人気ブログランキング |

2017年 11月 26日 ( 4 )

保険料を負担させておいて、使いたい時にサービスを使えない―こんな「国家的詐欺」は認められない(赤旗主張)

2018年度からの介護報酬を改定する議論が進む中、介護の現場から、社会保障財源を確保し介護報酬の引き上げを求める切実な声が広がっています。自民党を中心とした歴代政権による報酬のマイナス改定が繰り返された下で、多くの介護事業者は経営困難を強いられ、利用者が必要な介護サービスを使えない事態が相次いでいます。しかも政府は介護報酬の削減を通じてサービスに利用制限をかける動きを強めています。現場の危機的状況に歯止めをかけ、安心できる介護の仕組みを実現するために介護報酬の引き上げ、仕組みの改善が求められます。

180万人の署名の重み

 「介護報酬改定にむけて、社会保障財源の確保を強くお願いしたい」。全国老人保健施設協会など11団体が今月中旬、「介護の現場を守るための署名」約180万人分を政府に提出し、介護報酬のプラス改定を強く求めました。介護関連の署名を初めて集めたという日本看護協会をはじめ、これほど幅広い団体が一致結束して署名に取り組んだのはかつてないといいます。寄せられた署名数も過去最多です。近年の介護報酬引き下げによってもたらされている苦難をなんとしても打開したいという痛切な思いを反映したものです。

 介護報酬はほぼ3年に1度改定されます。今回は2年に1度の医療の診療報酬改定と重なる年のため、財務省は診療・介護の報酬を一体的に削減する機会にすることを狙っています。

 前回15年度の介護報酬改定では安倍晋三政権が過去最大級のマイナス改定を強行した結果、多くの介護事業所の経営が苦境に追い込まれました。職員を確保できず特別養護老人ホームが新たに開所できない事態などが大問題になりました。厚労省が先月公表した実態調査では介護施設や事業者の大半が利益率を低下させ経営悪化に陥っていることが明らかになっています。同省は15年度の介護報酬改定の影響と認めています。マイナス改定に全く道理はありません。

 介護報酬削減は一人ひとりが使う介護サービスの量と質の縮減につながるため、利用者・家族に大きな負担と困難を強いるものになっています。これまでも要支援の人の「保険外し」などが行われ、「負担あって介護なし」と批判されてきましたが、18年度改定では、深刻な利用制限が厚労省の審議会で検討されています。

 その典型が、訪問介護で調理や掃除をする「生活援助」の利用回数制限です。厚労省が基準を設け、それを超える利用は、市区町村に設けられた会議で検証し、「是正」を求めるというものです。一律の利用制限につながるやり方です。「自立重視」の名で介護保険からの“卒業”も強化しようとしています。国民に長年保険料を負担させておいて、使いたい時にサービスを使えない―こんな「国家的詐欺」は認められません。

削減路線からの転換こそ

 介護保険を利用する人も介護を担う人たちも、ともに安心できる仕組みづくりが急がれます。そのためにも介護報酬の引き上げは不可欠です。あわせて利用者負担を軽減する措置も必要です。

 安倍政権による介護現場の実態を無視した乱暴な給付減と負担増を許さず、拡充に転じる世論と運動を広げることが重要です。



by daisukepro | 2017-11-26 20:38 | 政治

山城博治さん、沖縄」の現状を熱く語る

保釈中で、本土講演に忙しく飛び回る山城博治さんにご自身の裁判、「安保最前線、戦争導火線の沖縄」の現状を熱く語ってもらいました。闘いの歌を交えて。沖縄・本土を非武の国にするために。
https://www.youtube.com/watch?v=ldEuVNO581o

by daisukepro | 2017-11-26 20:10 | 沖縄

モスク(礼拝所)が襲撃されたテロの死者数が305人、負傷者数が128人

【カイロ共同】エジプト政府当局は25日、北東部シナイ半島でイスラム教のモスク(礼拝所)が襲撃されたテロの死者数が305人、負傷者数が128人に拡大したと発表した。エジプトでのテロとしては過去最悪規模。またエジプト軍は同日、テロへの報復として空爆を実施し、犯行グループとみられる「多数のテロリスト」を殺害したと発表した。

 犯行声明は出ていないが、治安当局は過激派組織「イスラム国」(IS)などが、異端視する神秘主義(スーフィズム)の信徒を狙った可能性を示している。検察によると、武装集団は襲撃当時、ISの旗を掲げていた。

 武装集団が襲撃したモスク近くで、大破した車=25日、エジプト北東部シナイ半島(ロイター=共同)

 武装集団が襲撃したモスク近くで、大破した車=25日、エジプト北東部シナイ半島(ロイター=共同)


by daisukepro | 2017-11-26 11:56 | 戦争への道

モスク襲撃 305人死亡 エジプトのシナイ半島 爆発後銃撃か

c0013092_11523107.jpg

【カイロ=小玉純一】エジプトのシナイ半島北部で24日、武装集団が金曜礼拝中のモスク(イスラム礼拝所)を襲撃し、少なくとも305人が死亡し、128人が負傷しました。検察当局の発表を地元テレビなどが伝えました。エジプト現代史の襲撃事件で最も多い犠牲者数となりました。24日現在、犯行声明は伝えられていません。

 政府系アルアハラム紙(電子版)によると、襲撃場所はアリーシュ西方のラウダ村。首都カイロから北東へ二百数十キロです。同紙が目撃者の話として伝えたところでは、爆弾が爆発したあと、銃撃がありました。

 事件を受けてシシ大統領は演説し、「軍と警察が殉教者のため復讐(ふくしゅう)し、治安を回復する」と述べました。エジプト軍は襲撃数時間後、付近の山の多い地帯を空爆し、今回テロリストが使った車両を破壊したと発表しました。

 半島北部での襲撃で、モスクにいた人々が狙われたのは初めてのもよう。従来の標的は治安部隊やキリスト教の一派コプト教徒などでした。ロイター通信によると、今回襲撃されたモスクにはスーフィーと呼ばれるイスラム神秘主義の信奉者がいました。過激組織ISなどは彼らを偶像崇拝者として攻撃対象としています。



by daisukepro | 2017-11-26 11:49 | 戦争への道