発生していた可能性があると証言する。大スクープであった。TVクルーはこのテープの放送を要請する。ところが、何故かTV局の上司はは放送どころかテープの破棄を命ずるのだった。
 この事故発生後、原子炉からの異常な振動を体感するようになった原発所長は発電装置の再点検を提案するが、上司は莫大な経費がかかること、進行中の原子力発電所建設が止められることを理由に却下する。
 これに不信感を抱いた所長が独自に定期検査報告書を点検してみると驚いた。装置の劣化をチェックするためのレントゲン写真がまったく前回検査時の写真と同じものを使用するという不正が行われいたのだ。原発は点検されていなかった。
 施設建設会社はこの所長の訴えを一蹴した。そればかりでなく、逆に、原発には大企業がかかわっている、事実を公表すれば組織に莫大な損失をもたらす配信行為になる。身のためにならないがいいのかと脅かされる。そこで所長はマスコミを利用して不正行為を告発しようとする。さて、映画の結末はさておくとして、原子力安全基盤機構が核燃料の安全をチェックする側だとすると加工会社はされる側である。この検査手順を加工する側が作成するとなればできるだけ費用をかけないで、しかも手直しをしないで済むお手盛り基準を作成しないという保障はどこにも無いのである。装置の劣化を比較検査をするレントゲン写真のような映画プロットと類似したケースは簡単にできるし、組織ぐるみでやれば内部告発は共同体の利益を損する背信行為として抹殺することも簡単だ。小さな事故は大きな事故が発生しない限り報告もされない、この隠蔽体質は共同体全体にしみ込んでいるような気がする。安全神話があるなしに関わらず存在するのだ。安全性神話は原発大事故が発生するたびに崩壊したとメディアは言うが、月日が立つといつの間にか神話は復活する。マスコミは事故原因の追求を曖にしたまま、原発を再稼働させるためのお先棒担ぎを始める。この繰り返しはいい加減にして、まずは原子力安全基盤機構の人脈に目を光らせ、組織のあり方の全面的改革を追求して欲しいものだ。そうでないと原発の不正を告発したジャックレモンは浮かばれない。映画の話だけどね。
 原発再稼働などもってのほかだとオレは思う。

明後日16日には事故調第三者委員会の記者会見が予定されているが何が出てくるかな?

追記

「核燃料加工会社って?」


社団法人新金属協会の中の核燃料加工部会に「グローバル・ニュークリア・フュエル・ジャパン」(日立,東芝、GE)、「原子燃料工業株式会社」(住友 古河 )「三菱原子燃料株式会社」(三菱) 3社が加盟している。いずれも日立、東芝、住友、三菱の系列会社と米国GE
などの独占企業、核燃料加工だけでなく原発の設計、管理なども行っている。
 
1999年東海村で臨界事故を起こした(株)JCO(住友金属鉱山系)が有名、この事故で2003年、ずさんな作業工程管理に対して、刑事事件として有罪判決を受けた。
[PR]
# by daisukepro | 2012-01-14 21:47 | 脱原発

謹賀新年(今年の賀状です)

c0013092_0221824.jpg

[PR]
# by daisukepro | 2012-01-01 00:22 | お知らせ

「フクシマの心、オキナワの心」小森陽一(東大教授)の講演

「フクシマの心、オキナワの心」小森陽一(東大教授)の講演






[PR]
# by daisukepro | 2011-12-15 10:22 | 憲法

アメリカの狙いは何か。吉永春子




c0013092_141328.jpg
c0013092_1405955.jpg

[PR]
# by daisukepro | 2011-12-05 14:01 | マスコミ

第3部「メディアの責任とジャーナリズムの課題」

メディアの責任とジャーナリズムの課題

長さ: 117:52 鎌田慧、佐藤敦(東京新聞)松元剛(琉球新報)岡本厚(世界)Recorded on 11/12/03




[PR]
# by daisukepro | 2011-12-04 15:39 | 脱原発

「脱原発と政治の役割、責任」

「脱原発でひらく新しい日本」第2部 12月3日(土)東京・内幸町プレスセンター・ホール

「脱原発と政治の役割、責任」「講演」川内 博史(民主党)小池あきら(日本共産党)


