【軍備に経済性原理は適用されないけれども,経済的な計慮が不足していれば「事故率」はよけい高まるのは,必然の理である】

【いつまでつづく,対米従属国家体制:日本のなかの沖縄の不遇・不幸】

『朝日新聞』2018年1月10日朝刊朝日川柳

 ①「〈社説〉米ヘリ不時着 日本政府の重大な責任」(『朝日新聞』2018年1月10日朝刊「社説」)

 1)この「社説」の引用
 沖縄県で米軍機の事故やトラブルが頻発している。読谷村(よみたんそん)で〔1月〕8日,攻撃ヘリコプターAH1が不時着した。6日にも多用途ヘリUH1がうるま市に不時着したばかりだ。一昨〔2016〕年12月,名護市沿岸でオスプレイが不時着水して大破した。昨〔2016〕年10月は東村(ひがしそん)で,大型ヘリCH53Eが不時着し炎上。12月には普天間飛行場に隣接する小学校の校庭に,重さ約8キロの窓を同型機が落とした。

 ひとつ間違えば県民を巻きこむ惨事につながりかねない重大事案が,こんなにもつづく。まさに異常事態である。小野寺防衛相は昨日〔1月9日〕,マティス米国防長官に「点検整備の徹底などの抜本的な対策」をとるよう電話で要請したが,それだけでは不十分だ。見逃せないのは,問題を起こした機種の幅広さである。

 専門家のあいだでは,米国防予算の削減でパイロットの練度が下がったり,機体の整備不良が増えたりしているとの構造的な問題も指摘されている。事故やトラブルの原因はなになのか。実効性ある再発防止策はないのか。沖縄県民の安全と安心の確保のために,最大限の努力を尽くすことこそ日本政府の使命ではないか。

 県が求めてきたように,全米軍機の緊急総点検とその間の飛行停止,事故原因の究明・公表などを,日本政府として米軍に強く要求すべきだ。

 もうひとつ注目すべきは,問題を起こした米軍機はいずれも海兵隊普天間飛行場の所属だが,事故やトラブルの現場は広いエリアに及んでいることだ。この事実がなにを示すか。仮に普天間を名護市辺野古に移設したとしても,米軍機による危険は沖縄全土に残る。その恐れがぬぐえないという現実である。

 北朝鮮情勢の緊迫などで,日米安保体制の重要性は増している。だとしても,それに伴う負担や危険を,沖縄県民に押しつけていていいはずがない。ひとたび重大事故が起きれば日米安保そのものが揺らぐ。そんな現実をも見据え,沖縄の負担軽減に本気でとり組む責任が日本政府と米軍にはある。

 なにより日本政府は,沖縄の声に耳を傾けようとしない姿勢をただすべきである。昨〔2017〕年末,小学校への窓落下事故の再発防止を求めるべく上京した翁長雄志知事に,安倍首相は面会しなかった。米軍に注文をつけるかたちをとりながら,結局は米軍のいいぶんを追認し,事故やトラブルを繰り返す。そんな負の連鎖に,終止符を打たねばならない。(引用終わり)

 2)本ブログにおける関連の議論(記述)
 在日米軍の軍用機が事故を頻発させている。ところが日本政府は,この米軍が事故を起こすたびにそれも自国で起きている問題であるにもかかわらず,アメリカ「軍に注文をつけるかたちをとりながら,結局は米軍のいいぶんを追認し,事故やトラブルを繰り返す。そんな負の連鎖に,終止符を打」てないでいる。

 日本政府は,米軍が事故を起こしていても,これに対して目だって効果のある対策を講じられないでいる。すなわち「米日両国間の軍事同盟関係」の間柄のなかでは,敗戦後史的な事情として固有になっていた「日本の対米従属国家体制」という基本条件が,日本政府側の対応に関してはおのずと,特定・一定の制約・限界を課している。

