「明朗なる政治、すなわちガラス箱の中での民主政治の発達助長に資すること大なり」。第1回国会の自由討議でそう発言したのは直前の総選挙で初当選した若き田中角栄でした

きょうの潮流

 国民主権をうたった現憲法のもとで初めて国会が開かれたのは1947年です。国民を代表する「国権の最高機関で国の唯一の立法機関」としての出発でした▼「明朗なる政治、すなわちガラス箱の中での民主政治の発達助長に資すること大なり」。第1回国会の自由討議でそう発言したのは直前の総選挙で初当選した若き田中角栄でした。党派に縛られず、論議を尽くし、隠されたる少数意見を遺憾なく発揚する場だと▼新憲法の息吹のなか、個人の意見表明を重視した田中の意見は国民代表である議員同士の闊達(かったつ)な討論によって民主政治を発展させていく、新しい時代への期待を表現したものでした(『日本の国会』)▼さて、それから70年余。きょう第196通常国会が閉幕します。モリカケ、ねつ造、改ざん、隠ぺいから始まってカジノで終わりました。「憲政史上、最悪の国会」。野党6党・会派で出した安倍内閣不信任案の趣旨説明を立憲民主党の枝野代表はこう締めくくりました▼人の命より賭博を優先。国民主権と議会制民主主義を破壊する異常事態。戦後労働法制の土台を覆す「残業代ゼロ制度」の強行―。賛成討論にたった共産党の志位委員長は国政を担う資格なしと退陣を迫りました▼多くの国民が不安や反対の声をあげている法案を偽りと数の横暴で押し通す。いまの国会は、戦後の出発点でもある明朗な審議、最も大事な民意の反映からかけ離れています。ここにも国を危うくする自民・公明と維新の劣化した姿があります。



[PR]
# by daisukepro | 2018-07-23 00:44 | 潮流(赤旗)

北朝鮮「新たな入国者いない」 田中実さんと金田龍光さんのみ

 日本人拉致問題を巡り、北朝鮮が日本側との最近の接触で、4年前に入国を認めた神戸市の元ラーメン店員田中実さん=失踪当時(28)=と、同じ店の元店員金田龍光さん=同(26)=以外に「新たな入国者はいない」と伝えていたことが21日分かった。日本政府関係者が明らかにした。伝達時期は、米朝首脳会談が開かれた6月12日前後とみられる。

 北朝鮮は米国や韓国と対話姿勢に転じた後も、拉致問題については再三「解決済み」と訴えているが、具体的な主張内容が明らかになったのは初めて。拉致問題の進展は現時点では厳しい情勢で、日朝首脳会談を目指す安倍首相は難しいかじ取りを迫られる。

(共同)



[PR]
# by daisukepro | 2018-07-21 18:17 | 拉致

核戦争の死者数を図る単位「メガデス」

きょうの潮流

 巨大なさまを示す言葉に「メガ」があります。メガシティーといえば巨大都市のこと。食事で超大盛りを「メガ盛り」と呼ぶこともあります▼単位の世界共通ルールである国際単位系によると、メガは100万を指します。ギリシャ語で「大きい」を意味する「メガス」が由来だそうです▼米誌が「メガデス」という単位を取り上げていました(『ニューヨーカー』5月24日電子版)。著者は核兵器事故に関する著書でも知られるジャーナリストのエリック・シュローサー氏▼核兵器の重要情報の多くは機密扱い。公の場で議論されるときは国民に不安を抱かせる用語は避けられがちだ。でも核兵器の意味を偽りなく示す用語がある。核戦争の死者数を図る単位「メガデス」だ。1メガデスで100万人の死を指し、「10メガデスは1千万人の殺害を意味する」▼1月に米科学誌は地球滅亡までの時間を概念的に示す「終末時計」の残り時間を過去最短の「2分」と発表。米朝の挑発的な言動が「核戦争の可能性を高めている」と警告しました。河野太郎外相は当時、核兵器禁止条約に入らない理由に北朝鮮情勢をあげ、「条約に参加すれば、米国による核抑止力の正当性を損なう」と答弁しました。「核には核で」という「メガデス」の論理です▼南北、米朝の首脳会談を経て、朝鮮半島で平和の激動が始まっています。被爆国の政府の姿勢が問われています。平和の扉が開かれつつある今も、米国の核抑止力に頼り、禁止条約に背を向け続けるのかと。



[PR]
# by daisukepro | 2018-07-21 16:20 | 潮流(赤旗)

20180713出版布施祐仁講演「自衛隊が戦争に征くとき この危ない実態に抉る」

日本は現地情報を隠蔽、改ざんしないと成り立たない海外派遣を25年間も続けてきたのだ。自衛隊員は命の危険にさらされ、国民には何も知らされない。いびつなひどい国だ。一人も殺させないし、一人も殺さない国を私たちの手で作ろう。それには…。 撮影 大場

[PR]
# by daisukepro | 2018-07-21 12:57 | FmATVch

医療費窓口負担を集中攻撃 財界、75歳以上引き上げ迫る 社保審部会

医療費窓口負担を集中攻撃

財界、75歳以上引き上げ迫る

社保審部会

 19日の社会保障審議会(厚生労働相の諮問機関)の医療保険部会で、75歳以上の患者の医療機関にかかった際の窓口負担(原則1割)をめぐって、財界団体の委員らがそろって国に負担増を迫りました。

 安倍政権が社会保障制度の「持続性確保」を口実に今年度中に負担増について結論を出すとしていることに対し、経団連の委員は「先送りすることなく、社会保障給付費の伸びの抑制に確実につながる方向で見直しを」と負担増を要求。日本商工会議所の委員も「一歩進んだ改革で給付費の伸びを抑制すべきだ」と求めました。

 低年金に苦しむ高齢者の生活を無視した発言で、部会では「窓口負担に意見が集中するのは違和感がある。医療保険の役割は早期発見・早期治療なのに、(医療にかかりにくくなり)家族介護の負担が大きくなる」(全国老人クラブ連合会)と懸念する意見が出ました。

 この日の部会では、厚労省が医療費抑制を狙って、自治体間で実施主体が異なる生活習慣病の予防などの保健事業と介護予防を市町村に一体的に実施させる方向も提起しました。

 全国市長会の委員は「専門職が不足している。市町村で本当に実施できる環境の整備を」と訴えました。



[PR]
# by daisukepro | 2018-07-21 12:47 | 貧困なくすための政治

利権・腐敗・犯罪生む 世紀の愚挙 カジノ法強行成立

利権・腐敗・犯罪生む 世紀の愚挙

カジノ法強行成立

 安倍内閣はカジノ実施法を強行成立させました。世紀の愚挙としかいいようがありません。

 西日本豪雨の大被害をよそに強引に審議をすすめた国会運営は、「人命よりカジノか」とごうごうたる批判を呼びました。安倍晋三首相は、国民の大多数の反対世論を「カジノにばかり焦点があたって弊害への懸念が広がっている」だけだと無視しました。

 犯罪であるカジノの違法性をなぜ取り外すことができるのかという疑問に対しては「総合的に判断した」というだけです。「世界最高水準のカジノ規制」は穴だらけで、カジノ依存症対策は実効性がありません。「経済効果」は「定量的には示せない」といい逃れ、「負の影響」は度外視しています。

 今後、カジノ開設に向けた一連のプロセスが始まります。政府は、厳格に管理されたカジノの施行で「利益を最大化し弊害を極小化できる」としてきました。

 しかし、これから明らかになるカジノの制度設計は、日本に進出する海外カジノ企業の利益を「最大化」するために、国民のギャンブル被害を「極大化」するものになる危険性があります。