42 視聴数 長さ: 92:08 Recorded on 11/12/03
[PR]
# by daisukepro | 2011-12-04 10:59 | 脱原発

「脱原発でひらく新しい日本」第一部 

「脱原発でひらく新しい日本」第一部 12月3日(土)東京・内幸町プレスセンター・ホール
フクシマ克服の道を問う

樋口恵子(評論家) 
金子勝(慶大教授)



[PR]
# by daisukepro | 2011-12-03 22:41 | 脱原発

公開討論会 脱原発でひらく新しい日本 生中継のご案内

公開討論会 脱原発でひらく新しい日本 生中継のご案内

脱原発へ突き進むのか、それとも原発再開に引き返すのかー?岐路に立っているのは私たち自身です。政・財・官・学・メディアのペンタゴン(五角形)利権共同体はいまなお生きてうごめいています。欺瞞と虚偽の歴史を断ち切り、新たな地平を切り開くために、今、何を問い、何をめざすベキかーいっしょに考えるための集会です。特に昨今のメディアのあり方の問題は重大です。沖縄からの発言者も参加します。

[PR]
# by daisukepro | 2011-12-01 07:07 | 脱原発

TPP参加で生活はどうなる。鈴木宣弘東大教授に聞く

TPP参加で生活はどうなる。鈴木宣弘東大教授に聞く(1)



TPP参加で生活はどうなる。鈴木宣弘東大教授に聞く(2)



TPP参加で生活はどうなる。鈴木宣弘東大教授に聞く(3)


[PR]
# by daisukepro | 2011-11-29 08:50 | 政治

危険な選択 TPP参加 私たちの生活を根本から変える

日本が今後成長を求めるのは中国などアジアで、それらの国々と友好関係を築くのが第一歩だが、それを最も嫌がるのはアメリカ。「アジアを分断して成長のエネルギーをつまみ食いしようという米国が考えたのがTPPに他ならない」と東大大学院農学生命科学研究科教授の鈴木宣弘氏は、TPPの本質をこう指摘していた。

[PR]
# by daisukepro | 2011-11-28 12:52 | 政治

南海友子さんのトーク『人間として、映画監督として、母として」』

3・11フクシマ命を考える

この4月、海南さんは福島に足繁く
ドキュメンタリーの取材に通いました。
放射線防護のためのゴーグル、マスクで
の取材、「原発事故は生涯をかけて取り
組むテーマになる」と考えていたその中
でご自身の妊娠に気がついたそうです。
母親としての不安が、被災地の方々の怒
りや不安と重なりました。「被災地の人
たちとともに、自分の体に命を宿す母親
としてフクシマとどう向き合っていく
のか」、映像を交えて語り合います。




[PR]
# by daisukepro | 2011-11-12 07:37 | 脱原発

10・30なくせ原発 福島大集会

2011年10月30日、原発いらない福島大集会
東京電力の福島第一原発大事故から236日が経った。原発事故の賠償、徹底除染を求めって全国から1万人を越える人びとが福島県四季の里に集まった。
ほとんどの日本のマスコミがこの集会を無視した。なぜだろう。NHK福島が放送したが、それはほんの申し訳程度のものだった。この人災は福島のローカル問題ではない。被害者の心を世界中に届けないでどうしてマスメディアと呼べるだろうか。悲しいことだが、
このJCJCASTがライブ中継としては世界で唯一のものである。原発は人類と共存できないのだ。皆さん、拡散して欲しい!浪江町町長馬場有さんの訴えは涙なくして聞くことができるろうか。



古いエンペッドコードを使用しています。
[PR]
# by daisukepro | 2011-11-03 09:42 | 脱原発

講演「核兵器と核エネルギーの犯罪性」浦田賢治

講演「核兵器と核エネルギーの犯罪性」浦田賢治早大名誉教授



[PR]
# by daisukepro | 2011-10-30 01:58 | 脱原発

東京・ふくしま、二つのライブ中継のお知らせ

c0013092_1025941.jpg
c0013092_100423.jpg
東京・ふくしま、二つのライブ中継のお知らせ


注意:古いエンベッドコードの場合、エンベッド先サイトでコンテンツをiOSデバイスからご視聴になれません
[PR]
# by daisukepro | 2011-10-29 10:03 | お知らせ

「全国青年大集会2011」10/23


[PR]
# by daisukepro | 2011-10-24 17:04 | 労働運動

映画人9条の会7周年のつどいのお知らせ

11月24日、18時45分より  文京シビックセンター5階会議室AB
記録映画「バベルの塔」上映会と原発問題を考える集い

c0013092_7185410.jpg

[PR]
# by daisukepro | 2011-10-24 07:25 | お知らせ

全国青年大集会2011のお知らせ

そうだ!
10月23日、日曜日は

明治公園へ行こう!
全国青年大集会があるぞ!