 本ブログはすでに,2017年02月27日の記述,主題「在日米軍基地はアメリカ国の飛び地的な専有物であり,日本国の対米従属の現況をありのままに表現する軍事基地である。」註記)において,こう関連する議論していた。その記述(主題)に付されていた副題の4点も再掲しておき,本文中からはその一部分を転記してもおく。
 註記)住所(アドレス)は,⇒ http://blog.livedoor.jp/bbgmgt/archives/1064642162.html
  副題1「1945年8月に起きた『敗戦後占領体制』は,21世紀のいまにも続く日本国にとっての首かせであり,米日安保条約体制が受けついできた」

  副題2「わざわざ改憲しては『対米従属であるこの日本の国家体制の困難・不自由』をさらに悪化させ固定しようとしていながら,しかもその点を理解しようともしない(できない?)安倍晋三首相の浅薄さと愚昧さ」

  副題3「沖縄独立論もさもありなんである」

  副題4「【日米安保条約のもとでは『戦後レジームからの脱却』という空想論の実現可能性は皆無である」
 3)「米軍ヘリ炎上 “心配していたことが現実に” 」(『NHK NEWS WATCH 9』2017年10月12日(木)午後9時〔のニュース〕)から

「沖縄県では,こうしたアメリカ軍の航空機による事故やトラブルがなくなりません。平均すると,なんと月に1件以上,発生している計算になるということです。『いつまで繰り返されるのか』というのが,沖縄の皆さんの思いです。」
 註記)https://www9.nhk.or.jp/nw9/digest/2017/10/1012.html

 ここで『いつまで繰り返されるのか』という指摘:疑問:不安:心配は,米軍基地が現状のように沖縄県にあるかぎり,永久になくなることがない。米軍航空機の事故発生についてはいろいろ原因がある。この論点については後段に説明するが,そのまえにこういう議論が参考になるはずである。

 軍用機の目的はもとより,「戦争の大目的:基本前提」にしたがっており,勝利のために運用される兵器・武器のひとつ(非常にたくさんある戦争のための物的な道具のごくひとつだが)として,有効に使用されることを要求される。

 人間を運搬する民間旅客機であれば,なによりも安全性(生命の安全)を第1に最優先する運航(運用・利用)のされ方をするのに対して,戦闘性を絶対的に優先すべき「戦争のための手段」の位置づけをされる軍用機は,性能のぎりぎりまで使用・酷使されるのが通常であるから,当然のこと事故を起こす確率がいちじるしく高まる。

 1点思いおこすと,太平洋(大東亜)戦争中,戦局が完全に不利になった段階において,大日本帝国陸海軍が特攻兵器を何種も考案・開発して戦争に利用しようとしてきたが,この事例では,実験・試用の段階からして多くの死亡者・犠牲者を出していた。それでも,その種の負担は当然であり,当たりまえに “しかたのない兵員の損失” としてのみ処理されていた。
※ 旧日本軍の特攻用専用兵器 ※
-名称じたいはすごいもの・美しいものがあるが,
まさに神がかっていて狂っていたものばかり-


  『水中』兵器  回天(人間魚雷),海龍(特殊潜航艇),伏竜(人間機雷)

  『水上』兵器  震洋(爆装特攻艇),マルレ(四式肉薄攻撃艇)

 『空中』兵器  桜花,梅花,剣,神龍,桜弾(体当たり爆弾),タ号
 4)戦闘性と安全性
 民間航空会社の旅客機と特攻兵器との対照的な基本性格の相違を説明するまでもなく,戦争のために兵器・武器は,「安全性」とはまったく反対の極致にある〈技術的な意味〉を有している。いうなれば「経済性」などは,ときに完全に近いほどまでも無視され,徹底的にないがしろにされる。要は「戦闘性(敵を粉砕・撃破する性能)」が最重要視されるだけで,つまり,安全性などといった「平時の基準」などとはもともと無縁であるのが,「戦争の目的のために利用される兵器・武器」に要求される性能・役目である。

 したがって,戦争の目的(有事の発生)に備えて日夜訓練をしている軍隊の兵器・武器の運用・利用は,安全性を基本から保証するという条件は二の次にされている。戦闘性が最大限有効かつ効果的に発揮されることを第1の目的にしている。だから,各種の事故が高い確率で随伴させられて起きる理由がりっぱにあって,最初からその計算には〈折りこみ済み〉だといってもいい。この点は『兵員の損失』(死傷者・率の問題)に関しても同じ考え方になる。訓練中であっても死亡者や負傷者が一定限度発生することは,結果的に認容するほかない意味でも,「事前に覚悟を必要」とさせる軍事的な配慮事項になっている。