 カジノ施設は当初は全国に3カ所に限られますが、この「狭き門」をめぐって、誘致自治体間の激しい競争が始まり、海外カジノ企業の利権をめぐる激烈な争いも本格化します。無数の腐敗案件、反社会的行為が顕在化することは避けられないでしょう。

 「最も悪質な売国法」は廃止するしかありません。「日本のどこにもカジノはいらない、つくらせない」というたたかいを広げるときです。(竹腰将弘)



[PR]
# by daisukepro | 2018-07-21 12:44 | カジノ

戸塚章介(元東京都労働委員会労働者委員) 外国人労働者の労働基本権確立を 18/07/18 明日へのうたより転載

戸塚章介(元東京都労働委員会労働者委員)

外国人労働者の労働基本権確立を 18/07/18

明日へのうたより転載

 11日、総務省が人口動態調査を発表した。日本で暮らす外国人が急増しているようだ。ネットの『日経電子版』(7月11日19:40発信)が分かりやすく解説している。「外国人最多の249万人」「東京は20代の1割」「今年1月1日時点で前年比17万4千人増の249万7千人となり、過去最多を更新した」。

 東京・新宿区の20歳代住人は、日本人が7%減ったのに対して外国人は48%増えた。20歳に限ると4割が外国人だという。日本全国的に見ても20歳代では外国人が74万8千人と5.8%を占める。「町村部でも増えており、日本社会を支える働き手としての存在感が年々高まっている」。

 業種としては小売業が一番多く、全国のセブンイレブン・ジャパンでは全従業員の7%にあたる3万5千人が外国人だ。政府はさらに「金融など高度な知識を持った人材の受け入れに力を入れる一方、単純労働者にも事実上門戸を開く方針だ。建設や農業、介護など5業種を対象に19年4月に(技能修習生制度に)新たな在留資格を設け、25年までに50万人超の受け入れを目指す」。この技能修習生が大問題なのだ。

 労働基準法は第3条で国籍による差別を禁止しているが、技能修習生は労基法違反の強制労働を強いられている。外国人労働者の権利擁護に取り組んでいる「首都圏移住労働者ユニオン」という労働組合があり、ニュース『LUM』を出している。そこでは政府の実習生拡大方針に猛反対している。

 「政府の外国人政策がますます支離滅裂&非人間的になってきた」「外国人農業労働者受け入れは問題点大 派遣会社が雇用して農家に派遣」「えっ?介護実習生に資格を取らせ日本で働けるにする!」「(法改正で)技能修習生が50万人以上になるかも 人権侵害・過労死増加の恐れ」。

 特に深刻なのが介護現場だ。低賃金と劣悪労働条件のため人手不足になっている介護業種に外国人労働者を投入する政策が進められている。介護職場では入居者との意思疎通が必須条件だ。日本語が不自由な外国人労働者には大きな負担になる。政府は国会で「6か月で夜勤に入れることも可」と答弁、これには救急業務に携わる消防隊員から心配の声が上がっている。

 外国人労働者が日本人の暮らしを下支えする時代が迫っている。いま必要なのは外国人労働者の労働基本権の確立だ。そのためには労働組合の取り組み強化が喫緊の課題だとおれは思う。
 
 


[PR]
# by daisukepro | 2018-07-21 07:19 | 労働運動

2018年 第61回JCJ賞決まる

c0013092_06564427.jpg

[PR]
# by daisukepro | 2018-07-21 07:01 | お知らせ

災害発生しても立法根拠崩れても カジノ法案 採決強行 参院委 自公維賛成で可決 与党 きょうの成立狙う 野党は抗議 田村智子議員が反対討論

災害発生しても立法根拠崩れても カジノ法案 採決強行

参院委 自公維賛成で可決 与党 きょうの成立狙う

野党は抗議 田村智子議員が反対討論

 刑法が禁じる賭博を解禁するカジノ実施法案の採決が19日の参院内閣委員会で強行されました。野党側の抗議の中、自民、公明、維新各党の賛成で法案を可決しました。政府・与党は西日本豪雨による甚大な被害が発生する中でもカジノ法案の審議を優先。20日の参院本会議で採決を行い、成立させる構えです。国会周辺では、猛暑のなか、廃案を求める市民らが抗議の声をあげました。


写真

(写真)討論に立つ田村智子議員=19日、参院内閣委

 19日は、内閣委での採決が狙われる中、日本共産党、国民民主党、立憲民主党、希望の会(自由・社民)、沖縄の風の5野党・会派が伊達忠一参院議長の不信任決議案を提出。内閣委はいったん休憩となりました。決議案は参院本会議で与党などの反対で否決されました。その後に再開された内閣委では柘植芳文委員長が冒頭から質疑終局を宣言。野党が抗議する中、採決が行われました。

 反対討論に立った日本共産党の田村智子議員は、ギャンブル依存症の社会的悪影響と家族の苦しみを指摘。カジノ法案の根拠となった議員立法の提案者に米国のカジノ企業関係者が脱法的な資金提供をしていたことも明らかになったとして、「立法の根拠に重大な疑惑がある」と強調しました。

 田村氏は、「カジノは人のお金を巻き上げるだけのゼロサムゲームだ」として、観光振興にも経済成長にもつながらないと指摘。カジノ法案は、日本人から吸い上げたお金を海外資本に提供する「『売国』法案そのものだ」と批判しました。

 田村氏は、歴史上初めて民営賭博を解禁するカジノ法案の違法性は極めて高いと述べ、「憲政史上、まれにみる悪法を誕生させるわけにはいかない」と強調しました。



[PR]
# by daisukepro | 2018-07-20 10:49 | カジノ

豪雨の住宅被害、3万8千棟超 7割が岡山、広島、愛媛

 西日本を中心とした豪雨の住宅被害が約3万8千棟に上ったことが19日、総務省消防庁の集計で分かった。北海道から九州まで31道府県に広がり、約7割が岡山、広島、愛媛。3県の被害家屋はさらに増えるとみられ、被災者が公的支援を受けるために必要な「罹災証明書」の迅速な発行が自治体の課題になる。各地で甚大な被害が出てから20日で2週間。被災地での死者は警察庁のまとめで223人になった。

 消防庁によると、19日時点で全壊2847棟、半壊548棟、一部損壊933棟、床上浸水1万5008棟、床下浸水1万9310棟。道府県別では、岡山の1万4233棟が最も多い。

(共同)

 「罹災証明書」の申請窓口=17日、広島県呉市役所

c0013092_21293840.jpg
 「罹災証明書」の申請窓口=17日、広島県呉市役所


[PR]
# by daisukepro | 2018-07-19 21:30 | 災害

俳優の常田富士男さんが死去 「まんが日本昔ばなし」語り手

c0013092_16165604.jpg

 テレビ番組「まんが日本昔ばなし」で長年、語り手を務めた俳優の常田富士男(ときた・ふじお)さんが18日、脳内出血のため東京都内の病院で死去した。81歳。長野県生まれ。葬儀・告別式は近親者で行う。喪主は長男青児(せいじ)氏。

 熊本県で育ち高校卒業後、上京して劇団民芸の養成所に入所した。TBS系のアニメ番組「まんが日本昔ばなし」で1975~94年、俳優の市原悦子さんと語り手を務め、「むかーし、むかしのことじゃったぁ」の温かな語り口で親しまれた。

 ほかに、黒沢明監督の「赤ひげ」、今村昌平監督の「楢山節考」「うなぎ」などの映画に出演した。

(共同)


[PR]
# by daisukepro | 2018-07-19 16:18 | 映画

矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ


西日本豪雨への対応が完全に後手に回り、挽回に必死の安倍政権。ここへきて「支援策」を矢継ぎ早に打ち出したが、ごまかされてはいけない。安倍首相が純粋に政府の身銭を切ったのは、今年度予算の予備費から出す約20億円だけ。よーく見ると、交付税の前倒し支給や災害関連融資の5年間無利子化など、ケチな支援ばかりだ。それを「安倍の英断」のように垂れ流すメディアもどうかしている。


