首相の進退にかかわる関係者の証人喚問を 「首相案件」文書 小池書記局長が表明

首相の進退にかかわる関係者の証人喚問を

「首相案件」文書 小池書記局長が表明

写真

(写真)記者の質問に答える小池晃書記局長=10日、国会内

 日本共産党の小池晃書記局長は10日、学校法人「加計学園」の国家戦略特区での獣医学部新設(愛媛県今治市)が“特例”で認められた問題をめぐり、2015年4月に柳瀬唯夫首相秘書官(当時)が今治市職員や学園幹部らとの面会で「本件は、首相案件」と述べたと記した文書の存在が報道されたことについて、「明らかに首相が関与していたことを示す文書だ」と指摘し、真相解明のため関係者の証人喚問を求めると表明しました。国会内で記者団の質問に答えました。

 小池氏は、17年1月20日に加計学園の獣医学部新設が決まるまで新設計画を“知らなかった”とする安倍晋三首相の答弁自体が「虚偽だった可能性も出てきている」として、「ことは『首相案件』で、首相の責任そのものが問われる重大問題だ」と指摘しました。

 また首相官邸の関与に関し、柳瀬氏や内閣府審議官だった藤原豊氏が参考人として行った国会答弁は虚偽だった疑いが強いとして、「参考人でなく、ウソの証言をすれば偽証罪に問われる証人喚問で問いただす必要がある。加計孝太郎理事長の証人喚問も含め、徹底解明が必要だ」と強調しました。

 小池氏は「安倍首相の進退にかかわる重大な疑惑であり、一刻も早く責任を認めて辞めるべきだ。内閣総辞職を引き続き求める」と表明しました。



[PR]
by daisukepro | 2018-04-11 10:26 | モリカケ事件 総理大臣の犯罪 


<< 隠蔽・改ざん・捏造 全て安倍政... 加計新設へ官邸指南 “要請は総... >>