第71回カンヌ国際映画祭 是枝裕和監督(55)の「万引き家族」が最高賞「パルムドール」に輝いた。

日本映画の血脈、今村昌平監督に続いて ここに輝く(発見の同好会)

【カンヌ共同】フランス南部での第71回カンヌ国際映画祭の授賞式が19日開かれ、コンペティション部門でz。世界三大映画祭の中でも最高峰のカンヌで日本映画が同賞を受賞したのは、今村昌平監督の「うなぎ」(1997年)以来21年ぶりで5作目。

 カンヌで是枝作品は2004年に「誰も知らない」の柳楽優弥さんが男優賞を、13年に「そして父になる」が審査員賞を受賞。日本作品の最高賞は他に、衣笠貞之助監督の「地獄門」(54年)、黒沢明監督の「影武者」(80年)、今村監督の「楢山節考」(83年)。


[PR]
by daisukepro | 2018-05-20 10:33 | 映画


<< 「働き方」修正協議 「根本は変... 戸塚章介(元東京都労働委員会労... >>