 安倍政権は13日の閣議で、被災した10府県58市町に9月分の普通交付税の一部、346億5100万円を繰り上げ交付すると決定した。17日支給される。閣議に先立ち、非常災害対策本部会議で安倍首相は「総額約350億円の普通交付税の繰り上げ交付を本日決定致します。各被災自治体におかれては、財政的に躊躇することなく、全力で応急対応や復旧対応にあたっていただきたいと思います」と、覚悟を決めた“重大決定”のように語った。

すると、大メディアは「東日本大震災などを除くと平成以降最大の額」と仰々しく報じたのだが、ちょっと待ってほしい。総務省財政課はこう言った。


「災害初期の段階で現金が必要です。借金をしないで済むように、すでに決まっていた9月分を前倒しで配るだけです。もちろん9月の支給はその分減額されます」


 何のことはない。もともと支給する予定の現金を2カ月早めて渡すだけなのである。そんなので「躊躇することなく」使えるわけがない。


 13億6500万円繰り上げ交付される広島県呉市の山上文恵市議(社民)が憤る。


「何が『躊躇することなく』ですか。国が普通交付税とは別に災害向けの新たな財源を増やしてくれるのならともかく、単なる支給の前倒しです。9月に支給される交付税は、すでに使い道が決まっています。今回、災害向けに支出すると、本来の使途に穴があくわけです。不安だらけですよ。安倍首相は、中身がない支援策なのに、格好をつけているだけです」

■大メディアは政府の“印象操作”に加担


 安倍首相は16日も、農家、中小事業者向け「支援策」を発表したが、こちらもショボイものばかり。農家向けに災害関連融資の5年間無利子化や、中小事業者の債務返済猶予など、利子や返済期限を少し緩めているに過ぎない。米国製の武器爆買いの“気前よさ”とはえらい違いである。


「宴会問題で初動を批判された安倍政権ですが、その後も危機感を持って災害対応しているようには見えません。支援策を次々と発表していますが、中身が伴ったものではなく、お得意のポーズです。メディアは、発表された支援策をそのまま垂れ流し、安倍政権の印象操作に協力してしまっている。総額350億円の交付金支給前倒しが大したことないのは、被災自治体の受け止めを取材すればすぐにわかることです。メディアは、支援策が本当に被災者や被災自治体にとって役立ち、元気が出るものなのか、ひとつひとつ検証して報道すべきなのです」(法政大名誉教授・五十嵐仁氏=政治学)



[PR]
# by daisukepro | 2018-07-19 16:12 | 政治

東京・新宿のデモ制限に抗議 規制強化を撤回せよ 超党派区議ら申し入れ

東京・新宿のデモ制限に抗議

規制強化を撤回せよ

超党派区議ら申し入れ

 東京都新宿区が区立公園4カ所をデモ出発地として利用を認めてきたのを1カ所に制限した問題で、超党派の区議15氏が17日、吉住健一区長に対し、規制強化を撤回し、少なくとも8月1日実施を見直すよう申し入れました。

 申し入れは日本共産党(8人)、立憲民主党・無所属クラブ(4人)、新宿区民の会(3人中1人)、社民党(1人)、「スタートアップ新宿」(1人)が行いました。

 申し入れでは、規制強化に対する区民、団体などの抗議や問い合わせが短期間に広がったのは、「区の決定が憲法の保障する『表現の自由』に抵触しかねない重大な問題」だからだと強調。規制強化を「議会に諮らずに決めるやり方は問題だ」と指摘しました。

 差別を扇動するヘイトスピーチの規制を多くの会派・議員が求めたにもかかわらず、区が条例やガイドラインなどの対策を取ってこなかったことにふれ、「多くの区民の願いはヘイトスピーチの規制であり、デモを規制することではない」「『表現の自由』を保障することと、住環境を守ることが両立できる方策を区民とともに考え実現すべきだ」と求めました。

 吉住区長は、規制強化を実施する姿勢に固執しました。



[PR]
# by daisukepro | 2018-07-19 15:51 | 市民運動

公的マネーが筆頭株主 一部上場3社に1社 安倍政権の株価つり上げ政策で

公的マネーが筆頭株主

一部上場3社に1社

安倍政権の株価つり上げ政策で

図

昨年から拡大

 公的年金の積立金と日銀が株式市場に大量の資金を投入した結果、3月末時点で、東京証券取引所一部上場企業2064社のうち少なくとも710社で公的マネーが「筆頭株主」になっていることが本紙の推計で分かりました。代表的な大企業の3社に1社で公的マネーが筆頭株主となる異常事態です。17年3月末の本紙推計625社からさらに増えました。

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が保有する株式は銘柄別の株数が公表されています。日銀は、株価に連動して運用される株価指数連動型上場投資信託(ETF)を年間6兆円購入することによって、株式市場に資金を投入しています。日銀が保有するETFの銘柄別内訳は公表されていませんが、日銀の購入方針などから、間接的に保有する個別銘柄の株数を推計できます。

トヨタが最多

 二つの公的マネーを合わせた投入額は、トヨタ自動車が最多の1兆9497億円、次いでソフトバンク・グループ1兆1345億円、三菱UFJフィナンシャルグループ1兆482億円と続きます。投入額上位10社のうちトヨタ自動車を含め6社で公的マネーが筆頭株主でした。

 また、投資先として特に評価が高い大企業で構成する「日経225指数」の採用銘柄225社に限定して集計すると、公的マネーが筆頭株主になっている企業は189社で、84%を占めました。

 安倍晋三政権は日銀に大量のETFを買わせ、GPIFの積立金の株式による運用比率を2倍に拡大しました。株式市場に巨額の公的マネーを投入することによって株価をつり上げています。



[PR]
# by daisukepro | 2018-07-19 15:46 | 政治

公的マネーが筆頭株主 一部上場3社に1社 安倍政権の株価つり上げ政策で

公的マネーが筆頭株主

一部上場3社に1社

安倍政権の株価つり上げ政策で

図

昨年から拡大

 公的年金の積立金と日銀が株式市場に大量の資金を投入した結果、3月末時点で、東京証券取引所一部上場企業2064社のうち少なくとも710社で公的マネーが「筆頭株主」になっていることが本紙の推計で分かりました。代表的な大企業の3社に1社で公的マネーが筆頭株主となる異常事態です。17年3月末の本紙推計625社からさらに増えました。

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が保有する株式は銘柄別の株数が公表されています。日銀は、株価に連動して運用される株価指数連動型上場投資信託(ETF)を年間6兆円購入することによって、株式市場に資金を投入しています。日銀が保有するETFの銘柄別内訳は公表されていませんが、日銀の購入方針などから、間接的に保有する個別銘柄の株数を推計できます。

トヨタが最多

 二つの公的マネーを合わせた投入額は、トヨタ自動車が最多の1兆9497億円、次いでソフトバンク・グループ1兆1345億円、三菱UFJフィナンシャルグループ1兆482億円と続きます。投入額上位10社のうちトヨタ自動車を含め6社で公的マネーが筆頭株主でした。

 また、投資先として特に評価が高い大企業で構成する「日経225指数」の採用銘柄225社に限定して集計すると、公的マネーが筆頭株主になっている企業は189社で、84%を占めました。

 安倍晋三政権は日銀に大量のETFを買わせ、GPIFの積立金の株式による運用比率を2倍に拡大しました。株式市場に巨額の公的マネーを投入することによって株価をつり上げています。