 ②「事故が続発!ヘリコプターが飛ぶ原理と落ちる理由」(『科学の話』2017.10.19)

 この解説原文は長いので,なるべく取捨選択をおこない,必要なと思われる段落のみを拾って紹介する。

 a) 2017年10月17日18時ごろ,自衛隊の救難用ヘリコプターUH60Jが浜松沖の海上で消息を絶った。夜間訓練中に墜落した。10月11日には沖縄で米軍のヘリCH53Eが「不時着」した。今〔2017〕年に入ってからヘリコプターの事故がつづいている。

 飛行機と違い,ヘリコプターは特殊な構造をしている。空中で止まることもできる。前段の事故があった翌日10月18日,茨城県にある航空自衛隊百里基地において,F4EJ戦闘機が走行中に脚が折れる事故を起こしていた。2017年だけでもヘリの事故が多く発生していた。なお,以下の列記は軍用機ではないヘリも含まれている。
1月20日 沖縄県伊計島の農道に米軍ヘリAH1が不時着
3月5日 長野県の山中に長野県消防防災ヘリ,ベル412EPが墜落
3月14日 神戸空港において訓練中のユーロコプターAS350B3が横転
8月17日 岩国基地内で海上自衛隊のCH101が墜落
8月26日 青森県沖で発着艦訓練中の海上自衛隊SH60Jが墜落
8月29日 米軍のMV22オスプレイが大分空港に緊急着陸
9月29日 米軍のMV22オスプレイが石垣島空港に緊急着陸
10月11日 沖縄県東村の牧草地に米軍ヘリCH53が不時着
10月17日 静岡県浜松沖に訓練中の航空自衛隊のUH60Jが墜落
 b) ヘリコプターとは
  1.回転翼を持つ飛翔物体である。 オスプレイはヘリコプターであるが,平常飛行をするときは固定翼のプロペラ機と同じ原理で進む。そのためティルトローター機と呼ばれる。ティルト(tilt)とは,傾けるという意味である。ヘリコプターより速く,航続距離が長くなる目的で開発された。

  2.機体に働く力は飛行機と同じである。 空中を飛ぶヘリコプターに働く力は,飛行機と同じく,つぎの4点である。とくにヘリは空中停止(ホバリング;hovering)が可能である。
    地上に落下しようとする重力  重力に反して上昇させるための揚力
    前進するための推進力     空気などによる抵抗力

  3.下向きの力を強めることで離着陸,垂直上昇・下降する。

  4.後ろのプロペラ(テイルローター; tail rotor)は,回転止めである。 なお,オスプレイにテイルローターはないのは,左右に二つの大きなメインローターを逆回転させることで,機体の回転を防いでいる。

  5.最近は2発翼タイプが主流である。 回転翼は小型ヘリの場合,1つだけのケースが多い。だが,過酷な状況で使われる軍用ヘリは万が一に備えて2つ,つまり2発翼タイプが主流になっている。エンジンを2つ積むことによって,速力を上げたり,積載できる荷物を増やすことが可能である。テイルローターは不要で,安全性も高まる。

 c) 事故が起きる理由
  1.操縦ミス。 ミスがないように自衛隊や米軍は訓練を重ねている。この点はどの国どの軍隊でも基本は同じである。

  2.隊員の疲弊。 米軍と自衛隊員,救難に出た消防や警察,海上保安庁も含めて,隊員の疲弊はある。自衛隊に関しては,昨今の尖閣諸島を含めた南・東シナ海の状況,そして北朝鮮情勢もある。

  3.機体の老朽化。 航空自衛隊の戦闘機F4EJは40年以上も使いつづけている。また,ヘリコプターのCH53,UH60なども適宜改良は進められているが,40年以上も前に設計された機体である。
 註記)https://www.inc-reliance.jp/science/66105