懸命に叫ぶ青年たちの声を全国に届けよう!
JCJCASTがライブで中継するよ!

c0013092_1111615.jpg

[PR]
# by daisukepro | 2011-10-17 11:07 | お知らせ

むのたけじ「希望は絶望のど真ん中に」刊行記念講演会

むのたけじ「希望は絶望のど真ん中に」刊行記念講演会



[PR]
# by daisukepro | 2011-09-17 00:03 | マスコミ

むの たけじトークイベントライブ中継のお知らせ

96歳、現役 反骨のジャーナリスト「むの たけじ」大いに語る!
9/16 18:00 東京神田 東京堂にて中継録画




「夜のおわりに朝がくる。しかし、夜明け直前の闇は最もくらい。」
むのたけじ(本名・武野武治)氏は、1915年、秋田県に生まれる。東京外国語学校スペイン語科卒、報知新聞社を経て朝日新聞社に入社、記者として報道に携わった。1945年8月15日、戦争責任をとる形で退社し、1948年、秋田県横手市で週刊新聞「たいまつ」を創刊、1978年の休刊まで主幹として健筆を揮った。その後も、著作・講演などを通し、ジャーナリストとして活動している。
 著書に『たいまつ十六年』(理論社、1964年)、『詞集たいまつ(I~V)』(評論社、1976~2007年)、『戦争いらぬやれぬ世へ』(同、2007年)ほか。

「憲法九条とは何か。あれは、いわば軍国日本に対する”死刑判決”です。軍備はもたせない、陸海空軍はすべてだめ、交戦権も永久に放棄させる。これは、あの乱暴な戦争をやった日本が、もう二度と国際社会で戦争はやれなくなった、ということにほかならない。言い換えれば、国家ではないと言う宣告です。交戦権をもつのが近代国家だ、ともいえるわけですから。要するに、日本は新憲法で完全に交戦権を奪われた。憲法九条は、軍国日本に対する死刑判決であり、ある意味において、国家としてこれほど屈辱的なことはない。そう考えなければいけないわけです。ところが、一方で、人類が生き続けていくためには、戦争を放棄したあの九条の道を選択する以外にないといえる。だから、憲法九条を良いほうに考えると、”人類の道しるべ”だということもできる。人類の輝かしい平和への道しるべであり、同時に日本自身の軍国主義への死刑判決でもある。その両面を持つのが憲法九条なのです。
[PR]
# by daisukepro | 2011-09-15 22:55 | マスコミ

さようなら原発・東京・銀座マリオン前宣伝行動


さようなら原発・東京・銀座マリオン前宣伝行動




[PR]
# by daisukepro | 2011-09-12 09:06 | 脱原発

2011年度JCJ賞贈賞式ライブ中継のお知らせ

JCJ賞贈賞式ライブ中継のお知らせ

日本ジャーナリスト会議(JCJ)は13日、優れたジャーナリズム活動や作品に贈る今年のJCJ賞を発表し、大賞に朝日新聞大阪本社・東京本社社会グループの「『大阪地検特捜部の元主任検事による押収証拠改ざん事件』の特報及び関連報道」を選んだ。理由として「これまで『不可侵』とされた検察の改革へ強い世論形成に貢献した」などとしている。その他の受賞は次の通り。
 JCJ大賞=NHK「ネットワークでつくる放射能汚染地図 福島原発事故から2カ月」▽JCJ賞=毎日新聞「検証 大震災」、岩波書店「月刊誌世界1・5・6月号 原発特集」▽特別賞=市民運動「原発問題住民運動全国連絡センターと原発の安全性を求める福島県連絡会」
asahi.com 記事2011年7月13日18時30分より転載



[PR]
# by daisukepro | 2011-08-11 19:42 | お知らせ