[PR]
# by daisukepro | 2018-07-19 15:46 | 政治

政治変える三つのチェンジ 志位委員長が甲府で訴え

政治変える三つのチェンジ

志位委員長が甲府で訴え

写真

(写真)訴える(左から)志位、しいば、宮内の各氏=18日、甲府市

 日本共産党山梨県委員会は18日、甲府市に志位和夫委員長を迎え、街頭演説会を開きました。会場の甲府駅北口広場は猛暑のなか聴衆が幾重にも広がり、来年の参院選、統一地方選での党躍進に向けた志位氏の熱い訴えの節々で大きな歓声が飛びました。

 しいば寿幸参院比例予定候補、宮内げん参院山梨選挙区予定候補、こごし智子県議、すがの幹子県議予定候補が必勝への熱い決意を表明しました。

 志位氏は、歴史上かつてない異常国会のたたかいにふれながら、「日本の政治を大本から変える三つのチェンジ」を訴えました。

 第一は、ウソのない正直な政治をつくることです。志位氏は、公文書の改ざん・隠ぺい、虚偽答弁といった異常事態の根源には、安保法制=戦争法強行による立憲主義破壊と憲法解釈の改ざんにあると告発。「安保法制強行は国民を危険にさらし、底なしの政治モラルの崩壊につながった」と述べ、安保法制を廃止し、ウソのない正直な政治を取り戻そうと呼びかけました。

 第二は、1%の富裕層と大企業のための政治から、99%のための政治に切り替えることです。安倍政権が強行した過労死を促進する「残業代ゼロ制度」を廃止する新たなたたかいを呼びかけた志位氏。「使い捨て」労働を主導してきた財界の当事者でさえ「間違っていた」と認める破綻の道を、その自覚なしに暴走する安倍政権に経済のかじ取りをまかせるわけにはいかないとして、「財界中心から国民のくらし中心に経済政策の大転換を」と訴えました。

 第三は、「戦争する国」づくりをやめ、9条にもとづく平和外交で世界に貢献する日本を、という点です。

 志位氏は、朝鮮半島で起きている平和の激動について、「根本で働いている力は戦争に反対し、平和を求める各国民衆の力だ」と強調。いま日本に求められているのは、平和の激動に逆らう安倍政権による「戦争する国づくり」ではなく、「北東アジアに平和体制を構築するための9条をもつ国にふさわしい外交的イニシアチブだ」と力説しました。

 「なぜ安倍政権はあんなひどいことを繰り返しても倒れないのか」と問いかけた志位氏は、安倍政権がこの5年半で権力を維持してきた方法について、(1)次々に目先を変え国民に自分たちの悪事を忘れさせる(2)「数の力」で強権を振るい国民に諦めさせる(3)国民の中にさまざまな分断と対立を持ち込む―ことを指摘。「だからこの政権を倒す方法は、『悪事を忘れずに選挙で審判をくだす』『諦めないでたたかいを持続させる』『立場の違いを超えて連帯する』こと」だと熱く訴えました。

 最後に志位氏は、参院選で市民と野党の「本気の共闘」への発展で32の1人区で勝利をめざし、比例で「850万票、15%以上」を獲得し、共産党躍進の大波をつくりだそうと訴え。統一地方選では、定数9の甲府で初めて2議席獲得に挑戦する県議選で、「中学校3年までの障害児の医療費無料を復活させるなど1人でも県政を動かしてきた党の議席が2議席になれば何倍もの力を発揮する」と述べ、躍進を訴えました。



[PR]
# by daisukepro | 2018-07-19 15:42 | 政治

2018年7月19日(木) 主張 プルトニウム保有 核燃サイクルからの撤退こそ

2018年7月19日(木)

主張

プルトニウム保有

核燃サイクルからの撤退こそ

 1988年の発効から30年の満期を迎えた日米原子力協定が17日、自動延長されました。同協定は日本の原子力政策の根幹となる「核燃料サイクル」を支えている取り決めです。原発の使用済み核燃料を再処理して、取り出したプルトニウムを再び原発で使う核燃料サイクルは行き詰まっています。日本にはすでに核兵器への転用も可能なプルトニウムが約47トン、原子爆弾6000発分も蓄積されており、世界からは懸念の声が上がっています。安倍晋三政権は原発再稼働をやめるとともに、破たんしている核燃料サイクルから撤退すべきです。

「削減」を掲げたが

 原発は運転することによって、プルトニウムなどを含む使用済み核燃料が生まれます。政府や電力業界は、使用済み核燃料を再処理してプルトニウムを取り出し、再び原発で使えるようにする「核燃料サイクル」の実現をめざしてきましたが、六ケ所再処理工場(青森県)の完成時期が24回も延期されるなど、この方針の破たんが浮き彫りになっています。

 使うあてのないプルトニウムが増え続け、国内で約10トン、国外(イギリスとフランス)で約37トンに達しており、国際社会が強い不信を抱く状況となっています。

 安倍政権は今月初めに閣議決定した第5次「エネルギー基本計画」で、「利用目的のないプルトニウムは持たない」というこれまでの表現に加え、「プルトニウム保有量の削減に取り組む」という文言を盛り込みました。国際社会からの批判を意識したものですが、重大なのはあくまで原発再稼働と、核燃料サイクルの推進に固執していることです。

 核燃料サイクルでプルトニウムを消費する本命だった高速炉開発では、ナトリウム漏れの重大事故を起こした「もんじゅ」は廃炉に追い込まれました。政府は高速炉をフランスと共同開発することにしていましたが、同国から計画の大幅縮小が発表され、計画の破たんは隠しようもありません。

 六ケ所再処理工場を完成させれば、フル稼働で年間4トン強のプルトニウムが発生するという矛盾にも直面します。

 政府は通常の原発でウラン・プルトニウム混合酸化物(MOX)燃料を燃やす、危険性の高い「プルサーマル発電」ができる原発の運転をさらに増やそうとしています。しかし、東京電力福島第1原発事故後、思惑どおりにすすんでいません。国民世論に逆らい再稼働させた原発9基のうちプルサーマルが可能なのは4基で、プルトニウム消費はわずかな量です。破たんしたこれらの方針にいくらしがみつき続けても、世界から向けられている疑念や懸念は払しょくされません。

「原発ゼロ」の道こそ

 日米原子力協定は自動延長されましたが、今後は、日米のどちらかが半年前に一方的に通告すれば廃棄できることになりました。核燃料サイクルの前提となる協定はもうやめるべきです。

 世界では再生可能エネルギーが急速に普及しコストも大幅に下がる中、福島原発事故後、原発のコストは極めて大きくなっています。原発再稼働の中止、核燃料サイクルの断念は急務です。原発ゼロの日本へかじを切ることがいよいよ必要です。


[PR]
# by daisukepro | 2018-07-19 15:35 | 脱原発

アマゾン 過酷な労働条件 欧州諸国でスト 長時間緊張を強いられる作業 厳しいノルマ・ボーナス廃止

アマゾン 過酷な労働条件 欧州諸国でスト

長時間緊張を強いられる作業

厳しいノルマ・ボーナス廃止

写真

(写真)「アマゾンでのよりよい仕事をともに求める労組」と4カ国語で書かれた横断幕を掲げて行進する「統一サービス労組」(ベルディ)の組合員=4月24日、ベルリン(伊藤寿庸撮影)

 【ベルリン=伊藤寿庸】インターネット通販大手のアマゾンが「プライムデー」という大規模な安売り期間を実施するのに合わせて、16日からスペインの労働組合が3日間のストライキを実施しました。ドイツなど他の欧州諸国でも連帯したストが広がっています。

 スペインのアマゾンでは、3月にもストを実施し、会社との労働協約の締結を求めて交渉を続けてきました。しかし労働時間の9時間への延長、ボーナスの廃止、病休保障の欠如などをめぐって労使の対立が深まり、再度のストとなったもの。

