人気ブログランキング |

参院選1人区 30選挙区で一本化 市民連合と13項目「共通政策」 5野党・会派の党首合意

2019年5月30日(木)参院選1人区 30選挙区で一本化市民連合と13項目「共通政策」5野党・会派の党首合意写真(写真)政策合意を交わし「だれもが自分らしく暮らせる明日へ」と掲げる市民連合の人たちと5野党・会派の代表=29日、参院議員会館 安倍政権打倒をめざし、日本共産党の志位和夫委員長、立憲民主党の枝野幸男代表、国民民主党の玉木雄一郎代表、社民党の福島瑞穂副党首、衆院会派「社会保障を立て直す国民会議」の野田佳彦代表は29日、国会内で会談し、全国32ある参院選1人区のうち19選挙区で野党統一候補を擁立することで合意しました。さらに「共通政策」についても、国会内で同日、「安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合」から安保法制=戦争法などの廃止をはじめ13項目の政策の要望を受けて、各党首らが署名。統一候補と共通政策という二つの合意を受けて、志位委員長は記者会見で、「参院選をたたかう上で重要なスタートを切る画期的な合意となった。どの選挙区でも、みんなで応援して勝利をめざす選挙にしていく必要がある。全ての1人区での勝利へあらゆる力を注ぎ頑張りたい」と表明しました。写真(写真)中林よし子氏鳥取・島根 中林よし子氏徳島・高知 松本けんじ氏 この日の合意を受けて、統一候補は合意済みをあわせ30選挙区となりました。残る鹿児島、宮崎両選挙区でも早期合意をめざすとともに、各選挙区で与党候補に勝てるよう「最大限の協力」を図ることで一致しました。党首会談には、日本共産党の小池晃書記局長と各野党・会派の幹事長が同席しました。 立憲民主党の枝野代表は会談後、「安倍政権打倒の参院選にしていくため良い形でスタートラインにつけた」と記者団に語りました。写真(写真)松本けんじ氏 志位氏は党首会談で、「わが党は候補者一本化にあたっては、お互いに譲るべくは譲り、一方的な対応を求めないことが大事だと主張し協議してきた。今回の合意を心から歓迎する」と表明。日本共産党公認の統一候補として、今回の党首会談で鳥取・島根選挙区で中林よし子氏、徳島・高知選挙区で松本けんじ氏の擁立を決め、合意済みの福井とあわせ3選挙区となったことについて、「3年前の参院選は香川1県だったが、今回はたいへん大きな前進となった。努力していただいたすべての方々に感謝を表明する」と述べました。 市民連合と合意した「共通政策」では、安保法制の廃止、立憲主義の回復に加えて、安倍9条改憲・発議の阻止、沖縄辺野古米軍新基地建設の中止と普天間基地の早期返還、いまの状況下の原発再稼働は認めず原発ゼロをめざすこと、消費税10%の中止と税制の公平化などの一致点が確認されました。 市民連合の山口二郎法政大教授は「野党と市民は、もう一つの日本、別の選択肢があることを人々に訴え、もう一回、希望を取り戻そう」と訴えました。参院選1人区野党統一予定候補青 森 小田切 達 61 立民公認岩 手 横沢 高徳 47 無所属宮 城 石垣のりこ 44 立民公認秋 田 寺田  静 44 無所属富 山 西尾 政英 57 国民公認石 川 田辺  徹 58 国民公認山 梨 市来 伴子 41 立民公認長 野 羽田雄一郎 51 国民公認岐 阜 梅村 慎一 48 立民公認滋 賀 嘉田由紀子 69 無所属奈 良 西田 一美 58 無所属鳥取・島根 中林よし子 73 共産公認岡 山 原田 謙介 33 立民公認山 口 大内 一也 45 国民公認徳島・高知 松本けんじ 35 共産公認香 川 尾田美和子 46 無所属長 崎 白川 鮎美 39 国民公認大 分 安達  澄 49 無所属佐 賀 候補者は調整中
by daisukepro | 2019-05-30 11:08 | 政治


<< 二つの画期的合意をスタート台に... 渡辺亮徳さん20日、老衰のため... >>