 スペイン共産党は、アマゾンに臨時労働者を派遣している会社が、「ストに参加したら解雇する」と労働者を脅していると告発。アマゾンでの注文のボイコットを呼びかけました。

 ドイツでは6カ所の配送センターで17日、統一サービス産業労組(ベルディ)がストを実施。アマゾンの労働者は、長時間の単調で緊張を強いられる作業で肉体的、精神的なストレスにさらされ、多くが健康をむしばまれています。ベルディは、健康を守るために団体協約の締結を求めていますが、アマゾンは拒否しています。

 ポーランドでは、雇用継続に必要な最低限の仕事しかしない「順法闘争」を行います。

 アマゾンの過酷な労働条件について英紙ミラー(電子版)が昨年11月、英サセックスの配送センターで記者が「ピッカー(商品を集める労働者)」として潜入取材しリポート。1時間に300個の品物を処理するノルマが課され、トイレ休憩の時間まで計測される中、立ったまま眠る人や、倒れて救急車で運ばれる労働者も多数いたと告発しました。



[PR]
# by daisukepro | 2018-07-19 09:10 | 労働運動

参院6増法が成立 自民、約束守らず強行

 参院選の「一票の格差」是正に向けた選挙制度改革を巡り、自民党が提出した定数六増を柱とする公職選挙法改正案は十八日の衆院本会議で、自民、公明両党の賛成多数で可決、成立した。今国会の会期末が二十二日に迫り、与党が採決を強行した。来夏の参院選から適用される。改正法は自民党がかつて約束した「身を切る改革」と「選挙制度の抜本的な見直し」をほごにする内容。野党は衆院の全会派が反対し「党利党略の極みだ」などと反発している。 (我那覇圭)

 参院議員定数は現行の二四二から二四八に増える。選挙区では「一票の格差」縮小のため、議員一人当たりの有権者数が最も多い埼玉選挙区の定数を二増。比例代表は掲載順に当選者を決める「拘束名簿式」を一部に導入し、定数を四増する。参院の定数増は沖縄の本土復帰に向け、一九七〇年に沖縄選挙区の新設で二増したのを除けば戦後初。

 改正法が批判されるのは、これまでの「約束」に違反することが大きい。一つは定数増。二〇一二年の党首討論で当時の野田佳彦首相、自民党の安倍晋三総裁が定数減で一致するなど、消費税増税などで国民に負担増を求める代わりに、国会議員が自分たちの「身を切る改革」を進めることを約束してきた。

 だが、来年十月に消費税率10%への引き上げが予定される中、逆に定数を増やした。参院の付帯決議では、定数増による経費増大を避けるよう求めたが、給与引き下げなど具体的な方法には触れていない。

 また、比例の定数増は「一票の格差」とは無関係。自民党も合区対象県の候補者を救済することを認め「鳥取・島根」「徳島・高知」の選挙区で公認が得られない現職を拘束名簿に掲載する方針だ。

 もう一つが合区導入を決めた一五年の法改正の付則で、一九年参院選までに「制度の抜本的な見直しについて必ず結論を得る」と明記したことの約束違反だ。

 自民党は審議で、選挙区と比例が並立する選挙制度を維持し、微修正した今回の改正を「抜本改革だ」と言い切っていたが、安倍首相は先月の党首討論で「臨時的な措置だ」と認めた。本来の目的である「一票の格差」縮小は限定的。一六年参院選で最大三・〇八倍だった選挙区の格差は二・九九倍となったが、来夏の参院選で再び三倍を超える可能性もある。

 立憲民主党の辻元清美国対委員長は十八日、記者団に「自民党が、自分たちが有利になるよう強行した。自民党の横暴ここに極まれり、だ」と批判した。

(東京新聞)

c0013092_09031845.jpg



[PR]
# by daisukepro | 2018-07-19 09:04 | 政治

版画家・浜田知明さんが死去 戦争の不条理にこだわる

 戦後日本を代表する版画・彫刻家の浜田知明(はまだ・ちめい、本名知明=ともあき)さんが17日午前1時25分、老衰のため熊本市内の病院で死去した。100歳。熊本県出身。葬儀・告別式は19日正午から熊本市中央区河原町23、豊住葬祭で。

 戦争がもたらす不条理や理不尽に終生こだわり、一方で妥協なく質の高い作品を追い求め続けた。

 一兵卒として軍隊で5年を過ごし、戦場で「自殺のことのみ考えて生きていた」という。軍隊生活に絶望し、薄暗い兵舎で自ら銃で死のうとする新兵などを描き、世界的に評価された「初年兵哀歌」シリーズは、まさに自身の心に刻まれた戦争体験の写し絵だった。

(共同)

 死去した浜田知明氏

c0013092_21125261.jpg
 死去した浜田知明氏


[PR]
# by daisukepro | 2018-07-18 21:13 | 文化

木星の月、一気に増えた 米チームが12個発見


 太陽系惑星で最大の木星の周りに、新たな衛星が12個あるのを発見したと、米カーネギー研究所のチームが17日発表した。チームは「見つかった衛星は79個に増えた。衛星の数でも太陽系で最多だ」としている。

 衛星の中には、逆向きに回る他の衛星の通り道を横切る“変わり者”もいた。研究者は「いつか正面衝突して粉々に砕け散ってしまうのではないか」と心配している。

 冥王星に代わる「第9惑星」を望遠鏡で探していてたまたま見つけた。12個の直径は1~3キロほどで、1~2年の周期で木星を回る。

 うち2個は既知の衛星の仲間とみられるが、9個はより遠い軌道を逆方向に回転していた。

(共同)

 NASAの探査機ジュノーが撮影した木星=2018年5月(NASA提供)

c0013092_14131147.jpg
 NASAの探査機ジュノーが撮影した木星=2018年5月(NASA提供)

この記事を印刷する


[PR]
# by daisukepro | 2018-07-18 14:14 | 未知との遭遇

戸塚章介(元東京都労働委員会労働者委員) 「爆風」連載を終えて 18/07/06

戸塚章介(元東京都労働委員会労働者委員)

「爆風」連載を終えて 18/07/06

明日へのうたより転載

 第1回が17年10月11日だからかれこれ9か月、やっと「爆風」連載を終えた。連載のきっかけは「関東軍火工廠史」後編だ。去年の春、何かの必要があってネットで「青酸カリ」を検索していた。敗戦直後、満州残留の女性に自決用の青酸カリを配布した記事があって出典は「関東軍火工廠史」となっていた。

 本の名前をクリックすると京都の「将軍堂」という古本屋に1冊だけあるという。非売品なのに本体2万円で送料450円だ。ちょっと高い買い物だったがネットで注文したら6月24日、A5版689ページの分厚い本が送られてきた。1980年9月1日発行。発行者は遼陽桜ヶ丘会。代表武井覚一。

 7月6日から29日までバリ島にロングステイ。帰ってからじっくり読み始めた。9月半ばに一応読み終わり、さてどうしょうかと考えた。この本をもとにおれの敗戦から帰国までを書いてみたい。それにはブログに連載するのが一番いいだろうという結論になった。それでとりあえず始めた。

 とりあえず始めたものだから準備不足は眼に見えている。特に事実認定が難しい。種本が百人を超える人々の証言で成り立っているため、そ人の記憶違いや物の見方で事実の判断が分かれる。仕方ないから矛盾した事実でもそのまま記述した。それにおれの勘違いも。例えば火工廠の面積を1000万坪、3300万㎡と書いたが、いくらなんでもそんなに広くない。1万坪、33キロ㎡の間違いだ。

 書いていて一番引っかかったのが人名と地名だ。奉天や遼陽などはいいとして朴家溝、稠井子、韓家墳、錦西などの地名、袁肇業、江涛、韓振声などの人名はどう読んだらいいのか分からない。種本の「関東軍火工廠史」にも振り仮名がふっていない。どうしようもないのでそのままにした。

 その他では地名の位置関係だ。遼陽を中心にして北へ瀋陽(奉天)、鉄嶺、開原、四平街、長春(新京)、南に鞍山、海城、大連、東に撫順、海龍、吉林、通化、西に錦州、葫蘆島。ほんとは地図を書けばいいのだろうがおれのPC能力ではできない。冊子にまとめるときには地図をつけよう。

 「関東軍火工廠史」はいろんな人が執筆しているが大部分は元将校や火工廠幹部である。おれの親父のような平軍属の目で見るとまた随分違う光景だったのではないだろうか。ほんとは父母の存命中に話を聞いておけばよかったのだろうが、2人とも墓の下だ。勘弁してもらうしかない。

 いずれにしても書くだけ書いてほっとしている。これまでの分をまとめたのをつくっているので希望者はこのブログへの書き込みかメール(shosuke765アットマークyahoo.co.jp)で申し込んでください。

※メールを送る際は、「アットマーク」を「@」に直して、送ってください
 
 


[PR]
# by daisukepro | 2018-07-18 14:05 | 爆風

戸塚章介(元東京都労働委員会労働者委員) 爆風(103) 18/07/02 明日へのうたより転載

戸塚章介(元東京都労働委員会労働者委員)

爆風(103) 18/07/02

明日へのうたより転載

 私が「母の胎内」と言ったのは多分、その年の4月3日に母戸塚せんが83歳で亡くなったせいだと思う。脳梗塞による腎不全だった。父陽太郎は10年前の1983年1月30日、脳血栓症で先に逝っている。

 私は中国旅行から帰ってすぐ、慶陽化学公司側の世話役をやってくれた姚鵬山副主任宛てにお礼の手紙を書いた。それに対する返事がその年の暮れに届く。2元の中国人民郵政発行の切手が貼ってあった。文面は中国語なので私には読めない。川村好正さんに相談すると、知り合いの中国人留学生に翻訳を頼んでみるという。しばらくして日本語文がファックスで届いた。

 戸塚章介先生
 あなたからのお手紙は10月12日に受け取りました。中国人民の週間から言えば、遼陽東京陵はあなたにとって〝第二の故郷〟となり、あなたのお手紙のなかにあふれている故郷への想いと、故郷の人々への友愛は、私を深く感動させました。
 遼陽の建設はまだ相当に遠く、このためにあなたのお国の工業化の水準に比較すれば、まだ相当に開きはあるものの、われわれの民族とわれわれの子孫のために中国は必ずや一生懸命建設に努めなければならず、永久に平和保持しなければなりません。平和の環境があってこそ初めてわれわれの建設の速度はスピードを増すことができます。
 われわれの友情のために、私はあなたとあなたの奥さんが、遼陽、千山、鞍山、瀋陽などの地に観光にこられることを歓迎します。 敬具
 あなたの故郷の姚鵬山 中華人民共和国遼寧省遼陽東京陵一区76棟2号房

 これで私のルーツ探しの旅を終えることにします。ご愛読ありがとうございました。

あとがき
 父は一度だけ遼陽桜ヶ丘の同窓会に出たことがある。帰ってきて「あの頃威張っていた将校たちが戦後30年も経つのにまだ偉ぶっている。もうあんな席に行くもんか」と怒っていた。「関東軍火工廠史」はそんな元将校たちが中心になって執筆・編集・刊行したもの。私の父のようなぺいぺいの視点と違うのかなと思いながら「爆風」を綴った。墓の下の父には叱られるかもしれない。
 1972年2月、新聞労連北信越地連の合理化学習会に講師で招かれた帰り、新潟県直江津市の小林隆助さん宅に寄った。嫁に行った延子さんも含めて歓迎してくれた。
 国民学校で2年生担任だった鈴木久子先生から1975年に便りがあった。「私は貴男の事よく覚えて居ります。日曜日と気がつかず、ランドセルを背負って登校した貴男、ちょうど私が日直で、教室に居て2人で大笑いしましたっけ・・・。頭を掻きかき又帰っていった貴男。一寸そそっかしいところがありましたね」。
 2012年6月、新聞OB九条の会で企画した「中国東北部(旧満州)の旅」にツアー団長として参加した。ハルピンから大連まで旧満鉄を乗り継いだ6日間。瀋陽(旧奉天)には1泊したが遼陽は素通りした。21世紀の旧満州は都市化と工業化の波に乗ってエネルギッシュだった。
 
 


[PR]
# by daisukepro | 2018-07-18 14:01 | 爆風

戸塚章介(元東京都労働委員会労働者委員) 爆風(103) 18/07/02 明日へのうたより転載

戸塚章介(元東京都労働委員会労働者委員)

爆風(103) 18/07/02

明日へのうたより転載

 私が「母の胎内」と言ったのは多分、その年の4月3日に母戸塚せんが83歳で亡くなったせいだと思う。脳梗塞による腎不全だった。父陽太郎は10年前の1983年1月30日、脳血栓症で先に逝っている。

 私は中国旅行から帰ってすぐ、慶陽化学公司側の世話役をやってくれた姚鵬山副主任宛てにお礼の手紙を書いた。それに対する返事がその年の暮れに届く。2元の中国人民郵政発行の切手が貼ってあった。文面は中国語なので私には読めない。川村好正さんに相談すると、知り合いの中国人留学生に翻訳を頼んでみるという。しばらくして日本語文がファックスで届いた。

 戸塚章介先生
 あなたからのお手紙は10月12日に受け取りました。中国人民の週間から言えば、遼陽東京陵はあなたにとって〝第二の故郷〟となり、あなたのお手紙のなかにあふれている故郷への想いと、故郷の人々への友愛は、私を深く感動させました。
 遼陽の建設はまだ相当に遠く、このためにあなたのお国の工業化の水準に比較すれば、まだ相当に開きはあるものの、われわれの民族とわれわれの子孫のために中国は必ずや一生懸命建設に努めなければならず、永久に平和保持しなければなりません。平和の環境があってこそ初めてわれわれの建設の速度はスピードを増すことができます。
 われわれの友情のために、私はあなたとあなたの奥さんが、遼陽、千山、鞍山、瀋陽などの地に観光にこられることを歓迎します。 敬具
 あなたの故郷の姚鵬山 中華人民共和国遼寧省遼陽東京陵一区76棟2号房

 これで私のルーツ探しの旅を終えることにします。ご愛読ありがとうございました。

あとがき
 父は一度だけ遼陽桜ヶ丘の同窓会に出たことがある。帰ってきて「あの頃威張っていた将校たちが戦後30年も経つのにまだ偉ぶっている。もうあんな席に行くもんか」と怒っていた。「関東軍火工廠史」はそんな元将校たちが中心になって執筆・編集・刊行したもの。私の父のようなぺいぺいの視点と違うのかなと思いながら「爆風」を綴った。墓の下の父には叱られるかもしれない。
 1972年2月、新聞労連北信越地連の合理化学習会に講師で招かれた帰り、新潟県直江津市の小林隆助さん宅に寄った。嫁に行った延子さんも含めて歓迎してくれた。
 国民学校で2年生担任だった鈴木久子先生から1975年に便りがあった。「私は貴男の事よく覚えて居ります。日曜日と気がつかず、ランドセルを背負って登校した貴男、ちょうど私が日直で、教室に居て2人で大笑いしましたっけ・・・。頭を掻きかき又帰っていった貴男。一寸そそっかしいところがありましたね」。
 2012年6月、新聞OB九条の会で企画した「中国東北部(旧満州)の旅」にツアー団長として参加した。ハルピンから大連まで旧満鉄を乗り継いだ6日間。瀋陽(旧奉天)には1泊したが遼陽は素通りした。21世紀の旧満州は都市化と工業化の波に乗ってエネルギッシュだった。
 
 


[PR]
# by daisukepro | 2018-07-18 14:01 | 爆風

戸塚章介(元東京都労働委員会労働者委員) 爆風(102) 18/07/01 明日へのうたより転載

戸塚章介(元東京都労働委員会労働者委員)

爆風(102) 18/07/01

明日へのうたより転載

 官舎街を案内してくれた工場関係者によれば、「工場も大きくなり従業員とその家族も増えたので、来年にはここへ集合住宅を建てる予定です」という。1年来るのが遅れたら官舎群は取り壊されているところであった。私の脳裏にあの8月25日夜、官舎のあちこちで上がった火の手の光景が蘇った。

 小1時間見て回った後、工場内の立派なレストランに案内された。ここは旧火工廠の東京陵第一工場だろう。あの頃私は子どもだったから中に入ったことがなかった。47年後こうして工場内にいることが感慨深い。レストランには我々を歓迎する宴席が用意されていて工場と総工会の幹部が顔を揃えていた。

 中華人民共和国成立後、旧関東軍火工廠は国営慶陽火工廠として工場を再開し生産復活を遂げた。そして現在、経済開放路線の中で海外からの資本や技術を導入し遼陽経済特別区の拠点工場に成長。名前も遼寧慶陽化学公司と変えた。職工2万人、技術者2,340人の大企業である。生産品はメインの火薬のほか、化学肥料、石鹸、医薬品、ティッシュペーパー、清涼飲料水など多様で幅広い。

 テーブルには豪華な料理とビール、高粱酒が並び、私たち夫婦は主賓の席に座らせられた。中国側列席者は次の通り。
遼寧慶陽化学公司副主任 佟傑然
   同    高級工程師 高玉恒
遼陽東京陵経済特区管理委員会副主任 姚鵬山
   同          辨公室副主任 翟瀋平
遼寧省遼陽市総工会副主席 王家國
   同     国際部連絡部長 鄂志本

 工場副主任の歓迎挨拶に続いて、技術者から生産現状の説明があった。中国の人たちが豊かに暮らせるよう生産量をあげている誇りが込められていた。次に総工会代表からは「技術者と職工の生産能力を高めるためには、日本との技術交流が不可欠だ。労働組合同士で手を結んで行こう」と呼びかけがあった。

 最後に、司会の姚さんに促されて私がお礼の挨拶に立った。「日本は半世紀前、中国を侵略し支配しようとしました。当然ながらそれは失敗しました。廃墟同然になった旧火工廠を復活され、いま立派に運営されている皆様の国造りの努力に驚嘆しております。本日の歓迎に心からお礼を申し上げます。50年ぶりに原体験を味わいました。私は今母の胎内にいるような安らかな気分です」。どのような通訳をしてくれたのかわからないが、中国側からどっと拍手が沸く。私は涙が込み上げてきた。
   
 
 


[PR]
# by daisukepro | 2018-07-18 13:55 | 爆風

戸塚章介(元東京都労働委員会労働者委員) 爆風(101) 18/06/29 明日へのうたより転載

戸塚章介(元東京都労働委員会労働者委員)

爆風(101) 18/06/29

明日へのうたより転載

 6、47年ぶりに訪れた東京陵
 
 1993年8月、私は47年ぶりに遼陽を訪れる機会を得た。マスコミ文化情報労組会議(MIC)加盟の全印総連が中国総工会と交流していて、北京、瀋陽、西安、上海を巡る11日間のツアーを企画。瀋陽訪問では戸塚さんのいた遼陽・東京陵へも寄るので是非行かないかと誘われて夫婦で参加することにした。

 メンバーは8人、8月18日に成田を発ち、20日まで北京滞在。21日夕方国内航空で瀋陽の桃仙空港へ。その夜のホテルは遼寧賓館。このホテルは満州国当時大和ホテルと呼ばれていた。日本が建てた日本人のための豪華ホテルだ。通訳氏によれば、先ごろ映画「戦争と人間」のロケがここて行われたという。

 22日は朝8時に遼陽総工会の幹部が迎えに来る。私は、ツアーの事務局長役の川村好正さんを通じて、私の満州居住時の住所、学校、病院、工場、官舎などの位置を記した略図を提出していた。遼陽総工会はかつてこの地で横暴に振舞った日本人の子孫である私のために特別の計らい考えていてくれた。

 午前8時30分、私たちを乗せたバスは遼寧賓館を出発して高速道路を遼陽へ向かう。快適な走行だ。道の両側をビール工場や電機工場が現れては去っていく。瀋陽―遼陽間は74キロ、約1時間半で遼陽市内に入った。そこから私が住んでいた東京陵までさらに30分、途中大きな川を渡る。「太子河です」と通訳氏。47年前の3月、浜本宗三らが八路軍によって銃殺されたのがこの河原であった。

 東京陵に着いたのが11時少し前、今この地は東京陵経済特別区と呼ばれている。私たちは早速47年前に私が住んでいた官舎周辺を訪ねた。事前に送っておいた私が書いた略図が頼りだ。まず当時の国民学校。全員玉砕のために住民が集まり念仏を唱えた場所だ。今は中学校だというが、外装は変わっても建物の骨格はそのまま。45歳だという校長さんが私を出迎えて記念写真に納まってくれた。

 学校からなだらかな吉野山が見えた。中腹に日本が建てた吉野神社が今でも取り壊されずに残っている。あそこで柳中尉が拳銃自殺をしたのだ。病院も私が書いた略図通りの場所に建っていた。もちろん改装はされているのだろうが、外観は私の記憶通りだ。ここで妹の悦子が手当てもしてもらえず疫痢で死んだのだ。かつて官舎が並んでいた地域に移動する。なだらかな傾斜地に、レンガ造りの建物がそのまま残っていた。

 私の住んでいた朝日町の方向へ向かったが「ここがそうだ」という断定は難しい。もっと整然とした家並みだと思っていたが、家の配置はさまざまだ。今は工場従業員の家族が住んでいる。その一軒に入らせてもらった。1DKである。私たちが住んでいた家を間仕切りして2世帯で使っているようだ。土足でなく、靴を脱い


[PR]
# by daisukepro | 2018-07-18 13:51 | 爆風

本紙報道にJCJ賞 米核削減に反対 「沖縄に核」容認 日本政府を告発

本紙報道にJCJ賞

米核削減に反対 「沖縄に核」容認

日本政府を告発

図

 日本ジャーナリスト会議(JCJ)は17日、優れたジャーナリズム活動を表彰する今年度の第61回「JCJ賞」受賞作を発表しました。「しんぶん赤旗」政治部、外信部の「米の核削減、日本が反対 核弾頭の最新鋭化も促す」「『沖縄に核』日本容認 09年、米の貯蔵庫建設提案に」と一連の報道がJCJ賞に選ばれました。

 受賞した本紙記事は、今年3月4日付と5日付1面トップで報じたものです。オバマ前米政権が新たな「核態勢見直し」策定に向けて米議会に設置した諮問機関が行った意見聴取での在米日本大使館関係者の発言記録を入手。当時の駐米公使(秋葉剛男・現外務次官)が核巡航ミサイル・トマホークの退役に関して代替兵器の配備を要請したり、核弾頭の最新鋭化を促していた事実を報じました。また、沖縄への核兵器貯蔵庫建設の打診に対して「そうした提案は説得力があるように思える」と肯定発言をしていたことを暴露しました。

 JCJは、授賞理由として「独自に入手した米側の文書をもとに、オバマ政権が標榜(ひょうぼう)していた『核のない世界』の強大な妨害勢力の一つが、唯一の戦争被爆国で非核三原則をもつ日本政府であった事実を告発している」と評価。「この報道は沖縄地元2紙、共同、時事などで相次ぎ、国会では共産党だけでなく他の野党も追及し大きな反響を呼んだ」としています。

 「赤旗」の受賞は、2014年の日曜版編集部「『ブラック企業』を社会問題化させた一連の追及キャンペーン」以来です。

 他のJCJ賞受賞作は、梅田正己氏『日本ナショナリズムの歴史』全4巻(高文研)、朝日新聞「財務省による公文書の改ざんをめぐる一連のスクープ」、沖縄タイムス「沖縄へのデマ・ヘイトに対峙(たいじ)する報道」、日本テレビ放送網「NNNドキュメント18 南京事件II 歴史修正を検証せよ」でした。



[PR]
# by daisukepro | 2018-07-18 11:03 | マスコミ

国会最終盤 カジノ・選挙制度で緊迫 災害対応に注力せよ 参院内閣委 辰巳氏が首相に迫る

国会最終盤 カジノ・選挙制度で緊迫

災害対応に注力せよ

参院内閣委 辰巳氏が首相に迫る

 海外のカジノ資本に日本を市場として提供する「究極の売国法案」ともいうべきカジノ実施法案をめぐり、自民・公明の与党は17日、参院内閣委員会での質疑終局と採決を提案しました。これに対して、参院の日本共産党、国民民主党、立憲民主党、希望の会(自由・社民)の4野党・会派は、「災害対応よりカジノ解禁最優先の姿勢は絶対に看過できない」として、石井啓一国交相(カジノ担当相)の問責決議案を提出しました。「森友」疑惑での無責任な姿勢も問うものです。委員会は散会となり、たたかいは同決議案が議題となる18日の本会議へと移りました。


写真

(写真)質問する辰巳孝太郎議員=17日、参院内閣委

 日本共産党の辰巳孝太郎議員は17日の参院内閣委員会で、西日本豪雨で甚大な被害が出た後も安倍内閣がカジノ実施法案優先の対応をしていることを批判し、「カジノの審議はやめて災害対応に注力すべきだ」と強調しました。

 政府・与党はカジノ法案を通すために、災害時に陣頭指揮をとるべき石井啓一国交相や安倍晋三首相をカジノの審議にあてています。辰巳氏は、猛暑の中で復旧作業にも困難をきたしている被災地の実情を指摘。日本共産党など6野党・会派が支援金の上限引き上げや対象拡大などを盛り込んだ被災者生活再建支援法改正案を提出していることなどをあげ、「こうした改正案の審議をやろうではないか」と提案しました。

 安倍首相は「(災害対応は)現場に近いものが裁量権をもって進めていくことが大切」などと答弁しました。

「赤坂自民亭」に開き直る首相

 気象庁が記者会見で豪雨への厳重警戒を呼び掛けていた5日夜に自民党の懇親会「赤坂自民亭」に首相自身も参加していたことについて、辰巳氏が「なぜこのような酒席を中止しろと言わなかったのか」とただすと、安倍首相は「(気象庁の会見を)知っているからこそ、いかなる事態にも対応できる万全の態勢で対応にあたってきた」などと開き直りました。

 辰巳氏は「まったく被災者に寄り添う姿勢ではない」「本当に国民の財産、命を守る政府なのか」と厳しく批判しました。

参院選挙制度自民案を強行

 自民党の参院選挙制度改定案が17日、衆院政治倫理・選挙特別委員会で野党の反対を押し切って強行採決され、自民、公明の賛成多数で可決しました。



[PR]
# by daisukepro | 2018-07-18 10:59 | 政治

彫刻家の流政之さんが死去 NY貿易ビル前に設置も

 2001年9月の米中枢同時テロで崩壊したニューヨークの世界貿易センタービル前に設置されていた代表作「雲の砦」などで知られる彫刻家流政之(ながれ・まさゆき)さんが7日午前、老衰のため死去したことが17日、分かった。95歳。長崎市出身。

 「雲の砦」は、ビル崩壊後も奇跡的に無傷で残ったが、救助活動の妨げになるとして撤去されたため、04年9月、札幌市中央区の北海道立近代美術館に半分の大きさで再現された。

 第2次世界大戦から復員後、全国を放浪。30代で彫刻の道に入った。1963年渡米し、各地で個展を開催。66年、香川県に仕事場を構え、全国で活動していた。

(共同)

 2001年の米中枢同時テロで崩壊したニューヨークの世界貿易センタービル前に設置されていた代表作「雲の砦」(村井修氏撮影)

c0013092_14264388.jpg
 2001年の米中枢同時テロで崩壊したニューヨークの世界貿易センタービル前に設置されていた代表作「雲の砦」(村井修氏撮影)

この記事を印刷する


[PR]
# by daisukepro | 2018-07-17 14:27 | 文化

戸塚章介(元東京都労働委員会労働者委員) 労働を粗末に扱う国は滅びる 18/06/30

戸塚章介(元東京都労働委員会労働者委員)

労働を粗末に扱う国は滅びる 18/06/30

明日へのうたより転載

 「働き方改革法」が29日の参議院本会議で可決成立した。30日付『毎日』の見出しを拾う。「高プロ来年4月導入」(1面)「『不備』批判押し切り」「政府成立強行」「監督・指導に限界」(2面)「労働時間規制なくす『高プロ』」「条文あいまい対象拡大根強い懸念」「運用は省令次第」(3面)

「野党亀裂戦略見直し」「働き方改革法成立許す」(5面)「『働き方改革法』が成立 健康と生活守るために」「労基署は監督の強化を」「多様な労働実現しよう」(社説)「財界高プロ歓迎」「非正規改善企業に課題」(7面)「チェック体制整備必要」「有期雇用例外措置に」「『同一賃金』議論深めよ」(9面・論点)「『裁量はない』『非正規に賞与配分』」「労働者困惑と期待」「解説・働き手の視点で運用を」「『過労死防止と矛盾』遺族ら記者会見」(31面)。

 社会面に「労働者困惑と期待」とある。記事の大部分は高プロの適用に不安を感じる外資系企業のシステムエンジニアの「困惑」についてだ。「同一賃金」が明記されたことにより非正規でも賞与をもらえるようになるかも知れないという「期待」も取り上げているが、これは期待外れが目に見えている。

 社説でいう「多様な労働実現しよう」とは、「介護や育児をしながら働く人は増え、地域での活動や副業、趣味などにもっと時間をかけたい人も多いはずだ」という認識が前提になっている。確かにそういう人たちはいるだろう。しかしそのために新しい法律を作る必要がどこにあるのか。

 財界は本法案を「働きがいと生産性の向上、イノベーションを生み出す改革の実現に向けて取り組みを加速する」「多様な人材が生き生きと働ける環境の整備につながる」と歓迎している。『毎日』社説も財界談話も「多様な労働」「多様な人材」と労働の多様性を殊更強調し「新しい労働システム」の必要性を鼓吹する。

 しかし多様かも知れないが労働は労働だ。労働者は労働者だ。むしろ労働が多様になればなるほど労働のあり方、働かせ方の規範を厳しく規定する必要があるのではないか。今よりもっと使用者を縛る労働基準法がなければならない。それを多様性を隠れ蓑にして現行労基法のなし崩し解体を目指す。それが高プロであり、今回の働き方改革法なのだとおれは思う。社会の富は労働によって築かれる。労働を粗末にする国は滅びるしかない。
 
 


[PR]
# by daisukepro | 2018-07-17 13:49 | 労働運動